未分類

シグニエル ソウル「デラックススイートルーム」宿泊記

シグニエルソウルのデラックススイートルーム

今回は、シグニエルソウルに泊まる2泊3日のソウル旅行。

日程は2019年8月26日から28日。

旅行当日までの準備

8月1日に、以下のANA国際線特典航空券を予約。必要マイルは30,000マイル。

日付便名時刻表
0826NH861HND 08:40-11:05 GMP
0828NH868GMP 20:00-22:15 HND

8月3日に、アメックスプラチナのファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)を利用して、ロッテワールドタワー内のシグニエルソウルのプレミアキングルームを予約。

8月16日に、アメックスプラチナのコンシェルジュデスクに電話して、シグニエルソウルの「BICENA」と、江南の寿司屋「鮨 海信」の予約を依頼する。

8月18日に確定のメールが来た。

ANA861便ビジネスクラス

6:30に羽田空港定額タクシーに乗車して、7:10頃に羽田空港に到着。

予約席は窓際の3K。

ANAラウンジを覗いてみたが、ご飯をよそいに来た人同士でぶつかり合うくらいの芋洗い状態だったので、一度も着席せずに離脱。

8:15頃に搭乗。

国内線のプレミアムクラスのような席だね。

ANA861便ビジネスクラスの座席

ビジネスクラスの搭乗率は50%というところだった。隣は空席。

ANA861便ビジネスクラスの搭乗率

ここのところの日韓対立の影響もあるのかな。

ちょうど8:50に離陸。

2時間睡眠なので、お酒は遠慮して、ほうじ茶をもらう。

ANA861便ビジネスクラスのほうじ茶

9:15頃に機内食が配膳された。ソウル線は洋食1種類のみ。

ANA861便ビジネスクラスの機内食1

ANA861便ビジネスクラスの機内食2

ANA861便ビジネスクラスの機内食3

真鯛のマリネと、無花果と京鴨の生ハムの取り合わせが旨かったね。

食べ終わった後は、『観光コースでないソウル』という共同通信・前ソウル特派員の佐藤大介さんが書いた本を読んでいた。

日本海に出た。

日本海に出るANA861便

9時40分ころ、前回は見られなかった隠岐の島を見ることができた。

ANA861便から見た隠岐の島1

ANA861便から見た隠岐の島2

10:10頃、朝鮮半島上陸へ。

朝鮮半島上空に出るANA861便

この都市どこかね?

ANA861便から見た韓国の都市

このヒトデみたいな形の湖とその西に広がる街は、忠州湖と忠州市かな?

ANA861便から見た韓国の忠州湖

ANA861便から見た韓国の忠州市

ソウル上空へ。中央に見える漢江大橋の向こうには、米軍基地のヨンサン基地があるはずね。

ANA861便から見たソウル市上空1

マンション群が凄い。

ANA861便から見たソウル市上空2

金浦空港が近づいてきた。

ANA861便から見た金浦空港上空1

ANA861便から見た金浦空港上空2

10:45頃に到着。

すぐにドコモのパケットパック海外オプションを開始。

ANA861便から見た金浦空港上空2

金浦空港からAREXでソウル駅へ

ビジネスクラスだから早めに降機できたのだが、機内で入国カード書くの忘れていた。

その結果、イミグレの行列に並ぶ羽目に。

6列あったけど、どれも長い行列ができていた。

イミグレを抜けた後、ウリィ銀行で10,000円分ウォンに両替。今日は1ドル104円を付けるくらい円高が進んでいたのでラッキーだったな。

金浦空港の到着フロアのウリィ銀行

AREXの金浦空港駅の改札前の自販機で、LINEキャラクターのブラウンのTmoneyを買った。

AREXに乗ってソウル駅へ。

ソウル駅到着後、地上に出るまでが長い。

2時間睡眠なので疲れちゃった。

ソウル駅から地下鉄を乗り継いで、シグニエルソウル最寄りの蚕室(チャムシル)駅まで行こうかと思っていたけど、タクシーでサクッと行くことにした。

コンビニでTmoneyに20,000ウォンチャージ。

Tmoneyにチャージ

ソウル駅からタクシーでシグニエルソウルへ

外に出ると暑いな。

ソウル駅

タクシーの運転手にロッテワールドタワーの画面を見せたらすぐに伝わった。

漢江沿いの幹線道路を東に。

運転手は、私がトランクに縦に置いてしまったスーツケースを、車を止めて直してくれたり、ロッテワールドタワー見えるぞと教えてくれたり、優しい人だった。

13:05頃にシグニエルソウルに到着。料金は18,100ウォン。ブラウンのTmoneyで支払い。

Tmoneyでタクシーの支払い

영수증(ヨンスジュン/レシートの意)も貰っておく。

なお、この記事の最後に、今回の旅行でかかった費用をまとめてある。

シグニエルソウルにチェックイン

シグニエルソウルの玄関。

シグニエルソウルの玄関

スタッフに案内されて、79階のロビーフロアへ。

シグニエルソウルのフロント前

着席してチェックイン。

アップグレードしてくれて、スイートルームにしてくれたとのこと。

対応してくれた兄ちゃんが、部屋まで案内してくれる。

お兄ちゃん、最近、福岡に行ったらしく、刺し身が安くて美味しかったと。

12月にまた日本に行くので、おすすめの都市を聞かれた。「刺し身が好きなら札幌がおすすめ」と伝えておいた。

一通り部屋を案内してもらった後、お茶をサービスしてくれるとのことなので、日本茶をもらう。

シグニエルソウルの緑茶サービス

シグニエルソウルのデラックススイートルーム

部屋はこんな感じ。

入室してすぐのリビング側。

シグニエルソウルのデラックススイートルームのリビング側1

シグニエルソウルのデラックススイートルームのリビング側2

シグニエルソウルのデラックススイートルームのリビング側3

コンパクトだが、一応、リビングと寝室の別れたスイートルーム。

シグニエルソウルのデラックススイートルーム1

シグニエルソウルのデラックススイートルームからの眺め1

シグニエルソウルのデラックススイートルーム2

ベッドサイド。

シグニエルソウルのデラックススイートルームのリモコン類

洗面所。

シグニエルソウルのデラックススイートルームの洗面所

バスルーム。

シグニエルソウルのデラックススイートルームのバスルーム1

シグニエルソウルのデラックススイートルームのアメニティ

シグニエルソウルのデラックススイートルームのバスルーム2

ミニバー。

シグニエルソウルのデラックススイートルームのミニバー1

シグニエルソウルのデラックススイートルームのミニバー2

シグニエルソウルのデラックススイートルームのミニバー3

シグニエルソウルのデラックススイートルームのミニバー4

シグニエルソウルのデラックススイートルームのミニバー5

シグニエルソウルのデラックススイートルームのミニバー6

クローゼット。

シグニエルソウルのデラックススイートルームのクローゼット

チェックイン時に貰ったアメニティボックスにはこれが入っていた。

シグニエルソウルのデラックススイートルームのアメニティプレゼント1

シグニエルソウルのデラックススイートルームのアメニティプレゼント2

デスクに110Vの電源が一つしかなかったので、変圧器を持ってきてもらう。

シグニエルソウルのデラックススイートルームのデスクの電源

「サロン・ド・シグニエル」のアフタヌーンティ

しばらく部屋でのんびり。

初日の昼は、치맥(チメク)を決めようと思っていたけど、2時間睡眠で疲れてる上に、98階にいたら、もうホテルの外に出るのが億劫になってしまった。

치맥(チメク)とは、치킨(チキン)と맥주(メクチュ=ビールの意)の頭文字を取った言葉。

宿泊者専用のラウンジ「サロン・ド・シグニエル」で、軽い昼飯にしよう。

エレベーターホールの「幅」がこんなに広いのは珍しいよね。

シグニエルソウルのエレベーターホール

フロント脇のこの通路の先に「サロン・デ・シグニエル」がある。

サロン・デ・シグニエルへの通路

サロン・デ・シグニエル1

サロン・デ・シグニエル2

大きなモニターのマックも使える。

サロン・デ・シグニエル3

「サロン・ド・シグニエル」からは漢江と林立する高層マンションが望める。

サロン・デ・シグニエルからの眺め1

サロン・デ・シグニエルからの眺め2

乾き物とサンドイッチ、パンといった軽食が頂ける。

サロン・デ・シグニエルのアフタヌーンティ1

サロン・デ・シグニエルのアフタヌーンティ2

サロン・デ・シグニエルのアフタヌーンティ3

サロン・デ・シグニエルのアフタヌーンティ4

窓側のペアシートには若いカップルが並んでいた。

サロン・デ・シグニエル4

ラウンジを出た後、フロント前のロビーへ。

こちらからはロッテワールドを覗くことができた。

シグニエルソウルからロッテワールド1

シグニエルソウルからロッテワールド2

16:30頃、部屋に戻る。

シグニエルソウルのプールを見学

晩飯は19:30から。

その前にラウンジのカクテルタイム(17:00-20:00)で一杯引っかけよう。

ところで、シグニエルソウルには日本の銭湯みたいなサウナもあるみたい。

カクテルタイムの前にひとっ風呂浴びてこよう。

17:40頃にサウナやプール、フィットネスジムのある75階へ。

スタッフのお姉さんにサウナを利用したいと伝えたが、今日は月一回の休業日なんだって(笑)

プール利用しようかなと思ったけど、水着のレンタルはしてないとのこと。

というわけで、見学だけ。

子供用のプールで親子がはしゃいでいた。

大人用プールで泳いでる人はいない。

シグニエルソウルのプール

シグニエルソウルのフィットネスジムを見学

この後、フィットネスジムも見学させてもらった。

すんげー広い、こんな広いフィットネスジムは初めて見たかも。

シグニエルソウルのフィットネスジム1

シグニエルソウルのフィットネスジム2

漢江を眺めながらエアロバイクできる。

シグニエルソウルのフィットネスジム3

シグニエルソウルのフィットネスジム4

シグニエルソウルのフィットネスジム5

K-POPアイドルみたいな女の子が挨拶してきたけど、「見るだけー」と言ってしまった。

教えてもらえばよかった(*_*)\バキッ

「サロン・ド・シグニエル」のアペリティフタイム

一旦部屋に戻って、18:30くらいにラウンジのアペリティフタイムへ。

「サロン・ド・シグニエル」のアペリティフタイム1

テタンジェの一番シンプルなやつと3つのスパークリングワインが用意してあった。

「サロン・ド・シグニエル」のアペリティフタイムのシャンパン

ロゼは甘いタイプだった。

つまみは乾き物中心で、あと、パンがあるくらい。

文字通り、アペリティフ(食前酒)。

「サロン・ド・シグニエル」のアペリティフタイム2

1週間前に訪れたハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパのアペリティフタイムと同じだね。

それを考えると、炭水化物がないだけで、晩飯の代わりにもなってしまう、名古屋マリオットのコンシェルジュラウンジ、凄いなぁ、と(笑)

窓側のペアシートは、カップルで埋まっていた。

一旦、部屋に戻る。

シグニエルソウルの「BICENA」で晩飯

部屋の窓からは夜景。

シグニエルソウルからの夜景

19:30に81階にある「BICENA」に。

シグニエルソウルのBICENAの入口

コースメニューは2種類。

165,000ウォンの日月(Light of Life)にした。

まずはクラウドビール。

シグニエルソウルのBICENAでクラウドビール

前菜は、松の実を固めたやつにピーナッツソース。

シグニエルソウルのBICENAの前菜

う、うーんって感じだった。

次はきしめんみたいなやつ。

シグニエルソウルのBICENAのきしめん

あっさりスープで旨い。締めに欲しい感じ。

窓側の席が空いたみたいで、席移動を案内してくれた、ナイスな対応♪

次は白ワインにしようかと思って、グラスワインを頼んだつもりだった。

このエビ団子に合わせたのは、ムルソー。

シグニエルソウルのBICENAのエビ団子

ところで、スタッフは「ボトルをあちらでシャンパンクーラーで冷やしておきますね」と言うじゃないか、あれ、ボトル頼んじゃった・・・

このパターン何度目(^o^;)

次のアワビが今回の一番のヒットだったね。

シグニエルソウルのBICENAの煮アワビ1

シグニエルソウルのBICENAの煮アワビ2

この後、スタッフに、「비채나」という店名の意味を聞いたのだが、ハングルベースで回答されて分からなかったw

文字に書いてもらって、ググって調べた。

「비우다(空にする)」「채우다(満たす)」「나누다(分ける)」という3つの言葉の頭文字を組み合わせた言葉みたい?

白身魚もふっくら焼いてあって旨かった。

シグニエルソウルのBICENAの白身魚

以上で終わりかと思ったら、牛肉も付いてきた。

シグニエルソウルのBICENAのステーキ

最後に、韓定食。

シグニエルソウルのBICENAの韓定食1

シグニエルソウルのBICENAの韓定食2

この後、甘味も。ほおずきのシロップ漬け、優しい甘さ。

シグニエルソウルのBICENAのデザート

最後、人がいなくなったので、「BICENA」の内観をパシャリ。

シグニエルソウルのBICENAの内観1

シグニエルソウルのBICENAの内観2

結構長居して、22時過ぎに店を出る。

最後に、対応してくれたお姉さんに挨拶したかったけど、もう上がっちゃったみたい。

残したワインは持ち帰らせてもらった。

部屋に戻って、Twitterやりながら、ぐびぐび。これが旨いのよ。

シグニエルソウル部屋飲み1

ほどほどに飲んで、25時に寝た。

シグニエルソウルの「STAY」で朝食

久しぶりに怖い夢を見て、途中目が覚めてしまった。

8:50に起床して、9:30頃に81階の朝食会場の「STAY」へ。

テレビをつけると、日本でも散々報道されている日本人女性がソウルで男に暴行された事件を報道している。

いっぱいありますね。

シグニエルソウルの「STAY」で朝食1

シグニエルソウルの「STAY」で朝食2

シグニエルソウルの「STAY」で朝食3

シグニエルソウルの「STAY」で朝食4

シグニエルソウルの「STAY」で朝食5

採れたてハチミツが頂ける。

シグニエルソウルの「STAY」で朝食6

シグニエルソウルの「STAY」で朝食7

こんな感じで朝食。

シグニエルソウルの「STAY」で朝食8

旨い、特にパンが美味いね。

こんな感じの内観。

シグニエルソウルの「STAY」の内観

世界遺産の朝鮮王陵「宣陵・靖陵」へ

10:30くらいに部屋に戻って、ニュースを見たり、韓国の新聞見たり。

朝鮮日報、ムン政権に対しては厳しいね。

現在の部屋からの眺め。

シグニエルソウルの98階からの眺め

今日はまず、ここから近い江南(カンナム)にある、世界遺産の朝鮮王陵「宣陵・靖陵」に行ってみることに。

昨日チェックインしてから初めて外に出た。

シグニエルソウルの外観

隣にはロッテワールドモール。

ロッテワールドモールの外観

ベルボーイさんにタクシーをお願いして、行き先も伝える。

12:35頃、ホテルを出て、13:00頃に到着。料金は10,200ウォン。

宣陵・靖陵の入口

入場料は1,000ウォン。

宣陵は、朝鮮王朝第9代王の成宗大王陵と継妃の貞顕王后のお墓(陵)とのこと。

靖陵は、成宗と貞顕王后の子で、朝鮮王朝第9代王の中宗のお墓(陵)とのこと。

まずは宣陵へ向かう。

都会のオアシス感ある。

宣陵・靖陵の木陰

ここは齋室(チェシル)。儀式を司る人が身を清めたり、滞在したりした場所らしい。

宣陵・靖陵のJaesil/齋室1

宣陵・靖陵のJaesil/齋室2

宣陵・靖陵のJaesil/齋室3

成宗大王陵と貞顕王后陵への分かれ道があって、後者の方に先に行こうとしたのだが、道を間違えて、山道を登ってしまい、すごく体力を消耗する(^o^;)

滝汗。

改めて、成宗大王陵へ。

成宗大王陵1

一段高くなったところは神の通る「神道」で、右端の一段低くなったところは王が通る「御道」とのこと。右端の道は一般人も歩いていいとのこと。

成宗大王陵2

ここは祭儀を行う丁字閣。

成宗大王陵3

成宗大王陵4

成宗大王陵5

階段も分けられている。

成宗大王陵6

成宗大王陵の場所が分からなかったので、地元の人(?)に聞いてみた。英語で親切に教えてくれた。

この狭い道を上がっていくと、、、

成宗大王陵7

成宗大王陵8

成宗大王陵。

成宗大王陵9

成宗大王陵10

都会の真ん中に王陵いいね。

成宗大王陵11

この後、貞顕王后陵へ。

貞顕王后陵1

貞顕王后陵2

貞顕王后陵3

貞顕王后陵4

この後、入口まで戻って、今度は靖陵へ向かう。

「宣陵・靖陵」は、たった1,000ウォンで入場できる。約100円。

というわけで、地元の人でここをウォーキングコースとしてる人が多いようだ。その人達を観光客だと思ってついていくと、森の中に連れて行かれる(笑)

靖陵。

靖陵1

靖陵2

靖陵3

靖陵4

1時間以上ずっと歩いていたので疲弊した。

ベンチに座って少し休む。

「BBQ チキン」には行けず

東大に留学中の韓国人学生に、何回か韓国語のレッスンを受けている。

その人に「チメクしたいんですけど、おすすめありますか?」と聞いたら、「BBQチキンの黄金オリーブがおすすめ」と言われた。

というわけで、この後、最寄りの「BBQチキン」に行ってみようということで、Uberを呼ぶ。

そして、目的に着いたのだが、、、

ソウル市内のどこか1

ソウル市内のどこか2

んー、どこだ、ここ?

「BBQチキン」見当たらない。

場所間違えてたみたい・・・

まぁ、でも、この辺り、学校が近くにあり、落ち着いていていい場所だった。

蚕室漢江公園でチメク

では、蚕室漢江公園でチメクを決めようと思って、流しのタクシーを拾って、蚕室漢江公園へ向かう。

運転手さんになかなか行き先が伝わらなくて困ったけど、嫌な顔ひとつせず対応してくれた。

16時頃、到着。

いいね、この開放感!

ロッテワールドタワーもよく見える。

蚕室漢江公園1

蚕室漢江公園2

蚕室漢江公園3

まずは「GS25」というコンビニでビールを買って、川べりでごくごく。

コンビニ内のチキン屋さんでチキンを注文。

蚕室漢江公園のチキン屋

20分位で上がるとのことなので、それまで待つ。

電話番号伝えれば、連絡してくれる。

ここでチメク!

蚕室漢江公園でチメク1

蚕室漢江公園でチメク2

蚕室漢江公園でチメク3

皮パリパリ、中は熱々ジューシーなチキンが山盛り。

でも、食べてみたら、それほど量が多いわけではなかった。

19:00だから寿司なので、残すつもりでいたけど、ほぼ完食できた。

漢江でチメク決めれて達成感♪

店の脇にゴミ箱もあるよ。

蚕室漢江公園でチメク4

これはインスタントラーメンの調理器。

蚕室漢江公園でチメク5

ここから、クルーズ船が出る方に歩いていく。

蚕室漢江公園の雰囲気

以下の動画でも分かるように、漢江沿いをサイクリングする人がとても多い。

レンタサイクルのスポットもあるよ。

蚕室漢江公園のレンタサイクル

この近くの駐車場にUberを呼ぶ。起亜自動車のいい車が来た。

蚕室漢江公園でUberを呼ぶ

シグニエルソウルのサウナ

17:20頃、部屋に戻り、昨日行けなかったサウナへ。

昨日対応してくれたお姉さん、私を見かけるなり、「こんにちは」と。

「いや、もう、こんばんは、ですか?」と日本語が上手。

聞いてみたら、日本のドラマを見て日本語を覚えたとのこと。

一番好きなのは上野樹里主演の『のだめカンタービレ』だそうだ。

この間のセントレジス香港のバトラーさんもジャニーズの出ているドラマで日本語覚えたと言っていたし、凄いなぁ。

お姉さんに鍵バンド貰って、脱衣場へ。

シグニエルソウルのホットスパ1

シグニエルソウルのホットスパ2

中は、シャワールーム6、座れる洗い場が3つ、ドライサウナとスチームサウナが一つずつ。

42度と22度のお風呂がある。

※写真は公式サイトから拝借。

シグニエルソウルのサウナ

最高だ。

ホテル内冷房が強めだから、このサウナ利用できるのはとてもありがたい。

一つ一つの席に、ダイソンみたいな扇風機が用意されている。

シグニエルソウルのホットスパ3

シグニエルソウルのホットスパ4

火照った体で、このリラクゼーションスペースに。最高。

シグニエルソウルのホットスパのリラクゼーションスペース

「鮨 海信」で晩飯

19:00前にタクシーに乗って、19:20に江南の「鮨 海信」に到着。料金は8,400ウォン。

坂道にあるのだが、近所にはなんとなく良さそうな店が多い。

店の入口。

ソウルの「鮨 海信」の入口

カウンター6席の店。

4人の日本人っぽい先客がいて驚いた。

普段から日本人で賑わう店なのかな。

まずはプレモル。これちょっと酸っぱかった。

ソウルの「鮨 海信」のプレミアムモルツ

大きなアサリ、美味しい。

ソウルの「鮨 海信」のあさり

店主の佐藤さんは、この店の前はシンガポールの寿司屋で働いていたらしい。

2年半前から、奥さんの祖国である韓国のソウルで店を開いているとのこと。

イワシのたたき、美味しい。

ソウルの「鮨 海信」のイワシのたたき

マンボウの腸。

ソウルの「鮨 海信」のマンボウの腸

ここでもう日本酒、浦霞。

ソウルの「鮨 海信」の浦霞

会計後、値段確認したら、一合で20,000ウォンだから韓国の寿司屋でしてはとても良心的ではないか。

京丹後で取れたというクエ。味が濃くてうまいねえ。

ソウルの「鮨 海信」のクエ

店主に「漢江沿いの雰囲気がいいですねぇ」という話をしてたら、隣のグループのIさんが強く同意してくれて、そこからグループの話に時折加わらせていただくことに。

メンバーは日本人3人と韓国人1人で、韓国人は映画監督らしい。

アカムツ=のどぐろの卵を煮たもの。

ソウルの「鮨 海信」ののどぐろの卵

メイチダイ。ネットリして溶けるような感触で絶品だった。鹿児島で獲れたものだそう。

ソウルの「鮨 海信」のメイチダイ

オオニベの浮き袋の煮付けに、メイチダイの肝(右)、アカムツの肝(左)。

ソウルの「鮨 海信」のメイチダイの肝

一匹からそう量が取れないから、今日の5人に出した分で終わりとのこと。

日本酒との相性バッチリなレバー、たまらんねぇ。

日本酒が進んで、この辺から結構酩酊。

煮魚はコチだったっけな?

ソウルの「鮨 海信」の煮魚

なんだっけ?フエダイ?

ソウルの「鮨 海信」のフエダイ

アオリイカ。黒いのは炭をブレンドした塩とのこと。

ソウルの「鮨 海信」のアオリイカ

サンマ。食べるたびに「美味しい」という言葉しか出ない。韓国に通って20年というIさんは「ここが韓国一の鮨屋ではないか」と言っていた。

ソウルの「鮨 海信」のサンマ

少し炙ったタチウオ。

ソウルの「鮨 海信」のタチウオ

三厩マグロの赤身。

ソウルの「鮨 海信」のタチウオ

Iさんが「ここで日本人の人に会ったの初めて」と言われたので、店主にいつもは韓国人のお客さんのほうが多いんですかと聞いてみた。

普段は7:3で韓国の人みたい。

ただ、7月、8月の暑い時期は、生魚を敬遠する韓国人が多いらしい。

アカムツ。

ソウルの「鮨 海信」のアカムツ

いくら。

ソウルの「鮨 海信」のいくら

キンメダイ。

ソウルの「鮨 海信」のキンメダイ

中トロ。

ソウルの「鮨 海信」の中トロ

コハダ。

ソウルの「鮨 海信」のコハダ

大トロ。

ソウルの「鮨 海信」の大トロ

ウニ。

ソウルの「鮨 海信」のウニ1

ソウルの「鮨 海信」のウニ2

穴子。

ソウルの「鮨 海信」の穴子

Yさんが誕生日ということで、誕生日ケーキが用意されていた。

わたしもご相伴に預かる。

ソウルの「鮨 海信」の誕生日ケーキ

入店する前は「もしかしたら、一人で気まずい思いするのかなぁ」と思っていたが、隣のグループのお陰で大変楽しい夜となった。

ありがとうございました。

23:00に会計をお願いして、タクシーも呼んでもらう。

料金は、おまかせ250,000ウォン、プレモルが15,000ウォン、浦霞3合で60,000ウォンで、合計325,000ウォン。

ウェスティン朝鮮ソウルの「SUSHI CHO」も良かったけど、「鮨 海信」はそれを凌駕する旨さで、さらに「SUSHI CHO」より良心的な値段。

店の奥さんが店の外でタクシーを待ってくれている。

ここからロッテワールドタワーまでは短距離なので、気の短いタクシー運転手を待たせると、すぐキャンセルされちゃうとのこと(苦笑)

いい気持ちのまま、夜の幹線道路をぶっ飛ばして、シグニエルソウルへ。

少し多めにお金を渡して、お釣りはいいよと言った。

シグニエルソウルの「BAR 81」

この時間のフロント前。

シグニエルソウルのフロント前(夜)

23:30に、81階にある「BAR 81」へ。

シグニエルソウルのバー「BAR81」の入口

クラウドビールにフライドポテトを頼んだ。

どうせこの分は、アメックスのFHRの100ドルオフで賄えるからね、と思っていた。

※勘違いだった。

ずんずんくる音楽。

週末はDJがくるらしい。

いい気分で今日の出来事をツイートしたりしながら、24:40くらいまで滞在。

部屋に戻ってからも、「最後の夜かぁ」ということで、ミニバーからさらにクラウドビールを飲み、昨晩の残りの白ワインを飲み干して、だいぶ酔っ払って、28時位に寝た。

ロッテワールドマートの「doore」で昼飯

起きたのが、11:30。

余裕で朝食をすっぽかす。

昨晩飲みすぎて、気持ち悪い。

FHRの100ドルオフを利用して、「ザ・ラウンジ」で昼飯を食べようと、13:00くらいに部屋を出る。

「ザ・ラウンジ」のメニューを見たが、いまいち惹かれるものがない。

韓国料理を食べたいのだ。

隣のロッテワールドモールのレストラン街に行くことにした。

ロッテワールドタワーには、日本企業のデサントも入っているんだね。

ロッテワールドタワーのオフィス

7階のレストラン街に行くと、ちょっと高級路線の店が10店舗くらい並んでいた。日本でいうと新宿伊勢丹のレストラン街みたいな感じ。

ロッテワールドマートのレストラン街

韓国料理の「doore」というお店に。

ロッテワールドマートの「doore」の入口

サムゲタンにした。

ロッテワールドマートの「doore」のサムゲタン

熱い熱い。

昨日の揚げたてチキンで口の中やけどしたけど、またやけどした(笑)

味は良かった。

ロッテワールドモール内をうろうろ

同じ7階にある、ロッテミュージアムオブアートを見学。

ロッテミュージアムオブアートの入口

台湾人のJAMES JEANという人の展示をやっていた。

ロッテミュージアムオブアートのJAMES JEAN

この後、ロッテワールドモール内で、手頃な値段の気に入った服があったら買って帰ろうと思ったんだが、どれも高すぎて断念。

外国行ったときは、なるべく服を買うようにしている。

今日着ているシャツも、7年前、ACL遠征で蔚山に行ったときに、そこのロッテデパートで買ったものだ。物持ちいいな(笑)

しかし、ロッテワールドモール内の展示はバブリーだな~

ロッテミュージアムオブアートの展示1

ロッテミュージアムオブアートの展示2

ロッテミュージアムオブアートの展示3

外に出る。

ロッテマートとロッテワールドタワー。

ロッテワールドモールとロッテワールドタワー1

ロッテワールドモールとロッテワールドタワー2

すぐ隣にも、ロッテホテルとロッテデパートがある。

蚕室のロッテホテルとロッテデパート

14:30頃、部屋に戻る。

再びサウナへ

15:10頃、75階のサウナへ。

昨日と一昨日対応してくれた女の人はいなかった。

温浴施設があるところはいいねぇ。

風呂から出た後、着替えていたら、外から轟音が。

戦闘機が隊列を組んで飛んでいた。

シグニエルソウルから見えた戦闘機

部屋に戻ってからも飛んでいた。

後で調べたら、9月1日に行われる第27回ソウル国際車いすマラソン大会の航空ショーのための事前練習だったみたい。

シグニエルソウルをチェックアウト

アメックスプラチナのFHRの100ドルオフの対象店舗を確認してみる。

あらら、昨晩の「BAR 81」は対象外だった。

というわけで、100ドルオフを全然活用してない。

ミニバーのスナックは対象なので、娘の土産として美味しそうなのを持って帰ることに。

シグニエルソウルのスナック

16:10にフロントでチェックアウト。

Tmoneyで支払いもできるんだね。

シグニエルソウルの支払い

支払いは1,539,800ウォン。

AMEXプラチナカードで決済。

アメックスプラチナカードで外貨決済をすると、以下のようにポイントが3倍になる。100円=3ポイント=3ANAマイル/2.4BAマイルとかなりお得。

シグニエルソウルの宿泊料金をアメックスプラチナで決済

詳しくは、以下の記事参照。

タックスリファンドの紙もくれた。

68,000ウォンも戻ってくるらしい。

エレベーターまでフロントのスタッフが送ってくれて、1階に到着したら、また別のスタッフが地下鉄に通じるエスカレーターまで案内してくれた。

蚕室駅からソウル駅へ

帰りは地下鉄でソウル駅まで行く。

案内に従って、2号線のチャムシル駅へ向かう。

地下鉄2号線のチャムシル駅へ

16:35くらいに2号線に乗車。

トンデムン・ヨッサムン・ファゴンウォン駅で、5号線に乗り換えて、ソウル駅へ。

乗り換え途中で見かけた防毒マスク。

ソウル地下鉄の毒ガス用のマスク

AREXで金浦空港へ

ソウル駅から、Airport Railroadの案内に従って進んでいく。

下の画像の案内にはインチョン空港と表示されているが、インチョン空港は金浦空港の先にあるからご安心を。

ソウル駅からAREX方面へ

AREXに乗車。

シグニエルソウルからずっと歩きっぱなしでどっと疲れが出てきた。

18:00頃に金浦空港駅に到着。

金浦空港の「SKY HUB LOUNGE」へ

またテクテク歩いてチェックインカウンターへ。スーツケースを預ける。

この上階のレストランの奥には、以前、「AIR LOUNGE 休」というラウンジが存在していた。

金浦空港の「休」ラウンジがあった場所

プライオリティ・パスで入れたラウンジだが、前回訪問時は、プライオリティ・パスのカードを忘れたため、入れなかった。

今回、そのリベンジと思ったが、「AIR LOUNGE 休」はもう営業終了していた・・・

出国手続きをして、「SKY HUB LOUNGE」へ。

金浦空港のSKY HUB LOUNGEの外観

こちらも前回、プライオリティ・パスのカードを忘れたために入れなかったラウンジだ。

SKY HUB LOUNGEは、プライオリティ・パス会員、ラウンジ・キー会員、ダイナースクラブカード会員であれば利用できる。

金浦空港のSKY HUB LOUNGEの利用条件

私はアメックスプラチナのプライオリティ・パスで入室。

アメックスプラチナのプライオリティ・パスは「デジタル会員証」に対応しているので、スマホのアプリが会員証代わりになる、めちゃ便利。

「SKY HUB LOUNGE」は、そう広くはないが、利用者も少なく、落ち着いているラウンジ。

おぉ、クラウドの生ビールが飲めるんだね。

金浦空港のSKY HUB LOUNGEのKloudビールサーバー

ビビンバを自分で作れる。

機内食あるから、こんな感じで頂いた。

麻婆豆腐の辛さ効いてるわ。

金浦空港のSKY HUB LOUNGEで食事

家族旅行なら、このダイニングテーブルも最適だね。

金浦空港のSKY HUB LOUNGEのダイニングテーブル

金浦空港のアシアナラウンジも覗いてみる

この後、アシアナラウンジへも行ってみる。

本来、ANAのビジネスクラス客が案内されるランジはこちらだ。

アシアナラウンジとKALラウンジが並んで存在していた。

金浦空港のアシアナラウンジ

アシアナラウンジ、利用者多すぎ。

罰ゲームかと思えるほど詰め込まれてる。

ここではMAXの生ビール飲める。

金浦空港のアシアナラウンジのMaxビールのサーバー

食べ物はパンにハンバーガーとサンドイッチくらい。

金浦空港のアシアナラウンジのサンドイッチ1

金浦空港のアシアナラウンジのサンドイッチ2

羽田で寄ったANAラウンジと同様、一度も席に座らず退席した。

JGC持ってるから、KALラウンジも入れたのかな?

スカイチームの航空会社もJALも乗らないから無理か。

ソウル金浦空港の3つの国際線ラウンジを利用するための条件は、以下の記事で詳しく紹介しているので参考に。

タックスリファンドを受ける

前回も利用できなかったここでフットマッサージ受けようかと思ったけど、20分待ちとのこと。

金浦空港のフットマッサージ

時間ないので諦めた。

免税店を覗く。

この可愛い女優さん、誰だろう?

韓国の女優さん

免税店を見てる間にTAX REFUNDの行列が消えていたので、手続き。

金浦空港のタックスリファンド

68,000ウォン戻ってきたので、また近い内に行こう。

ANA868便ビジネスクラス

19:30頃、搭乗。帰りも3K。

ANA868便のビジネスクラス3K

20:30頃、ドリンクの提供。

帰りはシャンパンを頂いた。

ANA868便のビジネスクラスのシャンパン

20:40頃、機内食が配膳。

ANA868便のビジネスクラスの機内食1

プリプリの海老にレモンのソース、美味しい。

ANA868便のビジネスクラスの機内食2

ラザニアもしっとりしていて、美味しかった。

ANA868便のビジネスクラスの機内食3

シャンパン飲んだ後は、プレモルを頂く。

ANA868便のビジネスクラスの機内食4

CAさんに、「シャツかわいい」と言われる。

前述の通り、7年前、蔚山で買ったシャツね。

プレッツェルのマークの入ったシャツ。

話題にされるのもう10回以上だから、コスパの良いシャツだ(笑)

22時頃、羽田空港に到着。

疲れたので、Uberで帰宅した。

羽田空港からUberで帰宅

TOYOTAヴェルファイアで足伸ばして帰宅できて、少し楽になったよ。

シグニエルソウル滞在のソウル2泊3日旅行記、ご覧頂き、ありがとうございました。

シグニエルソウル滞在の2泊3日のソウル旅行でかかった費用

最後に、今回のソウル2泊3日旅行でかかった費用をまとめておく。

往復の飛行機は、ANAマイルで取った特典航空券なので、かかった費用は8,350円のみ。

アメックスプラチナのFHRで予約した、シグニエルソウルの宿泊代金が2泊で1,064,800ウォン。

飲食代金は、BICENAや鮨 海信などの合計で494,000ウォン+30,635円。

交通費が、23,190円+52,200ウォン。

トータルで64,771円+1,612,000ウォン。

分類細目費用
飛行機ANA8618,350円
ANA868
宿泊シグニエルソウル1,064,800ウォン
 飲食 BICENA400,000ウォン
GS2519,000ウォン
鮨 海信29,033円
Bar 8175,000ウォン
doore1,602円
交通羽田空港定額タクシー7,780円
タクシー(ソウル駅→シグニエルソウル)18,100ウォン
タクシー(シグニエルソウル→宣陵・靖陵)10,200ウォン
Uber1,461円
タクシー6,800ウォン
Uber1,362円
タクシー(シグニエルソウル→鮨 海信)8,400ウォン
タクシー(鮨 海信→シグニエルソウル)8,700ウォン
Uber12,587円
観光宣陵・靖陵 入場料1,000ウォン
その他機内WiFi1,846円
機内WiFi750円
合計64,771円+1,612,000ウォン
ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは旅行記、搭乗記、ポイント・マイルの獲得方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。