ANA特典航空券

UAマイル→ANA国内線特典航空券のメリット・デメリット。発券例4選!

稚内から石垣島までのUAマイル特典航空券

ユナイテッド航空(UA)は、「スターアライアンス」に加盟するアメリカの航空会社です。

ユナイテッド航空(UA)は、アメリカン航空(AA)、デルタ航空(DL)と並んで、アメリカを代表する航空会社です。

加盟アライアンスもバラけております。

  • ユナイテッド航空 ⇒ スターアライアンス
  • アメリカン航空 ⇒ ワンワールド
  • デルタ航空 ⇒ スカイチーム

「スターアライアンス」にはANAも加盟していますので、ユナイテッド航空のマイル(以下、UAマイル)を使って、ANAの特典航空券を取ることもできます。

本題です。

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」が非常にお得です。人によっては、ANAマイラーからUAマイラーへの転身を考えるほどに。

以下では、

  • UAマイル→ANA国内線特典航空券」
  • ANAマイル→ANA国内線特典航空券」

を比較しながら、前者の大きなメリットとデメリットを紹介し、超絶お得な特典航空券の発券例も紹介します。

最後に、そんなUAマイルを短期間に大量に獲得する方法を紹介します。

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」のメリット

有効期限が無期限

UAマイルには有効期限がありません。

永久不滅ポイントならぬ、永久不滅マイルです。

貯めたUAマイルは「資産」となります。

一方、ANAマイルの有効期限は通常は3年間です。

当日予約が可能

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、搭乗日当日の特典航空券の発券が可能です。

「ANAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、搭乗日1日前まで予約が可能です。

より少ないマイルで特典航空券に交換できる路線が多い

※現在、必要マイル数は需給に応じた変動制になっています。

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」に必要なマイル数は、以下のようにシンプルです。

片道 往復
1-800マイル 5,500マイル 11,000マイル
801マイル以上 9,000マイル 18,000マイル

羽田-札幌/福岡/那覇/石垣の「片道」の特典航空券に必要なマイル数を比較したのが以下の表です。

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」は、多くの路線で、「ANAマイル→ANA国内線特典航空券」よりも必要マイルが少なくて済みます

UAマイル→ANA国内線特典航空券 ANAマイル→ANA国内線特典航空券
羽田-札幌 5,500マイル L 6,000マイル
R 7,500マイル
H 9,000マイル
羽田-福岡 5,500マイル L 6,000マイル
R 7,500マイル
H 9,000マイル
羽田-那覇 9,000マイル L 7,000マイル
R 9,000マイル
H 10,500マイル
羽田-石垣 9,000マイル L 8,500マイル
R 10,000マイル
H 11,500マイル

※L=ローシーズン、R=レギュラーシーズン、H=ハイシーズン

片道2回まで乗り継ぎが可能で、必要マイル数は「出発地と最終目的地の直線距離」で決まる

そして、ここが「UAマイル→ANA国内線特典航空券」の肝ですね。

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、2回まで乗り継ぎが可能で、乗り継いだ場合の必要マイル数は「出発地と最終目的地の直線距離」で決まります。

例1)羽田-福岡-福江(五島列島)と乗り継いだケース

羽田-福岡-福江(五島列島)と乗り継いだ場合の必要マイル数(片道)を考えます。

UAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、2回まで乗り継ぎが可能で、乗り継いだ場合の必要マイル数は「出発地と最終目的地の直線距離」で決まりますので、必要マイル数は基本的に5,500マイル(片道)です。

※ただし、需給に応じて変動。

ANAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、乗り継ぎは不可能です。

そのため、羽田-福岡-福江(五島列島)は、「羽田-福岡」、「福岡-福江(五島列島)」という2つの特典航空券の組み合わせとなります。

必要マイル数は、「羽田-福岡」の必要マイルと「福岡-福江(五島列島)」の必要マイルの合算となり、11,000マイル(Lシーズン)、13,500マイル(Rシーズン)、16,500マイル(Hシーズン)となります。

UAマイル→ANA国内線特典航空券 ANAマイル→ANA国内線特典航空券
羽田-福岡-福江(五島列島) 5,500マイル L 11,000マイル
R 13,500マイル
H 16,500マイル

片道でこれだけ差がつきますから、往復ならもっと差が付きますね。

例2)札幌-羽田-那覇と、北から南に縦断するケース

札幌-羽田-那覇と乗り継いだ場合の必要マイル数(片道)を考えます。

UAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、基本的に9,000マイルです。以下の必要マイルチャートを思い出してくださいね。

※ただし、需給に応じて変動。

片道 往復
1-800マイル 5,000マイル 10,000マイル
801マイル以上 9,000マイル 18,000マイル

「ANAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、「札幌-羽田」と「羽田-那覇」の2区間分のマイルが必要となり、必要マイル数は、13,000マイル(Lシーズン)、16,500マイル(Rシーズン)、19,500マイル(Hシーズン)となります。

UAマイル→ANA国内線特典航空券 ANAマイル→ANA国内線特典航空券
札幌-羽田-那覇 9,000マイル L 13,000マイル
R 16,500マイル
H 19,500マイル

特典航空券を他人にプレゼントすることもできる

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、誰にでも特典航空券を発券することができます

「ANAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、「会員本人と配偶者・同性パートナー、及び、二親等以内の家族」に限られます(下図参照)。

ANAマイル特典利用者

ANAと同様に、特典航空券の搭乗者を「二親等以内の家族」に限定している航空会社としては、他にJAL、韓国のアシアナ航空、大韓航空があります。

東アジアの家族形態が影響しているんでしょうか・・・?

ちなみに、JALとブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は、同じ航空連合「ワンワールド」に加盟。

「BAマイル→JAL国内線特典航空券」も「UAマイル→ANA国内線特典航空券」に負けず劣らずお得ですので、以下の記事のご一読をおすすめいたします。

私は使い勝手がいい「BAマイル→JAL国内線特典航空券」も重宝していますよ。

発券から24時間以内であれば無料でキャンセル可能

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」では、「24時間フレキシブル予約ポリシー」が適用されます。

フライトの出発予定日の1週間以上前に発券され、発券から24時間以内にキャンセルをすれば、マイルが全額戻ってきます。キャンセル手数料もかかりません。

UAマイル→ANA国内線特典航空券の24時間以内キャンセルの手数料

「ANAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、発券直後からキャンセル手数料が発生します。1名につき3,000マイルです。

「ノーショー」でも手数料を払えばマイルを返還してもらえる

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、「ノーショー」でも125米ドルの手数料を払えば、マイルを返還してもらえます。

「ノーショー」とは、「キャンセルの連絡もせずに、当日空港に現れないこと」を意味します。

「ANAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、「ノーショー」ではマイルの返還は一切ありません。

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」のデメリット

予約手数料がかかる場合がある

「ANAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、予約手数料は完全無料です。

Webサイトから自ら予約した場合でも、予約センター(電話)で予約した場合でも手数料はかかりません。

一方、「UAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、オンラインから自ら予約すれば、手数料は無料です。

しかし、プレミアゴールド以下の会員が、予約センター(電話)を利用して予約する場合は、以下の手数料がかかります。

電話での予約
一般会員 25米ドル
プレミアシルバー 25米ドル
プレミアゴールド 25米ドル
プレミアプラチナ 無料
プレミア1K 無料

発券から24時間経過後の変更手数料が高い

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、発券から24時間経過後に、搭乗日・出発地・乗継地・目的地を変更する場合、以下の手数料がかかります。

これもかなり痛いですね。

出発日61日前まで 出発日60日前以降
一般会員 75米ドル 125米ドル
プレミアシルバー 50米ドル 100米ドル
プレミアゴールド 25米ドル 75米ドル
プレミアプラチナ 無料 50米ドル
プレミア1K 無料 無料

「ANAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、搭乗日の変更は無料ですが、予約後の出発地・目的地の変更はできません。

出発地・目的地を変更した場合は、一度キャンセルの上、改めて申し込む必要があります。

キャンセル手数料は、1名につき3,000マイルです。

発券から24時間経過後のキャンセル手数料が高い

メリットでも紹介したように、「UAマイル→ANA国内線特典航空券」では、発券から24時間以内のキャンセルは手数料無料です。マイルも全額返却されます。

しかし、24時間経過後のキャンセル手数料は以下のようになっています。

これもかなり痛いです。

出発日61日前まで 出発日60日前以降
一般会員 75米ドル 125米ドル
プレミアシルバー 50米ドル 100米ドル
プレミアゴールド 25米ドル 75米ドル
プレミアプラチナ 無料 50米ドル
プレミア1K 無料 無料

「ANAマイル→ANA国内線特典航空券」の場合、キャンセル手数料は、1名につき3,000マイルです。

超絶お得な「UAマイル→ANA国内線特典航空券」の発券例

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」は、「片道2回まで乗り継ぎが可能で、必要マイル数は「出発地と最終目的地の直線距離」で決まる」ため、以下のような超絶お得な特典航空券を取ることができます。

日本最北端から日本最南端へ(稚内-札幌-羽田-石垣)

北方領土を除くと、日本最北端の地は稚内市の「宗谷岬」。

日本最北端の宗谷岬

※厳密なことを言うと、宗谷岬の北に浮かぶ「弁天島」という無人島が最北端のようです。

日本最南端の有人島は、石垣島からアクセスできる「波照間島」。

波照間島のニシ浜

「宗谷岬」から「波照間島」に行こうとすると、稚内-札幌-羽田-石垣と乗り継ぐのが一つのルートです。

※石垣島から波照間島へはフェリーで。

このルート、「UAマイル→ANA国内線特典航空券」なら、必要マイルは片道たった9,000マイルです!往復でも18,000マイル!

稚内-札幌-羽田-石垣のUAマイル

羽田-石垣の早起きが辛いかな(苦笑)

なお、「ANAマイル→ANA国内線特典航空券」で同区間を予約しようとすると、

  • 稚内-札幌
  • 札幌-羽田
  • 羽田-石垣

という3つの特典航空券の組み合わせとなり、必要マイル(片道)は、19,500マイル(Lシーズン)、23,500マイル(Rシーズン)、28,000マイル(Hシーズン)もかかります。

UAマイル→ANA国内線特典航空券 ANAマイル→ANA国内線特典航空券
稚内-札幌-羽田-石垣 9,000マイル L 19,500マイル
R 23,500マイル
H 28,000マイル

札幌から福岡/長崎経由で福江・対馬・壱岐へ

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」なら、以下の路線が片道9,000マイルで取得可能です。

札幌-羽田-長崎-福江
札幌-羽田-長崎-対馬
札幌-羽田-長崎-壱岐
札幌-羽田-福岡-福江
札幌-羽田-福岡-対馬

石垣から利尻へ

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」なら、以下の路線が片道9,000マイルで取得可能です。

石垣-羽田-札幌-利尻

福江・対馬・壱岐から八丈島へ

「UAマイル→ANA国内線特典航空券」なら、以下の路線が全て片道5,500マイルで取得可能です。

福江-長崎-羽田-八丈島
対馬-長崎-羽田-八丈島
壱岐-長崎-羽田-八丈島
福江-福岡-羽田-八丈島
対馬-福岡-羽田-八丈島

以下は、壱岐-長崎-羽田-八丈島の発券例。

壱岐-長崎-羽田-八丈島のUAマイル

短期間に大量のUAマイルを獲得する方法

短期間に大量のUAマイルを獲得する方法がありますので、紹介します。

MileagePlusセゾンカードの入会キャンペーンで最大39,000マイル獲得

MileagePlusセゾンカードは、2020年8月3日から10月31日まで新規入会キャンペーンを実施中です。

一般 ゴールド プラチナ
MileagePlusセゾンカード券面デザイン MileagePlusセゾンゴールドカード券面デザイン MileagePlusセゾンプラチナカード券面デザイン
年会費 7,150円 22,000円 55,000円
還元率 1.5% 1.5% 1.5%
入会キャンペーン 最大3,450マイル 最大30,000マイル 最大39,000マイル

SPGアメックスの入会キャンペーンで14,300マイル獲得

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード券面デザイン

SPGアメックスカードという、「100円=3ポイント」のMariott Bonvoyポイントが貯まるクレジットカードがあります。

現在、SPGアメックスカードの公式サイトから入会すると、入会後3ヶ月間に10万円の利用で30,000ポイントのボーナスポイントが貰えます。

一方、「紹介プログラム」から入会すると、入会後3ヶ月間に10万円の利用で36,000ポイントのボーナスポイントが貰えます。

10万利用時のカード利用ポイント3,000ポイントと合わせて、39,000ポイント貯まります。

そして、Mariott Bonvoyポイントは、「3ポイント=1.1マイル」の比率で、ユナイテッド航空のマイルに交換することができます。

SPGアメックスカードに入会して、条件を満たすと、14,300マイル相当のUAマイルが手に入るということです。

ダイナースクラブカード入会後のカード利用でUAマイルが手に入る

ダイナースクラブカードのポイントは「1,000ポイント=500マイル」でユナイテッド航空のマイルに換えられます。

ダイナースクラブカードが入会キャンペーンを行っていれば、入会後短期間に大量のUAマイルを獲得することができます。

ダイナースクラブカード新規入会キャンペーン

地道にUAマイルを貯める方法

地道にUAマイルを貯める方法を紹介します。

SPGアメックスカードを使う

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード券面デザイン

SPGアメックスカードを使うと、「100円=3ポイント」のMariott Bonvoyポイントが手に入ります。

そして、Mariott Bonvoyポイントは、「3ポイント=1.1マイル」の比率で、ユナイテッド航空のマイルに交換することができます。

現在、SPGアメックスカードの公式サイトから入会すると、入会後3ヶ月間に10万円の利用で30,000ポイントのボーナスポイントが貰えます。

一方、SPGアメックスカードの紹介プログラムから入会すると、入会後3ヶ月間に10万円の利用で36,000ポイントのボーナスポイントが貰えます。

紹介プログラムからの入会を希望する方は、以下の記事をご覧ください。

ちなみに、10万円利用利用すると、通常のカード利用ポイント(10万円利用分)として、3,000ポイントも手に入りますので、合計39,000ポイント獲得できるわけですね。

このポイントをユナイテッド航空のマイルに交換すると、14,300マイルになります。

ダイナースクラブカードを使う

以下のダイナースクラブカードを使うと、「100円=1ポイント」のポイントを貯めることができます。

年会費[税別] UAマイル換算率
ダイナースクラブカード 22,000円 0.5%
ダイナースクラブ ビジネスカード 27,000円 0.5%

このポイントは、「1,000ポイント= 500マイル」の移行レートで、ユナイテッド航空(UA)のマイルに交換することができます。

年間移行マイルの上限は、120,000マイルとなっています。

ダイナースクラブカードを日常的なショッピングに利用すれば、毎月こつこつとUAマイルを貯めることができますね。

もし、ダイナースクラブカードへの入会を考えているのなら、「ポイントサイト」経由がおすすめです

なぜか?

ダイナースクラブカードは年会費が高いです。

そのため、ダイナースクラブカードを発行する三井住友トラストクラブは、結構な広告宣伝費を払ってでも会員獲得をしたいと考えています。

その結果、ダイナースクラブカードの「ポイントサイト報酬額」は高額になりがちです。

現在のダイナースクラブカードの「ポイントサイト報酬額」の最高額は20,000円!

是非、ポイントサイト経由でダイナースクラブカードを発行してください。

MileagePlus セゾンカードを使う

年会費[税別] マイル換算率
MileagePlusセゾンカード 1,500円 0.5%
MileagePlusセゾンゴールドカード 15,000円 1.5%
MileagePlusセゾンプラチナカード 36,000円 1.5%

MileagePlusセゾンカードは、「マイルアップメンバーズ」(年会費5,000円[税別])に加入すると、マイル換算率が1.5%にアップします。

MileagePlusセゾンカードについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。

MileagePlus UCカードを使う

年会費[税別] マイル換算率
MileagePlus UCカード 1,500円 0.5%
MileagePlus UCゴールドカード 18,000円 1.0%

MileagePlus JCBカードを使う

年会費[税別] マイル換算率
MileagePlus JCBクラシックカード 1,250円 0.5%
MileagePlus JCB一般カード 5,000円 1.0%
MileagePlus JCBゴールドカード 15,000円 1.5%

MileagePlus MUFGカードを使う

年会費[税別] マイル換算率
MileagePlus MUFGカード 5,000円 1.0%
MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージVisa 15,000円 1.0%(国内)
1.5%(海外)
MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ・アメリカン・エキスプレス・カードVisa 15,000円 1.0%(国内)
1.5%(海外)

MileagePlus ダイナースクラブカードを使う

年会費[税別] マイル換算率
MileagePlus ダイナースクラブカード 28,000円 1.0%
MileagePlus ダイナースクラブファースト 43,000円 1.5%(国内)
2.0%(海外)
ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

POSTED COMMENT

  1. アバター kk より:

    こんにちは!
    質問なのですが、アメックスのポイントをブリティッシュエアウェイズに移行できるのは知っているのですが、ユナイテッド航空のマイルにも交換できるのでしょうか?

    • sfc-monk sfc-monk より:

      kk様、こんにちは。

      ダイナースクラブカードのポイントプログラム、SPGアメックスのポイントプログラムと混同して、間違ったことを記載しておりました。
      アメックスのポイントはユナイテッド航空のマイルには移行できません。

      間違ったことを伝えてしまい、大変申し訳ございませんでした。

      お詫び申し上げます。

      記事を訂正いたします。

  2. アバター S.K より:

    kk様
    こんにちわ。以前、私ユナイテッド航空のマイレージプログラムにて、石垣島を最終の目的地とした国際線利用した4路線旅行をしました。今年の2月頃までは、多くの選択肢の中で国内3~4路線を乗り継ぎして目的地にたどりつくプランが設定されてましたが、今はないような気がします。ここ最近、改変されてしまったのでしょうか?行程は以下です。

    羽田⇒石垣島 ビジネスクラス利用で片道計12000マイル(エコノミーなら8000マイルでした)
    1羽田→香港 ANAビジネスクラス
    2香港→関空 ANAビジネスクラス
    3関空→宮古島 ANAエコノミー
    4宮古島→石垣島 ANAエコノミー

    12000マイルにてビジネス利用でした。パスポートを持って羽田を深夜に出発、香港での乗継時間が約半日あったので、早朝より市内に繰り出し、朝食、香港半日市内観光ツアー、そして帰りの香港空港でユナイテッド航空始め、タイ・シンガポール航空の3個所それぞれのラウンジを駆け足で立ち寄りました。その日は関空に戻りここで1泊、翌日目的地の石垣島に到着するという行程でした。4路線目では、ANAのジェット機路線で最も距離の短い?フライトも味わえるなど、特徴あるお得感満載の旅でした。ちなみに帰りは石垣→羽田は直行便利用だったので、ここは通常の8000マイルでした。
    もう一度と思うのですが、もうこのプランは設定されないのですかね?もしご存じであれば教えて頂ければ嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。