ダイナースクラブカード

【2019/02 ダイナースクラブカード入会キャンペーン攻略法】ダイナースクラブカード入会で最大限得するキャンペーン攻略法を紹介

こんにちは。

なぜかダイナースクラブカードの審査に何度も落とされる、jun(@miler_jun)と申します。

私より年収の低い妻は一発で受かったんですがね、なぜなんですか、三井住友トラストクラブさん?

それはともかく。

ダイナースクラブカードで物凄い入会キャンペーンが行われています。

今なら、入会で、最大72,150ANAマイル獲得できます。

以下では、まず、「72,150ANAマイルあれば何ができるか?」を紹介します。

その後に、ダイナースクラブカード入会で最大72,150ANAマイル獲得するための手順を紹介します。

普通に入会してしまうと、60,000ANAマイル止まりとなります。

12,150ANAマイル損します!

72,150ANAマイルあると何ができるか?

今回のダイナースクラブカードの入会キャンペーンでは、以下で紹介する方法に則って入会すると、最大72,150ANAマイル獲得できます。

ダイナースクラブカードを普通に使ったら、720万円決済してようやく獲得できるだけのマイル数です。

720万年と言ったら、上級サラリーマンの年収レベルですね!

以下の、ANA国際線特典航空券の必要マイルチャートをご覧ください。

ANA国際線特典航空券の必要マイルチャート

日本(Zone1)からの往復に必要なマイル数が確認できます。

L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)とあるように、需要によって必要マイルが変動します。

72,150ANAマイルあれば、、、

ソウルなら5往復して、2,150マイル余ります。

写真は、KTXのソウル駅です。

参考:平昌・ソウル旅行記 (2)

ソウル駅のKTXのホーム

香港、台北なら4往復して、4,150マイル余ります。

写真は、花蓮市の四八高地からの七星潭(ちーしーたん)です。

参考:花蓮・台北3泊4日旅行記

花蓮の四八高地から七星潭5

バンコク、シンガポールなら2往復して、12,150マイル余ります。

写真は、バンコクのワットパクナムの仏塔内です。

ワットパクナム仏塔の5階の仏塔3

ハワイに夫婦で行って、150マイル余ります。

追加で数千マイル貯めれば、ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ロンドンに、ビジネスクラス一人旅することも可能です。

夢が広がりますよね。

韓国(Zone2)ソウル
アジア1(Zone3)北京、大連、瀋陽、青島、上海、杭州、広州、厦門、成都、武漢、香港、台北、マニラ
アジア2(Zone4)シンガポール、バンコク、ホーチミン、ヤンゴン、ジャカルタ、ムンバイ、デリー、ハノイ、クアラルンプール、プノンペン
ハワイ(Zone5)ホノルル
北米(Zone6)ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、サンノゼ、ワシントン、ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、バンクーバー、メキシコシティ
欧州(Zone7)ロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフ、ブリュッセル、ウィーン
オセアニア(Zone10)シドニー

ダイナースクラブカードの入会キャンペーン攻略法は、以下の2ステップで完成

まず、ダイナースクラブカードの入会で最も損する方法を教えます。

それは、Googleで「ダイナースクラブカード」で検索して、一番上に表示されたダイナースクラブカード公式サイトから直接入会することです。

大変に損するのでやめましょう。

ダイナースクラブカードは、以下の2ステップを踏んで入会すると、最もポイント(=マイル)を獲得することができますよ。

  1. ポイントサイトに登録して、ポイントサイト経由でダイナースクラブカードに入会する。
  2. ダイナースクラブカードの新規入会キャンペーンの条件をクリアする。

ポイントサイトに登録して、ポイントサイト経由でダイナースクラブカードに入会する

ダイナースクラブカードは、公式サイトから直接申込みをしてはいけません。

以下で紹介するポイントサイトに登録後、そのポイントサイト内のダイナースクラブカードの広告から入会してください。

すると、ポイントサイトから報酬が貰えます。

その報酬額は、現在、15,000ポイント(15,000円相当)です!

このポイントはANAマイル(12,150マイル)、JALマイル(12,000マイル)にも交換できます。

交換方法は後述します。

なぜ、「ポイントサイト」はそのような報酬をくれるのでしょうか?

それは、「ダイナースクラブカード」を発行する三井住友トラストクラブ株式会社が、ネットの広告代理店を通じて「ポイントサイト」に広告宣伝費を支払っているからです。

広告主である三井住友トラストクラブ株式会社は、ポイントサイトに「広告宣伝費を出すから、うちのダイナースクラブカードの会員募集してよ」と依頼しているわけですね。

われわれが「ポイントサイト」経由でダイナースクラブカードを発行すると、その広告宣伝費の一部を貰うことができるわけです。

広告宣伝費の流れは以下のようになります。

広告主(三井住友トラストクラブ株式会社)

ポイントサイト

広告利用者(われわれ)

もちろん、広告主からポイントサイトへは、15,000円相当以上の報酬が支払われています。

われわれが「ポイントサイトを経由せずに公式サイトから直接」ダイナースクラブカードを発行してしまうと、どうなるか?

広告主(三井住友トラストクラブ株式会社)がわざわざ用意してくれている広告宣伝費用の一部をみすみす貰いそこねることになるわけですね。

ダイナースクラブカードのポイントサイト報酬額

ポイントサイトは複数社存在しています。

下表は、各社のダイナースクラブカードのポイントサイト報酬額を比較したものです。

※2019年1月23日現在

もっとも報酬額が高いポイントサイトに登録してください。

ポイントサイト名現在の報酬額
ダイナースクラブカード券面デザイン
モッピー
(※)タイアップキャンペーン中
15,000円
げん玉15,000円
ポイントインカム
(※)タイアップキャンペーン中
15,000円
ライフメディア
ドットマネー
ハピタス15,000円
ちょびリッチ15,000円
ECナビ15,000円
ポイントタウン
(※)タイアップキャンペーン中
15,000円
ゲットマネー15,000円
i2iポイント
すぐたま
(※)タイアップキャンペーン中

ご覧いただければ分かる通り、現在は、報酬額は一律となっています。

どのポイントサイトから申し込んでも変わりません。

ですが、もし、ポイントサイトから貰った報酬をマイルに換えたいのなら、モッピーがおすすめです。

モッピーのポイントは、ANAマイルにもJALマイルにも効率良く換えられるから、です。

モッピーのポイントをANAマイルに交換する場合

モッピーのポイントをANAマイルに交換したい場合は、以下のルートを利用すると、最も効率良くANAマイルに移行できます。

モッピー

Gポイント

LINEポイント

↓(90%

メトロポイント

↓(90%

ANAマイル

モッピーの15,000ポイントは、ANAマイル12,150マイルに交換できます。

ただし、「LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル」の交換には、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO)が必要です。

予め入手しておいてください。

ソラチカカード新規入会キャンペーン

モッピーのポイントをJALマイルに交換する場合

モッピーのポイントはJALマイルに直接交換できます。

モッピー

↓(50%)

JALマイル

モッピーの15,000ポイントは、JALマイル7,500マイルに交換できます。

また、モッピーはJALマイルへの換算率が大幅にアップする「JALマイル交換ドリームキャンペーン」というキャンペーンを行っています。

モッピーのJALマイル交換ドリームキャンペーン

  • モッピーのポイントをチャージできるVISAプリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」を持っている。
  • 当月に広告利用で獲得したポイント数が15,000ポイント以上。

という2条件を満たすと、

モッピー「12,000ポイント」→JALマイル「6,000マイル」

モッピーからJALマイルへの交換

という交換を行った後に、モッピー「4,500ポイント」が返ってくるのです。

実質的に、

モッピー「7,500ポイント」→JALマイル「6,000マイル」

という交換が可能になり、換算率は80%になります。

モッピー

↓(80%)

JALマイル

ポイントサイトからダイナースクラブカードに申込むと、15,000円相当のポイントが貰える。

そのポイントを交換すると、ANAマイル換算で12,150マイル相当、JALマイル換算で12,000マイル相当になる。

ダイナースクラブカードの新規入会キャンペーンの条件をクリアする

ポイントサイトからダイナースクラブカードに申し込み、無事カードが発行されましたか?

ダイナースクラブカードがお手元に届いたら、新規入会キャンペーンの条件をクリアしましょう。

現在は、以下の特典が貰えます。

ダイナースクラブカードの新規入会キャンペーンの内容2019

内訳は以下のようになっています。

  • 【特典1】新規入会で、もれなく3,000ポイント
  • 【特典2】入会後3ヶ月以内に30万円利用で、12,000ポイント
  • 【特典3】入会後3ヶ月以内にさらに30万円利用で、15,000ポイント
  • 【特典4】入会後6ヶ月以内にさらに40万円利用で、20,000ポイント
  • 【特典2】【特典3】【特典4】の通常利用ポイントとして、10,000ポイント

合計60,000ポイント獲得できます。

ダイナースクラブカードのポイントは、「1,000ポイント=1,000マイル」で以下の航空会社のマイルに交換できますので、60,000マイル相当です。

全日本空輸ANAマイレージクラブ
デルタ航空スカイマイル
ユナイテッド航空マイレージプラス
大韓航空スカイパス
アリタリア-イタリア航空ミッレミリア

ポイントサイトで獲得できる15,000ポイントの報酬は、ANAマイル12,150マイル、もしくは、JALマイル12,000マイルに交換できることを確認しましたね。

つまり、ポイントサイト経由でダイナースクラブカードに入会すると、

  • ANAマイル60,000マイル+ANAマイル12,150マイル
  • ANAマイル60,000マイル+JALマイル12,000マイル

獲得できるということですね。

ダイナースクラブカード入会キャンペーン攻略法まとめ

ダイナースクラブカードは公式サイトから直接入会してはいけません。

  1. ポイントサイトに登録して、ポイントサイト経由でダイナースクラブカードに入会する。
  2. ダイナースクラブカードの新規入会キャンペーンの条件をクリアする。

という2ステップで、獲得ポイント数=獲得マイル数を最大化することができます。

ポイントをANAマイルにもJALマイルにも効率用交換できるポイントサイト「モッピー」の登録は以下からご利用ください。

今なら、最大1,300ポイント獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

モッピーの新規入会キャンペーン

なお、ANAダイナースカードでも超弩級のキャンペーンが行われています。

一度に大量のANAマイルをゲットしたい方は是非チェックしてみてください。

【追記】

ダイナースクラブカード公式サイトの入会キャンペーンが、

  • 初年度年会費無料
  • 最大60,000ポイント獲得

のいずれか選択性のキャンペーンに変わりました。

一方、ポイントサイト経由でダイナースクラブカードにアクセスした場合、初年度年会費無料の特典は選べない仕組みになっています。

整理すると以下になります。

公式サイトからダイナースクラブカードに申込む

ポイントサイト報酬(15,000円相当)は得られない代わりに、

  • 初年度年会費無料
  • 最大60,000ポイント獲得

のいずれかを選択。

どうしても現金出費を抑えたい人は、公式サイトから入会するといいでしょう。

ダイナースクラブカードの新規入会キャンペーン

ポイントサイト経由でダイナースクラブカードに申込む

ポイントサイト報酬(15,000円相当)を得た上で、

  • 最大60,000ポイント獲得

やはり、こちらの方が全然お得だと思います。

ABOUT ME
jun
jun
本日(2月12日)23:59まで「PayPay残高5,000円分、もしくは、アマゾンギフト券5,000円分」が抽選で4名様に当たるTwitter企画を実施中です。 Twitterアカウントの固定ツイートをご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。