旅行記

花蓮・台北旅行記 (1) ANA851便ビジネスクラス搭乗記

ANA851便ビジネスクラス搭乗記

今回は台湾3泊4日旅行。花蓮に2泊して、台北に1泊する。

日程は、2018年4月22日から25日。

花蓮の位置

花蓮に行こうと思ったのは、現地を訪れて震災復興に少しでも協力しようと思ったから。

3月26日に、ANAマイル35,000マイルを使用して、羽田-台北松山のビジネスクラス特典航空券を発券。

便名 出発-到着 出発時間 到着時間
NH851 羽田-台北松山 10:05 12:30
NH854 台北松山-羽田 16:45 20:50

同日、Expediaから花蓮市のアルスマホテル(阿思瑪麗景大飯店)を予約。

さらに、マリオット公式ページから台北マリオットホテルを予約。

台北市内から花蓮までは、台湾鉄路管理局(台鉄)を利用する。台湾鉄路管理局のインターネット予約ページから以下のきっぷを予約。

車種 列車番号 出発駅-到着駅 出発時間 到着時間
自強 236 台北-花蓮 15:40 18:09
普悠瑪 273 花蓮-台北 13:28 15:40

予約は乗車日の2週間前の現地時間0時(日本時間1時)から可能。

結果から言うと、行きも帰りもほぼ満席だったので、早めの予約をおすすめする。

ちなみに、エバー航空の子会社である立栄航空(UNI Airways)が、台北松山-花蓮間の飛行機を飛ばしているが、利用しづらい時間帯だった。

空から花蓮を眺めるのも楽しそうなのでいつか乗ってみたい。

なお、花蓮の発音は「hua1 lian2」らしい。

羽田空港定額タクシー

2時間睡眠で起床。

7時30分に、前日予約した東京無線の羽田空港定額タクシーに乗る。

今日は東京でも30度近い夏日だそうだ。台湾はどれだけ暑いのか?

朝日が眩しい。Uberのトヨタクラウンならサンシェードあるのになと思った。

参考:Uberに新規登録する(初回乗車2,000円OFF)

運転のうまいドライバーで、車内でよく休むことができた。

ANA851便ビジネスクラスに搭乗

出発フロアには、五月人形が展示されていた。

羽田空港の五月人形

先月、シンガポールに行った時は雛人形だったなぁ。

ANAのビジネスクラスカウンターに並ぼうとしたら、やたらと行列ができている。

8時位はこんなものらしい。

羽田空港のビジネスクラスカウンターの行列

スーツケースを預ける。搭乗口は136番で、沖止めとのこと。

優先レーンもこの有様。

羽田空港の優先レーンの行列

一般レーンのほうが待ち時間が少なさそうだったのでそちらへ。

当然、ANAラウンジも混んでいる。

少しだけカレーを頂いたが、カレー専用皿の洗浄が間に合ってなく、プレートで(笑)

羽田空港のANAラウンジのカレー

食べ終わった後は、司馬遼太郎の『街道をゆく40 台湾紀行』を読んでいた。

なお、羽田空港国際線ターミナルには、このANA LOUNGEの他にも航空会社ラウンジ・カードラウンジが存在する。詳しくは以下のリンク先を参照。

9時半前に搭乗口へ。

マリオット公式アプリから、3日目に泊まる台北マリオットホテルにチェックイン。16時のレイトチェックアウトをリクエストする。

ところで、2クラスしかない国際線で、ビジネスクラス客よりも、エコノミークラス客のダイヤモンドメンバーが先に搭乗できるのが解せないのだけど・・・

座席は1A。

ANA851便ビジネスクラスの1A

古臭い機材でテンションが上がらなかったが、台湾人CAさんがとてもかわいらしかった。

機内食は洋食に。

10時半頃離陸、11時位から機内食を食べ始めた。

ドリンクはシャンパンを。

Champagne COLLET BRUT ART DECO。旨い。

ANA851便ビジネスクラスのシャンパン「COLLET」

ANA851便ビジネスクラスの機内食1

サーモンのソテー 桜海老のクルスティアン(カリカリに仕上げること)ペルノー風味のクリームソース。

エビの風味が少し臭みを感じたなぁ。

ANA851便ビジネスクラスの機内食2

ポークパテと赤ワインのジュレ、紋甲烏賊のスモークとキヌアサラダ。

ANA851便ビジネスクラスの機内食3

パンは冷めていてパサパサしている。ピエールエルメのデザートもこってりしていて、残してしまった。

ANA851便ビジネスクラスの機内食4

和食にすればよかったと思った。

食事後は、また、Kindleで『街道をゆく40 台湾紀行』を読んでいた。

那智勝浦辺り。

ANA851便から見た那智勝浦

鹿児島の錦江湾の上を通過。開聞岳を見られた。

ANA851便から見た開聞岳

12時位になったら眠くなったので、リクライニングシートを倒して50分ほど寝た。

台湾上空になったので、パシャパシャ写真を撮っていたが、「松山空港は上空からの写真撮影が禁止されている」というアナウンスが流れたので、止めた。

13時半前に台北松山空港に到着。

到着後に、「ドコモ海外利用アプリ」で、パケットパック海外オプションを開始。

ドコモのパケットパック海外オプション

空港から北側方面。

3日目に泊まる台北マリオットホテルも写っているかな?

台北松山空港から台北マリオットホテル方面

入国審査の列に並んでいると、「e-Gate」申請の案内が目に入った。ググったら、居留証を持っている人が対象らしい。

香港の「e-道」みたいなサービスとしては、「常客証」というものがあるようだ。

参考:https://niaspeedy.immigration.gov.tw

対象者は過去12ヶ月に3回以上台湾を訪れている人。香港の「e-道」みたいに上級会員ステータスを持っていたら1回目から申請できるとかにしてくれたらありがたいが。

係員に、入国カードに記載したホテル名の漢字が一文字読めないと指摘された。台湾人真面目だ。

両替所で1万円を台湾ドルに両替。2,610台湾ドルになった。

この旅行記の続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。