空港

香港国際空港の「e-道(e-Channel)」適格要件と申請方法

e-道(e-Channel)申請オフィス

香港旅行のついでに、「e-道(e-Channel)」の登録をしてきました。

香港国際空港の「e-道(e-Channel)」の登録申請するための適格要件と申請方法を紹介します。

e-道(e-Channel)とは?

e-道(e-Channel)とは何か?

パスポートと指紋の照合で本人確認を行い、自動的に出国手続き・入国手続ができるシステムのことです。

羽田、成田、中部、関西で利用できる「自動化ゲート」の香港版と考えていただくとよいでしょう。

香港のイミグレーションは長蛇の列ができていることが多いのですが、e-道(e-Channel)が利用できるとその時間を相当短縮できます。体力もセーブできます。

入国カードの記入も「不要となります。機内でCAさんにボールペンを借りる必要がなくなります(笑)

利用できるのは、香港国際空港だけではありません。以下の場所でも利用することができます。マカオや深センに行く際にも役立ちますよ

  • 羅湖(Lo Wu)
  • 落馬洲支線(Lok Ma Chau Spur Line)
  • ホンハム(Hung Hom)
  • 深セン湾
  • シャタウコク(Sha Tau Kok)
  • マカオフェリー・ターミナル
  • 中国フェリー・ターミナル
  • 啓徳(カイタック)クルーズターミナル
  • 文錦渡(Man Kam To)
  • 落馬洲(Lok Ma Chau)
  • 屯門(Tuen Mun)フェリーターミナル

この便利なe-道(e-Channel)を利用するには、一定の条件が必要です。

e-道(e-Channel)申請の適格要件

e-道(e-Channel)申請ができるのは、香港国際空港への入国時のみです。

申請の適格要件は以下のようになっています。

1 申請者が18歳以上であること。
2 有効な旅券、そして必要に応じて、有効な数次査証(Multiple visit visa)を所持していること。
3 以下の身分証明書のいずれかを所持していること。

  • 香港特別行政区(HKSAR)トラベル・パス
  • 裏面に「HKG」と印字されたAPEC・ビジネス・トラベル・カード
  • このスキームに参加している航空会社が発行したマイレージ・サービスの上級会員カード (詳細は航空会社にお問い合わせください)。
4 3.で記された身分証明書のいずれかも所持していない方の場合、

  • 香港特別行政区(HKSAR)に入国するための入国ビザ/許可証を必要としない有効な旅券を所持している。
  • 直近の過去12ヶ月で少なくとも3回は香港国際空港経由の飛行機で香港特別行政区(HKSAR)を訪れたことがある
5 香港特別行政区(HKSAR)での不利な記録がないこと。

「18歳以上」で「パスポート」を持っていて、3か4の条件を満たしていれば申請が可能です。

注目してほしいのは「3」の赤字部分です。

なんと、「このスキームに参加している航空会社が発行したマイレージ・サービスの上級会員」であれば、初めて香港国際空港を訪れた場合でも「e-道(e-Channel)」の登録申請ができるのですね。

「このスキームに参加している航空会社が発行したマイレージ・サービスの上級会員」でない場合は、過去12ヶ月で4回目の訪問時に登録することができます。

さて、気になるのは、有効な「このスキームに参加している航空会社が発行したマイレージ・サービスの上級会員」が何を意味するか、ですね。

ANAの場合

ANAの場合、「e-道(e-Channel)」の登録申請ができるのは以下のメンバーです。

  • ANAダイヤモンドメンバー
  • ANAプラチナメンバー
  • ANAブロンズメンバー
  • スーパーフライヤーズ会員(本人・家族会員)

ANAブロンズステータスがあれば、e-道(e-Channel)に登録できます。

ANAブロンズステータスの一番のメリットは、初回からe-道(e-Channel)に登録できることかもしれないですね(笑)

JALの場合

JALの場合は、以下の会員です。

  • JMBダイヤモンド会員
  • JGCプレミア会員
  • JMBサファイア会員
  • JMBクリスタル会員
  • JALグローバルクラブ会員

JMBクリスタルステータスがあれば、e-道(e-Channel)に登録できます。

デルタ航空の場合

デルタ航空の場合、以下の会員です。

  • ダイヤモンドメダリオン会員
  • プラチナメダリオン会員
  • ゴールドメダリオン会員

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(デルタアメックスゴールド)を作れば、即時にゴールドメダリオン会員になることができますので、e-道(e-Channel)の申請が可能ということですね。

なお、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは公式サイトから入会するよりも、「紹介プログラム」を利用して入会した方がボーナスマイルが多くなりますよ。

詳しくは、以下の記事のデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの項目をご覧ください。

キャセイパシフィック航空の場合

キャセイパシフィック航空の場合、以下の会員になります。

  • マルコポーロクラブ ダイヤモンド会員
  • マルコポーロクラブ ゴールド会員
  • マルコポーロクラブ シルバー会員
  • マルコポーロクラブ グリーン会員

マルコポーロクラブへの入会には、100米ドルの入会費が必要です。

100米ドルさえ払えば、e-道(e-Channel)に登録できるということですね。

e-道(e-Channel)申請場所

e-道(e-Channel)申請オフィスは、香港国際空港の到着フロアにあります。

出国フロアにはありません。

以下の地図の赤字部分にe-道(e-Channel)申請オフィスがあります。2箇所です。

e-道(e-Channel)登録ブースの場所

ポイントは、「入国審査後、バゲッジクレーム前」ということです。

入国審査を終えた後、決して、バゲッジクレームには出ないでください。

入国審査を終えたら、直進せず、横に進んでください。

案内に従って進んでいくと、申請オフィスがあります。

e-道(e-Channel)申請オフィスへの案内1

e-道(e-Channel)申請オフィスへの案内2

e-道(e-Channel)申請オフィス

なお、上の写真は、左側のオフィスで、営業時間は7:30-23:00です。

右側のオフィスの営業時間は、10:00-18:00です。

入国審査を受けた場所次第では、営業時間の短い右側のオフィスしかアクセスできない時があります。その場合、係員に「e-道(e-Channel)を申請したい」旨伝えましょう。

よきにはからってくれるはずです。

e-道(e-Channel)の登録方法

e-道(e-Channel)の登録方法を紹介します。

といっても、係員の指示に従っていればいいだけです。

  1. パスポートとステータスカードを提示。私はANAアメックスゴールドのSFCカードを提示しました。
  2. 申込用紙にサイン。
  3. 指紋を採取。
  4. 顔写真を撮影。

5分弱で登録が完了しました。

登録が完了すると、パスポートの裏表紙にe-道(e-Channel)を利用するためのバーコードが貼り付けられます。

一度登録が完了すると、パスポートの有効期限内まで、e-道(e-Channel)の利用が可能ですよ。

e-道(e-Channel)の利用方法

e-道(e-Channel)の利用方法は、Hong Kong Immigration Departmentが公開している以下の動画が分かりやすいと思います。

私は香港からの出国時に早速利用しました。

その時の旅行記が以下になります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。