クリスフライヤーマイル(SQマイル)

SQ631、SQ634ファーストクラスで行くシンガポール3泊4日旅行記

Q631、SQ634ファーストクラスで行くシンガポール3泊4日旅行記

今回は、シンガポール航空のファーストクラスで行くシンガポール3泊4日の旅。

日程は、2018年3月2日~3月5日。

1月9日に、クリスフライヤーマイル130,000マイルを使って、以下のファーストクラス特典航空券を発券。

便名 スケジュール 機材
SQ631 HND 08:50-SIN 15:25 B777
SQ634 SIN 14:05-HND 21:40 B777

シンガポール航空の比較的新しい機材(A350-900、A380-800、B777-200ER (retrofitted)、B777-300ER)のビジネスクラス、ファーストクラス、スイートクラスは「スターアライアンス特典」に開放されていない。

つまり、ANAマイルを使って、上記の便のファーストクラス特典航空券は発券できない。

よって、シンガポール航空のクリスフライヤーマイルを130,000マイル用意して、上記の便の特典航空券を発券した。

マイルの調達方法と特典航空券発券までの流れは以下を参照。

2月8日に、シンガポール マリオット タン プラザ ホテルを予約。

シンガポールでやってみたいことが2つあった。

1つは、Uber Eatsの利用。旅行直前に、Uber Eatsの配達員登録を行い、「配達する側」では利用したことがあった。シンガポールでは「注文する側」でUber Eatsを利用してみたい。Uber Eats初利用が、旅先のシンガポールなんて面白いじゃない(笑)

もう1つは、シェアバイクの利用。日本でも広がりつつあるが、シンガポールでは一般的らしい。旅行前にシェアバイクの「OBIKE」というアプリをインストールして、決済用のクレジットカードも登録しておいた。

目次

1日目

2日目

3日目

4日目

補記

SQカウンターでチェックイン

自宅からタクシーを利用して、朝6時40分に羽田空港国際線ターミナルに到着。

今日は3月2日。出発ロビーには、久月の雛人形が飾ってあった。

久月の雛人形

シンガポール航空のチェックインカウンターへ。

シンガポール航空のチェックインカウンター

スーツケースを預ける。

搭乗口はターミナルの端の105番で、歩いて15分位かかると言われた。

両替所で1万円をシンガポールドル(SGD)に交換。110SGDになった。

※記事の最後に今回の旅行でかかった費用をまとめているが、この110SGDで、ローカルな店での食事代、マッサージ代を全てまかなえた。

一般レーンの行列と横目に優先レーンへ。

羽田空港のプライオリティチェックレーン

出国審査は、自動化ゲートを利用。待ち時間なし。

羽田/成田/中部/関西の自動化ゲートのメリット・デメリットと登録方法

ANA SUITE LOUNGEへ

ANA SUITE LOUNGEへ。

1月のTGファーストクラスで行くバンコク3泊4日旅行の時に成田のANA SUITE LOUNGEを利用したが、羽田は初めてだ。

羽田空港のANA SUITE LOUNGE

席に着いたら、飲み物を聞かれたので、メニューを見せてもらい、シャンパンを。

スパークリングワインかと思ったら、コント・ド・ブリモンというシャンパンだった。つまみと一緒に持ってきてくれた。

ANA SUITE LOUNGEでコント・ド・ブリモン

旨いけど、ぬるくて残念。

私のいる席からの眺め。

羽田空港のANA SUITE LOUNGEの内観

私が入室したのは、7時15分ころ。その頃はまだ空いていたが、7時半位になると混雑してきた。

フードを観察。

羽田空港のANA SUITE LOUNGEのフード1

羽田空港のANA SUITE LOUNGEのフード2

羽田空港のANA SUITE LOUNGEのフード3

羽田空港のANA SUITE LOUNGEのフード4

ヌードルバーもある。

羽田空港のANA SUITE LOUNGEのフード5

なお、私はラウンジ入って右側のエリアに行ったが、入って左側のエリアにもフードコーナーがあった。

左側のエリアは窓から飛行機が見える。ただ、温かいメニューが少なく、ヌードルバーもなかった。

シンガポール航空(SQ631便)ファーストクラス搭乗記

搭乗時間の少し前に搭乗口へ。なるべく早く搭乗して、ファーストクラスキャビンを堪能したいからね。

羽田空港のシンガポール航空の搭乗口

優先搭乗。

私の他に数人の欧米人の客がいた。

SQのB777のファーストクラスの座席。

シンガポール航空のB777のファーストクラス座席1

肘掛けがないことによって、横幅が広く、凄く空間が広く感じる。

シンガポール航空のB777のファーストクラス座席2

シンガポール航空のB777のファーストクラス座席3

隣の席。

シンガポール航空のB777のファーストクラス座席4

男性のCAさんが挨拶に来てくれた。シングリッシュは聞き取りづらかったが、明るくて、気持ちの良い対応をする人。

もう一人の女性のCAさんも笑顔がステキな方。

キャッキャと写真を撮っているのは私一人で、他のお金を出して乗っていると思われるお客さんは静かなもんだった。何回も乗っているんだろうなぁ。

ウェルカムドリンクは、ドンペリかクリュグ。なかなか飲む機会がないクリュグに。

シンガポール航空のクリュグ1

胃酸過多おじさんなので、漢方も忘れないよ。

シンガポール航空のクリュグ2

機内食のメニューをチェック。

京都の「菊乃井」の主人が監修とのこと。

京懐石かフランス料理の選択。

シンガポール航空ファーストクラスのメニュー(京会席)

シンガポール航空ファーストクラスのメニュー(フランス料理)

ここはフランス料理で。

右にUSBポート。

シンガポール航空ファーストクラスの座席のUSB

左にPSPみたいなリモコン。

シンガポール航空ファーストクラスの座席のリモコン

女性のCAさんに「飲み物どうする?」と言われたので、もう結構と言ったのだが、離陸後の飲み物とのことだった。同じクリュグに。

WiFi使えるのかも聞く。使えるとのこと。あとでやり方教えてという。

9時15分位に離陸。

いつもとは違う角度から江ノ島海岸を眺める。

SQ631便からの江ノ島海岸

富士山もいつもとは違う角度から。富士山の奥に甲府盆地と南アルプス。きれいだ。

SQ631便からの富士山

シートベルトサインも消えたので、デスクを出して、パソパソ。

SQ631便機内でのパソコン

クリュグ持ってきてくれたので、記念撮影。

温かいカシューナッツがとても美味。

SQ631便のクリュグとナッツ

女性CAさんが、WiFiのやり方を案内しに来てくれた。と言っても、WiFiをONにするだけ。

ファーストクラス・スイートクラス利用者は、E-mailアドレス、Last Name、Seat Numberを入力することで100MBまでWiFiが無料になる。

シンガポール航空の機内WiFi

女性CAさんに、昼飯タイムを聞かれたので、30分後にお願いすることにした。

アメニティとパジャマを持ってきてくれた。未開封ならメルカリで売れそうだ(笑)

シンガポール航空ファーストクラスのアメニティ

シンガポール航空ファーストクラスのパジャマ

離陸してから1時間ちょいたった、日本時間の10時半頃から機内食を食べ始める。

まずは前菜の豚のレバーペーストと鴨のロースト。どちらも旨いねぇ。

SQ631便ファーストクラスの機内食(前菜)1

SQ631便ファーストクラスの機内食(前菜)2

ガーリックパンも旨い。

SQ631便ファーストクラスの機内食(パン)

次は、アスパラガスのスープ。

SQ631便ファーストクラスの機内食(スープ)

プロが作ったやつを冷凍して、それを解凍してるんだろうね。アスパラガスの芯もちゃんと残ってて、シャキシャキする。とても美味しい。

サラダ。

SQ631便ファーストクラスの機内食(サラダ)

サラダの段階でもうお腹いっぱいになってしまったので、メインまで20分間隔を空けてもらう。

ハーブ風味カラスガレイのグリル。

英語だと、
Baked Herb Crusted Halibut
Served with yuzu-miso butter sauce,vegetable medley and mashed potato.

SQ631便ファーストクラスの機内食(メイン)

魚の柔らかさとかソースとの絡み具合が最高だね。

食後のチョコレートラヴァケーキとヴァニラアイスクリーム。

英語だと、
Warm Chocolate Lava Cake
With mixed berries and vanilla ice crea.

紅茶はTWG。

SQ631便ファーストクラスの機内食(デザート)

どちらも美味しかった。

WiFiは接続したのはいいが、あっと言う間に容量を使い切ってしまった。後で気づいたが、Twitterの「データ利用の設定」で「動画の自動再生」をONにしていたのがよくなかったみたい。OFFにした帰路の便では普通に使えたから。

12時位に食事を終える。

今回は早朝ということもあってそんなに飲めなかった。

しかし、午前中だけで、1日分以上のカロリーを取った気がする・・・

13時位に、座席をフルフラットにしてもらった。

シンガポール航空ファーストクラスのフルフラットベッド1

シンガポール航空ファーストクラスのフルフラットベッド2

膝裏あたりの部分に少し段差があって、足が宙に浮く感じがした。

昨晩2時間睡眠、かつ、朝から飲酒ですぐ眠りに落ちた。

夢を見ていて「部屋の鍵閉めてない!」と慌てる場面で目を覚ましてしまった。

15時45分頃起床。それでも2時間半くらい寝られた。

ノーマルモードに直してもらう。

女性CAさんに、チューインガム禁止のことを尋ねる。CAさんは、噛むなら日本かマレーシアなんだそうだ。自分、今、逆流性食道炎対策で歯磨きガムよく噛んでるから、ちょっと困るなぁ、と。

機内アメニティを入れる袋を男性CAさんにお願いする。スリッパも入れてくれたよ。

到着10分前くらい。これはインドネシアのビンタン島上空らしい。写真の位置情報より。

今回、ビンタン島へも行こうかと思ったのだが止めたのだった。

SQ631便からビンタン島

こちらはバタム島上空らしい。

SQ631便からバダム島

シンガポール海峡。

SQ631便からシンガポール海峡

フェリー、タンカーの数がすげぇ。さながらナマコのよう。

SQ631便からシンガポール海峡のフェリー・タンカー

15時15分に空港到着。

SQ631便からチャンギ国際空港

行く前に、シンガポールで使えるSIMカードを買っていたが、音声SIMではないやつだった。

今回は、フードデリバリーのUber Eatsを使うつもり。ドライバーとの電話のやり取りが必要かもしれないから、用意したSIMカードを使うのを止めて、ドコモのパケ・ホーダイプランを使うことにした。

チャンギ空港からGrabタクシーを利用

初チャンギ空港。

この贅沢な空間の使い方が凄い。

チャンギ国際空港の空間の使い方

天井の窓は開閉式で自然光を取り入れられる。

SQ631便からシンガポール海峡

入国審査を抜けて、荷物を受け取る。

1月に、バンコクで空港からタクシーに乗ったら、ぼったくられて嫌な思いをしたので、今回はUberを使う予定でいる。

バンコクのぼったくりタクシー対策として「Uber」「Grab」がおすすめ。

Uberアプリを立ち上げたところ、そこそこUberタクシーはいたが、金額を見てびっくりした。UberEXECしか使えず、88.72SGD。高すぎ。

チャンギ国際空港からのUber料金

Grabアプリを立ち上げたら、19ドルだった。しかも、いっぱいいる。

チャンギ国際空港からのGrab料金

Grabでタクシーを呼ぶことにした。

しかし、どこで待てばいいんだろう。タクシー乗り場に行って、うろちょろしてたら、掃除のおじさんが「Uber/GrabはB1」と教えてくれた。ありがたい。

B1のDoor3指定で、Grabタクシーを呼ぶ。

GPS情報を見ると、Grabタクシー到着したはずだが、それらしきタクシーが見つからない。運転手から「到着した、どこにいるんだ?」とメッセージが来た。

あ、やば、間違って、ターミナル2を指定していた。今いる場所はターミナル3。大失敗。

これは運転手にキャンセルされた。

再度、ターミナル3、Door3と指定して、Grabタクシーを呼ぶ。

16時にこの車に乗車。だいぶ時間をロスしてしまったなぁ。

Grabの日産デュアリス

左はイースト・コースト・パークという海浜公園。3日目に訪れることになる。

シンガポールの緑

運転手は寡黙な人。

緑が多くて、文化度の高さを感じる。

摩天楼が見えてきた。

シンガポールの摩天楼

おぉ、マリーナベイサンズにシンガポールフライヤー。

マリーナベイサンズとシンガポールフライヤー

街の風景を見ても、めっちゃ活気があるし、きれいだね。

シンガポールの街中

運転手は寡黙な人だったが、降りる間際に「ナイスドライビング」と言ったら、ホリデー?何日?どこから?シンガポールは初めて?Grabどこで知ったの?と。

愛想の悪い人も、褒めると意外と喋ってくれるかもよ。

16時半に、宿泊先のシンガポール マリオット タン プラザ ホテルに到着。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルの入口

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル

ホテルの前は多くの人が行き交いザワザワしている。中に入っても賑わっている。1月に泊まったバンコク マリオットホテル スクンビットの落ち着いた雰囲気とは大違いだなぁ。

ロビー。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのフロント前

チェックイン。

朝食は、27階のクラブラウンジで、と案内されたが、1階の朝食会場が希望と伝えたら、OKとのこと。特に何も言わずに、1階に来ればいいらしい。

部屋。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル(ベッド1)

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル(ベッド2)

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル(洗面台)

トイレと化粧台。近すぎ・・・

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル(トイレと化粧台)

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル(シャワー)

一息ついてたら、スコール。写真でも雨粒見えるほどの。

シンガポールのスコール

ジーンズを脱いで、SQの機内アメニティのパジャマを部屋着とする。ちょうどよかった。

シンガポール航空ファーストクラスのパジャマ2

スコールは1時間くらい降っていた。

19時位に夕焼け。

シンガポールの夕焼け

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのラウンジのカクテルタイム

機内食でお腹いっぱいだし、今日は外に出ないで、ラウンジでごはんを食べることに。ラウンジは19:30までがカクテルタイム。

19:15頃に、27階のラウンジへ。

欧米人で混雑している。

パソコンデスクの近くしか空いてなかった。

フードメニューをチェック。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのラウンジのカクテルタイムのフードメニュー1

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのラウンジのカクテルタイムのフードメニュー2

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのラウンジのカクテルタイムのフードメニュー3

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのラウンジのカクテルタイムのフードメニュー4

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのラウンジのカクテルタイムのフードメニュー5

ちょっとしたツマミでビールを頂く。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのラウンジのカクテルタイムに晩飯

寿司以外は旨かった。

フォロワーさんがバンコクに居るらしく、Uberのことで質問が来たので返事をしたり、Twitterしたり。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのラウンジで仕事

トイレ行きたいときは、不用心なので、パソコンをリュックに仕舞ってから行った。

19:30でフードは終わり、以降はデザートとチーズが少々。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのラウンジのカクテルタイムのデザート

バーカウンターに近い席に移動して、お姉さんにシンガポールスリングを作ってもらった。甘いけど、旨い。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのシンガポールスリング1

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのシンガポールスリング2

22時前にラウンジを出る。

出る前にラウンジをパシャリ。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのラウンジの様子

部屋に戻って、外の様子。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルからの眺め(夜)

バー「クロスロード」

ビール買いがてら、近所を散策することに。

ホテル前。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルの外観(夜)

ホテルの隣のビルの地下にある「FairPrice finest」というスーパーへ。

シンガポールのFairprice Finest

ビールを買いたかったが、22時半過ぎはNGだった

日本産の果物が売っていた。福岡・大分産のなし15SGDに、長崎県産のいちご19.9SGD。日本円換算は×80。

シンガポールのFairprice Finestの日本産の果物

泊まってるホテルね。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルの外観(夜)

近くのセブンイレブンの場所も確認。

飲み足りない私はホテル前のめっちゃ賑わってるバーへ。店名は「クロスロード」。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルの外観(夜)

タイガービールとブルスケッタ。

クロスロードカフェでタイガービール

クロスロードカフェでブルスケッタ

値段も確認せずに頼んでしまったが、壁を見ると、安いはずのハッピーアワーで1杯9.9SGD。

クロスロードカフェのハッピーアワー

結局タイガー2杯とブルスケッタで63.32SGDもした。

今回はなるべくお金をかけない旅を目指しているのだが・・・

24時半位に店を出て、部屋に戻り、1時近くに寝た。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルの朝食

9時に起床して、9時半頃、1階の朝食会場へ。

メニュー豊富。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル朝食(ジュース)

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル朝食(ミルク)

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル朝食(ヨーグルト)

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル朝食(サラダ)

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル朝食(パン)

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル朝食(ハム)

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル朝食(カボチャまん)

朝から酒も飲めるのか?んなわけないか。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル朝食(アルコール)

そんなにお腹空いてないので、こんな感じに。この間のバンコク以来、朝粥が好きになった。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル朝食

SPGゴールド=マリオットゴールド会員なので、朝食は無料だが、一応、伝票にサインは必要だった。

伝票を見たら、普通に食べると、49.43SGDもするらしい。SPGアメックス様様だ。

シェアバイクの「OBIKE」でリトルインディアまで

部屋に戻る。今日はいい天気だ。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルからの眺め(朝)

部屋でしばらく仕事したり、Twitterしたり。

リトルインディアにカレーを食べに行きたい。リトルインディアまでの距離を調べたら、それほど離れていなかった。

シンガポールでやりたかったことの一つに「シェアバイクに乗る」がある。よし、シェアバイクに乗って、リトルインディアまで行こう。

ちなみに、旅行前に「OBIKE」のアプリをインストールして、決済用のクレジットカードも登録済みだ。

12時頃、ホテルを出て、オーチャード通りを東に。

大勢の人で賑わっている。いくつか「OBIKE」っぽいシェアバイクを見かけたが、まだ人通りが多すぎるので、通り過ぎる。

UberEatsの電動スクーターを見つけた。先日、Uber Eatsの配達員登録をしたばかりなので、気になる。

Uber Eatsの電動キックボード

人通りも少なくなってきたので、そろそろ乗ろうと思って、この自転車を見たら、OBIKEではなくてMOBIKEだった。紛らわしい。

シンガポールのMOBIKEのシェアバイク1

これも全部MOBIKE。

シンガポールのMOBIKEのシェアバイク2

OBIKEあった。MOBIKEはオレンジで、OBIKEは黄色か。バーコードをアプリで読み込み、UNLOCK。

シンガポールのOBIKEのバイクシェア1

サドルの位置を下げたが、固定されない。

まぁ、いいか、と気にせず、乗車。

シンガポールのOBIKEのバイクシェア2

オーチャード通りをチャリで東へ向かう。

このビルがお洒落だった。SOTA(School of the Arts Singapore)という大学らしい。

School of the Arts Singapore1

School of the Arts Singapore2

暑すぎるので信号待ちの間は日陰で待機。そうしたら、駐在員さんの奥さんらしき女性とその娘さんがいたので、声かけてみた。まだ赴任2ヶ月と言っていた。日焼け対策が大変らしい(笑)

ランデブーホテルがある交差点を左へ。

シンガポールのランデブーホテル

これくらい広いと走りやすいよね。

シンガポールの広い通り

サドルがどんどん下がっていって、さすがに埒が明かなくなったので、別のOBIKEに乗り換えることに。

固定されないサドルの写真を撮って、アプリから、「Broken Seat」とフィードバック。

OBIKEのフィードバック

さて、別のOBIKEに乗り換えたが・・・今度はグリップがなかったw

壊れたOBIKE

また別のOBIKEに乗り換え。

13時すぎにリトルインディアに到着。

シンガポールのリトルインディアの街並み1

リトルインディアの「テッカセンター」でマンゴーラッシー

テッカセンターへ。

賑わってる。

テッカセンターのフードコート1

テッカセンターのフードコート2

汗ダクダクで飲むマンゴーラッシーがめちゃ旨かった。2.5SGD。

テッカセンターでマンゴーラッシー1

テッカセンターでマンゴーラッシー2

この後、テッカーセンターの奥にある市場の方にも行こうとしたが、生理的に耐えられないレベルの生臭さだったので、諦めた。

「KOMALA VILAS」でOnion Rawa Dosai

「KOMALA VILAS」というベジカレーの店へ向かう。

リトルインディアの街並み。

シンガポールのリトルインディアの町並み2

シンガポールのリトルインディアの町並み3

シンガポールのリトルインディアの町並み4

目的の「KOMALA VILAS」に到着。

シンガポールのKOMALA VILASの外観

注文を取りに来たおばあちゃんが何を言っているのか全然分からなかったが、指差しでOnion Rawa DosaiとBru Coffeeを注文。

メニュー選択はこちらのブログを参考にさせてもらいました。

もし1つだけインド料理を日本に持ち帰れるとしたらこのドサイをみんなに試して欲しい!Komala Vilasのこのドサイはシンガポールで絶対に食べておくべき料理のひとつ!とってもソフトでスパイスの香りが本当に食欲をそそる〜!それに3種類のカレーが付いてくる♪お気に入りの味をぜひ見つけてみて♡

Komala Vilasで食すべき3つのメニュー☆と、絶品コーヒーも忘れずに♡

Onion Rawa Dosai.

KOMALA VILASでOnion Rawa Dosai

他の人にはスプーンないけど、私には付いてた。気を利かせてくれたみたいね。

他の人は、玉ねぎ入りのクレープ生地を手でちぎって、カレーにつけて食べていた。

私は、フォークとナイフを使って食べた。

ベジカレーだけど、旨いよ。

Bru Coffee.

KOMALA VILASでBru Coffee

値段も合計で5.7SGDとリーズナブル。

って、あれ、レシート見たら、Bru Coffeeじゃなくて、Black Coffeeとなってた・・(^_^;)

店内の惣菜コーナー。

KOMALA VILASの惣菜コーナー

そういえば、Uber Eatsではないけど、宅配担当の人がいた。

14時過ぎに店を出る。

ナショナル・ギャラリー・シンガポール

この後、スリ・ヴィラマカリアマン寺院を見に行ったが、この時間はクローズだった。公開時間は、5:30-12:15、16:00-21:00とのこと。

スリ・ヴィラマカリアマン寺院1

スリ・ヴィラマカリアマン寺院2

さて、これからどこ行こうか迷ったが、「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」へ行くことにした。

テッカセンター前にGrabタクシーを呼ぶ。

15時に、ナショナル・ギャラリー・シンガポールに到着。

ナショナル・ギャラリー・シンガポールの前にクリケット場があって、ちょうど試合をしていた。いい環境だなー。

クリケット場

ナショナル・ギャラリー・シンガポール。

ナショナル・ギャラリー・シンガポールの外観1

ナショナル・ギャラリー・シンガポールの外観2

2015年11月にオープンしたナショナル・ギャラリー・シンガポールは、旧シティホールと旧最高裁判所を繋げる形で作られたとのこと。今いる場所が、ちょうどその結節地点。

ナショナル・ギャラリー・シンガポール内部1

ナショナル・ギャラリー・シンガポール内部2

ナショナル・ギャラリー・シンガポール内に、マリーナベイサンズが見えるテラスがあると聞いていたので行こうと思ったが、内部に入るには、チケットが必要で、そのチケットを買うのに凄く並んでいたからやめた。

ナショナル・ギャラリー・シンガポールのチケット売り場

セントアンドリュース教会で一休み

すぐ近くのセントアンドリュース教会へ。

ナショナル・ギャラリー・シンガポール内部1

ナショナル・ギャラリー・シンガポール内部1

ナショナル・ギャラリー・シンガポールの外観2

ナショナル・ギャラリー・シンガポール内部1

しばらく涼みつつ休ませてもらった。

この後どうするか考えたが、旅行ガイドを見たら、近くにラッフルズ卿上陸地点があるみたいなので、行くことにする。

ラッフルズ卿上陸地点

セントアンドリュース教会を出たところで、OBIKEを拾う。便利だ。

OBIKEでラッフルズ卿上陸地点へ

金融街を背景に立つラッフルズ卿。

金融街を背景に立つラッフルズ卿

しかし、雲行きが怪しくなってきたので、帰ることに。体力の限界もあるし。

雲行きが怪しい

タクシーが呼べそうな、ビクトリア・シアター&コンサート・ホールまで移動する。

ここには黒いラッフルズ卿の銅像が。

ビクトリア・シアター&コンサート・ホール1

ビクトリア・シアター&コンサート・ホール2

この近くからGrabに乗る。

Grabドライバーのスマホがよく見える位置にあったので、激写。こういうふうに表示されるんだね。

Grabドライバーのスマホ

しかし、今日沢山のシェアバイクを見たが、体感では、OBIKEよりMOBIKEとofoというシェアバイクの方が台数が多かったなぁ。

MOBIKEのアプリをダウンロードして、登録しようかと思ったが、MOBIKEは中国の企業で、カードを登録するのがためらわれたので保留。

17時頃、ホテルに到着。

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)でチキンライス

部屋で仕事のメール書いたり、情報収集したり、この記事の下書きしたり。

昼間疲弊したし、またラウンジで晩飯でもいいかな、と思ったが、調べたら近くに美味いチキンライスの店があるらしいので、そこに行くことに。

19時位にホテルを出る。

この時間でもこんなに明るい。

夜7時でも明るいシンガポール

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)という5階建てのショッピングモールの5階へ。

レストランがいっぱい入っている。

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)のレストラン1

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)のレストラン2

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)のレストラン3

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)のレストラン4

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)のレストラン5

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)のレストラン6

お目当てのHAINANESE DELICASY(海南美味佳[食ヘンに肴])を発見。

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)HAINANESE DELICASY

愛想0の店員が迎えてくれた。

相席。

メニュー

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)HAINANESE DELICASYのメニュー

チキンライス4.8SGDを頼む。

作ってあったようで、10秒位で出てきた。

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)HAINANESE DELICASYのチキンライス1

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)HAINANESE DELICASYのチキンライス2

汁がたっぷりかかっていて、とてもジューシーなチキンライス。旨かった。

少し物足りない。

別の店に行って、福建麺を注文。

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)の福建麺

流石に全部食べきれなかった。

この後、フードコートを一周。マッサージ屋とか床屋とかネイルサロンとか色々ある。

ミニスカートのお姉さんが手招きする店があった。これはおそらく違うマッサージだ・・・

営業終了間際のこのマッサージ屋で、足裏マッサージとボディマッサージをお願いする。35ドル。

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)のマッサージ2

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)のマッサージ1

足裏マッサージがかなり痛かった。

21時過ぎにマッサージ終了。

FAR EAST PLAZA(遠東商業中心)の1階のセブンイレブンでビールを買って、ホテルへ戻る。

ラウンジのカクテルタイム

なんとかギリギリでラウンジのカクテルタイムに間に合った。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのカクテルタイム

バンコクに旅行中のフォロワーさんから時差に関する質問が来て、シンガポールとバンコク、経度はほとんど違わないのに、バンコクは日本と2時間の時差、シンガポールは日本と1時間の時差と知ることになる。シンガポールの夕暮れが遅いのはそのせいか。

その後は、部屋でタイガービール飲みながら、ツイッターしたり、情報収集したり。

ホテルの部屋でタイガービール

明日はイースト・コースト・パークに行って、Uber Eats頼んでみようかな?

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルの朝食2

9時に起床して、9時半頃、朝食会場へ。

混んでいた。

アウトドアならすぐに案内できる、とのことだったが、インドアを希望。

アウトドアとは、初日の番に訪れた「クロスロードカフェ」のことだった。なるほど、ホテルの直営店だから高かったのね。

朝食会場の「Marriott Cafe」、賞もらってるよう。

Marriott Cafeの受賞

今日はオムレツ作ってもらったり、スムージー作ってもらったりした。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルの朝食会場のオムレツ

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルの朝食会場のスムージー

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルの朝食会場のハム

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルの朝食会場の焼売

そんなに食べられません。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルの朝食(2日目)

“May I have a coffee to go ?”

コーヒーを持ち帰りでお願いした。

アラブストリートの「サルタン・モスク」

部屋に戻ってから、2時間くらい、メールしたり、仕事したり。

12時40分頃、お出かけ。

まずは、アラブ街であるブギスストリートの「サルタン・モスク」に行ってみることに。

一応、GrabとUberの価格比較。Grabは10SGDに対して、Uberは22.83SGD。Grabの圧勝。

シンガポールのGrabとUberの料金比較

Grabの運転手がすごく親切な人で、「そこにもモスクがあります。そこは英語通じます」とか「ここはナショナルホリデーの時しか開きません」とか、「シンガポールに来たらこれとこれとこれがマストの食べ物ですよ」と笑顔で教えてくれる。

思わず降車した後、すぐに評価して、レビューも書いたよ。

13時過ぎにサルタン・モスク前に到着。

シンガポールのサルタンモスク1

ちょうど休み時間みたい。再オープンは14時からとのこと。

サルタン・モスク前の「シンガポールザムザム」という店は、凄く賑わっていた。タクシーの運転手もおすすめしていた。

シンガポールザムザム

気になるお店だったが、まだお腹すいてないし、カトン地区でカトンラクサを食べるつもりだったからやめておいた。

カラフルな低層住宅と後ろに高層タワー。

シンガポールのブギスストリート

サルタン・モスクの正面入口の方に回ってみた。賑わってる、そして日差し強すぎ。

シンガポールのサルタンモスク2

シンガポールのサルタンモスク3

オープンまで待とうかとも一瞬思ったが、この暑さじゃ無理だ。

Grabを呼んで、カトン地区へ向かうことに。

「マリン・パレード・ラクサ」でカトンラクサ

この運転手もすごく親切でノリがいい人。

「オールド エアポート ロード フードセンター(Old Airport Road Food Centre)」という建物の前を通ったので、「ここに空港あったの?」と聞いたら、チャンギ空港の前の前の空港(カラン空港)があったと教えてくれた。

※シンガポールの空港は、セレター空港(1930-37)、カラン空港(1937-55)、パヤレバー空港(1955-1981)、チャンギ空港(1981-)と移り変わってきた、とのこと。

昔、サンヨーの現地法人で仕事をしていたらしい。

13時45分頃、「328カトンラクサ(328 Katong Laksa)」の前で降車。こちらも降車後、すぐレビューした。

「328カトンラクサ」は凄く賑わっていた。中には有名人の写真もいっぱい。

シンガポールの328カトンラクサ

ただ、ここはスルーして、歩道橋を渡り、Roxy Squareというビルの中へ。

シンガポールのカトン地区の街並み1

Roxy Squareというビルの中には、以下の「マリン・パレード・ラクサ」の他にもレストランや床屋、車のディーラーなどが入っていた。

シンガポールのマリンパレードラクサ1

シンガポールのマリンパレードラクサ2

カトンラクサのSサイズを注文。4.0SGDだったかな。

シンガポールのマリンパレードラクサ3

シンガポールのマリンパレードラクサ4

エビアサリのダシのココナッツミルクのスープに短いコメのヌードル。よって、箸じゃなくてレンゲで食べる。

これは旨い。

辛さもマイルドだね。

カトン地区の住宅街を散策

店を出た後、カトン地区を散策。

パステルカラーの商店が続く。

シンガポールのカトン地区のパステルカラーの商店1

シンガポールのカトン地区のパステルカラーの商店2

シンガポールのカトン地区のパステルカラーの商店3

「112カトン」という大型ショッピングセンターも

シンガポールのカトン地区112カトン

また、OBIKEを拾う。

住宅街をぐるっと一周してみることに。

ちょうど日本人の家族連れがこのカラフルな家の前で写真を撮っていたので、撮影してあげた。

シンガポールのカトン地区のパステルカラーの商店3

シンガポールのカトン地区のパステルカラーの商店3

裏通りにはそこまでカラフルではないが、瀟洒な住宅街が広がっていた。

シンガポールのカトン地区のパステルカラーの住1

シンガポールのカトン地区のパステルカラーの商店2

シンガポールのカトン地区のパステルカラーの商店3

こういうところに住んでいる人はお金持ちなんだろうな。

さて、時刻は15時。この後は、イースト・コースト・パークという海浜公園に行ってみよう。

OBIKEを乗り捨て、Grabを呼ぶ。

乗り捨てたところは、煙草がいっぱいポイ捨てされていた。

シンガポールのたばこのポイ捨て

しかも、この前に停まっていた車の助手席のおっさん、車内から煙草のポイ捨てしてた。

ポイ捨て厳しいんじゃなかったの???

イースト・コースト・パーク

Grabの兄ちゃん、場所を間違えて停車して、連絡してきた。

仕方ないのでその場所へ。

Grabの兄ちゃん、日本語ができないから、日本に行くのは心配だという。

ホテルとかショッピングなら十分英語通じるよと言ったけど、彼が好きなのはナイトマーケットらしい。日本にはナイトマーケットないなぁ、と(笑)

シンガポールのベトナムのクラブに行くのが好きと言っていた。へぇ、楽しそう。

楽しく会話しつつ、15時半近くにイースト・コースト・パーク内の「East Coast Lagoon Food Village」前に到着。

East Coast Lagoon Food Village

公園にもシェアバイク沢山。

East Coast Parkのシェアバイク

おぉ、開放感半端ない!

来てよかった!

East Coast Parkからシンガポール海峡1

East Coast Parkからシンガポール海峡2

無数のタンカーが碇泊しているところが、シンガポールって感じだ。

パラセーリングしてる人も多い。

飲むしかないでしょうということで、East Coast Lagoon Food Village内のお酒を売る店でTIGERビールを。

East Coast ParkでTiger1

East Coast ParkでTiger2

真夏だ。

近くでは家族連れが砂遊びをしてたり、サイクリングを楽しんでたり。いい場所だ。

さて、シェアバイク体験の他にもう一つシンガポールでやりたかったことがあった。自分が最近、Uber Eatsの配達員登録したということもあり、Uber Eats初注文だ。

旅先のシンガポールでUber Eats初注文した話は以下の記事にまとめてあるので、興味のある方はご覧ください。

シンガポール旅行中にウーバーイーツ(Uber Eats)を利用してみた話。

Uber Eatsで頼んだアイス、美味しかった。

今いる「East Coast Lagoon Food Village」から西の方に「Bedok Jetty」っていう釣り桟橋があるみたいなので、またシェアバイクで行ってみることにした。

サイクリングコースが整備されている。

East Coast Parkのサイクリングコース1

East Coast Parkのサイクリングコース2

走っていてとても気持ちいい。

遊具もあって、小さいお子さん連れにも最適だ。

キックボードやスケートボードで遊んでいる子供たちもいた。

East Coast Parkのスケートボード場

桟橋、釣りしてる人がいっぱい。

Bedok Jettyの釣り人1

Bedok Jettyの釣り人2

桟橋の先端まで行くと、タンカーがより近くに。

また、チャンギ空港に次々に着陸する飛行機も見ることができる。

Bedok Jettyからタンカー

Bedok Jettyからの市街地方面。

一雨来そうな雲だ。

Bedok Jettyから市街地方面

時刻は17時。さっきまでいたEast Coast Lagoon Food Villageまで戻る。

ちゃんとしたレンタサイクルの店もあった。

East Coast ParkのBIKE STOP

OBIKEのシェアバイクを、適当な場所にリリース。

OBIKEのレンタバイクをリリース

25分で2キロメートル走って、200キロカロリー消費したみたい。

OBIKEで消費したカロリー

ホテルへ帰ろう。East Coast Lagoon Food Villageを指定して、Grabを呼ぶ。

タクシー車内でどっと疲れが出てきた。

17時50分位にホテルに到着。

アイオン・オーチャードの「フード・オペラ」でバクテー

今日の晩飯の予定を考えながら、休憩。

ホテルの対面のアイオン・オーチャード(ION Orchard)の地下にフードコートがあるみたいなのでそこにしようか。アイオン・オーチャードの最上階の55階にはお洒落バーがあるらしいので、晩飯後、バーで夜景見ながら一杯飲もう。

19時前に部屋を出る。

飯を食いに行く前に、一応、ホテル5階のプールもチェックしてみる。

Pool Grillというレストランの奥にプール。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのPool Grill

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのプール1

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのプール2

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのプール3

おぉ、悪く無いじゃん。

プールがある5階にはスイートルームもあるみたいだ。以下は公式サイトからの写真。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのスイートルーム

ホテルを出て、アイオン・オーチャード側に渡る地下通路へ。

アイオン・オーチャードの地下通路

地上にも人いっぱいだけど、地下にもこんなにいたんだ・・・

B4の「FOOD OPERA」へ。

アイオン・オーチャードのFOOD OPERAへのエスカレーター

アイオン・オーチャードのFOOD OPERA

フードコートだけじゃなくて、DAISO(全部2シンガポールドル)も入っていた。

フードコートはすごい混雑。

いっぱい店があって、どれも、どんな味がするかよく分からないやつ(笑)

フライドホッケンミーってこれか。

FOOD OPERAのフライドホッケンミー

何を食べるか思案しながら、フードコートを2周(笑)

この「YA HUA BAK KUT TEH 潮州肉骨茶」というバクテーの店にすることにした。

FOOD OPERAのYA HUA BAK KUT TEH 潮州肉骨茶

PRIME CUT RIBS(大排骨)とYOU TIAO(油条)とHOME MADE BARLEYというジュースを注文。

FOOD OPERAのYA HUA BAK KUT TEH 潮州肉骨茶のバクテー

バクテーのスープが旨くて、ご飯が進む感じだったので、後からRICEを追加。

おばちゃんが「チリいる?」というので、入れてみたら辛い辛い。汗が止まらない・・・笑

美味かったね。

しかし、料金が意外と高くて(16.4SGD)、お得感があまりなかった・・・

都心のきれいなフードコートだとしょうがないのか。

20時頃、店を出る。

フードコートでは酒は飲めないものかと思っていたが、ビール売る店あったんだね・・・

FOOD OPERAのアルコールを売る店

アイオン・オーチャードの「ソルト・グリル&スカイ・バー」

最上階の55階のバーにアクセスする方法が分からないので、インフォメーションに。

4階のコンシェルジュに行って、予約して、とのこと。

こういうビルって、エスカレーターに乗るためにぐるぐる回らないといけないからもどかしい。

アイオン・オーチャードのエスカレーター

コンシェルジュで、名前と電話番号を記入して、「ソルト・グリル&スカイ・バー」の予約をする。

アイオン・オーチャードのコンシェルジュ

「ソルト・グリル&スカイ・バー」に行くエレベーターの前には、ゲートがあって、スタッフがカードをかざさないと通れない。

アイオン・オーチャードのゲート

エレベーターに乗って、一気に55階に。

レストランの奥にBAR。

おっしゃれーなところ。

さて、ドキドキのメニュー表だが・・・

おぉ、よかった。そんなに馬鹿高いわけではない。

アイオン・オーチャードのSKY BARのメニュー

Napa ValleyのSilveradoという赤ワインとフライドポテトのチェダーチーズを頼んだ。

注文品が来るまでの間、辺りを撮影。

アイオン・オーチャードのSKY BAR1

アイオン・オーチャードのSKY BAR2

オーチャード地区最高峰らしく、眺めがよい。

マリーナベイサンズ方面。

アイオン・オーチャードからマリーナベイサンズ方面

写真撮影を終えて、席に戻ったら、ちょうど料理が来た。

赤ワイン旨い。覚えておこう。

アイオン・オーチャードのSKY BARの赤ワイン

バーの客は最初、私だけだったが、この後、イケメンイケジョカップルが来た。

21時過ぎに店を出る。

アイオン・オーチャードの近くのセブンイレブンでホワイトタイガービールを購入。

アイオン・オーチャード側から撮ったシンガポール マリオット タン プラザ ホテル。

夜のシンガポール マリオット タン プラザ ホテル

アイオン・オーチャード。これは名所になるわな。

アイオン・オーチャード

上の写真の入口からエスカレーターで地下に降りて、ホテル側へ。

ラウンジのカクテルタイム(3)

ホテルに戻り、またラウンジのカクテルタイムに滑り込み。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルのカクテルタイム(3日目)

しかし、3日連続訪れたが、終わり間際までいるメンバーは大体同じ人で、だいたい同じ席に座っているというね(笑)

その後は、部屋でホワイトタイガービール飲みながら、ツイッター。

ホワイトタイガービール

ホワイトタイガービール、柑橘の味もして、ごくごく飲める。これ、日本でも流行るのでは?

そういえば、気になってたのが、部屋にあった靴下。

無料?いや、無料じゃよな?フロントにコールしたら、有料だった(笑)
開けないでよかった(笑)

明日の予定を考える

さて、明日の予定を考える。

SQ634便は14時10分発。

シンガポール航空のファーストクラス客は、シンガポール航空のファーストクラスラウンジ内にある「THE PRIVATE ROOM」という場所で旨い料理を頂けるらしい。ドバイ空港のエミレーツファーストラウンジの「Fine Dining」みたいなところと推測。

「Fine Dining」について興味がある方は、以下の記事の目次のドバイ空港のエミレーツファーストクラスラウンジをご覧ください。

エミレーツ航空 エアバスA380 ファーストクラスで行くドバイ2泊4日旅行記

さらに、搭乗したら、機内食がある。

明日は、ホテルで朝食は摂らずに空港へ向かい、「THE PRIVATE ROOM」で昼飯、機内では到着2時間前くらいに晩飯として機内食を食べたらちょうどよさそうだ。

ということは明日は早起き。飲んでる場合じゃねぇ!ということで、寝た(笑)

シンガポール マリオット タン プラザ ホテルをチェックアウト

眠い目をこすりながら、8時半に起床。

昨晩考えたとおり、ホテルで朝食は摂らずに、空港の「プライベート・ルーム」で頂こう。

チェックアウトの準備。

街中でもイースト・コースト・パークでも電動キックボードを見かけて、乗ってみたいなぁ、と思っていた。ググったら、シェア電動キックボードのアプリがあった!「TELEPOD」というアプリ。

シンガポールの電動スクーターアプリ「TELEPOD」

もっと早く気づいていたら、シンガポールにいるうちに利用できたのになぁ。次回の宿題かな。

10時前にチェックアウトして、Grabを呼ぶ。今回の旅は、GrabがUberに圧勝だったな。

シルバークリスラウンジの「プライベート・ルーム」でランチ

10時半ぐらいにチャンギ空港のターミナル3に到着。

チャンギ空港のターミナル3

ビジネスって書いてある5番の入口から入ると、ファーストクラスチェックインカウンターに近い。

愛想の悪いスタッフにボーディングパスを発行してもらう。

スーツケースは預けずに持ち込むことにした。行きの飛行機でスペースに余裕があることが分かったからね。

プライオリティ・レーンについて聞いたら、チャンギ空港にはないんだって。

しかし、空間が広いなぁ。

チャンギ空港の広い空間

出国審査で結構並んだ。

11時位に出国審査を抜けて、ラウンジへ向かう。

出国審査を抜けたら、左に進み、TWGの反対側にあるこのエスカレーターを上に。

チャンギ空港のターミナル3のエスカレーター

このフロアにはラウンジが複数ある。

SATSプレミアラウンジ、クリスフライヤーゴールドラウンジ、DBSラウンジを抜けた先に、シルバークリスラウンジが。

チャンギ空港のターミナル3のSATSプレミアラウンジ

チャンギ空港のターミナル3のクリスフライヤーゴールドラウンジ

チャンギ空港のターミナル3のDBSラウンジ

シルバークリスラウンジの入口。

チャンギ空港のターミナル3のシルバークリスラウンジの入口

突き当りを左に進むとビジネスクラスラウンジ、右に進むとファーストクラスラウンジ。

チャンギ空港のターミナル3のシルバークリスファーストクラスラウンジ

ファーストクラスラウンジの奥に「THE PRIVATE ROOM」がある。

チャンギ空港のターミナル3のTHE PRIVATE ROOM1

チャンギ空港のターミナル3のTHE PRIVATE ROOM2

チャンギ空港のターミナル3のTHE PRIVATE ROOM3

ラウンジで食事するか、テーブルで食事するか聞かれたので、テーブルで。

利用客は私一人しかいない。

分厚いメニュー。

チャンギ空港のターミナル3のTHE PRIVATE ROOMのメニュー

まさか、地上でもドンペリ飲めるとは思わなかったよ。

チャンギ空港のターミナル3のTHE PRIVATE ROOMのドンペリ

と思ったら、女性客が一人来た。

じっくり選んでから、まずは、U.S. Prime Beef Burgerに。

チャンギ空港のターミナル3のTHE PRIVATE ROOMのU.S. Prime Beef Burger1

チャンギ空港のターミナル3のTHE PRIVATE ROOMのU.S. Prime Beef Burger2

肉の旨味、香味がやばい。

食べ終わった後、高級なチキンライスが食べたくなったので、

Marinated Chicken with Spicy Garlic Sauceを注文。

チャンギ空港のターミナル3のTHE PRIVATE ROOMのチキンライス

鶏の肉質が良くて、チキンライスも少し旨い。

チリソース付けすぎて、しばらく舌がヒリヒリした。

他にも客が来て、4組5名に。

みんなこの場に慣れている風で、俺みたいに特典じゃなくて、お金払って乗っているんだろうねぇ。

Beef Brisket Noodleも注文した。

チャンギ空港のターミナル3のTHE PRIVATE ROOMのBeef Brisket Noodle1

チャンギ空港のターミナル3のTHE PRIVATE ROOMのBeef Brisket Noodle2

次回があったら、ディナータイムに来たいね。

さて、時刻は12時45分。

免税店でお土産も買いたいので、ラウンジを後にする。

新聞は色々あったが、日本の日経新聞も。

チャンギ空港のターミナル3のTHE PRIVATE ROOMの日経新聞

トイレの中に、利用自由なシャワーもあった。

帰りに、ファーストクラスラウンジもちゃちゃっと見学。

チャンギ空港のターミナル3のシルバークリスファーストクラスラウンジ

チャンギ空港のターミナル3のシルバークリスファーストクラスラウンジ

ビジネスクラスラウンジも。ビジネスクラスラウンジは超広い。

チャンギ空港のターミナル3のシルバークリスビジネスクラスラウンジ1

チャンギ空港のターミナル3のシルバークリスビジネスクラスラウンジ2

SQ634便ファーストクラス搭乗記

TWGでお土産として紅茶とマカロンを購入。

チャンギ空港のターミナル3のTWG1

チャンギ空港のターミナル3のTWG2

ここからテクテク歩いて、B8搭乗口まで。カートに乗せてほしかったが、いなかった。

チャンギ空港のターミナル3の保安エリア1

チャンギ空港のターミナル3の保安エリア2

チャンギ空港のターミナル3の保安エリア3

この店、フードコートでも見て、気になってた。パック詰めされてやつを5枚購入した。

チャンギ空港のターミナル3のFRAGRANCE1

チャンギ空港のターミナル3のFRAGRANCE2

なるほど。チャンギ空港では、手荷物検査は搭乗口でやるのね。

チャンギ空港のターミナル3のB8搭乗口

これから乗るSQ634便。

チャンギ空港のSQ634便

行きと同じ1F席。

SQ634便ファーストクラスの座席1

SQ634便ファーストクラスの座席2

SQ634便ファーストクラスの座席3

あれ、でも、行きより狭いかな。

後ろの座席を撮ってみた。

SQ634便ファーストクラスの座席4

設備が少し古いみたい。

SQ634便ファーストクラスの座席5

SQ634便ファーストクラスの座席6

すぐ後ろにビジネスクラスの座席もチェック。

SQ634便ビジネスクラスの座席1

SQ634便ビジネスクラスの座席2

ビジネスクラスも1-2-1の配列だが、前後幅が少し狭いみたいだね。

既に、THE PRIVATE ROOMでドンペリを3杯飲んでいて、ほろ酔い。

晩飯としての機内食をなるべく遅くに食べて、それまではこの旅行記の下書きでも書いていよう。

ウェルカムドリンクは、Jamaican Blue Mountainを。香味ありつつ、後味スッキリ。

SQ634便ファーストクラスのジャマイカンブルーマウンテン

女性のCAさんが、Takeoff後の飲み物を聞いてきたので、同じコーヒーをお願いした。

14時20分過ぎに離陸した。

チャンギ国際空港離陸直後の風景1

機窓風景撮っていたが、窓が汚れていて台無し(笑)

チャンギ国際空港離陸直後の風景2

ジャングルって感じの流路だね。

チャンギ国際空港離陸直後の風景3

シートベルトサインが消えた後は、2時間半くらいこの旅行記の下書きを書いていた。

SQ634便機内で仕事

日本人の女性のCAさんがいたので、ファーストクラスより上のスイートクラスはどの路線に設定されているのか、聞いてみた。

シンガポール-ロンドン/シドニー/香港とのこと。

17時過ぎから機内食を食べ始める。

前菜はキャビアにスモークサーモン。キャビア食べた後にドンペリ飲むと、生臭さが際立って、相性悪い。

SQ634便ファーストクラスの機内食

そういえば、『美味しんぼ』でも、キャビアにはウォッカって言ってたっけ。

アーティチョークのクリーミースープ。

SQ634便ファーストクラスのアーティチョークのクリーミースープ

メインは、仔羊のカラマタオリーブがけ。

ラム好きの息子に食べさせたいくらいめちゃ旨かった。

SQ634便ファーストクラスの仔羊のカラマタオリーブがけ1

SQ634便ファーストクラスの仔羊のカラマタオリーブがけ2

45分位で食事を終えて、フルーツを少し。

シンガポールスリングならぬ「SilverKris Sling」なるカクテルがあったので頼んでみた。

SQ634便ファーストクラスのシルバークリススリング

シャンパン 、ジンに、オレンジリキュール、オレンジジュース、パイナップルジュース。

シャンパン苦手な人にもおすすめできそう。

食後はTWGの紅茶をいただきながら、また仕事したり、読書したり、Twitterしたり。

SQ634便ファーストクラスのTWGの紅茶

21時40分頃、羽田空港に到着。

羽田空港に到着したSQ634便

電車で帰れば節約になるが、疲れていたので、タクシーで帰宅。

長い旅行記を読んで頂き、ありがとうございました。

シンガポール3泊4日旅行でかかった費用

最後に今回の旅行でかかった費用をまとめておく。

往復の航空券は、シンガポール航空のクリスフライヤーマイルを使った特典航空券なので、かかった費用は燃油サーチャージの5,490円のみ。

シンガポール航空のクリスフライヤーマイルを貯める方法をまとめたので、こちらも是非ご覧ください。

シンガポール航空[SQ]のクリスフライヤーマイルを貯める方法まとめ

宿泊先のシンガポール マリオット タン プラザ ホテルは、マリオットリワードポイントを使った無料宿泊。

トータルで63,461円だった。

今後の課題は、「羽田空港定額タクシー」を以下に使わずに済ませるか、だ。

分類 細目 費用
航空券 SQマイル130,000マイルを利用した特典航空券 5,490円
宿泊 シンガポール マリオット タン プラザ ホテル 0円
飲食 クロスロードカフェ 5,228円
テッカセンター[現金] 200円
KOMALA VILAS[現金] 456円
HAINANESE DELICASY[現金] 384円
セブンイレブン 1,865円
マリン・パレード・ラクサ[現金] 320円
イースト・コースト・パーク[現金] 600円
Uber Eats 729円
YA HUA BAK KUT TEH 潮州肉骨茶[現金] 1,312円
Salt Grill & Sky Bar 5,691円
セブンイレブン[現金] 728円
交通 羽田空港定額タクシー 7,780円
Grab 1,568円
Grab 819円
Grab 819円
Grab 1,065円
Grab 574円
Grab 655円
Grab 819円
羽田空港定額タクシー 9,180円
サービス OBIKE 5,367円
マッサージ[現金] 2,800円
TELEPOD 4,861円
お土産 TWG 3,302円
FRAGRANCE 819円
合計 63,461円

POSTED COMMENT

  1. h@lk より:

    このコメントは管理者だけが見ることができます

  2. jun より:

    h@lkさん、初めまして。
    コメントありがとうございます。

    アメニティのポーチとは、私が記事中で紹介しているフェラガモのポーチのことでしょうか?

    せっかくSQのファーストクラスに乗ったのに貰えなかったということでしたら、無料で差し上げてもいいのですが・・・

    ※3月に貰ったもので、男性もので、未使用・未開封(2点)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。