シンガポール旅行中にウーバーイーツ(Uber Eats)を利用してみた話。

[記事公開日]2018/03/07

シンガポール旅行中に、ウーバーイーツ(Uber Eats)を利用してみました。これがウーバーイーツ(Uber Eats)初使用になります。

旅行の1週間前に、ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達する方の登録をしました。そして、日本で実際に1件配達してみました。詳しくは以下の記事参照。

「今度は利用する方で一度使ってみたいなぁ」と思っていたところでシンガポール旅行に突入。

「あれ、待てよ、シンガポールでもUber Eats利用できるよね?旅先で使ってみるのも面白そう!」と思い、敢行することにしました。

ウーバーイーツ(Uber Eats)を旅先・外出先で利用するための事前準備

ウーバーイーツ(Uber Eats)を旅先・外出先でスムーズに利用するために、事前に以下のことをやっておいたほうがいいでしょう。

  1. Uber Eatsアプリのインストール。
  2. Uber Eatsアプリにクレジットカードの登録。

もちろん、旅先でもできますが。

アプリインストール後、「プロモーション」欄に、私の紹介コード「eats-cu87s」を入力すると、日本円500円、もしくは、シンガポールドル3ドルの割引クーポンが獲得できます。

アプリ名称 Uber Eatsのロゴ
Uber Eats
価格 無料
初回限定クーポンコード eats-cu87s
ダウンロード App Storeのロゴ  Google Playのロゴ

あと、できれば、シンガポールで通話ができる環境にあったほうがいいですね。

商品の受け渡しに手間取ったときに、電話でやり取りできますので。後述しますが、実際に私もそうしました。

一応、Uber Eatsアプリには、テキストメッセージ機能はあります。

イーストコーストパーク(East Coast Park)でUber Eatsを使ってみることに

シンガポール旅行3日目の午後に、イーストコーストパーク(East Coast Park)にあるEast Coast Lagoon Food Villageに行きました。

シンガポールのEast Coast Lagoon Food Village

その中にある「245 Beer Place’s Cold Drinks」という店でタイガービールを購入。

シンガポールのイーストコーストパークの245 Beer Place's Cold Drinks

海を見ながらのビールが最高でした(*´∀`*)ホヨヨ

シンガポールのイーストコーストパーク

シンガポールのイーストコーストパークでタイガービール

ここでウーバーイーツ(Uber Eats)を利用してみることにしました。

Uber Eatsの注文から受け取りまで

配達先の住所を指定

まず、配達先の住所を指定しなければなりません。

Google Mapsアプリを開いて、先程ビールを買った「245 Beer Place’s Cold Drinks」のピンをタップして、住所をコピーします。

Uber Eatsアプリを開き、設定にて、コピーした住所をペーストして、(暫定的な)自宅住所として登録します。

これで今いる場所にデリバリーしてもらえます。

好きな商品を注文

配達可能な店の中から好きな店を選びます。

暑いので、このアイスクリームショップにしました。

シンガポールのIce Cream Gallery

Vanilla Cookie with Belgian Choc Ice Cream(5.9シンガポールドル)を注文することに。

※1シンガポールドルは、約80円。

配送料は、3シンガポールドル。日本のUber Eatsの配送料は300円なので、シンガポールのほうが少し安いですね。

合計8.9シンガポールドルとなりました。

15時54分に注文完了!

シンガポールでUber Eats注文完了

配達状況を確認

16時12分に配達がスタートしました。Mitsubishiのランサー・・・あれ、車で来るのね?

シンガポールのUber Eats配達中

しばらくGPS状況をチェックしてましたが、車のマークが全く動きません。どうも渋滞にでも巻き込まれてるよう?

待ってる間、シェアバイクの「OBIKE」を利用して、辺りを散策することにしました。シェアバイク、公園のあちこちに駐輪されています。「落ちている」と言ったほうが適当かもしれません。

イーストコーストパークのシェアバイク

少し東に行くと、このような湖(?)が。

シェアバイクの「OBIKE」で散策

そういうば、East Coast Lagoon Food VillageのLagoonって「潟湖」って意味。これは潟湖か。

『シンガポール謎解き散歩』(田村慶子、本田智津絵)によれば、

水資源に乏しいシンガポールは、必要な水の約半分をマレーシアからの輸入に依存している。そのため、両国間に問題が起きると、マレーシアの政治家は「水の供給を止める」とシンガポールを脅すことがたびたびあった。シンガポールは貯水池の増加、下水の再処理によって水の自給自足を急ピッチで進めている。

とのことだったので、この「潟湖」は飲料水用のものなのかもしれない?

さて、Uber Eats配達員が到着する頃なので、暫定的な自宅である(笑)「245 Beer Place’s Cold Drinks」まで戻ります。

商品を受取る

GPS情報によると、Uber Eats配達員は到着したようなのですが、見つかりません。

公園の駐車場のゲートのところに行ってみました。

すると、電話がかかってきました。何を言っているのかよく聞き取れませんでしたが、「at the entrance to parking lot」と伝えると、しばらくして、後ろから声をかけられました。

Uber Eatsの配達員でした。

無事にアイスクリームの受け取り完了。

Uber Eats配達員と会話

「私は日本のUber Eats配達員だよ」というと、驚いた顔をしていました。

シンガポールでは、都心部では電動キックボードやバイク、郊外では車を使ったUber Eats配達が主流と言っていました。

そういえば、昨日、オーチャード通りで、Uber Eats配達員が使っている電動キックボードを見かけましたね。

Uber Eatsの電動キックボード

彼の乗ってきたMitsubishiのランサー。

Mitsubishiのランサー

最後に、握手してバイバイ。

いい経験になりました。

アイスクリーム、旨かったっすよ。

Vanilla Cookie with Belgian Choc Ice Cream

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ