※当サイトはプロモーションを含みます。

Hafh(ハフ)

都民の根津1泊旅行 (1) 「グランド・サマルカンド」でウズベキスタン料理を食べて、都美のキリコ展に

こんにちは。

ポイントとマイルを貯めてあちこち旅行するのが好きな、jun(@odakyu_de_go)と申します。

根津にある「ホテルグラフィー根津」に泊まって、東京都美術館でやっている「デ・キリコ展」を見てきました。

小田急一本で行ける根津を前線基地にして、上野のミュージアムを楽しむのおすすめです。

2年前は「ポンペイ展」に行きました。

根津1泊旅行の準備

「HafH」で前回も泊まったホテルグラフィー根津のダブルルームを予約。1泊400コイン。

晩飯場所として、「はん亭」(串揚げ店)を予約。

ポイントサイト「モッピー」経由の「食べログ」からネット予約すれば、モッピーポイントとVポイントの2重取りも可能。

昼飯は最近できたばかりらしいウズベキスタン料理の店にする予定。

ホテルグラフィー根津では、18時~19時までフリービールタイムが実施されているそうなのでこれも活用したい。

根津の「グランド・サマルカンド」で昼飯

12:30に根津に到着。根津一丁目交差点のこの白い建物は、スーパーの「赤札堂」。

根津一丁目交差点の赤札堂

不忍通りを南に行くと、左手に「はん亭」。道路側の柵は耐震設備なのかな?

根津の「はん亭」の不忍通り側

「グランド・サマルカンド」というウズベキスタン料理の店に。

根津のグランド・サマルカンドの外観

ピラフとサラダのセット(1,350円)に単品のサムサ(400円)を追加。

猫型ロボットが稼働していた。

根津のグランド・サマルカンドの猫型ロボット

でも、わたしのときは店員さんが持ってきた・・・笑

根津のグランド・サマルカンドのピラフとサムサ

追加で頼んで良かった。サムサ、めちゃ旨い。中に肉がたっぷりはいっている。

根津のグランド・サマルカンドのサムサ

ピラフはさっぱりとした羊肉に人参、豆、ドライフルーツ、にんにくなどが入っている。独特の味で美味しい。

根津のグランド・サマルカンドのピラフ

店員さんはウズベキスタン出身とのことだが、訪日にして8年らしく日本語が上手だった。先月にオープンしたばかりらしい。末永く繁盛するといいですね。

「ダブルルーム」が「シアタールーム」に?

13:15にホテルグラフィー根津に。

英語ペラペラの留学生っぽい子が受付。

宿とHafHとの間に手違いがあったようで、ダブルルームで予約していたのにシアタールームを予約したことになっていた・・・苦笑

まだ部屋には入れないので、荷物だけ預ける。

ラウンジを覗く。

広いシェアキッチンがあるのがこの宿の特徴。

ホテルグラフィー根津のシェアキッチン

ウォーターサーバーがあり、携帯用のボトルを貸し出してくれるので、水代が浮いた。

黒板にスタッフおすすめの谷根千散策ルートとおすすめの店の紹介があったので参考にさせてもらう。

東京都美術館の「デ・キリコ展」へ

東京都美術館へ向かう。ホテルから美術館へは、芸大キャンパスの方から回るルートと上野東照宮の方からアクセスするルートの2通りあるが、今回は後者に。

木造の古い建物が軒を連ねる狭い路地を歩いていると、家の中の会話の声、テレビの音も聞こえてくる。これはなかなか得難い街体験。

上野東照宮の境内へ。すぐ隣に立つ五重塔は、江戸時代に建てられたもので国の重要文化財だという。

上野東照宮の隣の五重塔

五重塔は仏教施設であるという理由から、明治の廃仏毀釈の中で取り壊されそうになったというんだから、「維新」は恐ろしい。

14:00前に到着。

上野の東京都美術館

上野の東京都美術館のデ・キリコ展の大型ポスター1

上野の東京都美術館のデ・キリコ展の大型ポスター2

館内は撮影禁止。

キリコの画風の変化に合わせて、5つのセクションに分かれて展示されていた。

  • SECTION 1 自画像・肖像画
  • SECTION 2 形而上絵画
  • SECTION 3 1920年代の展開
  • SECTION 4 伝統的な絵画への回帰-「秩序への回帰」から「ネオ・バロック」へ
  • SECTION 5 新形而上絵画

キリコの「形而上的な旅路」。初期に伝統的な絵画をやって、そこから独自の画風に行く人が多い中、キリコは「形而上絵画⇒伝統的な絵画への回帰⇒新形而上絵画」という変遷をたどったようで面白かった。

広場を描いているのに人間が不在だったり、表情を読み取れないマネキンを主役に描いたり、不安を掻き立て、不穏な雰囲気にさせる絵が印象的。

何かの絵の説明として書かれていた、「the placement of objects in unusual environment to create a sense of discomfort is a consistent feature running through De’Chirico’s work.」

に納得。

この延長線上にいるのが、ルネ・マグリットか。

休み休み2時間くらいかけて鑑賞を終える。年を取ると美術館・博物館で2時間立ち続けるのも辛くなってきた・・・苦笑

池之端のミニストップでJMB WAONで公共料金を払う

紫陽花を見ながら、不忍池へ。

上野公園の紫陽花

上野公園から不忍池を眺める

上野の不忍池

池之端のミニストップへ。

池之端のミニストップ

今日は5日。ミニストップで「JMB WAON」を使って、公共料金を払ったり、楽天ギフトカードやアマゾンギフトカードを買ったりすると、付与マイルが通常の2倍「200円=2マイル」になる。

事前にJALカードでJMB WAONにチャージしたときにも「100円=1マイル」貯まるので、合計の還元率が2%になる。

水道代を支払った。

平均年収でも年間2万マイルくらい貯める方法は以下を参考に。楽天証券の積立NISAや公共料金や税金などの支払いをマイルに換えるのがポイント。

不忍通りを根津の方へ。排除ベンチを見つけた。

池之端の排除ベンチ

「サンクレスト」というモーニングができる喫茶店も見つけた。明日利用しよう。

池之端のモーニングができるお店

根津駅近くの八百屋で枝豆が売っていたので購入。宿のフリービールタイムのツマミとする。

続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です