旅行記

高知・高松2泊3日旅行記 (3) 土讃線「南風18号」で高知から丸亀へ移動する

土讃線「南風18号」から大歩危渓谷

高知・高松2泊3日旅行記の「(3) 土讃線「南風18号」で高知から丸亀へ移動する」です。

前後の旅行記もあわせてご覧ください。

はりまや橋

旅行2日目。

今日は高松に移動する日。前々回訪れて気に入った「鮨舳」を18:30から予約してある。

昨晩、「11時になればフロントからのコールで強制的に起こされるから」と思ってタイマーをかけずに寝たら、起きたら12:30。

「このホテルはチェックアウト過ぎてもコールしてこないの?」と思ったけど、よく考えたら、リッチモンドクラブに入っているので、通常11時のチェックアウトが12時になるのだった。

数分後、コールが来たので(笑)、13時までの延長をお願いした。

13:30頃、チェックアウト。2時間分のレイトチェックアウト料金2,000円を支払う。

今日はこういうルートで高松まで行く予定。

高知から高松へのルート

フロントにタクシーを呼んでもらう。

高松駅発の土讃線特急「南風」の出発時刻は14:13。

少し余裕があったので、有名なはりまや橋前で降ろしてもらった。

これか?

はりまや橋1

「平成十年三月完成」って書いてある。

はりまや橋2

「播磨屋橋(はりまやばし)は、高知市中心部にある道路橋で、長さ約20mの桁橋である。」(wikipedia)。この前の道路のことか。

国道32号線と34号線が交差するはりまや橋交差点の広大さのほうがびっくりした。

はりまや橋交差点

土讃線「南風18号」で高知から丸亀へ

高知駅に到着。アンパンマンラッピング列車が停まっている。

高知駅

南風18号のグリーン車のチケットを購入。丸亀城に寄ってみたかったので、丸亀までの切符にした。

南風18号のチケット購入

あれ、私が乗る電車がアンパンマン列車か(笑)

アンパンマン列車(南風18号)

ホームの売店で龍馬弁を購入。

高知駅のホームの売店の弁当

内装はアンパンマン仕様と通常のものに分かれていた。グリーン車は通常の内装。

アンパンマン列車(南風18号)のグリーン車

2時間の電車旅のスタート。

アンパンマン列車(南風18号)のグリーン車の座席

なお料金は思ったより高くて7,010円(乗車賃2,430円、特急料金1,830円、グリーン車料金2,750円)。

さて、龍馬弁を食す。ひろめ市場にも出店している「仕出しのあんどう」というところが作っているようだ。

龍馬弁デザイン

龍馬弁の中身

美味しく頂いた。4時間後に晩飯が控えているので完食はできなかったけど。

列車は四国山地の川沿いを縫うように走る。並走するのは高知市中心部を走っていたあの国道32号線。

川沿いを走る土讃線

大歩危駅。

大歩危駅

吉野川が二億年かけて削ったという大渓谷は絶景だった。しかし、電車のスピードが速い、及び、遮蔽物に阻まれてロクに写真撮れなかった。

これは大歩危を少し過ぎた辺り。

大歩危近くの渓谷

四国山地を越えて、琴平に。今年4月のこんぴらさん奥社詣でが懐かしい。

参考:高松1泊2日旅行記 (1) こんぴらさんの「奥社」までお参りする

琴平駅

琴平を過ぎて、善通寺に着いたら、車内販売が来た。今さら(笑)

続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。