寿司

高知・高松2泊3日旅行記 (2) 「おおとら」で晩飯を食べ、「たに志」で締め茶漬け

高知・高松2泊3日旅行記の「(2) 「おおとら」で晩飯を食べ、「たに志」で締め茶漬け」です。

前後の旅行記もあわせてご覧ください。

おおとら

時間になったので、晩飯場所の「おおとら」に向かう。リッチモンドホテル高知から100m位の至近距離にある。

その前に目がお疲れなので、アーケード内のココカラファインに行って、目薬購入。大体、月に一度、旅先で目薬を更新してる。

おおとら – 蓮池町通/寿司 [食べログ]

高知のおおとら外観

まずはビールで。

高知のおおとらのビール

おすすめメニューはこれ。

高知のおおとらのメニュー

こちらのお店、食べログには、「予算(お店より)¥3,000~¥3,999」「予算(ユーザーより)¥6,000~¥7,999」と書いてあった。色々食べてみたいが、一品あたりの量がすごく多そうで、2-3品頼んだらお腹いっぱいになっちゃうんじゃないかと思った。

大将に「ちょっとずつ色々食べたいので、刺盛できますか?」と尋ねたが、「メニューに有るとおりなんで」と断られてしまった(´・ω・`)

けれど、握りなら一貫から頼めるらしい。謎。

金目鯛、アコウ、剣先イカの握りを頼んだ。旨い。

高知のおおとらの握り

ウニとカツオも。

高知のおおとらのウニの握り

高知のおおとらのカツオの握り

一品料理のウツボの唐揚げ。薄いけど弾力があり、噛みしめると旨味が出て来る。

高知のおおとらのウツボの唐揚げ

日本酒一合目は、甘目の土佐しらぎく「ぼっちり」。「ぼっちり」とは、土佐弁で「丁度良い」「ほど良い」「ぴったり」という意味だそうだ。

土佐しらぎく「ぼっちり」

店主に「料金変わらないでいいので、剣先イカを少なめで」と言ったら、「(元から)そんなにないですよ」と言って、これを出してくれた。確かにそんなにない。ウニをおまけで付けてくれた。

高知のおおとらの剣先イカ

日本酒二合目は、店主に「飲むなら最後のほうがいい」と言われた「無手無冠 超辛口生原酒 鬼辛」。

ツマミにアコウとタイ。それぞれ1,500円。ちょうどいい厚みに切られたアコウが美味かったなー。

高知のおおとらのアコウ

高知のおおとらのタイ

大将は愛媛の出身で、白身魚に関しては、天然で、より身の締りの良い瀬戸内産のものを多く使うと言っていた。

握りを1貫から頼めるのは良心的だと思っていたが、利益に関しては、刺し身は原価ギリギリな分、握りの方により利益を乗せているとのことだった。なんと。

最初、刺盛り頼めないと知ったときは天を仰いだが、最終的には楽しく美味しく頂くことができた。

なお、支払いは13,100円。食べログの「予算(ユーザーより)」の約2倍。

カエラ高知

「おおとら」を出た後、予め調べておいた「カエラ高知」というキャバクラに。有名なINSOU系列のお店。

確か4人目に付いてくれた四万十市出身の子が、かわいくて、楽しい子だったので、場内指名させてもらった。

26時まで飲んだ。

「たに志」でおでんとお茶漬け

締めに何か食べたい気分。でも、ラーメンじゃ重たい。

リッチモンドホテル高知の裏手の「おびや町小路」内の「たに志」というお茶漬けのお店に。

たに志 – 堀詰/居酒屋 [食べログ]

こんにゃくとタマゴと日本酒。旨い。

たに志のおでん

「群馬出身でこんにゃく大好きなんで」とさらにこんにゃくを追加で2つ。

鮭茶漬け。

たに志のお茶漬け

アットホームな雰囲気で癒やされる感じのお店だった。

ホテルに戻ると、酩酊したサラリーマンがじゃれ合っており楽しそうだった。

夜のリッチモンドホテル高知

翌日の旅行記は以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。