旅行記

バンコク3泊4日旅行記 (3) ワットパクナムの仏塔と本堂を訪れる

バンコクのワットパクナムの仏塔の天井壁画

バンコク3泊4日旅行記の「(3) ワットパクナムの仏塔と本堂を訪れる」です。

前後の旅行記もあわせてご覧ください。

バンコク・マリオット・ホテル・スクンビットのクラブラウンジで朝食

朝6時に、前の人がセットしたアラームが鳴る。スヌーズにはできるけど、止め方がわからない。何度も鳴ってムカついたので電池を抜いたw

9時に起床。

部屋からの眺め。

バンコクマリオットホテルスクンビットからの眺め

ちゃちゃっと準備して、9時20分ごろ、40階のクラブラウンジへ。入室にはカードキーをかざす必要がある。

バンコクマリオットホテルスクンビットのエグゼクティブラウンジ

そんなに混んでいなくて、お一人様もそこそこいて、居心地いい。

バンコクマリオットホテルスクンビットのパン

バンコクマリオットホテルスクンビットの蒸し野菜

バンコクマリオットホテルスクンビットのお粥

バンコクマリオットホテルスクンビットのハム類

エッグコーナーには中に入れる具材がいっぱい。

バンコクマリオットホテルスクンビットのエッグコーナー

バンコクマリオットホテルスクンビットのジュース

こんな感じで頂いた。

バンコクマリオットホテルスクンビットの朝食(1日目)

どれも旨いけど、粥が旨いね。というか、朝粥いいね。

スタッフの笑顔のサービスがとても気持ちいい。

いやぁ、朝から愉快快適。

これは食事が下げられる10分くらい前の様子。

バンコクマリオットホテルスクンビットのラウンジの様子

食事後、クラブラウンジから外を眺めると、日本の城郭のような気になる建物が。

バンコクマリオットホテルスクンビットのラウンジからの景色

スタッフに聞いたら、娯楽産業で財を成した実業家の私邸とのこと。誰なんだろう???

ミネラルウォーターゲットして、部屋に。まぁ、電話で頼めば持ってきてくれるけど、めんどくさいしね。

部屋でダラダラ

今日の予定を考えつつ、部屋で3時間くらい色々作業。

マリオットゴールドの特典で、ローンドリーが2点まで無料らしいので、Tシャツとハンカチを頼んでみる。この特典は今まで利用したことがなかったが、数泊するときは使えるね。実例で紹介するマリオットゴールドのメリットに加えておこう。

マリオットゴールド特典のローンドリーサービス

テザリングでパソコンを繋いで、自分のブログにログインしようと思ったが、海外からはワードプレスにログインできない設定にしていたらしい。その場で設定を変える。

バンコクでは、Uberの他にGrabというタクシー配車サービスも使えるそうなので、バンコクの電話番号を使って登録。

Coincheckを覗いてみたが、相変わらずの状況(苦笑)

しかし、部屋が快適すぎて、外に行くのが億劫になってくる(笑)

バンコクマリオットホテルスクンビットのバスタブ

ワットパクナムへ

しかし、そうも言ってられないので、事前に調べていたワットパクナムに行ってこよう。

UberとGrabでホテルからワットパクナムまでの料金(概算)を確認したら、どちらも289バーツ。

せっかくなので、使ったことのないGrabで呼んでみた。

バンコクでGrabを使ってみる

MAZDA3(アクセラ)がやってきた。

MAZDA3(アクセラ)のGrab

ドライバーは人の良さそうな人で、Grab歴6ヶ月とのこと、Grabの前は魚の養殖場で働いてたらしい。

ここは、エカマイ駅から南に伸びるスクムビット通りソイ42という通りだが、無秩序な電線が凄い(笑)

高速に乗って、一路西へ。

改めて思ったが、高速は怖いね。帰りは電車で帰ろうと思った。

チャオプラヤ川を渡る。

チャオプラヤ川を渡る

バイタクから降りる人。

バイタクから降りる人

ワットパクナムの仏塔

14時20分頃に、ワットパクナムに到着。

ワットパクナムの前

上の屋根の付いた道を進む。オレンジ色の法衣をまとったお坊さんを多数見かける。

目立つ建物があった。これが本堂らしい。

ワットパクナムの仏堂

仏塔を訪れる人が多いのか、デカデカと案内されていた。

ワットパクナムの仏塔の案内

おお、これだ。

ワットパクナムの仏塔の全景

日差しが強くて、ネコも日陰に入るほど。

ワットパクナムの仏塔の日陰のネコ

間違えて、靴を履いたまま階段を上がってしまったが、ここで靴を脱ぐのだった。

ワットパクナムの仏塔の靴をぬぐところ

2階の入口。

ワットパクナム仏塔の2階の入口

2階は広いホールだった。

ワットパクナム仏塔の2階のホール

3階は仏像が沢山展示されていた。

ワットパクナム仏塔の3階の展示

4階。

ワットパクナム仏塔の4階

5階。これを見に来た。仏塔in仏塔。

ワットパクナム仏塔の5階の仏塔1

仏塔の前で、他の人の見よう見まねで礼拝。

ワットパクナム仏塔の5階の仏塔2

まばゆい天井画。菩提樹の樹の下で悟りを開いたお釈迦様が無数描かれている。

ワットパクナム仏塔の5階の仏塔3

ワットパクナム仏塔の5階の仏塔4

仏塔はガラスでできている。

ワットパクナム仏塔の5階の仏塔のガラス

壁際で汗を拭って、現地の人を観察。

皆、静かに祈りを捧げていた。

オレンジ色の僧衣をまとったお坊さんが仏塔の前で家族らしき人と記念撮影をしていた。僧侶になった息子の晴れ姿を見に来たのかな。

ワットパクナム仏塔のお坊さん

近くにいるおばさんは日本人のようだ。

ここは外の暑さをしのげ、時折風も入ってきて、過ごしやすい。

ワットパクナム仏塔の5階の窓

バルコニー部分に出てみた。風が心地よい。他の寺院の仏像の背面が見える。川下りを楽しんでいる人も。

ワットパクナム仏塔のバルコニー2

40分位滞在した。

なお、2階の受付には、日本人向けのパンフレット(一番右)もあった。私は見学した後に気付いた。

ワットパクナムの日本語パンフレット

ワットパクナムの本堂へ

このまま帰るかどうか迷ったが、せっかくなので、本堂にも寄ることに。これは結果的に正解だった。

本堂って、さっきのこの建物ね。

ワットパクナムの本堂

ここも入口で靴を脱ぐ。

奥へ入ると、蝋燭台に、香炉、その奥に黄金の像。

ワットパクナムの本堂の線香1

日本人は全然おらず、現地の人はかなり熱心に祈っていた。

やり方が分からないので、20分くらい現地の人の参拝方法を観察。その後、同じようにやってみた。

賽銭箱にお金を入れて、このロウソクと線香を取る。

ワットパクナムの本堂のロウソクと線香

ロウソクと線香を縛っていた輪ゴムは捨てるところがあったが、薄い紙は捨てるところがない。迷った末にポケットに押し込む。

線香とロウソクに火を付ける。蝋燭台にロウソクのロウを垂らし、ロウソクを固定する・・・はずが倒れて落ちてしまった(涙)

その後、線香を持ちながら、蝋燭台の前でお祈り。

ワットパクナムの本堂でお祈り

タイ人は、お祈り後、この棒がたくさん入った筒を、棒が飛び出るまで振っていた。おみくじだ。

同じようにやってみたが、なかなか飛び出ないので、一番長く延びたやつを取って、数字を確認。

ワットパクナムのおみくじ1

番号の札を引く。

ワットパクナムのおみくじ2

その後、柄杓で油をすくって、蓮のような入れ物に円を描いて流し込む。

ワットパクナムの柄杓

皆、この像に金箔を貼っているのだが、金箔がどこにあるか見当たらない。と思ったら、ロウソクと線香の巻紙の中に金箔が入っていた!捨てないでよかった!

ワットパクナムの金の像

さらに奥もあって、憩いのスペースになっていた。

ワットパクナムの鳩の餌やり1

ワットパクナムの鳩の餌やり2

本堂の中、普通に犬いる。

ワットパクナムの犬

仏塔だけじゃなく本堂も来てよかったなぁ。

16時半頃、本堂を出る。

ワットパクナム周辺を散策

帰りは、BTSの終着駅のBang Wa駅までタクシーで行って、BTSで帰ろう。高速は怖いからね。

さっきGrabを使ったので、今度はUberを呼ぶ。

Uberが来るまで辺りを散策。

隣には女子中学校があって、家族がバイクや車で迎えに来てたりした。

河の方に行くと、鶏の声が聞こえるのどかな風景だ。

ワットパクナムの裏手の川1

この川で洗濯(?)している人がいたのにはビックリした・・・

ワットパクナムの裏手の川2

水分補給で、ジュース(10バーツ)。サッカー少年が可愛かった。

ワットパクナムの裏手のサッカー少年

Uberに乗って、Bang Wa駅へ向かう。

行きは通らなかったルートに、ワットパクナムの門前町が栄えているのを発見。食堂も充実していたので、行けばよかった・・・

BTSでトンロー駅まで

BTS Bang Wa駅前。

BTS Bang Wa駅前1

BTS Bang Wa駅前2

駅前の屋台の食べ物を見るのが楽しい。

トンロー駅までは59バーツだそうだ。

BTSの料金表

これはコインしか受け付けてくれないらしい。

BTSの券売機1

お札も受け付けてくれるこちらで切符を購入。

BTSの券売機2

改札。

BTSのBang wa駅の改札

窓はあるんだけど、外からは中が見えない仕様になっている。

BTSの電車1

BTSの電車2

少しかび臭いにおいがした。湿度の高い国だからしょうがないか・・・

BTSの電車内

車内は冷房がかなりきいていて、しばらくしたら寒くなってきた。

サイアム駅で乗り換え、一つ下の階のEラインに乗り換え。

一本待たないと乗れないくらい混んでいた。

右の建物は前回来たときに訪れた気がするなぁ。

サイアムセンター

トンロー駅から歩いてホテルへ

トンロー駅で降りる。

安全基準が日本と違うから、子連れで来るときは気を付けないといけないよ。

トンロー駅の階段

この風景、凄くバンコクっぽい。

トンローの交差点

スクンビット通りを歩いてマバンコク・マリオット・ホテル・スクンビットへ向かう。

道は凸凹。4年前と変わってない(笑)

スクンビット通りの凸凹道

屋台がたくさん出ていて、いい匂いである。

スクンビット通りの屋台

18時過ぎにホテルに到着。

バンコクマリオットホテルスクンビットの外観

続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。