※当サイトはプロモーションを含みます。

IHGリワーズクラブ(IHG Rewards Club)

宇部2泊3日旅行記~ときわ公園のロンギヌスの槍を見に行って、ANAクラウンプラザホテル宇部に別れ

こんにちは。

ポイントとマイルを貯めてあちこち旅行するのが好きな、jun(@odakyu_de_go)と申します。

  • 2024年3月に営業を終了する「ANAクラウンプラザホテル宇部」に最後に泊まりに行きたい。
  • 宇部市のときわ公園に刺さっている『ロンギヌスの槍』を見に行きたい。

の2目的で宇部に行きたいと思っていたところ、「トクたびマイル」で羽田-宇部が6,000マイルで出たので、行ってきました。

旅行までの準備

日程は、2024年1月15日(月)~17日(水)

「トクたびマイル」で飛行機を予約

「トクたびマイル」で以下の便を予約。往復6,000マイル。

日付便名スケジュール
1/15ANA693羽田 10:00 – 宇部 11:45
1/17ANA3814宇部 15:20 – 羽田 16:50

先月の釧路旅行も「トクたびマイル」を利用。最近は、正規のマイルで予約するのがもったいなく感じる。

普段からANAマイルを貯めておこう。

ANAクラウンプラザホテルを予約

IHG.comからポイントを使って、ANAクラウンプラザホテル宇部のプレミアムダブルルームを予約。1泊11,000ポイント、2泊で22,000ポイント。

ホテルの和食「雲海」は予約できなかった

最後なのでホテルの和食「雲海」で食べようと思った。

現在、「雲海」は月水が休みで、3日前までの予約制。

火曜日に予約しようとしたら、なんとその日は40人の団体客が入っているとのことで予約できず・・・

グーグルマップやSNS、グルメサイトで旨そうな店を探す。

いくつか候補が上がったが、結局、予約はせず当日に。

宇部2泊3日旅行:1日目

ANA693便で宇部空港へ

ANA693便に搭乗後、CAさんに利用する滑走路を聞く。D滑走路の「05」とのこと。

正月の事故が起こったのはC滑走路。黙祷。

利用したD滑走路(写真の右下)含め、羽田空港の滑走路がよく分かる写真が撮れた。

ANA693便から羽田空港のD滑走路ほか

大都市・東京。

ANA693便から東京の稠密な住宅地

着陸間際。

海に映るANA693便の機影

「三代目YUTAKA」で鶏白湯ラーメン

宇部新川駅行きのバスに乗車。Suica使える。Suicaチャージは以下の方法がおすすめ。

参考:現時点での最強のSuicaチャージ方法2つ 

空港から10分。市役所前で降りる。

事前に調べていた鶏白湯ラーメンの「三代目YUTAKA」に。

宇部の三代目YUTAKAの外観

ミニサイズ(麺量70g)が選べるのが嬉しい。

鶏白湯ラーメン(ミニ)(550円)、餃子4個(250円)を注文。

※記事の最後に今回の旅行でかかった費用をまとめてある。

混んでいて、配膳まで10分くらいかかったかな。

餃子までミニサイズだった・・・笑

宇部の三代目YUTAKAのミニ鶏そばと餃子

スープはアツアツじゃなかったけど、とろ~り濃厚で旨い。

麺を完食したあと、焼きおにぎり(100円)追加。

宇部の三代目YUTAKAの焼きおにぎり

おすすめされてた魚粉と柚子胡椒入れて食べたら激旨だった。

宇部の三代目YUTAKAのおいしい食べ方

ANAクラウンプラザホテル宇部にチェックイン

歩いてホテルへ。

途中、素敵な教会があった。

カトリック宇部教会

ANAクラウンプラザホテル宇部が入る宇部興産ビル(1983年竣工)の偉容。設計したのは村野藤吾。

宇部興産ビルの外観1

重厚な低層階は宴会場、高層棟はホテルと宇部興産のオフィス。

宇部興産ビルの外観2

ピロティの下は駐車場。

宇部興産ビルの外観2

まだ部屋の準備ができておらず、30分くらいロビーで待機してからチェックイン。

IHGダイヤモンド会員特典(朝食、ドリンククーポン、ポイント付与)は、朝食に。

部屋は12階のプレミアムダブルルーム。

ANAクラウンプラザホテル宇部のプレミアムダブル1

マッサージチェア付き。

ANAクラウンプラザホテル宇部のプレミアムダブル2

ANAクラウンプラザホテル宇部のプレミアムダブル3

ANAクラウンプラザホテル宇部のプレミアムダブル4

宇部興産ビルから見る、工業都市・宇部。

ANAクラウンプラザホテル宇部からUBEの工場群

宇部興産ビルを見学

事前調べでは、「凡」という喫茶店のモーニングが美味しいとのことだった。

ただ、今回はIHGダイヤモンド特典で無料で朝食が付く。

モーニングは食べに行けないから、コーヒーだけ飲んでこよう。

その前に、ビル内を見学。

宴会場がある2階。

宇部興産ビルの村野藤吾の意匠1

螺旋階段、(素材を問わず)優美な曲線を描く手摺、階段初段浮かしなど、他の村野藤吾作品にも見られる特徴がここにも。

宇部興産ビルの村野藤吾の意匠3

宇部興産ビルの村野藤吾の意匠2

宇部興産ビルの村野藤吾の意匠4

地下1階には「敦煌」という中華料理屋。ここは4月以降も継続するらしい。

ANAクラウンプラザホテル宇部の地下の敦煌

新川駅前商店街を散策して、「凡」でコーヒー

前回訪れた居酒屋「味遊」がある新川駅前商店街に。

宇部の新川駅前商店街

「味遊」を過ぎても結構店がある。

いい構えの「虎の子」。麻婆豆腐が旨いらしい。

宇部の新川駅前商店街の「虎の子」

商店街から一本入った路地にも店が。

これはスナックビル。

宇部の新川駅前商店街のスナックビル

芝生の広がる多世代交流スペースもあった。周りにはおしゃれげなカフェも。

宇部の新川駅前商店街の多世代交流スペース

15:00過ぎに目当ての「凡」に。

宇部の喫茶店「凡」

先客のおじいちゃんが3人。

ブレンド400円を注文。

濃くておいしい。

宇部の喫茶店「凡」

おばあちゃんが一人で切り盛りしてる。

「この通り飲み屋多いんですねー」と話を振ったら、「(居酒屋ばっかりなので)居酒屋通りって読んでる」とのこと。

昔は接待向けのクラブが多かったようだが、今は居酒屋が多いとのこと。

朝食の付いていないプランで宇部に泊まってる人は、ここに来るといいんじゃないかな。

宇部の喫茶店「凡」のモーニングのメニュー

宇部新川駅前で散髪

前回も「安いな」と思った、宇部新川駅前の床屋。

宇部新川駅前の床屋

晩飯まで時間があるし、週末人と会う約束もあるのでここで髪を切ることに。

先客2人いて20分くらい待ったのかな。

洗髪を入れなかったが、最後に掃除機で細かい髪を吸い取ってくれるのかと思ったら、箒で叩くだけだった。

シャツに髪の毛が一杯ついちゃって、チクチク・・・

もう一枚シャツを持ってきておいてよかった・・・

18:00。部屋から見る工業都市・宇部の夕焼け。

ANAクラウンプラザホテルから工業都市・宇部の夕焼け(1日目)

「味遊」を再訪

晩飯はどこにするか決めていなかったが、結局、前回訪れた「味遊」に行くことに。カウンターが空いていてよかった。

前回は初めてカワハギをまるごと一尾食べたのだった。

宇部市の味遊のカワハギの薄造り

大将の目の前の席に。

後ろの座敷席では新年会。

カニ味噌と大将曰く「とってもお得」だという刺身の盛り合わせを注文。

宇部の「味遊」の刺し身の盛り合わせ

酒は熱燗にできる「八海山」。

刺し身は文句なく旨い!

イカのネットリ加減、ヒラメ、ヒラマサ、シマアジ。

これが入って、税込1,430円はかなりお得。

前回もそうだったが、親切で話し好きの大将。

宇部のことなどを聞きながら、ゆっくり酒を飲んだ。

前回も頼んだ湯豆腐を追加。

宇部の「味遊」の刺し身の盛り合わせ

大将から教わり、ポン酢をレンゲで少し掬って鍋の汁で割って飲む。めちゃ美味しい。汁完飲。

1時間40分くらい滞在して、お会計。日本酒2合で4,490円。現金決済。

信号待ちでこの彫刻の写真を撮っていたら、男性に話しかけられた。

宇部の路上の彫刻

隣の山陽小野田市の方で、たびたび宇部に飲みに来ているらしい。

UBEビエンナーレに言及したら、「よくご存知で」と驚かれた。山口市の美術館もおすすめらしい。

ANAクラウンプラザホテル宇部。灯りから分かるように、高層棟の左がオフィス、右がホテル。

夜のANAクラウンプラザホテル宇部の外観と灯り

早起きしたので、いつもより早く寝た。

宇部2泊3日旅行:2日目

ANAクラウンプラザホテル宇部の朝食ビュッフェ

9:00前に起床。天気良し。

夜のANAクラウンプラザホテル宇部から快晴の宇部市内

朝食会場はガラガラだった。団体客はもっと早い時間に来ていたようだ。

ANAクラウンプラザホテル宇部の朝食ビュッフェ1

宇部名物らしい瓦そばも食べてみた。

ANAクラウンプラザホテル宇部の朝食ビュッフェ2

焦げて固めの茶そば。この麺の感じ。松山市の「かめそば じゅん」を思い出した。

ときわ公園へ

朝食後、新聞読みながらベッドの上でゴロゴロ。

さて、ときわ公園に『ロンギヌスの槍』を見に行こう。

11:15にホテルを出る。ホテルの前に「一代目豊」という居酒屋が。昨日行ったラーメン屋が「三代目YUTAKA」だった。もしかして、「豊グループ」が存在するのか?!

ANAクラウンプラザホテル宇部の前の「一代目豊」

宇部中央のバス停から11:22発の新山口駅行きのバスに乗車。15分ほどでときわ公園入口前に到着。

公園に向かっててくてく歩いていく。その途中にも彫刻作品が。

ときわ公園前のバス停から歩く

ときわ公園前のバス停近くの彫刻作品

「UBEビエンナーレ彫刻の丘」で『ロンギヌスの槍』を見る

中央入口からIN。

おー、これがときわ公園か。ときわ湖畔の公園。

ときわ湖畔のときわ公園1

UBEビエンナーレの会場となっている「丘」の方に行くと、おー、あった。ロンギヌスの槍。

UBEビエンナーレ彫刻の丘のロンギヌスの槍1

意外に小さかった。

UBEビエンナーレ彫刻の丘のロンギヌスの槍2

それでも7メートルあり、近くで写真取ると迫力あり。

UBEビエンナーレ彫刻の丘のロンギヌスの槍3

UBEビエンナーレ彫刻の丘のロンギヌスの槍3

製造したのはUBEグループの宇部スチールとのこと。

宇部スチール製作のロンギヌスの槍

UBEビエンナーレの出品作品を見て回る

ここは「UBEビエンナーレ彫刻の丘」というところで、2年に1回開催される「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」の出品作品が過去のものも含めて多数展示されている。

ロンギヌスの槍はその中に混じっている感じ。

『森の掟』(伊藤嘉英)。資料情報はこちら

UBEビエンナーレの「森の掟」(伊藤嘉英)1

中に入る。

UBEビエンナーレの「森の掟」(伊藤嘉英)2

無数の小さな穴が明けられていて、そこに光が通り、天の川みたいになっていた。

「動植物に共通する「奇跡の誕生」を現したもの」という『はじまりのはじまり』(三宅之功)。資料情報はこちら

UBEビエンナーレの「はじまりのはじまり」(三宅之功)

丘の上から撮った処。

UBEビエンナーレ彫刻の丘を上から撮る

夏に来たら、芝生の色もグリーンで、今とは印象が違うのだろう。

『わたしはここで』(布藤喜帆)。

UBEビエンナーレ「わたしはここで」(布藤喜帆)

大理石で作られていて、外は無数の鑿(のみ)跡が残り、ザラザラで、中はツルツル仕上げの表面。資料情報を読むと面白いよ。

これは一部壊れていたけど、前は乗って遊べたのかな?

UBEビエンナーレのそらいろのテーブルあるいは風の色のパズル

『大地を編む』(奥田誠一)。

UBEビエンナーレの「大地を編む」(奥田誠一)

『wind whisper』(平山悟)。

これは風が吹くとカランカラン音が鳴っていた。

UBEビエンナーレの「wind whisper」(平山悟)

『Construction Kit Animal』(ハンス・ショール)。資料情報はこちら

UBEビエンナーレの「Construction Kit Animal」(ハンス・ショール)

同じくハンス・ショールの『Storage of celestial mechanics』。

UBEビエンナーレの「Storage of celestial mechanics」(ハンス・ショール)

中に入ると、天井で機械仕掛けがカタカタ動いていて、面白かった。

作品解説の中にあった「友よ、君が社会の中で生きようと思うなら、お金よりも影の崇め方を学びたまえ」(アーダルベルト・フォン・シャミソー)」というフレーズが印象に残った。

『深夜バス』(中出武彦)。資料情報はこちら

UBEビエンナーレの「深夜バス」(中出武彦)

夜はライトアップされるそうだ。

「常盤公園に異空間につながる扉をつくります」がコンセプトの『青空の月』(増野智紀)。扉が一杯ついていて、中を見るとまた面白い。

2022年のUBEビエンナーレの「青空の月」(増野智紀)

『蟻の城』(向井良吉)は修復中。

蟻の城(向井良吉)

こちらで360度映像を見ることができる。

これが2022年のUBE株式会社賞(大賞)受賞という『ディスタンス』(西澤利高)。

2022年のUBE株式会社賞(大賞)の「ディスタンス」(西澤利高)1

2022年のUBE株式会社賞(大賞)の「ディスタンス」(西澤利高)2

ペリカン島と常磐神社

天気もいいし、寒くもないのでさらに公園の奥に。

網で覆われたペリカン島が現れた。

ときわ公園のペリカン島1

すごい近くでペリカン見られる。ここ、動物園要素もあったのか・・・笑

ときわ公園のペリカン島2

湖に突き出た神社もあった。絵になるな。

ときわ公園の常磐神社1

ときわ公園の常磐神社2

最後にもう一度ロンギヌスの槍を。

ときわ公園のロンギヌスの槍の影

2時間半くらい滞在。満喫した。

※彫刻作品は見きれないほどあり、上で紹介したのはそのごく一部。

自然を満喫でき、野外彫刻アートを多数見ることができる。触発され、考えることができる。無料。ときわ公園、凄い。

宇部を訪れて、その日、天気良かったら、ときわ公園に行くのおすすめ。

「三代目YUTAKA」を再訪

昨日同様、市役所前でバスを降りて、「三代目YUTAKA」に。今日は煮干しそばのミニに。昨日もらったクーポン使って味玉追加。

三代目YUTAKAで煮干しそば(ミニ)

そして、焼きおにぎりも追加。

三代目YUTAKAで煮干しそば(ミニ)に焼きおにぎり

山椒も追加して。

三代目YUTAKAで煮干しそば(ミニ)に焼きおにぎりに山椒

15:00くらいにホテルに戻る。

宇部興産ビルを別角度から撮影2

工業都市・宇部の夕焼け

帰ると部屋が勝手に片付いてるって最高~。マッサージチェアも使ってみる。

ANAクラウンプラザホテル宇部のマッサージチェア

しばし休憩。

昨日より雲が少なく、いい夕日と夕焼けが見られた。山の稜線は九州の山のようだ。

ANAクラウンプラザホテル宇部から宇部の夕日1

ANAクラウンプラザホテル宇部から宇部の夕焼け3

「呑兵衛」・・・

晩飯はまた「味遊」にしよう。

19時前に店に行ったが、残念ながら今日は予約で一杯だった。大人気だな。

「呑兵衛」という寿司屋に行くことに。電話したら空いていた。

2駅分バスに乗って、ときわ町2丁目で下車。

宇部の「呑兵衛」の外観

混んでるのかなと思ったが、客はカウンターで飲んでる一人のみ。

うに、貝、白身が入る上寿司(8貫、2,090円)に。

日本酒は「五橋」の熱燗(880円)にした。お通しは南蛮漬け。この時点ではまだこの店に期待していた。

宇部の「呑兵衛」のお通し

一気にドカンとくるのかと思ったが、カウンターだから分けてくれた。

宇部の「呑兵衛」の上寿司1

イカは美味しい。

コリコリしたサザエは美味しい。ウニは味が淡白。

宇部の「呑兵衛」の上寿司2

穴子でラスト。味噌汁はつかない。

宇部の「呑兵衛」の上寿司3

メニューにホタテがあり、ネタケースに「ホタテ」らしき貝柱があったので、「ホタテ下さい」と言ったら、厨房の爺さん、つっけんどんに「ホタテはない!」

え?

慌てて、後ろに控えてた女性スタッフが「タイラギ貝です」と。

そ、そうですか。

とりあえず、タイラギ貝を注文。1貫700円。でも、いまいち美味しくなかった。

宇部の「呑兵衛」のタイラギ貝

メニューにゲソがあったので、「ゲソありますか?」と聞いたら、またつっけんどんにに「コウイカなんてないよ!」と。

え?

ゲソにするようなイカはないということなんだろうか。ちゃんと説明してくれ・・・

長居する気はなくなったので、お新香巻食べてさっさと退散。

宇部の「呑兵衛」のお新香巻

昨日は楽しく美味しく飲めたのに、今日は美味しくなく楽しくもなく最悪。しかも、昨日より高い。

ANAクラウンプラザホテル宇部のバー「ワンファイブ」

最後なのでホテル15階にある、(UBEの工場夜景も見える)バー「ワンファイブ」に。

ANAクラウンプラザホテル宇部の「ワンファイブ」のカウンター

客は私ひとり。

ANAクラウンプラザホテル宇部の「ワンファイブ」の内観1

ANAクラウンプラザホテル宇部の「ワンファイブ」の内観2

前回対応してくれた人とは違う店員だった。まだ若い。聞けば、高校を卒業をしてここに就職して7年目だそう。

生ビールを頼み、まずはさっき起こった不愉快話をシェア・・・笑

ANAクラウンプラザホテル宇部の「ワンファイブ」の生ビール

やはり、ユタカグループは存在するらしい・・・笑

ニューヨークタイムズの「2024年に行くべき52カ所」に山口市が選ばれた話や、今日行ってきたときわ公園が最高だった話などをした。

参考:“行くべき旅行先 52か所”に山口市 ニューヨーク・タイムズ | NHK

このホテルの今後についても。

コロナ禍が明けたあと、宿泊は戻ってきているが、宴会場を使うような飲食、婚礼が戻らないとのことだった。

20:30くらいに行って、22時近くまで楽しく飲んでいた。さっきの店の不愉快さを上書きできて良かった!

お兄ちゃんのこの先の人生に幸多からんことを祈りつつ、退店。

なお、「ワンファイブ」の料金はスーパーフライヤーズカードの提示で10%OFFになった。

宇部2泊3日旅行:3日目

ANAクラウンプラザホテル宇部の朝食ビュッフェ

9:00過ぎに起床して、急いで朝食会場へ。昨日よりは人がいる。

1セット目。今日はカレーも。

ANAクラウンプラザホテル宇部の朝食ビュッフェ3

2セット目。ここで食べるのもこれが最後か。

ANAクラウンプラザホテル宇部の朝食ビュッフェ4

フロントで14:00までのレイトチェックアウトをお願いしてから部屋に戻り、昼過ぎまでゴロゴロ。

「まるよし」できつねうどん

前回食べて美味かった「まるよし」のうどんを食べるために、13:00過ぎにようやく外出。

途中、また「ユタカ」を見つけた。

宇部の鉄板酒場「ユタカ」

宇部新川駅前にある「まるよし」。

宇部新川駅前の「まるよし」の外観

今回はきつねうどん(520円)を注文。

宇部新川駅前の「まるよし」のきつねうどん

前回は汁にもっと旨味を感じたんだがなあ。前回は肉うどんだったからか。

宇部新川駅前の「宇部進」。宇部高校がこの地域の進学校のようだ。

宇部新川駅前の「宇部進」

  • 庵野秀明
  • 菅直人
  • 紀藤正樹
  • 本庶佑
  • 柳井正
  • 山田洋次

などが卒業生とのこと。

(柳井会長、ANAホテルを救ってくれ!!!)

隣の「一久」は庵野秀明が今でも通うラーメン屋らしい。

ANAクラウンプラザホテル宇部をチェックアウト

14:00にチェックアウト。フロントの男性スタッフに今回が最後の訪問になることを伝えた。

さようなら、ANAクラウンプラザホテル宇部。

さようなら、ANAクラウンプラザホテル宇部

ANA3814便で羽田空港へ

シャトルバスに乗って10分ちょいで空港に到着。

ANA FESTAで「ふぐちり」セットを購入。ANAカード提示の上、還元率4.4%の最強の決済スキームの出口の「TOYOTA WALLET」でiD決済するのが一番お得かと思われる。

吉田松陰のポテトチップ、嫌過ぎる。

吉田松陰のポテトチップ

帰りはスターフライヤー機材。

スターフライヤー機材のANA3814便

1Aで、滑走路のいい写真撮れた。

山口宇部空港の07滑走路

離陸直後に昨日訪れたときわ公園を見ることができた。

ANA3814便から宇部市のときわ湖

伊豆半島ってほとんど山地なんだなー。ここで大きな地震起こったら、能登半島同様に陸の孤島になりそう・・・

ANA3814便から見た山地の伊豆半島

夕日を眺めながら羽田空港に到着。

夕日を眺めながら羽田空港に到着

空港からもいい夕焼けが見ることができた。

羽田空港から見た夕焼け

3日連続「夕焼け投稿おじさん」となっていた・・・笑

長い旅行記、最後までご覧いただきありがとうございました。

2泊3日の宇部旅行でかかった費用

最後に今回の宇部2泊3日旅行でかかった費用をまとめておく。

往復の飛行機はANAマイルで取った。「トクたびマイル」を使ったので、往復6,000マイルで予約できた。

参考:ANAマイルを貯めて、特典航空券に交換して、実際に搭乗するまでの流れ

ホテルはポイント予約。2泊で22,000ポイント。

食費の合計は13,545円。

交通費の合計は2,990円。

宇部は、山口宇部空港から15分かからず、バス料金も300円かからないのが良いね。

トータルで16,535円。だいぶセーブできた。

※先月の2泊3日の釧路旅行も大体これくらいに収めた。

分類細目費用
飛行機ANA693
ANA3814
宿泊ANAクラウンプラザホテル宇部
飲食三代目YUTAKA900円
味遊4,490円
三代目YUTAKA760円
呑兵衛4,785円
ワンファイブ2,610円
交通電車850円
バス250円
バス250円
バス220円
バス140円
バス140円
バス290円
電車850円
合計16,535円
ABOUT ME
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です