※当サイトはプロモーションを含みます。

ANA特典航空券

函館1泊2日旅行 (前編) nimocaルートを再開通させて、谷地頭温泉近くの「江戸松」で晩飯

こんにちは。

ポイントとマイルを貯めてあちこち旅行するのが好きな、jun(@odakyu_de_go)と申します。

  • ANA VISA nimocaカードの有効期限が切れて、nimocaルートが使えない。
  • コンフォートホテルで利用できる「グリーンズ」の株主優待券が2月末で期限が切れる。

という状況だったため、

『「nimocaルート再開通手続き」を行うために、コンフォートホテルに泊まる1泊2日の函館旅行』

を計画。

「トクたびマイル」で羽田-函館が出たタイミングで実行してきました。

期間:2024年2月6日(火)~7日(水)

函館旅行前の準備

飛行機の手配

1/31に「トクたびマイル」で以下の便を予約。

日付便名スケジュール
2/6ANA553羽田 9:40 – 函館 11:00
2/7ANA4760函館 16:45 – 羽田 18:10

「トクたびマイル」でいつでも飛べるように、普段から一定数マイル貯めておくの大事。

ホテルの手配

公式サイトからコンフォートホテル函館を予約。1泊5,900円。

忘れないように、「グリーンズ」の株主優待券を財布に入れておく。

レストランの予約

初日の昼飯として、函館ローカルの回転寿司「函まるずし 漁火通店」を予約。モッピー経由のホットペッパーグルメから予約。これで150円くらい得する。

初日の晩飯として、谷地頭温泉近くの「寿司江戸松」を予約。

前日は大雪

前日、東京は大雪だったので時間に余裕を持って出かける。

小田急線は通常通りの運行だった。

大雪の翌日の小田急線

ANA Pocketアプリを立ち上げて、今回の旅行でコンプリートできそうな案件をセット。

こちらの招待リンクからANA Pocketに登録すると、5,000ポイント獲得できるので、良かったらどうぞ。

ANA Pocket -移動ポイント・歩いて貯まるポイント

ANA Pocket -移動ポイント・歩いて貯まるポイント
開発元:ANA X Inc.
無料
posted withアプリーチ

ANA553便で函館空港へ

機材の到着遅れで約30分遅れの出発。機内では寝ていた。

到着間際。函館山とちょうど反対側から「くびれ」を見ることができた。

大雪の翌日の小田急線

函館ローカルの回転寿司の「函まるずし」へ

30分も遅く到着したので、(乗る予定だった)「函まるずし」に一番近いバス停に停まるバスには乗れず。

予定とは違うバスに乗車して、「競輪場通」というところで下車。

店に向かう途中、海岸近くに行けるところがあった。

大雪の翌日の小田急線

津軽海峡。下北半島もうっすら見ることができる。

大雪の翌日の小田急線

10分くらい歩いて、12:30前に「函まるずし 漁火通店」に到着。

大雪の翌日の小田急線

回転寿司経験がほとんどない私。メニューをじっくり見て、以下を注文。

  • イカのミミ(110円)
  • 貝3種(ホタテ、白ツブ、赤貝、319円)
  • エビ3種(甘エビ、ボイルしたエビ、赤えび、264円)
  • いくら軍艦(264円)

函まるずし 函館漁火通店のイカのミミ

函まるずし 函館漁火通店の貝3種

函まるずし 函館漁火通店のエビ3種

函まるずし 函館漁火通店のイクラ軍艦

「映え」のために水でも吹きかけてあるのか、ちょっと水っぽいけど、この金額なら満足かな。

この後頼んだアジは水っぽすぎてダメだったけど。

茶碗蒸しも頼んだけど、こちらも頼まなくて良かった。

最後に動画目的で姿やりいか(110円)を注文。鮮度の良さは凄いと思った。

トータルで1,441円だったが、ホットペッパーグルメに載っていた5%OFFのクーポンとアプリ登録による50円割引特典を使って、1,369円。モッピーから後で145円分のポイントも貰えるから実質1,224円だね。

モッピーのホットペッパーグルメ案件

※なお、この記事の末尾に今回の旅行でかかった費用をまとめてある。

コンフォートホテル函館にチェックイン

バスで函館駅前に。

14:15くらいにコンフォートホテル函館にチェックイン。グリーンズの株主優待券を4枚使用したら、「今月から5枚まで使用できるようになりました」と。もう一枚持ってくれば良かった!

※グリーンズの株主優待券はメルカリで安く入手できる。詳しくはこちら

コンフォートホテル函館のダブルエコノミー1

コンフォートホテル函館のダブルエコノミー2

コンフォートホテル函館のダブルエコノミー3

コンフォートホテル函館のダブルエコノミーの浴室

部屋からの眺め。

奥に冠雪した山が見えるね。

コンフォートホテル函館からの眺め

「nimocaの発行替え」の手続きを行う

さて、早速、nimocaの発行替えの手続きをしてこよう。

函館駅前のバスロータリーに面した営業所へ。

函館駅前の函館バスの営業所

スタッフに新旧ANA VISA nimocaカードを渡して、本人確認書類を見せると1分程度で手続きは完了。これでnimocaもnimocaルートも復活だ!

このポイント交換機も久しぶりに見たね。

函館駅前の函館バスの営業所のポイント交換機

函館駅に行ってみる。JRと第3セクターの道南いさりび鉄道が乗り入れているが、駅ではKitacaもSuicaも使えないという・・・笑

※あとで知ったが、2024年の3月から函館駅でも交通系ICが使えるようになるらしい。

JR北海道は13日、交通系ICカード「Kitaca(キタカ)」の利用可能区間を2024年3月に拡大すると発表した。新たに対象となるのは函館線の岩見沢―旭川間(14駅)と新函館北斗―函館間(6駅)。キタカのほか、JR東日本の「Suica(スイカ)」など他の交通系ICカードも利用できる。

JR北海道、函館でも交通系IC利用可能に 24年3月から – 日本経済新聞

ホテルに戻る途中に「ハセガワストア」を見つけた。

函館駅近くのハセガワストア

店内に入ると肉を焼くいい匂い。サッポロクラシックの値段が204円でこの後行ったセブンイレブンより6円安かった。あと、レジ袋が無料だった。

谷地頭温泉へ

さて、市電で谷地頭まで行って、温泉に浸かってこよう。

谷地頭温泉備え付けのボディソープ、シャンプーがないということで、いつも携行しているアメニティとタオルを持参。

ホテル前の電停に行くと、夜景を見に行く人達だろうか、多くの外国人観光客が並んでいた。ほとんどの人は「十字街」で降りていった。

外国人観光客がたくさん並んでいる函館市電

一駅分歩くために、終点=谷地頭の手前の青柳町で降りる。

函館市電の青柳町駅から

凍っちゃうんだね。

函館市電の青柳町駅近くの水道管凍結

谷地頭駅がある交差点はすり鉢の底になっていて、東西南北どっち向いても緩やかな登り坂になっている。

※2015年に放送された『ブラタモリ』函館編で知った知識です・・・笑

すり鉢の底になっている函館市電の谷地頭駅

17:00に谷地頭温泉に。

谷地頭温泉の外観1

谷地頭温泉の外観2

入浴料は460円は安いね。

脱衣場からしてすごく広い。

天井の高い大浴場は洗い場が80くらいある超大箱。でも利用してるのは2,3割かな。

洗い場の給湯施設はかなり古くて使い勝手悪いが、まあ仕方ない。オープンしたのは1953年というからね。

谷地頭温泉というだけあって、お湯は温泉。鉄分を含んで茶褐色。源泉かけ流しだそうだ。

内湯は温度違いで3つある。

五稜郭の形をした露天風呂も。

あと、遠赤外線のサウナもあるのが嬉しい。湿度の関係だろうか、90度くらいのこのサウナがめっちゃ効く。

5分もたたずに大量発汗。

水風呂に入ろうと思ったが、信じられないくらい冷たい。外気温で相当冷やされているようだ。水風呂はやめておいた。

寿司屋の予約時間が迫ってきたのでサウナは1回で終了。

なお、今日は休みだったが、1階には食堂もあった。

谷地頭温泉の食堂

谷地頭温泉の食堂のメニュー

「江戸松」で晩飯

灯りの少ない夜道。アイスバーンになってる場所もあるから慎重に歩く。

谷地頭温泉近くの薄暗い夜道

18:25に「江戸松」に。

谷地頭の江戸松の外観

客は私一人だった。

まずは瓶ビールを。エビスだった。

谷地頭の江戸松の瓶ビール

ビールに合わせたいのでまず最初に穴子をお願いした。

普通は1貫だけみたいだが、「わざわざ遠くから来ていただいたので」ということで2貫いただけた。

谷地頭の江戸松の煮穴子

肉厚でふっくら。ツメも美味しい。大きいけど一口でいけちゃう。

こういう肉厚の穴子はなかなか手に入らないそうだ。

このあと、日本酒。熱燗はしてないとのこと。「江戸松」というこの店の名がつけられた日本酒を。1合800円。

さて握り。一番高い啄木10貫(3,800円)と特上(9貫、2,700円)の違いを聞く。特上にしておいた。

うんまいね。昼間回転寿司に行ったからこそ違いが分かる。ウニの量は少なかったが、質のいいウニだった。

谷地頭の江戸松の特上

数の子から正月料理の話に。大将の家では毎年、鯨で出汁を取った汁を作るらしい。年末年始にここに来ると無料で振る舞ってくれるそうだ。

コロナ後、かなり客層が変わっちゃったとのことだった。

以前来られてた常連さん(お医者さんや学校の先生なんか)が来ることがほぼなくなったらしい。

代わりに日本人、外国人問わず観光客が増えたとのこと。一人で海外から来られて食べていく観光客に対して、「行動力と勇気がすごい」と感心しておられた。

19:45くらいに退店。料金は6,150円。

ホテルに帰り、就寝

誰もいない谷地頭駅。その待合所。

夜の谷地頭駅1

夜の谷地頭駅の待合所

駅前に戻る。これらは「函館の夜景」の光源の一部よね。

函館の夜景の光源

節分の残り物とANAラウンジで貰ったおかきをつまみにサッポロクラシックで一杯。

サッポロクラシック

続きは以下をご覧下さい。

ABOUT ME
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です