旅行記

バンコク3泊4日旅行記 (4) ラチャダー鉄道市場で晩飯を食べた後、パッポンへ

タラートロットファイ・ラチャダー ナイトマーケット

バンコク3泊4日旅行記の「(4) ラチャダー鉄道市場で晩飯を食べた後、パッポンへ」です。

前後の旅行記もあわせてご覧ください。

部屋でダラダラ

部屋に戻ると、清掃済み。

枕の使用状況から、枕の配分を変えてくれていた。ナイスだ(笑)

バンコクマリオットホテルスクンビットの枕の配分

目覚ましから抜いた電池が元に戻されていたw

2時間くらい、部屋でメール書いたり、今日の旅行記を書いたり。

晩飯はタイランド カルチュラル センター駅近くの「ラチャダー鉄道市場」というナイトマーケットで食べることにする。

ナイトマーケット隣の「ESPLANADE」というショッピングセンターの駐車場からナイトマーケットを眺めると、屋根がカラフルでインスタ映えするらしい(笑)

タクシーで行っても混むみたいなので、電車を利用することにした。

タイランド カルチュラル センター駅へ

20時にホテルを出る。

ホテルの前には、こんな日本人向けの店が軒を連ねている。

日本語の看板の店

BTSでトンロー駅からアソーク駅へ。

4年前は政権批判のデモが行われていたアソーク交差点だ。懐かしい。

アソーク交差点

アソーク駅でMRTに乗り換える。

きっぷはトークンだ。また、仮想通貨を思い出してしまった(笑)

バンコクのMRTのトークン

ラチャダー鉄道市場

タイランド カルチュラル センター駅からは、人の流れに乗っていけばナイトマーケットに行けるだろう、と思っていた。

駅前の通りには出店がたくさん。

タイランド カルチュラル センター駅近くの出店1

タイに来るとお祭り気分になるのだが、その気分は、こういう道端の出店によって醸成されているのだな、と思った。しかし、ここも電線の数が凄い。

タイランド カルチュラル センター駅近くの出店2

さて、予想は外れて全く反対方向に進んでいた。人の流れは、ビッグCが目当てのようだった。

今来た道を引き返し、「ESPLANADE」というショッピングセンターを右に曲がると、ナイトマーケット会場だ。

タイランド カルチュラル センター駅近くのESPLANADE

ラチャダー鉄道市場に続く道

この「ラチャダー鉄道市場」は、国鉄の倉庫の跡地を活用して、3年前にオープンしたらしい。

ラチャダー鉄道市場1

ラチャダー鉄道市場2

ライブが行われているレストラン。

ラチャダー鉄道市場3

賑わっている。

ラチャダー鉄道市場4

カラフルな寿司。

ラチャダー鉄道市場5

焼き魚。

ラチャダー鉄道市場6

この中で一人で飯食うの辛いな・・・笑

ラチャダー鉄道市場7

ラチャダー鉄道市場8

飲食エリアの奥に行くと雑貨エリアがあり、その奥にバーエリア。バーエリアは音楽がんがんで盛り上がってる。

ラチャダー鉄道市場9

ラチャダー鉄道市場10

ラチャダー鉄道市場11

一周して、ココナッツジュース飲みながら、晩飯を物色。

ココナッツジュース

無難なチキンと豚串を買って、チャーンのお供に。

タラートロットファイ・ラチャダー ナイトマーケット12

タラートロットファイ・ラチャダー ナイトマーケット13

合計で40バーツ(1バーツ=3.5円くらい)のツマミだが、旨いよ。

タラートロットファイ・ラチャダー ナイトマーケット14

食べ終わった後、雑貨エリアも覗いてみる。

スマホケースとか服とか売ってるエリアに、突然、床屋が現れた(笑)落ちた髪が汚ねぇ(笑)

ラチャダー鉄道市場の床屋

ネイルサロンやマツエクの店もあった(笑)

ラチャダー鉄道市場のネイル屋

ナイトマーケットの参加者を見ると、20代から30代が多い感じだね。

もう一杯飲みたかったので、バーエリアの店に入店。

ポークヌードル(80バーツ)を頼んだ。

ラチャダー鉄道市場のポークヌードル1

細いビーフンのヌードル。これはそれなりの味かな。

ラチャダー鉄道市場のポークヌードル2

飲んでいると、一瞬今どこにいるのか分からなくなる時がある。

コインチェックをチェックしたら、タクシー運転手にぼられた300円が目じゃないほどぼられてて我に返ったwww

Coincheckの仮想通貨相場

このバーで30分くらいまったりした。

この後、パッポンにあるオール日本人キャストというキャバクラに行ってみよう。さらにぼったくられないか、心配だが・・・

そういえば、「映える」写真撮り損ねた・・・

パッポンへ

タイランド カルチュラル センター駅近くで流しのタクシーを拾う。

「メーター使って」と言ったら、すぐ付けてくれた。

良心的な人だった

バンコクの中心部はめっちゃ混んでる。

23時過ぎにポッポンナイトマーケットの前で下車。

ちょっと見物。

パッポンナイトマーケット1

パッポンナイトマーケット2

バンコクにあるオール日本人キャストのキャバクラ

目当ての店発見。

パッポンのエンペラークラブ

いざ入店。

感じの良い接客で迎え入れられる。

入口付近で二人の女の子と挨拶したけど、どちらも可愛らしかった。

広めのテーブルについて、料金やシステムの説明を受ける。普通は自動延長らしいが、心配なので延長のタイミングで声がけをお願いした。

異国の地のキャバクラは初めてなので、緊張の面持ちの私。

初めに付いてくれた人は、バンコクに来て3ヶ月という人。19歳のときに美容のアフィリエイトをやっていたらしい(笑)

2人目の人は、ここに来て一ヶ月。バンコクに来る前は、宮古島でリゾートバイトをしてたらしいが、宮古島の気温が20度を切ったので、ここに来たらしい(爆笑)
友達も来てくれたので、久し振りにおしゃべりしながらショッピングを楽しんだと言ってた。

3人目の人は、まだ半月らしいが、アユタヤ行ったり、ホアヒン行ったり、一人旅を楽しんでいる人だった。

4人目の人は、なんと、2人目の人と一緒に宮古島でリゾートバイトしていた人だった。話が繋がった(笑)

5人目の人は、ここで働き始めてまだ3日とのことだが、在タイ歴5年とのこと。かわいらしいし、いろいろ興味深い話が聞けそうなので、指名させてもらった。そして、明日一緒にご飯を食べる約束も取り付ける。お店選びはお願いすることに。

結局、延長して、2時間半くらいいたな。

帰りは、タイ人のスタッフにタクシーを呼んでもらう。

2時過ぎにホテルに到着。ホテルすぐ近くのコンビニにビールを買いに行ったが、この時間は買えなかった。そういえば、そういうルールだったなぁ。

目覚ましから電池を抜いて、2時半に就寝。

翌日の旅行記は以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。