全日空(NH)

高知・高松2泊3日旅行記 (1) 「ひろめ市場」の休館日に当たるものの、「明神丸」大橋通店でカツオのたたきを食べ、高知城を見学

高知のひろめ市場の休館日

今回は高知1泊・高松1泊の2泊3日旅行。

日程は2016年9月14日(水)~9月16日(金)。

今回の旅の目的は主に3つ。

  • 初高知を楽しむ。
  • 高知→高松の土讃線の旅が楽しそう。
  • 高松の女の子の一ヶ月早い誕生日を祝おう。

行きの羽田-高知便(ANA563便)は特典航空券で取れたが、帰りの高松-羽田便(ANA540便)は特典航空券で取れなかった。

普通にお金出して買おうとしたところ、プレミアムクラスは空いているが普通席は空いていない。仕方なくプレミアムクラスを購入。ANAマイルをANA SKY コインに換えて支払った。

マイルの貯め方は以下を参照。

ANAの羽田-高知便には8:00出発の便と11:05出発の便があった。初高知を目一杯楽しむには8:00の便がいいが、早起きが辛いので、11:05発の便にした。

ANA563便で高知空港へ

9:00に東京無線タクシーに迎えに来てもらい、羽田空港へ向かう。

空港に向かう途中で、前日申し込んだエムアイカードの審査通過の連絡が来た

9:50頃、羽田空港に到着。ヨックモックでおみやげを買い、ANA PREMIUM CHECK-INに。

羽田空港のANA PREMIUM CHECK-IN

イセタン羽田ストアにおしゃれなシャツが売っていたが、サイズが合わなかった。今回は間に合わなかったが、次回以降はエムアイカードでポイントを貯められる。

羽田空港のイセタン羽田ストア

羽田空港、ポケストップはいっぱいあるのだが、ポケモンが皆無だった(ルアーモジュールを張ってある所以外は)。規制されているのかな。

羽田空港のポケモン状況

11:05発のANA563便に搭乗。

ANA563便の普通席

窓側席だったが、雨雲に覆われて景色は楽しめず。音楽聴きながら寝ていた。

雨の高知龍馬空港にランディング。

雨の高知空港

高知空港からシャトルバスで堺町へ

坂本龍馬像はポケストップにもなっていた。

高知空港の坂本龍馬像

シャトルバスに乗る。はりまや橋・県庁前まで720円。

高知空港からはりまや橋・県庁前までのシャトルバスの運賃

はりまや橋で降りそこねて、堺町というところで下車。

リッチモンドホテル高知にチェックイン

大通り(国道32号線)の反対側に、宿泊する「リッチモンドホテル高知」が見えたのでちょうどよかった。

リッチモンドホテル高知(遠景)

近くにセブンイレブンを発見。よかった。今日が期限の納付書とnanacoカードを持ってきていたのだ。

セブンイレブン高知本町1丁目店

nanacoを使うと、税金や保険料も間接的にクレジットカード払いができて、ANAマイルを貯められる。その具体的な方法については以下を参考にしてください。

路面電車が走ってる街好きよ。

高知市の路面電車

Google Mapsを頼りにリッチモンドホテル高知に向かう。

どうも、この帯屋町というアーケード街の中にあるようだ。熊本のリッチモンドホテルもアーケード街の中にあったね。

高知市の帯屋町アーケード1

あった。

リッチモンドホテル高知外観

今回はふるさと納税の宿泊クーポンを使っているので、13,300円という高い部屋を予約しているが、支払いはわずか1,550円。

部屋は6階のハリウッドツイン。

リッチモンドホテル高知のハリウッドツイン1

リッチモンドホテル高知のハリウッドツイン2

リッチモンドホテル高知のハリウッドツイン3

街中にあるので窓からの景色はこんな感じ。

リッチモンドホテル高知のハリウッドツイン4

年に5回の「ひろめ市場」の休館日に当たる

14時前にホテルを出て、昼間から酔客で盛り上がっているらしい「ひろめ市場」の方に向かう。

ホテル裏手にはこんな感じの飲み屋街が広がっていて、いい感じである。なお、看板が見える「たに志」には深夜伺うことになる。

高知のおびや町小路

ホテル裏通りはこんな感じの夜の繁華街になっている。

高知の夜の繁華街

アーケード街に戻って、ひろめ市場に向かう。

高知の帯屋町アーケード2

ひろめ市場に到着したのだが・・・えっ、休館日!?

観光名所なのにそんなのあるの???

ひろめ市場休館日

「明神丸」大橋通店でカツオのたたきを食べる

しばし立ち尽くして、昼飯場所を再サーチ。

藁焼き鰹たたきの「明神丸」帯屋町店に行こうかと思ったが、ランチは14時終わりだそうだ。

物販メインでイートインコーナーが5-6席あるだけの「明神丸」大橋通店に。

明神丸大橋通店の外観

ひろめ市場の休館日を調べたら、元旦を除くと、1月20日、5月18日・19日、そして、9月14日だった。

実質年に4回の休館日に当たるとは!

以前、初めて松山の道後温泉に行ったときは年に1回の休館日にぶち当たったし、俺悪運持ってるw

カツオのたたき丼。734円。さすがの旨さだった。

明神丸大橋通店のカツオのたたき丼

隣で食べてた男性もひろめ市場&明神丸帯屋町店に振られた人だった。クルーズ船「飛鳥」で高知に降り立った人らしい。忙しそうだった(苦笑)

ひろめ市場に面する南北の通りを見ると、どちらも下り坂になっていた。写真は北側。

ひろめ市場前の通りの坂道

「スーパー地形」で高低差の断面図を作成。ひろめ市場とそのすぐ西側にある高知城は川に挟まれた土地にあるんだね。

ひろめ市場前の通りの高低差

後日調べたら、築城当時は、2つの川に挟まれているので「河中山城(こうちやまじょう)」と呼ばれていたらしい。以下の事情で「高知城」になったようだ。

2代藩主の忠義(ただよし)は、水害が繰り返されることから「河中」の文字を忌み嫌い、高智山城と改名した。のちに省略して高知城、地名も高知と呼ぶようになる。

高知城(こうちじょう)とは – コトバンク

ここで、最近iPad miniを手に入れた母親からいきなりFaceTimeかかってきてビビったw

高知城へ向かう。

高知城

ひろめ市場から高知城まではすぐ。

高知城の豪壮な追手門。江戸時代からの現存だそうだ。

高知城の追手門1

高知城の追手門2

なお、追手門から東に伸びるこの道路上で有名な「日曜市」が行われるらしい。

高知城の追手門前の日曜市の通り

高知県出身の「板垣退助先生像」。題字は吉田茂だった。

高知城の板垣退助先生像

高知城内の史跡にポケストップが設定されていて、近くまで行かなくても何の史跡か分かる。ポケモンGO優秀(笑)

高知城内のポケストップ

高知城を攻略。

高知城の階段1

高知城の階段2

高知城の天守閣1

高知城天守・懐徳館(本丸御殿)に到達。

高知城の天守閣2

入場券420円を買って中へ。

高知城の本丸御殿は江戸時代から現存する日本唯一の遺構だそうだ。

波の透かし彫の欄間。

高知城の波の透かし彫の欄間

竹の節の欄間。

高知城の竹の節欄間

武者隠し。

高知城の武者隠し

天守閣へ。現存12天守の一つ。

高知城の木組み

関ヶ原の戦の功で遠州掛川(今の静岡県掛川市)6万石から土佐24万石に封じられた山内一豊。「関ケ原合戦図屏風」(彦根城博物館所蔵)の山内一豊隊を紹介した展示があった。

関ケ原合戦図屏風

山内家の家紋の「土佐柏」。土佐出身の岩崎弥太郎が興した三菱グループの商標「スリーダイヤ」のデザインのモチーフにもなっているとのこと。

関ケ原合戦図屏風の山内一豊隊

天守閣最上階からの眺め。

高知城天守閣最上階からの眺め1

南側。

高知城天守閣最上階からの眺め2

こんな注意書きが。風が心地よく、確かに昼寝したくなる気持ちもわかる。

高知城天守閣最上階の注意書き

帰りに道に見かけた「忍返」(しのびがえし)。忍返が現存しているのは高知城だけとのこと。

高知城天守閣の忍返

坂本龍馬の生誕地

高知城を後にする。タクシーを拾い、坂本龍馬の生誕地に行ってもらう。国道32号線の道端にあった。

坂本龍馬生誕地の碑

タクシー運転手によると、この辺りは空襲に遭ったらしい。一方、田舎の方にある武市半平太の生家は残っているようだ。ここが空襲受けたのに至近の高知城が無事だったというのが不思議だ。

なお、この題字も吉田茂とのこと。吉田茂は東京生まれ、神奈川の大磯育ちだが、父親で自由民権運動家だった竹内綱が高知県宿毛出身らしい。

碑の前のベンチで運転手に記念撮影してもらった。

坂本龍馬生誕地の碑の前のベンチ

百々越前の邸宅跡

高知城を築城した百々越前(どどえちぜん)の邸宅跡が近くにあるらしいので向かってもらった。ただ、タクシー運転手も正確には場所を把握してなかったようで、近くの薬局で聞き込み調査していた。

越前町の一画にあった。

百々越前邸跡

百々越前が慶長16年(1611年)に完成させた高知城は、享保12年(1727年)の大火によって、追手門以外ほとんど焼失してしまったようだ。火事がなかったら恐らく国宝指定を受けていたんだろうね。

只今の時刻は17:20。晩飯時間は19時なのでもうホテルに帰ることにした。

旅行時は、ベッドに寝ながらでもiPhone充電できる、長めのライトニングUSBケーブルが便利よね。

長いライトニングUSBケーブル

続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

POSTED COMMENT

  1. アバター はまえろ より:

    はまえろです。
    ご無沙汰してます。
    丸亀城、いらしてたのですね。
    自分が通ってた高校が城の裏手(南側)にあって、
    毎日お堀を眺めながら通学してました。
    こちらの近況ですが、
    最近はほとんど関東にも行かず、
    四国に引き篭もってます。
    またこちらに来られる機会がございましたらご連絡ください。
    地元民しか行かないうどん屋とか魚市場は案内できると思います。

  2. sfc-monk sfc-monk より:

    おおー、はまえろさん、お久しぶりです。
    丸亀は、はまえろさんのお膝元でしたか。
    素敵な環境で学ばれてたんですね。
    今度ぜひ案内してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。