全日空(NH)

【プレミアムクラス】ANAのプレミアムクラスに搭乗するとどんなメリットがあるのか紹介

ANAに乗ったことがある人なら「プレミアムクラス」って言葉を見たり聞いたりしたことがあるでしょう。

普通席で空席照会するときにも「プレミアムクラス◯◯円から」って表示されますし、搭乗口でも「本日プレミアムクラスご利用のお客様は優先搭乗をご利用いただけます」とアナウンスされますからね。

ANAのプレミアムクラス運賃

普通席よりも割高なプレミアムクラスでは、どんなサービスが受けられるのでしょうか?

もちろん、ANAの公式サイトを見れば、そのサービスを確認できます。

参考:プレミアムクラス ~チェックインからご搭乗まで~|ANA

ここでは、利用者の立場から、公式サイトでは伺いしれない側面を紹介したいと思います。

「搭乗前」「搭乗中」「搭乗後」に分けて、紹介しますね。

【搭乗前】ANAプレミアムクラスのメリット

プレミアムチェックインカウンターが使える

まず、プレミアムチェックインカウンターが使えます。

宮崎空港のANAプレミアムチェックインカウンター

利用できるのは、

  • プレミアムクラス搭乗客
  • ANAのステータスホルダー
  • (ANAが加盟している)スターアライアンスの上級会員ステータスを持っている方

となっています。

それ以外の一般の搭乗客は利用できません。

利用者が限られているため、プレミアムチェックインカウンターは、ほぼ空いています。

プレミアムチェックインカウンターが効果を発揮するのは、朝夕の混雑時やゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの繁忙期です。

以下の写真は、2016年7月9日の那覇空港の写真です。

那覇空港のANAプレミアムチェックインカウンター

台風の接近に伴い、臨時便への振替客が多く、那覇空港が大混雑している日でした。

そんな時でもプレミアムチェックインカウンターは空いていて、ほぼ待つことなく、荷物を預けられました。

写真の奥に見えるのが一般のカウンター。

若干の罪悪感すら感じます・・・

また、以下の写真は、2016年3月21日の新千歳空港の写真です。

(春分の日を含む)3連休で一般のチェックインカウンターは激混みでしたが、プレミアムチェックインカウンターは空いていました。

家族旅行で新千歳空港のプレミアムチェックイン

なお、羽田空港には、「ANA PREMIUM CHECK-IN」という独立したプレアムチェックインカウンターが用意されています。

自動ドアの先のスペースで、ANA独特のいい匂いをかぎながら(笑)、チェックインが行なえます。

羽田空港のANA PREMIUM CHECK-IN

専用の保安検査場を利用できる

チェックインがスムーズに行えても、その先の保安検査場が混んでいるときがありますね。

羽田空港の一般の保安検査場の混雑

プレミアムクラスのメリットその2は、専用保安検査場へのアクセスです。

羽田空港、新千歳空港、大阪伊丹空港、福岡空港、那覇空港には、プレミアムクラス搭乗者およびステータスホルダー限定の保安検査場が用意されています。

それ以外の一般の搭乗客は利用できません。

利用者が限られているため、専用保安検査場もスムーズに通過することができます。

以下は2015年12月に利用した那覇空港の専用保安検査場です。

那覇空港のANA専用保安検査場

羽田空港の場合、「ANA PREMIUM CHECK-IN」という独立したプレアムチェックインカウンターの先に、専用の保安検査場があり、その先にANA LOUNGEが配置されています。

完璧な動線です。

ANA LOUNGEが利用できる

プレミアムクラス利用者は、以下の空港に設置されているANA LOUNGE(佐賀空港のみ有料待合室)を利用できます。

同行者1名も無料で同伴できます。

空港ラウンジ
羽田空港ANA LOUNGE(本館南)
ANA LOUNGE(本館北)
新千歳空港ANA LOUNGE
仙台空港ANA LOUNGE
小松空港ANA LOUNGE
伊丹空港ANA LOUNGE
関西空港ANA LOUNGE
岡山空港ANA LOUNGE
広島空港ANA LOUNGE
松山空港ANA LOUNGE
福岡空港ANA LOUNGE
熊本空港ANA LOUNGE
鹿児島空港ANA LOUNGE
那覇空港ANA LOUNGE
佐賀空港有料待合室

以下は、羽田空港の本館北のANA LOUNGEです。

羽田空港のANA LOUNGE(本館北)のソファ席

ちょっと早めに空港に着いちゃったときは、ソファ席でのんびりしたり、パソコン仕事をしたり、スマホを充電しながら一服したりしてます。

羽田空港のANAラウンジで野菜ジュース

羽田空港のANA LOUNGEには、日本酒サーバーやビールサーバー、焼酎の用意もあるので酒注入も可能です。

羽田空港のANA LOUNGE(本館北)の日本酒

ただ、せっかくプレミアムクラスに乗るのであれば、機内ではもっと旨い酒が飲めるので、ラウンジでの飲酒は程々に。

羽田空港にあるラウンジを詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

【搭乗中】ANAプレミアムクラスのメリット

飛行機に優先搭乗できる

ANA国内線の搭乗の順番は、

事前改札サービス

グループ1

グループ2

グループ3、4

の順番です。

「事前改札サービス」とは、車いすを利用している方、2歳以下の小さなお子さんを連れている方、介助が必要な方などを対象とした最優先搭乗サービスです。

次に、グループ1、グループ2、グループ3、グループ4の順番に搭乗が行われます。

ANAの優先搭乗の順番

ANAのプレミアムクラス搭乗者は、「グループ2」として優先搭乗できますよ。

優先搭乗できると、

  • ボーディングブリッジ、機内の渋滞に巻き込まれない。
  • 手荷物をより近場に収納できる。

といったメリットがありますよ。

以下の記事もあわせてご覧ください。

シート(座席)が快適

私的には、これが一番のメリットでしょうか。

ANAプレミアムクラス搭乗者は、機内前方にある、特別な座席を利用できます。

こんな座席ですね。

ANA87便プレミアムクラスの1K座席

機材によってシートは異なるのですが、基本的に、以下の特徴を持ちます。

  • 前後の座席間隔が広い。
  • 座席幅が広い。
  • 深いリクライニングが可能。
  • パソコン用電源付き。
  • USBポート付き。
  • パーソナルライト付き。

前後の座席間隔が広いので足も伸ばせますし、座席幅が広く、パーソナルスペースが確保されているので、隣の人と肘当ての奪い合いにもなりません(笑)

また、後ろの人を気にせず、リクライニングすること可能です。

たまに、以下のような、モニター付きの国際線ビジネスクラス仕様のシートに当たることもあります。

ANA641便のANA BUSINESS CRADLE

ANA641便のANA BUSINESS CRADLE

アメニティが用意される

プレミアムクラスには、アメニティも用意されています。

前方のポケットに、

  • スリッパ
  • ヘッドフォン

がデフォルトで用意されています。

家の中で靴を脱ぐ習慣がある人にとっては、機内で靴が脱げると楽ですね。

マイイヤホンを持ち歩いているので、ヘッドフォンは使いません。

CAさんによる個別の挨拶がある

これは気恥ずかしい人もいるでしょうが、プレミアムクラスに搭乗すると、CAさんから直々に挨拶があります。

その際に、「新聞のご用意がある」と勧められますよ。

新聞を読む習慣がある人にはありがたいですね。

機内食と飲み物の用意がある

プレミアムクラスに搭乗すると、離陸後30分程度から機内食が提供されます。

1列目から順に提供されます。

出発時間によって、以下のようになっています。

時間帯食事
10:29までの出発便Premium GOZEN(朝食)
10:30-13:29の出発便Premium GOZEN(昼食)
13:30-16:30の出発便Premium SABO(軽食)
17:00以降の出発便Premium GOZEN(夕食)

以下は、11時25分発のANA471便(HND-OKA)に乗ったときの機内食ですね。

ANA471便(羽田-那覇)プレミアムクラスの機内食1

ANA471便(羽田-那覇)プレミアムクラスの機内食2

ANA471便(羽田-那覇)プレミアムクラスの機内食3

ANA471便(羽田-那覇)プレミアムクラスの機内食4

和食は有名な料亭プロデュース、洋食は有名レストランのプロデュースのものなので、お腹空いているときに食べるとなかなかいけますよ。

表現が微妙なのは、私は渡航先で飯を食べるのが好きだからですね(笑)

Premium GOZEN、Premium SABO抜きにしたら1,000マイル還元みたいなサービスがあったら歓迎なんですけどね(笑)

どうですか、ANAさん?

私はシャンパン好きなので、シャンパンを楽しめるのもいいですね。

以下は、ANA473便(HND-OKA)に搭乗した時の写真です。

ANA473便プレミアムクラスのシャンパン

ちなみに、羽田-伊丹・新千歳・福岡・那覇の便にはシャンパンが提供されるのに対し、その他の路線はスパークリングワインが提供されるらしいですよ・・・

まっさきに飛行機から降りられる

目的地到着後は、前方のプレミアムクラスから順に降機となります。

よって、最優先に降りることができ、寄託手荷物がなければ最速でタクシーやバスに乗ることができます。

まぁ、寄託手荷物があれば急いで降りても一緒ですけどね(笑)

【搭乗後】ANAプレミアムクラスのメリット

寄託手荷物が優先で返される

荷物受け取りでは、優先搭乗と同じ順番で寄託手荷物が返却されます。

事前改札サービス

グループ1

グループ2

グループ3、4

よって、プレミアムクラス搭乗者が預けた荷物は比較的早く返却されます。

荷物をサクッと取って、次の行動に移れますよ。

プレミアムポイントがより多く貯まる

プレミアムクラスに搭乗すると、プレミアムポイントがより多く貯まります。

プレミアムポイントの計算式は以下のようになっています。

プレミアムポイントの計算式

プレミアムクラスは、上の計算式の内の「予約クラス・運賃種別ごとの積算率」が通常より高く、「搭乗ポイント」も400ポイント加算されます。

スーパーフライヤーズカードを狙うSFC修行にも役立ちますね。

ANAプレミアムクラスのメリットまとめ

以上、「搭乗前」「搭乗中」「搭乗後」のメリットを紹介してきました。

私が一番メリットを感じるのは、やはり、シートですね。

比較的長時間機内に閉じ込められる、羽田-那覇・石垣・宮古などに乗るときは、プレミアムクラスに乗ることが多いです。

逆に言うと、羽田-伊丹・小松くらいの短距離路線なら、無理してプレミアムクラスに乗らなくていいかなという感じです。

【おまけ】ANAプレミアムクラスに無料で乗る方法

最後に、ANAプレミアムクラスに無料で乗る方法を紹介します。

ポイントサイトで稼いだポイントをANAマイルに交換する

私は陸マイラーです。

ポイントサイトで稼いだポイントを特別なルートを通じて、ANAマイルに交換して、年間数十万マイル貯めています。

ANAゴールドカードを持っていれば、ANAマイルを1.6倍の換算率でANA SKYコインに交換できます(下表参照)。

ANAマイルからANA SKYコインへの換算率

ポイントサイトでANAマイルを稼いで、そのマイルをANA SKYコインに換えれば、現金支出無しでプレミアムクラスに搭乗することも可能になります。

ポイントサイトでマイルを貯める方法については、以下の記事を参考にしてください。

ANAカードのキャンペーンで一気にANAマイルを稼ぐ

ANAカードの入会キャンペーンを利用すると、一気に数万マイルを稼ぐことができます。

がそれぞれキャンペーンを実施していますので、ご覧になってみてください(上のリンク先がキャンペーン紹介ページになっています)。

特に注目してほしいのは、ANA AMEXカードの入会キャンペーンですね。

アメックスの「紹介プログラム」を利用することで、獲得マイルを増やすことができます。

また、ダイナースクラブカード(プロパー)の入会キャンペーンも見逃せません。

ANAマイルを大量に獲得したら、それをANA SKYコインに交換すれば、プレミアムクラスに現金支出なしに搭乗することも可能になりますね。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは旅行記、搭乗記、ポイント・マイルの獲得方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。