アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスカードを「マイル」の観点から比較。カードごとの特徴を紹介。

アメリカン・エキスプレス・カード(以下アメックスカード)を「マイルを貯める」という観点から比較して、カードごとの特徴を紹介したいと思います。

アメックスカードは、全部で19種類ありますが、大きく分けて、以下の5系統に分けることができます。

  • プロパーカード
  • 航空会社との提携カード
  • ホテルとの提携カード
  • ビジネスカード
  • その他

各カードの特徴を、他のカードと比較しながら簡潔に紹介します。

プロパーカード

まず、プロパーカードです。

の5種類です。

この5種類のプロパーカードは、貯めたアメックスポイントを、以下の提携航空会社15社のマイルに交換することができます。

スターアライアンス 全日空(NH)、スカンジナビア航空(SK)、シンガポール航空(SQ)、タイ国際航空(TG)
ワンワールド フィンエアー(AY)、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、キャセイパシフィック航空(CX)、カタール航空(QR)
スカイチーム エールフランス(AF)-KLM(KL)、アリタリア-イタリア航空(AZ)、チャイナエアライン(CI)、中国南方航空(CZ)、デルタ航空(DL)
未加盟 エミレーツ航空(EK)、エティハド航空(EY)、ヴァージン・アトランティック航空(VS)

そして、カードによって、「マイル換算率」「マイル移行上限」が異なります。

アメックスカード

アメックスグリーンカード券面デザイン

年会費12,000円(+消費税)。

一番スタンダードなカードです。

基本的に、「100円=1ポイント」貯まります。

「メンバーシップ・リワード・プラス」(3,000円/年)に登録の上、ボーナスポイントプログラムに登録すると、以下の商品に関しては「100円=3ポイント」貯まります。

  • アマゾン
  • Yahoo!
  • JAL(国内線・国際線航空券、JALPAK国内・海外ツアー商品)
  • iTunes Store / App Store
  • HIS(海外商品)

そして、「メンバーシップ・リワード・プラス」(3,000円/年)に登録すると、マイル換算率がアップして、以下の換算率でマイルに交換できます。

  • ANAマイルへの換算に関しては、別途参加登録費(5,000円/年)が必要ですが、
    100円=1ポイント=1マイル
    ※年間40,000マイル上限
  • ANA以外の提携航空会社14社のマイルへの換算に関しては、
    100円=1ポイント=0.8マイル
    ※上限なし

まとめると、下表のようになります。

ANA ANA以外14社
1ポイント 1マイル 0.8マイル
参加費[税別] 年間5,000円 0円
移行上限 年間40,000マイル なし

ANAマイルに移行する場合と、それ以外の14社のマイルに移行する場合では、換算率がことなります。

また、移行上限にも違いがあります。

先取りして言うと、アメックスのプロパーカードは全て、ANAマイルへの移行に年間上限があります。

ANAアメックスカードANAアメックスゴールドANAアメックスプレミアムカードになると、ANAマイルへの移行が無制限になります。

アメックスゴールドカード

年会費29,000円(+消費税)。

アメックスゴールドカード券面デザイン

基本的に、「100円=1ポイント」貯まります。

「メンバーシップ・リワード・プラス」(3,000円/年)に登録の上、「ボーナスポイントプログラム」に登録すると、以下の商品に関しては「100円=3ポイント」貯まります。

  • アマゾン
  • Yahoo!
  • JAL(国内線・国際線航空券、JALPAK国内・海外ツアー商品)
  • iTunes Store / App Store
  • HIS(海外商品)

「メンバーシップ・リワード・プラス」(3,000円/年)に登録すると、マイル換算率がアップして、以下の換算率でマイルに交換できます。

  • ANAマイルへの換算に関しては、別途参加登録費(5,000円/年)が必要ですが、
    100円=1ポイント=1マイル
    ※年間40,000マイル上限
  • ANA以外の提携航空会社14社のマイルへの換算に関しては、
    100円=1ポイント=0.8マイル
    ※上限なし

まとめると、下表のようになります。

ANA ANA以外14社
1ポイント 1マイル 0.8マイル
参加費[税別] 年間5,000円 0円
移行上限 年間40,000マイル なし

アメックスゴールドカードには、海外航空便遅延費用補償が付きます。

また、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険の補償金額もアメックスカードより高くなっています。

アメックスカードとアメックスゴールドカードの年会費の違いは、主に海外旅行傷害保険の手厚さの違いです。

アメックスプラチナカード

年会費130,000円(+消費税)。

アメックスプラチナカード券面デザイン

以下の記事から「紹介」での入会も可能ですので、興味のある方は是非御覧ください。今なら、最大で70,000ポイントものボーナスポイントを獲得できます。

基本的に、「100円=1ポイント」貯まります。

アメックスプラチナカードについては、「メンバーシップ・リワード・プラス」に自動登録されています。追加の会費は不要です。

「ボーナスポイントプログラム」に登録すると、以下の商品に関しては「100円=3ポイント」貯まります。

  • アマゾン
  • Yahoo!
  • JAL(国内線・国際線航空券、JALPAK国内・海外ツアー商品)
  • iTunes Store / App Store
  • HIS(海外商品)

海外利用ボーナスポイントプログラムに登録すると、外貨建て決済でも「100円=3ポイント」になります。

「海外利用ボーナスポイントプログラム」は、ANAアメックスカードANAアメックスゴールドにはないサービスです。

マイル換算率は以下の通りです。アメックスカード、アメックスゴールドカードと同じです。

  • ANAマイルへの換算に関しては、別途参加登録費(5,000円/年)が必要ですが、
    100円=1ポイント=1マイル
    ※年間40,000マイル上限
  • ANA以外の提携航空会社14社のマイルへの換算に関しては、
    100円=1ポイント=0.8マイル
    ※上限なし

まとめると、下表のようになります。

ANA ANA以外14社
1ポイント 1マイル 0.8マイル
参加費[税別] 年間5,000円 0円
移行上限 年間40,000マイル なし

アメックスプラチナカードには、ホテル・メンバーシップというホテル上級会員資格が手に入る特典が付いています。

  • マリオットBONVOY
  • ヒルトン・オナーズ
  • シャングリ・ラ ゴールデンサークル
  • ラディソン・リワーズ

の上級会員資格が手に入ります。

さらに、ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)という、世界中の超高級ホテルで特典が受けられるプログラムもあります。

プライオリティ・パスの「プレステージ会員」特典も付き、同伴者も1名無料になります。

これらは全て、家族カード会員にも適用されます。

アメックスプラチナのメリットは以下にまとめてありますので、興味ある方はぜひご覧ください。

アメックス・スカイ・トラベラー・カード

年会費10,000円(+消費税)。

アメックススカイトラベラーカード券面デザイン

基本的には、「100円=1ポイント」貯まりますが、対象航空会社28社の航空券を購入した場合は、「100円=3ポイント」(※)。

※年間60,000ポイント上限。

「メンバーシップ・リワード・プラス」には自動登録されています。

  • ANAマイルへの換算に関しては、別途参加登録費(5,000円/年)が必要ですが、
    100円=1ポイント=1マイル
    ※年間40,000マイル上限
  • ANA以外の提携航空会社14社のマイルへの換算に関しては、
    100円=1ポイント=1マイル
    ※上限なし

アメックスカードアメックスゴールドカードアメックスプラチナカードとは違い、ANA以外の提携航空会社14社のマイルへの換算でも、「1ポイント=1マイル」になる点に注目してください。

まとめると、下表のようになります。

ANA ANA以外14社
1ポイント 1マイル 1マイル
参加費[税別] 年間5,000円 0円
移行上限 年間40,000マイル なし

アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

年会費35,000円(+消費税)。

アメックススカイトラベラープレミアカード券面デザイン

基本的には、「100円=1ポイント」貯まりますが、対象航空会社28社の航空券を購入した場合は、「100円=5ポイント」(※)。

※年間100,000ポイント上限。

「メンバーシップ・リワード・プラス」には自動登録されています。

  • ANAマイルへの換算に関しては、別途参加登録費(5,000円/年)が必要ですが、
    100円=1ポイント=1マイル
    ※年間40,000マイル上限
  • ANA以外の提携航空会社14社のマイルへの換算に関しては、
    100円=1ポイント=1マイル
    ※上限なし

アメックスカードアメックスゴールドカードアメックスプラチナカードとは違い、ANA以外の提携航空会社14社のマイルへの換算でも、「1ポイント=1マイル」になる点に注目してください。

まとめると、下表のようになります。

ANA ANA以外14社
1ポイント 1マイル 1マイル
参加費[税別] 年間5,000円 0円
移行上限 年間40,000マイル なし

航空会社との提携カード

ANAアメックスカード

年会費7,000円(+消費税)。

ANAアメックスカード券面デザイン

基本的には、「100円=1ポイント」貯まります。

ANAの航空券を購入した場合は、「100円=1.5ポイント」貯まり、それとは別に、「ANAカードマイルプラス」で「100円=1マイル」貯まります。

「ポイント移行コース」(6,000円[税別])に登録すると、

  • 100円=1ポイント=1マイル
    ※上限なし

でANAマイルに交換できます。

プロパーカードとは違い、ANAマイルへの移行に上限ないことに着目してください。

ANAマイル以外のマイルには交換できません。

ANAアメックスゴールド

年会費35,000円(+消費税)。

ANAアメックスゴールドカード券面デザイン

基本的には、「100円=1ポイント」貯まります。

ANAの航空券を購入した場合は、「100円=2ポイント」貯まり、それとは別に、「ANAカードマイルプラス」「100円=1マイル」貯まります。

「ポイント移行コース」には自動登録されていますので、追加の費用は発生しません。

  • 100円=1ポイント=1マイル
    ※上限なし

でANAマイルに交換できます。

プロパーカードとは違い、ANAマイルへの移行に上限ないことに着目してください

ANAマイル以外のマイルには交換できません。

ANAアメックスプレミアムカード

年会費150,000円(+消費税)。

ANAアメックスプレミアムカード券面デザイン

基本的には、「100円=1ポイント」貯まります。

ANAの航空券を購入した場合は、「100円=2.5ポイント」貯まり、それとは別に、「ANAカードマイルプラス」で「100円=2マイル」貯まります。

つまり、ANAアメックスプレミアムカードで、ANAの航空券を購入すると、「100円=4.5マイル」貯まるわけですね。

「ポイント移行コース」には自動登録されていますので、追加の費用は発生しません。

  • 100円=1ポイント=1マイル
    ※上限なし

でANAマイルに交換できます。

本会員は国内線の「ANAラウンジ」を利用できます。

本会員・家族会員ともに、シャングリ・ラ ホテル「ジェイド」特典が付き、プライオリティ・パスの「プレステージ会員」特典も付きます。

デルタアメックスカード

年会費12,000円(+消費税)。

デルタアメックスカード券面デザイン

入会初年度は、デルタ航空スカイマイル上級会員資格「シルバーメダリオン」の特典が付きます。

2年目以降は、前プログラム期間中のカード利用金額に応じて、翌プログラム期間のメダリオン会員資格が決まります。

利用金額 翌プログラム期間
100万円以上 シルバーメダリオン
100万円未満 取得なし

基本的には、「100円=1マイル」貯まります。

デルタ航空の航空券を購入した場合は、「100円=2マイル」貯まります。

デルタアメックスゴールドカード

年会費26,000円(+消費税)。

デルタアメックスゴールドカード券面デザイン

入会初年度は、デルタ航空スカイマイル上級会員資格「ゴールドメダリオン」の特典が付きます。「ゴールドメダリオン」の威力については、以下の記事をご覧ください。

基本的には、「100円=1マイル」貯まります。

デルタ航空の航空券を購入した場合は、「100円=3マイル」貯まります。

ホテルとの提携カード

SPGアメックスカード

年会費31,000円(+消費税)。

SPGアメックスカード券面デザイン

入会すると、即時にマリオットBONVOYゴールドエリートの会員資格が付与されます。

マリオットBONVOYゴールドエリートの特典は以下でご確認ください。

基本的には、「100円=3マリオットBONVOYポイント」貯まります。

約40の提携航空会社のマイルに、

「60,000ポイント=25,000マイル」

で交換できます。

ザ・ペニンシュラ東京との提携によるアメックスゴールドカード

年会費29,000円(+消費税)。

ザ・ペニンシュラホテルズで様々な特典が受けられます。

基本的に、「100円=1ポイント」貯まります。

「メンバーシップ・リワード・プラス」には自動登録されています。

  • ANA以外の提携航空会社14社のマイルへの換算に関しては、
    「100円=1ポイント=0.8マイル」
    ※上限なし。
  • ANAマイルへの換算に関しては、別途参加登録費(5,000円/年)が必要ですが、
    「100円=1ポイント=1マイル」
    ※年間40,000マイル上限。

まとめると、下表のようになります。

ANA ANA以外14社
1ポイント 1マイル 0.8マイル
参加費[税別] 年間5,000円 0円
移行上限 年間40,000マイル なし

カード特典の詳細については以下をご覧ください。

ビジネスカード

アメックスビジネスカード(法人代表者様向け)

年会費12,000円(+消費税)。

アメックスカードを参考にしてください。

アメックスビジネスカード(個人事業主様向け)

年会費12,000円(+消費税)。

アメックスカードを参考にしてください。

アメックスビジネスゴールドカード(法人代表者様向け)

年会費31,000円(+消費税)。

アメックスゴールドカードを参考にしてください。

アメックスビジネスゴールドカード(個人事業主様向け)

年会費31,000円(+消費税)。

アメックスゴールドカードを参考にしてください。

アメックスビジネスプラチナカード(個人事業主様向け)

アメックスプラチナカードを参考にしてください。

アメックスビジネスプラチナカード(法人代表者様向け)

アメックスプラチナカードを参考にしてください。

その他

ペルソナSTACIAアメックスカード

年会費14,000円(+消費税)。

ポイントプログラムが「STACIAポイント」ですので、マイルを貯めることはできません。

まとめ

以上、アメックスカードを「マイルを貯める」という観点から比較、紹介してきました。

アメックスカードと、アメックススカイトラベラーカードのマイル移行レートの違いについてご存じない方もいらっしゃったのではないでしょうか。

  • ザ・ペニンシュラ東京との提携によるアメックスゴールドカード
  • ペルソナSTACIAアメックスカード

を除く17枚のアメックスカードについては、「公式サイト」から入会するより、既存会員からの「紹介プログラム専用URL」で入会したほうが断然お得です。

「紹介プログラム専用URL」からの入会をご希望の方は、以下の記事の「目次」から希望のカードにアクセスしてください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。