デルタアメックスゴールド「なんちゃってゴールドメダリオン」にはこんなにいいことがある。

[記事公開日]2016/06/06
[最終更新日]2017/11/22

デルタ航空のロゴ

デルタ航空にはANAやJALと同様に、上級会員制度があります。

一定期間内に多く搭乗した人を優遇するプログラムですね。

デルタ航空の上級会員制度は「スカイマイル メダリオンプログラム」と呼ばれています。

スカイマイル メダリオンプログラムには、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドという4つのレベルがあり、上級レベルになればなるほど多くの特典が得られます。

デルタ航空は、20社が加盟する航空連合「スカイチーム」に加盟。

スカイチーム加盟航空会社20社

「スカイマイル メダリオンプログラム」で「ゴールドメダリオン」以上のレベルになると、「スカイチーム」の「エリート・プラス」のステータスも得られて、スカイチーム加盟の20の航空会社のフライトでもラウンジ利用(世界600ヶ所/同伴者1名含む)、優先搭乗、優先荷物取り扱いといった特典を受けられますので、目指すならゴールドです。

ゴールドメダリオンの券面デザイン

矢印下

スカイチームのエリート・プラスのステータスロゴ

各レベルのステータスを得るためには、通常、以下の条件を満たす必要があります。

メダリオン会員資格取得条件
シルバー ゴールド プラチナ ダイヤモンド
メダリオン会員資格取得必要マイル(MQM) 25,000 50,000 75,000 125,000
メダリオン資格取得対象区間(MQS) 30 60 100 140
メダリオン会員資格取得必要ドル(MQD – 米国在住の会員の方のみ) 3,000ドル 6,000ドル 9,000ドル 15,000ドル

しかし、デルタ航空とアメリカン・エキスプレスが提携して、日本人向けに発行しているデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会(=審査通過)すると、すぐにゴールドメダリオンのステータスを獲得できます!!

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード券面デザイン

矢印下

ゴールドメダリオンの券面デザイン

デルタアメックスゴールドカードは、現在、最大30,000マイル獲得できる新規入会キャンペーンを実施中です。

また、(ゴールドカードではない一般カードの)デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードに入会(=審査通過)すると、すぐにシルバーメダリオンのステータスを獲得できます。

デルタアメックスカードは、現在、最大20,000マイル獲得できる新規入会キャンペーンを実施中。

なお、余り知られていませんが、デルタアメックスゴールドは「公式サイト」から入会するよりも「紹介キャンペーン」で入会した方がお得な可能性があります

詳しくは、以下の記事のデルタアメックスゴールドの箇所をよく御覧ください。

メダリオン会員資格取得条件
カード名称と券面デザイン デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
デルタ
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
デルタ
与えられる「スカイマイル メダリオンプログラム」のエリートステータス(※) ゴールドメダリオン シルバーメダリオン
(※)に相当するスカイチームのエリートステータス エリート・プラス エリート

但し、シルバーメダリオンで獲得できるスカイチームのエリートステータスは「エリート」で、「エリート・プラス」ほどのメリットはありません。

インターバル

本来なら、ある程度の時間とお金をかけないと手に入らない上級会員資格がカード入会だけで手に入るため、「なんちゃってゴールドメダリオン」などと呼ぶ人もいます(笑)

とにかく、デルタアメックスゴールドに入会するだけでゴールドメダリオンの資格が手に入ります。

カードのリリースは2011年の11月28日ですが、私はリリース直後に申込みをして入手しました。

「なんちゃってゴールドメダリオン」になると以下の様ないいことがあります。

ステータスマッチ(statusmatch)に応募できる

「なんちゃってゴールドメダリオン」会員になると、ステータスマッチに応募できるようになります。

ステータスマッチとは、ある航空会社の上級会員ステータスを利用して、他の航空会社の同等の上級会員ステータスを得る仕組みです。

例えば、現在、ユナイテッド航空は、「マイレージプラスプレミア資格適合チャレンジ」というキャンペーンを行っていて、デルタ航空の「ゴールドメダリオン」ステータスをお持ちの方は、ユナイテッド航空にステータスマッチリクエストを送ることで、90日間、ユナイテッド航空の「プレミアゴールド」のステータスを与えられます。その後も、一定の条件を満たせば、そのステータスを維持することができます。

マイレージプラスでの適合資格レベル プレミアシルバー プレミアゴールド プレミアプラチナ
デルタ航空のメダリオン会員資格 シルバー
デルタアメックス
ゴールド
デルタアメックス・ゴールド
プラチナ
アメリカン航空のAAdvantageエリートステータス ゴールド プラチナ 審査によって決定
USエアウェイズのプリファードステータス シルバー ゴールド プラチナ

デルタ航空は「スカイチーム」所属ですが、ユナイテッド航空は「スターアライアンス」所属です。

デルタ航空で「なんちゃってゴールドメダリオン」になってから、ユナイテッド航空にステータスマッチリクエストすることでスターアライアンスの上級会員にもなれるわけですね。

エアベルリンのロゴ

私は、2014年にJAL JGC修行を本格的に開始する前に、「なんちゃってゴールドメダリオン」を利用して、エアベルリンのステータスマッチリクエストを行いました。その時の手続きは以下の記事に記しています。

エアベルリン ゴールドへのステータスマッチ成功! | JAL JGC 修行.com

エアベルリンは「ワンワールド」加盟ですので、このステータスマッチによって、数ヶ月間ですが、ワンワールドサファイア会員になることができました。

そして、JALもワンワールド加盟航空会社

ワンワールドサファイアの特権(ラウンジ利用、優先搭乗、優先手荷物取扱)を得ながらのJAL JGC修行は通常のJAL JGC修行よりも快適に行えたと思います。

以下は、JAL JGC修行中の2014年5月に、エアベルリンのゴールドステータスのカードを使ってサクララウンジに入室した時のツイートです。

なお、今回紹介したステータスマッチは、航空会社間のステータスマッチでしたが、ホテルのロイヤルティ・プログラムの間でもステータスマッチは可能です。

例えば、SPGアメックスカードに入会すると、SPGの上級会員ステータス「ゴールドエリート」が付与されますが、この資格があれば、マリオットホテルの「ゴールドエリート」資格に自動的にステータスマッチできます。

香港国際空港でe-道(e-Channel)に申請できる

香港国際空港やマカオフェリーターミナルには、「e-道(e-Channel)」という自動化ゲートが設置されています。

e-道(e-Channel)に登録済みであれば、イミグレーション(入国管理局)の長蛇の列を避けて、スムーズに出入国できます。

e-道(e-Channel)の申請には、「過去1年間に3回以上の香港国際空港経由での香港特別行政区(HKSAR)への訪問(Has made visits to the HKSAR via the Hong Kong International Airport for no fewer than 3 times in the past 12 months immediately before enrolment for the e-Channel service.)」という条件があるのですが、

Frequent Flyer Programme membership card issued by airlines which have joined this scheme

e-Channel Services for Visitors | Immigration Department

を持っていれば、初回の入国時から申請が可能になります。

ANA、JALの上級会員のカードはもちろん「Frequent Flyer Programme membership card issued by airlines which have joined this scheme」に含まれていますが、デルタ航空の上級会員のカードも含まれています。

デルタ航空のゴールドメダリオン(シルバーメダリオンでも可)のカードを持っていけば、初回からe-道(e-Channel)の申請が可能になります。

つまり、デルタアメックス・ゴールドを持てば、ゴールドメダリオンの資格が得られて、e-道(e-Channel)の申請ができるというわけですね。

「ニッポン500マイル・キャンペーン」で最大40フライト分(合計20,000マイル)までボーナスマイルを獲得できる

ニッポン500マイル・キャンペーンのキャプチャ

デルタ航空は、「ニッポン500マイル・キャンペーン」という一風変わったキャンペーンを行っています。

日本国内定期路線(全ての航空会社・運賃・クラス)の搭乗券(半券)のコピーを添付して、デルタ航空までFAXまたは郵送すると、1フライトにつき500スカイマイルのボーナスマイルを獲得できるのです。

スカイマーク、スターフライヤー、Peachの搭乗券でも構いませんし、ANA特典航空券の搭乗券でもJAL特典航空券の搭乗券でも構いません。

ただし、「スカイマイル メダリオンプログラム」の一般会員は、お一人様最大10フライト分(合計5,000ボーナスマイル)までとされています。

これが、シルバーメダリオン、ゴールドメダリオン会員になると、お一人様最大40フライト分(合計20,000ボーナスマイル)まで上限がアップします。

「ニッポン500マイル・キャンペーン」はキャンペーンですので、期限(2018/03/31)があります。が、このキャンペーンはノースウェスト航空時代から行われており、以後毎年延長されています。

ゴールドメダリオン(Gold Medalion)の特典

もちろん、ゴールドメダリオンの特典も享受できます(笑)

列記は疲れるので、画像で(笑)

ゴールドメダリオンの特典

デルタアメックス・ゴールドの新規入会キャンペーンはこちら

通常の新規入会キャンペーンとは異なる「紹介キャンペーン」でデルタアメックス・ゴールドに入会したい方は、当サイトのFacebookページからもご利用いただけます。

2 Responses to “デルタアメックスゴールド「なんちゃってゴールドメダリオン」にはこんなにいいことがある。”

  1. なー より:

    はじめまして。記事を拝見し、デルタゴールドカードに入会するか検討する中で、念の為JALにサクララウンジの利用が可能か確認したところ、利用できないとの回答がありました・・・本当に利用できないのでしょうか?ご参考までにJALからの回答は次の通りです。

    サクララウンジのご利用につきましては、ワンワールドエリートステイタスをお持ちの会員様へご提供いたしております。
    そのため、ワンワールド以外の上位会員様につきましては、JAL便ご利用時にサクララウンジへご入室いただくことはあいにくできません。
    恐れ入りますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

    • sfc-monk より:

      なーさん、コメントありがとうございます。

      デルタ航空は「スカイチーム」というアライアンスに属しています。
      JALとエアベルリンは「ワンワールド」というアライアンスに属しています。

      JALの回答の通り、サクララウンジを利用するには、JALもしくは「ワンワールド」加盟航空会社のエリートステータスが必要です。

      一方、デルタアメックスゴールド入会で得られる資格は、デルタ航空及び「スカイチーム」のエリートステータスです。

      そこで、ステータスマッチです。

      デルタ航空の「ゴールドメダリオン」の資格を持って、エアベルリンにステータスマッチを申込むと、(期間限定ですが)「topbonusゴールド」という資格を得られます。

      エアベルリンは「ワンワールド」加盟航空会社ですので、「topbonusゴールド」の資格で以って、JALのサクララウンジを利用できるようになるというわけです。

      ゴールドメダリオン→(ステータスマッチ)→topbonusゴールド→JALサクララウンジ、という流れですね。

      不明な点ございましたら、またコメントください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ