マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)

仙台七夕まつり1泊2日旅行記 (2) ウェスティンホテル仙台にチェックインし、小判寿司で晩飯

仙台の文化横丁の小判寿司

仙台七夕まつり1泊2日旅行記の「(2) ウェスティンホテル仙台にチェックインし、小判寿司で晩飯」です。

前後の旅行記もあわせてご覧ください。

「やまびこ211号」で仙台駅へ

15:05に新白河駅に到着。

15:36発の「やまびこ211号」に乗車。

新白河駅のやまびこ211号

先ほど訪れた白河小峰城が見えた。城の北側を流れる阿武隈川を天然の堀としている。

新幹線から白河小峰城

この阿武隈川が城の南を流れていれば・・・と思ったが、大砲メインの時代には意味が無いか。

睡眠不足で眠すぎて、意識を失う時間が多かった。

16:26に仙台駅に到着。

ウェスティンホテル仙台

新幹線改札を出たら、人がたくさんが驚いた。そっか、七夕まつりだもんな(笑)

タクシーでウェスティンホテル仙台へ向かう。土砂降りの雨である。

ウェスティンホテル仙台は、仙台トラストシティというビルに入居しており、フロントは26階にある。

私はSPGアメックスというクレジットカードを持っていて、このカードの会員は、自動的にスターウッドホテルの上級会員である「SPGゴールド」ステータスを付与される。※

※2017年当時。

「SPGゴールド」会員は、ウェルカムギフトとして、

  • 250ポイントのスターポイント
  • 15ドル分のドリンククーポン

のいずれかが貰える。今回はドリンククーポンにしてみた。

ウェスティンホテル仙台のドリンククーポン

なお、SPGアメックスの入会方法としては、「紹介キャンペーン」からの入会が最もお得となっている。詳しくは以下の記事参照。

部屋は31階。

「SPGゴールド」のアップグレード特典が適用され、「モデレートルーム」(30平米)から2ランクアップの「デラックスルーム」(44平米)にアップグレードしてもらえた。

ウェスティンホテル仙台のデラックスルーム(窓側)

ウェスティンホテル仙台のデラックスルーム(ベッド側)1

ウェスティンホテル仙台のデラックスルーム(ベッド側)2

ウェスティンホテル仙台のデラックスルーム(バスタブ)

ウェスティンホテル仙台のデラックスルーム(シャワールーム)

ウェスティンホテル仙台のデラックスルーム(ドリンク類)

広い。快適。

1時間半くらい部屋でゆっくり。

仮眠取りたかったが、起きられる自信もなく。

酔っ払うと部屋番号を忘れる。部屋番号を写メってから、部屋を出る。

晩飯前にシャンパン1杯引っ掛けようと思っていたが、そんな時間はなかった。

ちなみに、15米ドル分のドリンククーポンは、フロント前の「HORIZON」で使える。

ウェスティンホテル仙台のHORIZON

現在、SPGアメックスの「紹介プログラム」からこのカードに入会すると、入会後3ヶ月以内に10万円のショッピング利用でMarriott Bonvoyポイント「39,000ポイント」獲得できる。

ウェスティンホテル仙台のカテゴリーは「5」で、無料宿泊に必要なポイント数は以下。

オフピーク 通常 ピーク
30,000 35,000 40,000

カード継続時には、(交換レート1泊50,000 Marriott Bonvoyポイントまで使える)「無料宿泊クーポン」を貰うことができるので、再び、ウェスティンホテル仙台に「無料宿泊」することもできる。

SPGアメックスの特典の詳細を知りたい方は以下参照。

参考:【赤裸々に】SPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)のメリット・デメリットを紹介

仙台七夕まつりの吹き流し

ちょうど雨はやんでいた。

ホテルから歩いて数分のサンモール一番町のアーケードへ。

仙台のサンモール一番町

仙台七夕まつりの吹き流しは以下をご覧ください。

しばらく鑑賞した後、小判寿司に向かう。

小判寿司

小判寿司は、昭和の風情が残った「文化横丁」の中にある。

仙台の文化横丁

19:20くらいに小判寿司に到着。

小判寿司 (こばんずし) – 仙台/寿司 [食べログ]

小判寿司の入口

70歳くらいの大将2人が出迎えてくれる。

一階はカウンター10席くらいで、2階もある模様。

カウンター席には、既にいい具合に酩酊している男性3人グループ、家族と思われる4人。

ネタケースを見たが、ネタが少ない。台風の影響で全然仕入れがないようだ。

さゆきさんが来るまで軽くつまむ。

ホシガレイ。

小判寿司のホシガレイ

イカが食べたかったが仕入れがなかった。焼いたものを出してくれた。

ビールの後、乾坤一の特別純米。うめぇ。あと、このグラスがいい。コースターとの相性も。

小判寿司の日本酒グラス

20時にさゆきさん来る。さゆきさんは、前回仙台に来たときに指名した女の子

ビール1、日本酒1で既にいい感じの私。

半年ぶりに会ったが、記憶の中のさゆきさんよりきれいでよかった(笑)

前回会ったときより7kgも痩せたらしい。

ダイエットのきっかけは、店長にこれ以上太ったらクビと言われたから、と言っていた(笑)

あわびにシャコ。シャコがみずみずしくてうまいね。

小判寿司のアワビにシャコ

日本酒2杯目は、大将にセレクトしてもらい、蔵王の特別純米。この日飲んだ中で一番うまかった。

バイ貝。旨い。楊枝で上手くほじくり出せず、大将が代わりにやってくれた。

なんか、大将もさゆきさんが来てからの方が饒舌になった気がする(笑)

小判寿司のバイ貝

タコに大トロ。

小判寿司のタコ、大トロ

そうそう。東京の子だと、夜働いていることを親とか友達には内緒にしてる子も多いのだが、さゆきさんはそんなこともなく、この店でも普通に夜の仕事のこと話すので、逆に俺が気を遣った(笑)ということは書いておこう(笑)

プルンプルンのいわし。旨いー。

小判寿司のイワシ

日本酒3杯目は、墨廼江の純米。

天然うなぎを焼いたやつ。表面カリカリしてた。

小判寿司のうなぎ

ネタ無いと言いながらも、ちょこちょこ美味しいものを出してくれる。

ほや。フルーツっぽい感じもする不思議な食べ物。

小判寿司のほや

そこそこ食べたところで、握りに。

ホシガレイ、マグロ、トリガイ。

小判寿司のホシガレイの握り

小判寿司のマグロ

小判寿司のトリガイ

夏の風物詩・シンコ。皮の厚さを全く感じない。

小判寿司のシンコ

21時半閉店になっていたが、ちょっとオーバー。

恐る恐る持ち帰り可能か尋ねてみたが、やはり不可だった。「それよりうちで思いっきり食べていってください」と。

21:40頃、退店。

ちょっと賑わっている「いろは横丁」を通って、さゆきさんの働く国分町の「ビゼ」まで。

少しまた雨も降っていたし、10分近く歩いたから、タクシー使ったほうが良かった。

仙台ビゼ再訪

「ビゼ」を再訪。

さゆきさんは着替えに。代わりについてくれた子も普通にかわいかった。

ここはインソウ系列のお店。インソウが開発したという日本酒を飲んだ。ちょい甘めで最後にちょっと泡盛っぽい感じもする。個人的には蔵王の特別純米のほうがいいが(笑)

さゆきさんが飼ってるうさぎの話とか、一人っ子のさゆきさんの親とのバトルの話とか、専門時代の大阪の話とか、聞いた。

大人しそうでよく喋る。油断してるとずーっと話してる(笑)

というわけで、楽しく過ごして、1時半過ぎに退店。

近くのコンビニでビールとツマミを買って、タクシーでホテルへ。

最後は、東北夏祭り仕様のプレミアムモルツで締め。

東北限定プレミアムモルツ

Twitterやったりして、3時半くらいに寝た。

※なお、この記事の掲載については、さゆきさんに了解を得ている。

旅行記の続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。