旅行記

仙台七夕まつり1泊2日旅行記 (3) 「いろは横丁」の「明ぼ乃」で鰻丼を食べて、「やまびこ52号」で東京駅へ

仙台のいろは横丁の明ぼ乃

仙台七夕まつり1泊2日旅行記の「(3) 「いろは横丁」の「明ぼ乃」で鰻丼を食べて、「やまびこ52号」で東京駅へ」です。

これまでの旅行記もあわせてご覧ください。

ウェスティンホテル仙台をチェックアウト

タイマーで11時に一度起きる。エアコンの設定は24度だったのだが、寝汗かいていた。アルコールのせいかな。

外見たら、雨が降っている。

二度寝して13時半過ぎに起床。

「SPGゴールド」※の特典である「最大16時までのレイトチェックアウト」は、「睡眠不足で深酒→爆睡」の俺のためにあるようなものだ(笑)

※2017年当時。

外見たら雨は止んでる。

早起きできたら、福島か郡山に途中下車しようと思ってたけど、難しそうだな。

昼飯は、前回食べた「いろは横丁」のうなぎ屋の「明ぼ乃」にしよう。

ホテルから青葉城方面の眺め。左下に見える角の丸い建物や、屋上が緑色の建物は東北大学の研究棟のようだ。

ウェスティンホテル仙台から青葉城方面の眺め

準備して、15時前にフロントへ。

「SPGゴールド」の特典として、15ドル相当のドリンククーポンを貰ったが、結局使えなかった。

フロントの人に、「やっぱりスターポイント250ポイントに変えてくれないですかね?」と言ったらOKしてもらえた。

ウェスティンホテル仙台からボーナススターポイント

「いろは横丁」の「明ぼ乃」

チェックアウト後、歩いて「いろは横丁」へ向かう。

今日の仙台は最高気温が27度。とても過ごしやすい。

いろは横丁の入口1

いろは横丁の入口2

前回も訪れた「明ぼ乃」へ。

いろは横丁の「明ぼ乃」

いい感じの大将と女将さんが出迎えてくれる。

ここは、井戸水で鰻を飼っているという店。

鰻丼(上)2,600円を注文。

前回訪れた時は冬だったが、今回は夏なので、完全に開けっ放し。

それでも、すごい煙で服にしばらく香ばしい香りが。

いろは横丁の「明ぼ乃」の煙

河北新聞を見ると、昨日の仙台七夕の記事が載っていた。

ちなみに、河北新聞は、昨日訪れた「白」が名前の由来だよ。

河北新聞の仙台七夕まつり記事

注文後、10分位で出てきた。

いろは横丁の「明ぼ乃」の鰻丼(上)

思ったより鰻の量が少なかったな。鰻重にすべきだったか(笑)

身は少し薄いが、いい噛み心地の鰻でしたわ。

15時半過ぎに店を出て、歩いて駅へ。

「やまびこ52号」で東京駅へ

15:50に仙台駅に到着。

短時間でも福島、郡山に降り立つかどうか迷ったけど、夕方に福島、郡山に着いてもどうしようもないので、東京へ直帰することに。

モバイルSuicaで、16:24発の「やまびこ52号」の特急券を購入。

仙台駅のやまびこ52号

仙台は曇り空だったが、面白いことに、伊達市の盆地に出ると空が青い。

青空が広がる伊達市

で、また山を抜けて、郡山まで来ると、もっと青い空が。

快晴の郡山市

あの山を超えた先には、福島第一原発があるんだなーと、今年2月に参加した「福島第一原発20km圏内ツアー」を思い出した。

パソコンを出して、この記事の下書きを書く。

18:24に東京駅に到着。

自宅に直帰した。

去年と一昨年の8月には、秋田の竿燈まつりを見に行った。

そして、今年は仙台の七夕まつり。

来年は青森ねぶた祭を見にいきたいね。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。