マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)

白浜一人旅~南紀白浜マリオットホテル2泊3日

10月14日~16日の2泊3日で上富良野の「吹上温泉保養センター 白銀荘」※に行こうと考えていたが、天気があまり良くなさそう。

※『サ道』2019年末SP「北の聖地でととのう」に出てきた場所。

その期間の天気が良いところを調べたら、南の太平洋側。

南紀白浜に行くことにした。

空港から繁華街が近いし、南紀白浜マリオットホテルならポイント泊でタダで泊まれる。

航空券もホテルも当日予約

直前で予定変更したから、航空券もホテルも当日予約となった。

株主優待券を使って、JALの航空券を当日予約

羽田-南紀白浜はJALのみが就航している。

当日や直前にJALの航空券を購入するときは株主優待券を使った「株主優待割引」運賃が有利。

安い上にも変更手数料は(出発便の直前まで)無料、キャンセル手数料も激安。

以下を参考に(ANAバージョン)。

マリオットボンヴォイポイントを使って、南紀白浜マリオットホテルを予約

マリオットボンヴォイポイントを使って、南紀白浜マリオットホテルの「スーペリアルーム、ガーデンビュー」を予約。

1泊30,000ポイント、2泊で60,000ポイント。

マリオットボンヴォイのプラチナ会員になっているので、「温泉付きプレミアルーム、オーシャンビュー」にアップグレードされることを期待。

75,000ポイント獲得可能

~2021年12月7日までの期間限定~

「紹介プログラム専用URL」からSPGアメックスに入会して、入会後3ヶ月以内に30万円利用すると、合計75,000ポイントのマリオットボンヴォイポイントを獲得できます。

SPGアメックス紹介入会キャンペーンのバナー

アマゾンギフト券、ふるさと納税、アメックスギフトカードの購入などでかんたんにクリアできます。

紹介希望の方は、以下の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。






    JAL219便で羽田から南紀白浜空港へ

    当日は14:20くらいに家を出て、15:30に羽田空港に到着。

    昼なので電車も空いていて、体力消耗せず。

    JGCカウンターで荷物を預けて、サクララウンジへ。

    羽田空港第1ターミナルのJGCカウンター

    出発20分前に搭乗口へ行くと優先搭乗が始まっていた。

    この間、羽田-庄内のANA便を利用したときは優先搭乗なかったけど、JALはあるのか?

    最後尾の左側窓席。

    足元にUSBポートが後付されていた。

    JAL219便の普通席の足元のUSBポート

    ただ、足の置き場が少し狭くなった。

    B737-800の最後部座席では、出発時のケロシン(航空機用の燃料)の臭いがすごかった。

    上昇中の騒音と振動もすごかった。

    離陸直後のJAL219便からの機窓風景

    久しぶりにBose QuietConfort Earbudsを使った。

    参考:【2021年】Bose製品を安く買う方法はあるけど、返品保証期間とのバランスが大事

    夕焼け。

    JAL219便からの夕焼け

    飛行機は、白浜町を越えて、みなべ町あたりでUターン。

    JAL219便からのUターン

    JAL219便の着陸

    17:35に着陸した。

    南紀白浜マリオットホテルにチェックイン~期待通りにアップグレード

    タクシーに乗って、南紀白浜マリオットホテルへ向かう。

    なお、空港内ではタクシー相乗りサービスの「nearMe」の広告が出ていた。

    nearMe. タクシー相乗りでお得に移動

    nearMe. タクシー相乗りでお得に移動
    開発元:NearMe, Inc.
    無料
    posted withアプリーチ

    nearMe登録時に以下のプロモーションコードを登録すると、初回利用が1,000円割引になる。

    紹介コード v6dwrq

    10分もかからずにホテルに到着。タクシー料金は1,120円。

    ※nearMeだと680円になるようだ。

    チェックイン。

    期待した通りに、温泉付きのオーシャンビューの部屋にアップグレードしてくれた。嬉しい!

    マリオットボンヴォイのプラチナ特典で2日分の朝食も無料。

    ラウンジパスもくれた。

    また、プラチナ会員のウェルカムギフトとして、ビールとつまみも貰えた。

    南紀白浜マリオットホテルの温泉付きプレミアルームはこんな感じ

    18:10くらいに部屋に。9階の915号室。

    南紀白浜マリオットホテルの温泉付きプレミアムルーム1

    南紀白浜マリオットホテルの温泉付きプレミアムルーム2

    南紀白浜マリオットホテルの温泉付きプレミアムルーム3

    オーシャンビューの温泉には洗い場は付いていない。

    洗面所の隣に普通のお風呂が付いている。

    南紀白浜マリオットホテルの温泉付きプレミアムルームの普通のお風呂

    個装じゃないけど、シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュはTHANN。

    南紀白浜マリオットホテルの温泉付きプレミアムルームのTHANN

    南紀白浜マリオットホテルの温泉付きプレミアムルームの洗面所

    晩飯の候補はいくつかあったが、食べログで評価の高い「幸鮨」ってところに電話して、カウンター席を予約する。

    「幸鮨」で晩飯

    ホテルから歩いてお店へ。

    たまに車が通るくらいで歩いてる人はほとんどいない。

    人通りのほとんどない夜の白浜町

    19:15に店に到着。

    白浜町の「幸鮨」の入口

    1階のカウンター席へ。先客は2組。

    あと、2階から賑やかな声が聞こえる。

    「一」という日本酒を頼む。

    日本酒の量、少ないな。値段も安くない。

    白浜町の「幸鮨」のお通し

    お通し美味かったな。

    とりあえず、お造り盛り合わせ(1,980円)を。

    白浜町の「幸鮨」のお造り盛り合わせ

    サワラの炙りにタチウオの細切りにつぶ貝。美味いけど、量少なすぎね。

    とりあえず、安価で腹にたまるものを食べようということで、この店の名物というツンツン巻(葉わさびの細巻)を。うん、いいね。

    白浜町の「幸鮨」のツンツン巻

    おすすめの握りを4貫食べたいと伝える。

    アオリイカ、アジ、太刀魚の炙り、ウナギ。

    白浜町の「幸鮨」のアオリイカ

    白浜町の「幸鮨」のアジ

    白浜町の「幸鮨」の太刀魚の炙り

    白浜町の「幸鮨」のウナギ

    アジとウナギが特に旨いな。

    20:00近くになると、カウンターにいた2組のお客さんも帰って、1階には誰もいなくなってしまった。

    白浜町の「幸鮨」の内観

    バリコの一夜干しというやつを注文。

    白浜町の「幸鮨」のバチコ

    頭はそのままかじって食べれる。小骨もそのまま行ける。日本酒によく合う。

    ただ、小骨が口腔内に刺さって痛かった・・・笑

    50歳くらいの若大将(?)は話しかけ上手。東京に住んでいたことがあるらしく、経堂も知っていたよ。

    この若大将の話で一番驚いたのは、大阪・東京の緊急事態宣言が解除される前のほうがこの店に来る観光客が多かったということ。

    大阪・東京で飲めないから、緊急事態宣言が発令されていない和歌山に飲みに来てたらしい。

    解除後は、他に選択肢ができたので減ったとのことだ。

    マジかよ。

    あとから、おじいちゃん2人が来訪。

    「マリオットに泊まってる人がここによく来る」と言われた・・・笑

    旅行の話からGo Toの話になり、Go Toの話から二階幹事長の話になり、このおじいちゃんたちはやはり二階幹事長の功績を褒めていた。

    二階氏が初当選した1983年当時、和歌山県内の高速道路は大阪と結ぶ約24キロに限られていた。二階氏が12回の当選を重ねる間、高速も南部に延伸。自動車専用道も合わせ、新たに約110キロが整備された。

    「二階にあらずんば…」「日本の宝」 地元から見た二階幹事長の退任 [自民]:朝日新聞デジタル

    アジとうなぎをもう1貫ずつ頼んで、お会計をお願いする。

    ピオーネのデザートも付いてきた。これも美味かった。

    白浜町の「幸鮨」のデザート

    料金は日本酒3合含めて12,000円。和歌山だからといって安いわけじゃない。

    アメックス使えた。

    白浜町の銀座商店街/銀砂商店会を見て回る

    店を出たあと、坂上に続く銀座商店街と銀砂商店会を見て回る。

    白浜町の飲み屋街4

    白浜町の飲み屋街1

    白浜町の飲み屋街2

    白浜町の飲み屋街3

    坂の上の方に行けば行くほど、古くて味のある外観の店が多かった。

    ちなみに、銀砂と書いて「ぎんさ」と読むらしい。

    途中で見かけたポスター掲示場。二階(前)幹事長のポスターも貼られるのだろうか。

    白浜町のポスター掲示場

    坂を下まで降りたらコンビニがあったので買い物。

    「らーめん幕末」なる店があった。南紀派か・・・笑

    白浜町のらーめん幕末

    白良浜の前にて。月がきれい。

    白良浜から月

    21:40くらいにホテルに戻った。

    そこからはビール飲みながらTwitterしたり。

    結構深酒しちゃった。

    温泉のお湯はずっと流れている。音が気になるので、寝る前にフロントに連絡して止めてもらった。

    寝坊~白良浜の海の青さがまばゆい

    深酒がたたって朝食の時間に起きれれず。11:30に起床。

    カーテン開けたら快晴で、海の青さがまばゆい。

    南紀白浜マリオットホテルから快晴の白良浜1

    南紀白浜マリオットホテルから快晴の白良浜2

    今日、何するかな?

    何も決めてないな。

    とりあえず、フロントに連絡して、19時にレストランを予約しておく。

    自転車借りて、和歌山ラーメンでも食べに行くか。「和歌山ラーメン八両 千畳敷店」というところが評判いいのでそこまで行ってみよう。

    レンタサイクルで観光

    13時にフロントに。

    昨晩の散策でこのあたりの起伏が激しいことを知ったので、パナソニックの電動自転車を借りたかったが、もう全部借りられていた。

    このクロスバイクを3時間借りることに。550円。

    南紀白浜マリオットホテルでクロスバイクを借りる

    「白浜ラーメン柑月」で昼飯

    ホテルを出て、まずは白良浜へ。

    クロスバイクで白良浜1

    クロスバイクで白良浜2

    そこから南へ。

    クロスバイクで白浜町を走る1

    5年前(2016年5月)に訪れたフィッシャーマンズワーフがあった。

    ・・・平坦なのはここまでで、ここから先は上り坂になった。

    暑いし、すぐにへばった・・・

    通り沿いにHafH提携施設の「シーモアレジデンス」があった。「JAL x HafH」のサブスクを利用した場合の宿もここだ。

    白浜町のシーモアレジデンス

    そのシーモアレジデンスに併設して、「白浜ラーメン柑月」があった。

    白浜ラーメン柑月

    既に汗ダクダクなので「和歌山ラーメン八両 千畳敷店」ではなく、ここで食べることにした。

    食券機で「海の柚子塩らーめん」を購入。950円。いい値段だな。

    店員さんはふたりとも女性だった。

    食券を渡すと、一人は麺を茹で始め、もうひとりはチャーシューを炙っていた。

    柚子塩ラーメン。昨日深酒したので、こういうあっさり系のラーメンでちょうどよかった。

    白浜ラーメン柑月の海の柚子塩らーめん

    店員さんに「千畳敷までも上り坂なのか?」と聞いたら、そうだけどそんなに遠くないから大丈夫と言われた。

    休憩できたし、行ってみることにした。

    千畳敷

    確かにすぐだった。

    白浜の千畳敷1

    福井の東尋坊を思い出したね。

    白浜の千畳敷2

    白浜の千畳敷4

    白浜の千畳敷3

    ショップで蜜柑氷(540円)を頼んで水分補給をする。冷凍みかんの入ったジェラートだった。

    白浜の千畳敷で蜜柑氷

    さらに南に下ると「三段壁」というそれこそ東尋坊にそっくりの景勝地があるらしいので行ってみることに。

    三段壁と三段壁洞窟

    こちらはまさしく東尋坊って感じだった。

    白浜の三段壁1

    白浜の三段壁2

    三段壁の解説によると、「海岸段丘の上面を見ているのが千畳敷で、波に削られた断面を見ているのが三段壁」とのこと。

    白浜の三段壁3

    崖の先の方にも行ける。足場悪いので気をつけて。

    白浜の三段壁4

    白浜の三段壁5

    この柱状節理をくり抜いて、洞窟までつながるエレベーター(三段壁洞窟)があるらしい。有料で1,300円。

    三段壁洞窟の案内

    せっかくなので行ってみたよ。

    白浜の三段壁洞窟1

    牟婁大辯才天1

    牟婁大辯才天2

    白浜の三段壁洞窟2

    武蔵坊弁慶の父親がここの熊野水軍を率いて、屋島の戦いに向かったんだとか。本当かいな?

    武蔵坊弁慶の父親に率いられた熊野水軍

    押し寄せる波の轟音と飛沫がすごくて、恐怖を感じたよ。間違って落ちたら助からない・・・

    15分くらいで見終えた。

    地上に出て、木陰で休憩。

    15:40過ぎに帰路につく。

    白浜の三段壁からホテルに帰る

    帰りはほぼ下り坂だったので楽だった。

    でも、白良浜からマリオットへの上り坂がきつい。レンタルするなら電動自転車をおすすめする。

    白良浜からマリオットへの上り坂

    11階の大浴場へ

    16:00にホテルに戻り、自転車を返却してから、ラウンジで水分補給。

    南紀白浜マリオットホテルのラウンジで水分補給

    部屋に戻って、タオルを持って、11階の大浴場へ。

    この大浴場は、ラフォーレ時代に一度だけ立ち寄り湯したことがある。

    内風呂がめちゃ広いんだ。

    南紀白浜マリオットホテルの大浴場の広い内風呂

    ※写真は公式サイトから引用。

    風が吹き抜ける露天風呂も気持ちいい。

    南紀白浜マリオットホテルの大浴場の露天風呂

    お湯の温度はぬるめ。

    ビューラウンジで一休みした後、部屋に戻る。

    南紀白浜マリオットホテルのビューラウンジ

    プラチナ特典のウェルカムギフトのビールとミックスナッツを持ってきてもらい、飲みながら、NHKプラスで『おかえりモネ』。

    南紀白浜マリオットホテルのプラチナ特典のナギサビール

    部屋から見る夕焼けがきれいだった。

    南紀白浜マリオットホテルの部屋から夕焼け

    「Grill & Dining G」でコースディナー

    19時に3階のレストラン「Grill & Dining G」へ。

    窓側の席はファミリー客で埋まっていた。だいたい、1/3が埋まっている感じかな。

    一人で来てるのは私くらいだ・・・笑

    白ワインをデキャンタで。

    南紀白浜マリオットホテルの「Grill & Dining G」の白ワイン

    アミューズのイサキ。

    南紀白浜マリオットホテルの「Grill & Dining G」のアミューズ

    オードブルの古座川清流鹿のカルパッチョとリエット。

    南紀白浜マリオットホテルの「Grill & Dining G」のオードブル

    カルパッチョに隠されている、赤米と九度山柿のタルタルというのが美味しかった。

    スープは、落鮎をムース状にしたやつが入ったコンソメスープ。美味いわ。味変用に酢橘とライムのコンフィが添えられていた。

    南紀白浜マリオットホテルの「Grill & Dining G」の落鮎のムースのコンソメスープ

    お待ちかね、クエのポワレのワタリガニソース。濃厚な白身魚。舞茸のフリットも美味しかった。野菜全般美味しい。

    南紀白浜マリオットホテルの「Grill & Dining G」のクエのポワレ

    メインは、有田産鴨のグリルと熊野牛のグリル。

    南紀白浜マリオットホテルの「Grill & Dining G」の有田産鴨のグリルと熊野牛のグリル

    あと、梅酢の鯖寿司。

    南紀白浜マリオットホテルの「Grill & Dining G」の梅酢の鯖寿司

    デザートは、巨峰をジャム状にしたものが練り込まれた焼き菓子にマスカルポーネクリーム。上品な味で美味しかった。

    南紀白浜マリオットホテルの「Grill & Dining G」のデザート

    宿泊者限定の20%割引が効いて、料金は11,048円。

    部屋付で会計。

    最初、スタッフが間違えて、酒代しかリストしていなかったので正直に申告した。大阪のリッツカールトンでも似たようなことがあった。

    1時間10分くらいの滞在。

    部屋に戻ってから、ネットフリックスで『イカゲーム』の7,8,9話を見て完走。

    「Grill & Dining G」で朝食

    8:30に起床。

    カーテンを開けると今日も快晴。

    南紀白浜マリオットホテルから快晴の白良浜

    行き先を南に変更して正解だった。

    南紀白浜マリオットホテルに停まっている車の台数

    週末ということもあり、車の台数も昨日より多いね。

    フロントに連絡して、温泉のお湯を出してもらう。

    9:15くらいに3階のレストラン「Grill & Dining G」へ。

    卵料理以外はビュッフェ形式。

    飲み物、サラダ、御飯、味噌汁、おかず類、いちいち運ぶのめんどくさいね。

    コロナ禍のセットメニューは楽で良かったな。

    南紀白浜マリオットホテルの朝食1

    オレンジジュースがごく少量だが、これはまるごと搾りのオレンジジュースのため。

    オムレツは黄身抜きの白オムレツでお願いした。

    コーヒーは持ち帰りできたので部屋で。

    白良浜へ

    部屋の温泉に浸かりながら、白良浜を眺める。

    その後、11階の大浴場へ行ってみたが、清掃中で再オープンは12時とのこと。

    ビューラウンジから白良浜を眺めていたら、泳ぎたくなっちゃったし、海水に触れたくなっちゃった。

    南紀白浜マリオットホテルのビューラウンジから白良浜1

    南紀白浜マリオットホテルのビューラウンジから白良浜2

    南紀白浜マリオットホテルのビューラウンジから白良浜3

    あまり時間がないが、白良浜へ行ってみることに。

    白良浜の白砂

    水温もちょうどよく、泳げたなという感じ。

    実際、シュノーケリングしてる人いた。

    南紀白浜マリオットホテルをチェックアウト

    ホテルに戻ってくると汗だく。1階のショップでお土産購入。宿泊者は10%割引になった。代金は部屋付。

    12時のオープンと同時に大浴場へ。

    露天風呂を独り占め。

    12:30にチェックアウト。

    料金は晩飯代とレンタサイクルとお土産代で15,211円。安いね。

    タクシーを呼んでもらって、空港へ。

    JAL214便で羽田空港へ

    南紀白浜空港でも優先搭乗があったが利用せず。

    狭い機内にいる時間は少しでも短くしたいしね。

    以下でJGCのメリットをベスト10形式で紹介しているが、優先搭乗は上位には載せていない。

    後ろの方の座席はガラガラで良かった。

    14:00過ぎに離陸。

    南紀白浜空港を離陸するJAL214便1

    南紀白浜空港を離陸するJAL214便2

    航路はほぼ洋上のため、機窓風景はずっと雲だった。

    JAL214便のルート

    白浜町は快晴だったが、羽田は曇り。

    羽田空港に着陸するJAL214便

    14:55に着陸。

    昼飯を食い損ねたので、羽田大勝軒で中華そばを食べてから帰宅した。

    美味いんだけど、こんなちっちゃい海苔初めて見た・・・笑

    羽田大勝軒の中華そば

    南紀白浜旅行でかかった費用

    最後に今回の2泊3日の南紀白浜旅行でかかった費用をまとめておく。

    往復のJAL便は、保有しているJALマイルを「e JALポイント」に交換して、e JALポイントで全額支払った。そのため現金支出はゼロ。

    大量のJALマイルの貯め方は以下参考。

    南紀白浜マリオットホテルはマリオットボンヴォイポイント(30,000ポイントx2)で予約。こちらも現金支出はゼロ。

    75,000ポイント獲得可能

    ~2021年12月7日までの期間限定~

    「紹介プログラム専用URL」からSPGアメックスに入会して、入会後3ヶ月以内に30万円利用すると、合計75,000ポイントのマリオットボンヴォイポイントを獲得できます。

    SPGアメックス紹介入会キャンペーンのバナー

    アマゾンギフト券、ふるさと納税、アメックスギフトカードの購入などでかんたんにクリアできます。

    紹介希望の方は、以下の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。






      飯代は合計27,912円。

      交通費は合計3,810円。家と最寄り駅のタクシー代は、「タクシーアプリGO」の1,000円割引クーポンで無料。

      トータルで37,185円。

      分類 細目 費用
      航空券 JAL219便 16,840 e JALポイント
      JAL214便 16,840 e JALポイント
      宿泊 南紀白浜マリオットホテル(1泊目) 30,000マリオットボンヴォイポイント
      南紀白浜マリオットホテルス(2泊目) 30,000マリオットボンヴォイポイント
      飲食 幸鮨 11,979円
      ファミリーマート 2,515円
      和歌山ラーメン柑月 950円
      千畳茶屋 南紀白浜 540円
      Grill & Dining G 11,048円
      羽田大勝軒 880円
      交通 タクシー 900円→0円
      電車 785円
      タクシー 1,120円
      タクシー 1,120円
      電車 785円
      タクシー 980円→0円
      その他 レンタサイクル 550円
      三段壁洞窟 1,300円
      お土産 3,613円
      庄内空港ラウンジ 200円
      合計 37,185円
      ABOUT ME
      jun
      jun
      陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

      COMMENT

      メールアドレスが公開されることはありません。