アマン

伊勢志摩旅行記 (1) アマネム ナギスイート 宿泊記

アマネム ナギスイート宿泊記

今回は伊勢志摩旅行。

日程は2019年6月3日~7日の5日間。

前々から行きたいと思っていた志摩のリゾートホテル「アマネム」宿泊と、伊勢神宮参拝が主目的。

前編では、アマネムのナギスイートの宿泊記を紹介。

事前の準備

旅行記を紹介する前に、当日までの準備を振り返っておく。

5月24日に、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード会員向けのファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)専用サイトから、アマネムを2泊3日で予約。

FHR専用サイトから予約すると、

  • アーリーチェックイン
  • 部屋のアップグレード
  • 朝食無料
  • 16時までのレイトチェックアウト
  • 100USドル相当のクレジット

という特典が得られる。

アマネムを含むアマンリゾーツには上級会員の仕組みはないが、FHRを利用すれば、上級会員並みの特典が受けられるわけだ。

同じく上級会員制度がないペニンシュラホテルでも同様のメリットが得られる。

同日、楽天トラベルで伊勢市駅前の「三交イン伊勢市駅前 四季乃湯」を予約。

お伊勢参りで疲れそうだったから、温泉付きの宿にした。

ところで、津とセントレアを結ぶ津エアポートラインという船があるようだ。

津エアポートライン

セントレアは行ったことがない。

津から船で初セントレアって楽しそう。

同日、マリオット公式サイトから、セントレアにあるフォーポイントバイシェラトン名古屋を予約した。

まとめると、当初は以下のような予定だった。

  • アマネム(6/3-6/5)
  • 三交イン伊勢市駅前 四季乃湯(6/5-6/6)
  • フォーポイントバイシェラトン(6/6-6/7)

ちなみに、先取りして言っておくと、セントレアには行かず、伊勢市に連泊した。

アマネムのレストランのメニューが知りたかったので、電話で問い合わせ。

後日、メニューをPDFファイルで送ってくれた。

2日ともホテルのレストランで食べるつもり。

アマネムまでのアクセス

14時前に品川駅に到着。

iPhoneのスマートEXアプリで、14:17発の「のぞみ39号」の特急券を購入。

売店で買った深川めしで昼飯。

深川めし弁当

この日からダイナースクラブカードの入会キャンペーン内容がガラッと変わったので、過去記事を修正していた。

15:47に名古屋駅に到着。

近鉄線の乗り場へ。

窓口で、賢島駅(アマネムの最寄り駅)までの特急券を購入。1,610円。

近鉄名古屋駅の窓口

改札はモバイルSuicaで入場できた。

改札内に特急券の自動券売機があったよ。

近鉄名古屋駅の特急券の自動券売機

初めて見る電車だ。

近鉄名古屋駅の賢島行きの特急

車内でタバコ吸っている人がいて驚いた。喫煙車があるらしい。

乗車後、アマネムに電話して、賢島駅への到着時刻を伝える。

こういうルートで2時間9分。

名古屋駅から賢島までのルート

車内では、『ブラタモリ 7』の志摩編を読んでいた。

伊勢市駅を過ぎた辺りから、路線は山がちなエリアに入る。

山がちな鳥羽市1

山がちな鳥羽市2

乗客はだんだんと減っていき、鳥羽駅を過ぎると私を含めて3人のみ。

日も落ちて、寂しい感じになってきた(笑)

もっと早い時間に来るべきだったね。

18:15に賢島駅に到着。

横山展望台から英虞湾を望む

迎えの人と合流。

「もし、何か買っておくなら今ここで」と言われたので、駅のファミマでビールを調達した。

お迎えはレクサス。

アマネムの送迎車のレクサス1

アマネムの送迎車のレクサス2

ホテルへの道すがらに横山展望台ってところがあるようなので寄ってもらう。

18:35に到着。

横山展望台(曇天)からの英虞湾1

おぉ、これが英虞湾か。

リアス海岸に緑豊かな照葉樹林、いい景色だわ。

横山展望台(曇天)からの英虞湾2

横山展望台(曇天)からの英虞湾3

もう閉まっていたが、「横山天空カフェテラス」というカフェもあった。16時半まで営業とのこと。

参考:ミラドール志摩 – 横山展望台 横山天空カフェテラス

横山展望台のカフェテラス

260m先にパノラマ展望台があるらしいので、駆け足で登る。

横山展望台の上り坂

ここは「木もれ日テラス」というところかな?

横山展望台の「木もれ日テラス」

息を切らしながら更に登っていくと、さらに見晴らしのいいところに来た。「そよ風テラス」というところかな?

横山展望台の「そよ風テラス」から英虞湾1

汗かいたけど、より良い景色が見られた。

横山展望台の「そよ風テラス」から英虞湾2

聞こえてくるのは鳥の鳴き声のみ。あと、虫がたかってくる。

運転手を待たせていて悪いので、急いで帰る。

西側は視界がひらけておらず、夕日は拝めず。

横山展望台から夕日

車に戻り、ホテルへ向かう。

運転手に聞いたところ、ホテルの宿泊客は6割日本人、4割外国人といったところらしい。

短期の滞在客はホテルステイ中心で過ごす人が多く、長期の人は伊勢神宮を参拝したり、真珠の取り出し体験や海女小屋に行ったりしてるとのこと。

アマネムのナギスイートにチェックイン

19時10分頃、アマネムのアライバルラウンジに到着。

アマネムのアライバルラウンジ1

すごい丁寧な接客をするスタッフから、施設の説明を受ける。

この時貰ったのが以下の2つのマップ。

アメックスプラチナのFHRのお陰で、ソラスイートからナギスイートにアップグレードしてくれたとのこと。

また、16時までのレイトチェックアウトも確定とのこと。

アライバルラウンジの雰囲気を写真に撮りたいと言ったら、より雰囲気が出るようにドア開けてくれたり、便宜図ってくれた。

アマネムのアライバルラウンジ2

アマネムのアライバルラウンジ3

ここからはバギーに乗って、自分の部屋へ。

部屋を案内してくれた若いお兄さんは栃木出身らしい、群馬出身なのでお隣ですねぇと。

ベランダに出てみた。

暗くてよく見えないが、海が近いのは分かる。これは明日の朝が楽しみ。

アマネムのナギスイートのベランダからの眺め(夜)

スタッフとバイバイした後、部屋の撮影。

アマネムのナギスイートの部屋2

平屋建てで天井が高い。

アマネムのナギスイートの高い天井

アマネムのナギスイートの部屋3

アマネムのナギスイートの部屋4

デイベッド。

アマネムのナギスイートの部屋5

ダイニングテーブルもあるので、インルームダイニングでここで食事することも可能。

アマネムのナギスイートのダイニングテーブル

ミニバーはアルコール以外は無料らしい。

アマネムのナギスイートのミニバー1

アマネムのナギスイートのミニバー2

温泉の出るお風呂。

アマネムのナギスイートのお風呂

洗面台は2つ。

アマネムのナギスイートの洗面台

広いクローゼット。

アマネムのナギスイートの洗面台

アマネムのレストランで晩飯(1日目)

20:20くらいに部屋を出て、歩いてダイニング&バーラウンジがある建物へ向かう。

※内線で呼べば、バギーで迎えに来てくれる。

真っ暗だよ。

夜の暗いアマネムのゲストスイートの通路1

夜の暗いアマネムのゲストスイートの通路2

こんなに暗いのは昔訪れた波照間島くらいかな。

レセプション到着後、スタッフに先導されて、レストランへ。

20,000円の「奏(かなで)」コースを注文。

温かいごま豆腐にカラスミ乗せ、美味しい。

アマネムのダイニングの温かい焼きごま豆腐のカラスミ乗せ

松阪牛のウニ乗せ、トリュフ蕎麦にうずらの卵。たまらん旨さ。

アマネムのダイニングの松阪牛のウニ乗せ、トリュフ蕎麦にうずらの卵

スパークリングワインを飲んでいたが、次はお造りなので、「真澄 純米吟醸 アマンオリジナルブレンド」を。300ml入ってて2,800円なので、ここではリーズナブルだ。

アマネムのダイニングの真澄 純米吟醸 アマンオリジナルブレンド

お造りは、サザエ、カツオ、はた、鞘巻(さいまき)エビ(車海老の子供)、アオリイカ。添え物としてアオサも。

アマネムのダイニングのお造り

全国で生産されているあおさのりの約6割は三重県産とのことだよ。

白身魚のはたは、煎り酒という独特の調味料でいただく。淡白な白身の味を引き出す感じの調味料だね。

この後、椀物なのだが、調理する前に具材を見せに来てくれた。はまぐりと鯛。

アマネムのダイニングの椀物のはまぐりと鯛

サワラの炭火焼きを蒸したものと伊勢海老フラン。フランは茶碗蒸しのような感じ。

アマネムのダイニングのサワラの炭火焼きと伊勢海老フラン

肉料理は、伊賀牛低温ローストの赤味噌ソース。

アマネムのダイニングの伊賀牛低温ローストの赤味噌ソース

締めご飯はまさかの深川めし(笑)

アマネムのダイニングの深川めし

全部食べられないと言ったら、おにぎりにしてくれたよ。

最後まで日本酒とよく合った。

デザートは、うぐいす餡のモナカにイチゴのシャーベット。

アマネムのダイニングのうぐいす餡のモナカにイチゴのシャーベット

お腹的にもちょうどいい量だった。

22時20分に店を出る頃にはもう誰もおらず。

いいチャンスなので写真を撮らせてもらった。

アマネムのダイニングの内観(夜)1

アマネムのダイニングの内観(夜)2

アマネムのダイニングの内観(夜)3

夜のバーラウンジとプールを見学

この後、隣のバーラウンジへ。

誰もいなかった。

スタッフも早帰りしたいだろうから(笑)、注文はせず、内観だけを撮らせてもらった。

アマネムのバーの内観(夜)1

アマネムのバーの内観(夜)2

すぐ脇にあるプールも見学

夜の暗いアマネムのゲストスイートの通路2

清掃マシンが動いていた。

夜の暗いアマネムのゲストスイートの通路2

星空

歩いて部屋に戻る。

星が驚くほど一杯見える。

宮古島や石垣島でもこんなに星見えないんじゃないかってくらい。

そして、静かーなのだ。

22:40くらいに部屋に戻ったら、ターンダウンサービスが済まされていた。

おにぎりをつまみに伊勢志摩の地ビールを1本だけ。

アマネムのダイニングのおにぎり

今回の旅を機に、心を整えて、バカ飲みする悪癖を直したい。

明日以降の予定を考えながら、26時前にベッドに入ったが、虫が2匹紛れ込んでいて、ぶんぶぶんぶうるさかった。

静かな朝

7:45に起床。

なるほど、こういう景色か。

アマネムのナギスイートのベランダからの眺め1

ベランダに出てみると、たまに鶯の声が聞こえるくらいで本当に静か。

アマネムのナギスイートのベランダからの眺め2

そして、快適な気候で気持ちいい。

しばらくまったりしていた。

アマネムのレストランで朝食(和箱朝食)

8:30過ぎに部屋を出て、歩いてレストランへ向かう。

昨晩は暗くて見えなかったけど、今泊まっているところはこんな感じでゲストスイートが並ぶ。

アマネムのゲストスイートの通路

ちなみに、私が泊まっているのは以下の地図で赤色の3番のところ。

※青がヴィラ、赤がゲストスイート。

アマネムのマップ

ダイニングに行く前に、昨晩よく見えなかったサンクン(sunken)テラスとプールサイドを見学。

アマネムのプール1

アマネムのプール2

アマネムのプール3

右がバーラウンジで、左がレストランだ。

アマネムのプール4

レストランへ行くと、昨晩のディナーをサーブしてくれた女の子がまた担当してくれた。

アマネムのダイニングからの眺め(朝)

朝食は、

  • 和箱朝食
  • 和膳
  • アメリカンブレックファスト
  • コンチネンタルブレックファスト

からの選択。

ボリュームがある和箱朝食にした。

ご飯とおかゆが選べたのでおかゆに。

来ました。

アマネムの和箱朝食の全体像

フカフカの厚みのある卵焼き。

アマネムの和箱朝食の卵焼き

サワラにアジの一夜干しに豚肉。

アマネムの和箱朝食の魚と肉

もずく酢に、生たらこ、さつま揚げ、つくね、アスパラのマス巻、マグロの照り煮、キュウリと人参の漬物。

アマネムの和箱朝食の野菜類

牛そぼろの肉じゃがに湯葉豆腐。カツオは後でかつおだしのだし汁で鰹茶漬けにするのがおすすめと言われたので残しておいた

アマネムの和箱朝食のカツオ

かつおだしの湯豆腐。

アマネムの和箱朝食の湯豆腐

お茶漬け用に白米に変えてもらい、鰹茶漬け。

アマネムの和箱朝食の鰹茶漬け1

アマネムの和箱朝食の鰹茶漬け2

デザートは焼きリンゴと苺のヨーグルト。

アマネムの和箱朝食のデザート

1時間位かけて食べた。

朝からお腹いっぱい。こりゃ昼飯要らないわ。

部屋でゆっくり

レセプションで自転車を貸してもらい、部屋に戻る。

天然温泉の風呂に浸かる。

アマネムのナギスイートの天然温泉の風呂1

アマネムのナギスイートの天然温泉の風呂2

ベランダでコーヒー牛乳。

アマネムのナギスイートのベランダでコーヒー

のんびりのんびり。

その後は、ちょっと仕事も。

アマネムのナギスイートのベランダで仕事

英虞湾を遊覧船が。

英虞湾の遊覧船

双眼鏡で覗いてみたよ。

あぁ、手ブレ防止機能付きの双眼鏡欲しいな・・・

その後、ベッドに横になってたら、いつの間にか二度寝していた。

昼のライブラリー、バーラウンジ、レストランを見学

13:30くらいに起床。

自転車で「マリーナ」とか「夕日に染まる浜」とかに行ってみよう。

その前に、レセプションに寄って、ライブラリーを見学させてもらった。

アマネムのライブラリー1

アマネムのライブラリー2

アマネムのライブラリー3

アマネムのライブラリー4

アマネムのライブラリー5

また、昨晩は暗い写真しか撮れなかったので、バーラウンジとレストランも。

アマネムのバーラウンジの内観(昼)1

アマネムのバーラウンジの内観(昼)2

アマネムのバーラウンジの内観(昼)3

アマネムのバーラウンジの内観(昼)4

レストラン。

アマネムのダイニングの内観(昼)1

アマネムのダイニングの内観(昼)2

アマネムのダイニングの内観(昼)3

アマネムのダイニングの内観(昼)4

ここで食べてる人がいたよ。

アマネムのダイニングのテラス(昼)

自転車で「夕日に染まる浜」へ

さて、チェックイン時に渡された以下の地図(クリックで拡大)。

アマネムのマップ2

これを頼りに「マリーナ」に行こうと、アマネム内を進んでいったが、行き止まりに。

近くにいたスタッフに聞いたら、一回、アマネムの敷地を出ないと行けないとのこと。

「ただ、船があるだけで、マリーナの前も急坂なので・・・」とあまりお薦めはしない感じであった。

では、「夕日に染まる浜」に行こう。こちらはゲートを出てから1.8キロメートルくらいらしい。

ゲートを出て、しばらく進み、十字路を左に。

ネムリゾートの夕日に染まる浜までの道のり1

里山ラウンジ、ヨガテラスというネムリゾートの施設。

里山ラウンジ、ヨガテラス

パターゴルフ場。

ネムリゾートのパターゴルフ場

下り坂が続くので、帰りのことを考えて憂鬱になってきた(笑)

ネムリゾートの夕日に染まる浜までの道のり2

分譲の別荘みたい。

ムリゾートの別荘

スポーツスタジアムも。

ムリゾートのスポーツスタジアム

結構アップダウンがあるので、アマネムさん、是非、電動自転車の導入をお願い(笑)

この橋をくぐって、しばらく行くと、海が見えてきた。

ネムリゾートの夕日に染まる浜までの道のり3

ネムリゾートの夕日に染まる浜までの道のり4

ネムリゾートの夕日に染まる浜までの道のり5

ソファがあって、夕日を見たり、星空を見たりするのにいいのかもしれない。

ただ、スタッフに話しによると、この時期は、方角的に夕日を最後まで見ることはできないとのことだった。

ネムリゾートの夕日に染まる浜1

砂浜に降りてみた。

ネムリゾートの夕日に染まる浜2

「ブラタモリ」で取り上げられそうな地層があった

ネムリゾートの夕日に染まる浜3

しばらくソファで休憩。

私の他には誰もいない。

帰りは自転車を押して帰った。

ネムリゾートの夕日に染まる浜までの道のり6

自転車で「マリーナ」へ

このままホテルに戻って、サーマルスプリングに行くのも良かったが、せっかくなので、「マリーナ」へも行ってみることに。

ネムホテルの前を通って、急坂を下っていく。

ネムホテルの外観

ネムリゾートのマリーナへの道のり1

ネムリゾートのマリーナへの道のり2

マリーナに到着。

ネムリゾートのマリーナ1

ネムリゾートのマリーナ2

これで船を海に下ろすのか。

ネムリゾートのマリーナ3

テラスが設置してあったが、店は営業していなかった。

ネムリゾートのマリーナ4

でも、バーベキューができるテーブルがあったので夏はバーベキューができるのかな?

また、自転車を押して坂道を登る。

ここから先がアマネムの敷地。宿泊者しか入ることはできない。

ネムリゾートのアマネムの敷地

門番のおじいさんに「どこまで行ってきたの?」と聞かれたから「浜とマリーナに行って疲労困憊」と言ったら、笑われた。

ネムリゾートのアマネムゲート

アマネムのサーマルスプリング

そのまま自転車でサーマルスプリングに向かう。

結構坂を下ってから最後急坂を登る。

アマネムのサーマルスプリングまでの道のり

途中、建設中の建物が見えたが、これは分譲用のヴィラとのことだ。

アマネムの分譲用のヴィラ

建物のデザインはアマネム全体で統一されているね。

アマネムのフィットネス棟

水着を借りて、更衣室へ。

鏡のように見えるところがロッカー。

アマネムのサーマルスプリングの更衣室1

アマネムのサーマルスプリングの更衣室2

この更衣室内にはサウナもあるよ。

サーマルスプリング、既に利用している人がいたので、その人と目が合わないような場所へ。

アマネムのサーマルスプリング1

アマネムのサーマルスプリング2

温泉は38度位で、ずっと入っていられる温度。

アマネムのサーマルスプリング3

アマネムのサーマルスプリング4

リゾートホテルのプールだと、スタッフが飲み物を聞きに来たり、バスタオルを交換したりしてくれたりするが、一応ここは温泉ということになっているせいか、基本放置プレイ(笑)

明後日の予定を考えながら、ベッドでゴロゴロしていた。

津から船でセントレアに行くのは止めて、伊勢市で延泊するかな。

1時間くらい滞在。

その後、フィットネスジムも少し見学させてもらう。

新しい設備が入っている気がした。

アマネムのフィットネス1

アマネムのフィットネス2

アマネムのフィットネス3

アマネムのフィットネス4

疲れちゃったんで、自転車は乗り捨てさせてもらって、カートで部屋まで送ってもらった。

助かった。

ナギスイートの内観(昼)

17時過ぎに部屋に戻ると、きれいになっていた。

比較的明るい時間の写真も載せておく。

アマネムのナギスイート(昼)1

アマネムのナギスイート(昼)2

アマネムのナギスイート(昼)3

アマネムのナギスイート(昼)4

アマネムのナギスイート(昼)5

アマネムのナギスイート(昼)6

アマネムのナギスイート(昼)7

アマネムのナギスイート(昼)8

アマネムのナギスイート(昼)9

アマネムのナギスイート(昼)10

晩飯の時間まで1時間くらいまったりしていた。

アマネムのレストランで晩飯(2日目)

18時にレストランへ。

アマネムのダイニング(2日目)1

昨日から聞いていたが、今日からコースのメニューが夏メニューに変更されるとのこと。

昨日と同じ「奏コース」を注文。

アマネムのダイニング(2日目)2

来ました、志摩といえばのアワビ。

アマネムのダイニング(2日目)のアワビ

しゃぶしゃぶしたやつと煮たやつの両方。

また昨日と同じ「真澄 純米吟醸 アマンオリジナルブレンド」を注文。

アマネムのダイニング(2日目)の真澄 純米吟醸 アマンオリジナルブレンド

明日、伊勢神宮に行くつもりなので、『ブラタモリ 7』の伊勢編のところを読んでいた。

次は昨日と同じトリュフ蕎麦と、ウニと和牛の磯辺巻き。

トリュフそばはいい香りで本当に旨い。

アマネムのダイニング(2日目)のトリュフ蕎麦と、ウニと和牛の磯辺巻き

お造り、これは昨日と同じだね。どれもとても美味しいので無問題。

アマネムのダイニング(2日目)のお造り

碗は、夏メニューということで鱧と鱧真丈。

アマネムのダイニング(2日目)の鱧の碗1

アマネムのダイニング(2日目)の鱧の碗2

鮎の炭火焼に鰻、日本酒に合うものばっかりね。

アマネムのダイニング(2日目)の鮎の炭火焼にうなぎ

今日のお客さんは8割方、外国人だ。

この時点であとは、メインとご飯とデザート。

昼を抜いたせいでもうちょっと食べられそうだ。

アラカルトで昨日から気になっていた伊勢海老のクリームコロッケを追加した。

松阪牛の低温冷しゃぶ。

アマネムのダイニング(2日目)の松阪牛の低温冷しゃぶ

伊勢海老コロッケ来た。

アマネムのダイニング(2日目)の伊勢海老のクリームコロッケ

満足満足。

締めご飯はたこ飯。

アマネムのダイニング(2日目)のたこ飯

デザートはバナナのシフォンケーキ、かかってるソースがやけに旨い。

アマネムのダイニング(2日目)のデザート

2時間半くらいいた。

腹12分目。

余ったタコご飯はまたおにぎりにしてもらった。

旅行計画の見直し

部屋に戻ると、何やらお守りのプレゼントが。

アマネムのお守り

明日以降の予定を変更。

津から船でセントレアに渡って、フォーポイントバイシェラトン名古屋に泊まる計画は中止して、伊勢市に2泊することにする。

ホテルをキャンセルして、新しく予約し直す。

無事手続きが済んだあと、ビールで一息。

つまみは部屋にあるせんべい。

アマネムのせんべい

そして、夜食のおにぎり。

アマネムのおにぎり2

24時半くらいに寝た。

なんか悪夢を3本建てで見てしまい、何度も起きてしまった。

アマネムのレストランで朝食(アメリカンブレックファスト)

明け方からようやくぐっすり寝られて、起きたら9:30。

朝食ギリギリじゃない。

今日も曇りか。

アマネムのナギスイートのベランダからの眺め(曇天)

10:20にレストランへ。

今日はこちらの席に。

アマネムのダイニングで朝食(アメリカンブレックファスト)1

今日はアメリカンブレックファストにした。

卵料理は目玉焼きに。

パンを見せてくれて好きなのを選ばせてくれる。

アマネムのダイニングで朝食(アメリカンブレックファスト)2

サラダとフルーツ見せてくれて、好きなのを選ばせてくれる。

アマネムのダイニングで朝食(アメリカンブレックファスト)3

とても彩り豊かな朝食に。

アマネムのダイニングで朝食(アメリカンブレックファスト)4

サラダにかかっているのはパルメザンチーズ。アスパラに姫大根にさやえんどう、人参、トマト、カリフラワー。

アマネムのダイニングで朝食(アメリカンブレックファスト)5

アマネムのダイニングで朝食(アメリカンブレックファスト)6

アマネムのダイニングで朝食(アメリカンブレックファスト)7

アマネムのダイニングで朝食(アメリカンブレックファスト)8

食パンは焼いてくれる。ジャムとバターも旨かったね。

アマネムのダイニングで朝食(アメリカンブレックファスト)9

部屋でのんびり

11時過ぎに食べ終えて、部屋に。

モッピーのポイントをチャージできるPOINT WALLET VISA PREPAIDの記事にコメントが来ていたので、返事をしたり、記事を修正したり。

気づくと、晴れてきてる。

アマネムのナギスイートのベランダからの眺め(晴天)

鶯の鳴き声くらいしか聞こえない静かな環境は、雑念が沸かないので、仕事が捗るよ(笑)

ところで、この、バスローブがとても着心地がいい!

アマネムのplohバスローブ1

肌触りが良くて、軽くて、通気性も良い。

これ来てスパに行ったりしてもOK。

調べたら、plohというところのもので2万円位するらしい。

欲しくなってしまった。

荷物を少しずつまとめながら、この快適な世界を楽しんだ。

アマネムのplohバスローブ2

最終的には雲一つなくなったよ。

アマネムのナギスイートのベランダからの眺め(快晴)

あと、今日初めて気づいたんだけど、洗面台の窓を見ると、見事に英虞湾が映るのね。

アマネムの洗面台に映る英虞湾

アマネムをチェックアウト

15:30に部屋を出る。

こんな快晴。

快晴のアマネム

レセプションへ。

アマネムのレセプション

チェックアウト。

費用は部屋代と夕食2回分のみ。そこからFHRの特典で100ドル相当が差し引かれる。

分類細目費用
宿泊費アマネム322,920円
飲食代レストラン(1日目)32,167円
レストラン(2日目)35,645円
その他FHR割引-10,177円
合計380,555円

FHR利用時はアメックスプラチナでの決済が条件だ。

バスローブはここで購入できるとのこと。また、後日、配送も可能とのこと。

お世話になったスタッフにお礼を言って、バギーでアライバルラウンジへ。

送迎車のレクサス。

アマネムのレセプション

再び、横山展望台へ

これ以上ない快晴なので、また、横山展望台に寄ってもらうことにした。

ドライバーは、以前はグランドハイアットに勤めていたという人で、アマンの他のホテルのことなどをいろいろ教えてくれた。

上海、北京のアマンは空港からのアクセスも良いらしいので、行ってみたいね。

横山展望台からの眺めは素晴らしかった。

今回は、カフェレストランの2階からも眺めることができて、より良かった。

横山展望台からの英虞湾(快晴)1

横山展望台からの英虞湾(快晴)2

横山展望台からの英虞湾(快晴)3

ドライバーに聞いてみたけど、アマネムは低層の建物なので、ここからは見えないらしい。

中央に見えている建物は、スペイン村とのこと。

16:25に賢島駅に到着。

スーツケースを見ると、アマネム特製のタグが付いていた。

世界中のアマンで違うものが用意されているようだ。

16:30の名古屋行きの特急に乗車。

賢島から名古屋行きの特急

今日は19:30から、サッカー日本代表のキリンチャレンジカップがある。

晩飯どうしようかな?

伊勢志摩旅行記の後編は以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは旅行記、搭乗記、ポイント・マイルの獲得方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。