J-WESTカード

「エクスプレス予約」と「スマートEX」の違いをわかりやすく解説

「エクスプレス予約」と「スマートEX」の違い

JR東海道・山陽新幹線のネット予約システムの「エクスプレス予約」と「スマートEX」。

その違いがよく分からないという人が多いでしょう。

分かりやすく解説します。

年に一回でも新幹線に乗る人は「エクスプレス予約」を利用したほうがお得ですよ。

この記事の最後に、「エクスプレス予約」のおすすめの登録方法も紹介します。

「エクスプレス予約」と「スマートEX」の比較表

まず、「エクスプレス予約」と「スマートEX」の比較表をざっとご覧ください。

エクスプレス予約スマートEX
利用できる人■J-WESTカード「エクスプレス」会員
■JR東海エクスプレス・カード会員
■「ビュー・エクスプレス特約」会員
■「プラスEX」会員
誰でも可
年会費1,100円0円
予約方法EXアプリ、スマートフォン、PC
予約変更EXアプリ、スマートフォン、PCから無料で変更可能
価格例東京⇔新大阪:13,620円
新大阪⇔博多:13,490円
東京⇔新大阪:14,520円
新大阪⇔博多:15,400円
乗車方法専用ICカード
※ビュー・エクスプレス特約はモバイルSuica
お手持ちの交通系ICカード
グリーンプログラム対象対象外

「エクスプレス予約」と「スマートEX」の違い

(1)利用できる会員の違い

「エクスプレス予約」を利用できるのは、

  • J-WESTカード「エクスプレス」会員
  • JR東海エクスプレス・カード会員
  • モバイルSuicaにビューカードを登録していて、「ビュー・エクスプレス特約」をしている人
  • 対象のクレジットカードで「プラスEX」の登録をしている人

に限られます。

一方、「スマートEX」はクレジットカードをお持ちの方であればどなたでも利用できます。

(2)年会費の違い

(1)で「エクスプレス予約」できる人を紹介しました。

J-WESTカード「エクスプレス」の年会費は1,100円(税込)です。

JR東海エクスプレス・カードの年会費も1,100円(税込)です。

モバイルSuicaにビューカードを登録している人が、「ビュー・エクスプレス特約」申し込む時の年会費も1,100円(税込)です。

対象のクレジットカード会員が「プラスEX」を申し込む時の年会費は1,100円(税込)です。

対象のクレジットカードとは、ジェーシービー、三井住友カード、三菱UFJニコス、トヨタファイナンス、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.、イオン銀行、セディナ、三井住友トラストクラブが発行する個人カードです。

利用方法を問わず、「エクスプレス予約」を利用しようとすると、年会費1,100円(税込)かかると考えてください。

一方、「スマートEX」の年会費は0円です。

後述しますが、年に1回でも東海道・山陽新幹線を利用するなら、「エクスプレス予約」の年会費は元が取れます。

(3)価格の違い

以下は東京発着の運賃例です。東京-新大阪間でも片道900円も違います。往復なら1,800円。夫婦で乗ればその倍。

「エクスプレス予約」の年会費1,100円の負担はすぐに元が取れてしまうことが分かります。

エクスプレス予約スマートEX
東京⇔新横浜2,270円2,810円
東京⇔名古屋10,310円11,100円
東京⇔京都13,070円13,970円
東京⇔新大阪13,620円14,520円

以下は新大阪駅発着の運賃例です。新大阪-博多間では片道だけで2,000円前後も違います。

エクスプレス予約スマートEX
新大阪⇔岡山5,610円6,150円
新大阪⇔広島9,320円10,430円
新大阪⇔博多13,490円15,400円
新大阪⇔博多
(往復割引)
12,310円14,420円

(4)乗車方法の違い

「エクスプレス予約」の場合、新幹線専用のICカードを利用して乗車します。

エクスプレス予約の新幹線専用のICカード

新幹線専用のICカードは、J-WESTカード「エクスプレス」、JR東海エクスプレス・カード、「プラスEX」に入会後1週間程度で送られてきます。

新幹線専用のICカードが届く前も、券売機で紙のきっぷを発券して乗車できます。

「エクスプレス予約」のなかでも、「ビュー・エクスプレス特約」利用者だけは、例外的にモバイルSuicaを利用して乗車します。

「スマートEX」では、既にお持ちのSuicaやICOCA、SUGOCAなどの交通系ICカードを利用して乗車します。

(5)グリーンプログラムの対象になるかならないかの違い

「エクスプレス予約」で乗車すると、グリーンプログラムの対象になります。

※プラスEX会員は対象外です。

エクスプレス予約で乗車すると、利用区間に応じて、登録不要で自動的にポイントが貯まります。

エクスプレス予約のグリーンプログラムで貯まるポイント

東京発着のポイント積算例です。

利用区間蓄積ポイント
東京⇔新横浜10ポイント
東京⇔名古屋50ポイント
東京⇔京都90ポイント
東京⇔新大阪90ポイント

新大阪発着のポイント積算例です。

利用区間蓄積ポイント
新大阪⇔岡山20ポイント
新大阪⇔広島50ポイント
新大阪⇔博多110ポイント

ポイントを一定数貯めると、普通車指定席の値段でグリーン車が利用できます。

必要なポイント数は、予約の区間に関わらず、以下のようになっています。

利用の列車のぞみひかりこだま
必要ポイント数1,000800600

東京-新大阪間を6往復すると、1回「のぞみ」のグリーン車に乗れる計算ですね。

「エクスプレス予約」で家族3人分の特急券を購入した場合は、予約した人に3人分のポイントが貯まります。

家族3人で東京-新大阪間を2往復すると、1回「のぞみ」のグリーン車に乗れる計算です。

「エクスプレス予約」を利用できる会員の中でも「プラスEX」会員と、「スマートEX」の会員は、グリーンプログラムの対象外です。

結論:「エクスプレス予約」の方が「スマートEX」より断然お得

「エクスプレス予約」の年会費1,100円は、東海道・山陽新幹線を利用するならすぐに元が取れるでしょう。

使えば使うほどお得です。

グリーンプログラムでグリーン車に乗れる特典も享受できます。

「スマートEX」で東海道・山陽新幹線を利用するのはもったいないですよ!

「エクスプレス予約」はどの方法で利用するのがおすすめ?

「エクスプレス予約」は、以下の会員が利用できます。

  • J-WESTカード「エクスプレス」会員
  • JR東海エクスプレス・カード会員
  • モバイルSuicaにビューカードを登録していて、「ビュー・エクスプレス特約」をしている人
  • 対象のクレジットカードで「プラスEX」の登録をしている人

どの方法で利用するのがおすすめでしょうか?

J-WESTカード「エクスプレス」のメリット・デメリット

西日本在住者におすすめなのが、J-WESTカード「エクスプレス」です。

JR西日本は「e5489」というネット予約サービスを運営しています。JR東日本の「えきねっと」に相当するものと理解してください。

J-WESTカード会員は、この「e5489」でJ-WESTカード会員限定のお得なきっぷを購入することができます。

特急はるか、特急サンダーバード、特急しらさぎ、快速マリンライナーなどを利用するときにとても得します。

■特急はるか(新大阪駅⇔関西空港駅)

特急はるか(新大阪駅⇔関西空港駅)のeきっぷの料金

■特急サンダーバード(大阪⇔金沢)

特急サンダーバード(大阪⇔金沢)のeきっぷの料金

■特急しらさぎ(米原⇔福井)

特急しらさぎ(米原⇔福井)のeきっぷの料金

■快速マリンライナー(岡山⇔高松)

マリンライナー(岡山⇔高松)のeきっぷの料金

また、びっくりするかもしれませんが、家族で東京駅から軽井沢駅や金沢駅まで行くときも、JR東日本の「えきねっと」を使うよりJR西日本の「e5489」でJ-WESTカード会員限定の「eきっぷ」を購入したほうが安いケースが多いです。

さらに、多頻度顧客向けの「J-WEST プレミア・プログラム」というサービスもあります。

「エクスプレス予約」で山陽新幹線(新大阪~博多)の一部を含む区間、ならびに、「e5489」で北陸新幹線(金沢~上越妙高)の一部を含む区間を利用すると、プレミア・スコアが貯まり、プレミア・スコアに応じて特典も受けられます。

「エクスプレス予約」を利用するのにどうせ1,100円かかるのなら、J-WESTカード「エクスプレス」を発行するのが最も有益なんじゃないかと思います。

旅好きにとっては、得する機会が大幅に増えますから。

J-WESTカード公式サイト

この他にもJ-WESTカードのメリットはあります。詳しく知りたい方は以下の記事もぜひ御覧ください。

デメリットは、J-WESTカード「エクスプレス」を使って貯まるJ-WESTポイントの還元率が0.5%と低いことです。

J-WESTカード「エクスプレス」は、「エクスプレス予約」が使えて、「e5489」のJ-WESTカード会員限定のお得なきっぷを購入できるカードと割り切るといいかなと思います。

JR東海エクスプレス・カードのメリット・デメリット

JR東海には、JR西日本の「e5489」、JR東日本の「えきねっと」に相当するようなネット予約サービスがありません。

JR東海エクスプレス・カードは「エクスプレス予約」以外にメリットが見当たらないカードです。

私が知らないだけかもしれませんので、ご存知でしたら教えて下さい。

「ビュー・エクスプレス特約」のメリット・デメリット

「ビュー・エクスプレス特約」で「エクスプレス予約」を使うメリットは、モバイルSuicaで東海道・山陽新幹線に乗れることです。

例えば、私が、

  • 小田急線(経堂駅⇒新宿駅)
  • JR中央線(新宿駅⇒東京駅)
  • 東海道新幹線(東京駅⇒掛川駅)
  • 東海道線(掛川駅⇒磐田駅)

と移動する場合も、モバイルSuica一台で全ての改札を通過できます。

凄い便利です。

EX-ICカードを持ち歩かずに済みます。

普段からビューカードを使っている方にとっては、東海道・山陽新幹線に乗る場合もJRE POINTを貯めることができ、ポイントの分散を防ぐことができるという点もメリットですね。

「ビュー・エクスプレス特約」で「エクスプレス予約」を利用する方法については、以下の記事を参考にしてください。

ただ、同じ1,100円の追加出費をするなら、J-WESTカード「エクスプレス」を発行したほうが、得する機会が大幅に増えるのでお得なんじゃないかとも思います。

「プラスEX」のメリット・デメリット

グリーンプログラムの対象外になってしまいます。

「プラスEX」のメリットは、いつも使っているカードで東海道・山陽新幹線の特急券を決済できるので、クレジットカードのポイントが分散しないことです。

まとめ

年に1回でも東海道・山陽新幹線を利用するなら、「エクスプレス予約」を利用できたほうがお得。

同じ1,100円の追加出費をするなら、得する機会が増えるJ-WESTカード「エクスプレス」を発行するのがおすすめかなと思いますが、どうでしょうか?

J-WESTカード公式サイト

ちなみに私は、「ビュー・エクスプレス特約」で「エクスプレス予約」をしながら、J-WESTカードも持っています。

「ビュー・エクスプレス特約」で東海道・山陽新幹線をモバイルSuicaでスイスイ乗れるメリットを享受しつつ、J-WESTカードのお得なきっぷのメリットも受けています。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは旅行記、搭乗記、ポイント・マイルの獲得方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。