新幹線

ビュー・エクスプレス特約で東海道・山陽新幹線に乗る方法とそのメリット

「ビュー・エクスプレス特約」で東海道・山陽新幹線に乗る方法とそのメリットを紹介します。

以下の手続きを行えば、2週間後には、モバイルSuicaで「エクスプレス予約」が可能になります。

在来線と東海道・山陽新幹線の乗り換えも、モバイルSuica一つで可能になります。

便利になる上に、料金安くなり、グリーンプログラムのポイントも貯まるようになります。

ビュー・エクスプレス特約で東海道・山陽新幹線に乗る方法:準備編

以下2つの準備を行ってください。

ビューカードを発行する

以下のいずれでも結構ですので、ビューカードを発行してください。

初めてビューカードを作る方は、JRE CARDがいいでしょう。

新規入会キャンペーンも実施中です。

ビューゴールドプラスカード、もしくは、JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードを作ると、東京駅にある「ビューゴールドラウンジ」も利用可能になりますよ。

参考:東京駅の「ビューゴールドラウンジ」の利用条件とラウンジ訪問レポート

モバイルSuicaアプリをインストール

スマートフォンにモバイルSuicaアプリをインストールして、会員登録を行ってください。

Suica

Suica
開発元:East Japan Railway Company
無料
posted withアプリーチ

ビュー・エクスプレス特約で東海道・山陽新幹線に乗る方法:手続き編

ビューカードをモバイルSuicaの決済用クレジットカードに登録する

モバイルSuicaアプリの「チケット管理・Suica管理」をタップしてください。

「登録クレジットカード情報変更」をタップして、ビューカードを登録してください。

ビューカードを登録しないと、次の「ビュー・エクスプレス特約」の申込ができません。

「ビュー・エクスプレス特約」の申込をする

モバイルSuicaアプリの「チケット管理・Suica管理」をタップしてください。

「ビュー・エクスプレス特約」をタップして、「ビュー・エクスプレス特約申込」をタップしてください。

「エクスプレス予約会員証」が届くのを待つ

「ビュー・エクスプレス特約」申込から2~3週間程度で、ビューカードの登録住所宛に「エクスプレス予約会員証」が届けられます。

エクスプレス予約会員証

「エクスプレス予約会員証」が届くまでしばらく待ってください。

エクスプレス予約の会員登録を行う

エクスプレス予約会員証が到着したら、モバイルSuicaアプリの「チケット管理・Suica管理」をタップしてください。

「エクスプレス予約(JR東海)」をタップして、会員登録とパスワードの設定を行ってください。

以上で完了です!

ビュー・エクスプレス特約で東海道・山陽新幹線に乗る方法:実践編

EXアプリをインストール

EXアプリをインストールしてください。

EXアプリ

EXアプリ
開発元:Central Japan Railway Company
無料
posted withアプリーチ

EXアプリでエクスプレス予約を行う

「エクスプレス予約会員証」の会員IDとパスワードを使ってログインして、あとは自由に予約を行ってください。

ビュー・エクスプレス特約で東海道・山陽新幹線に乗るそのメリット

ビュー・エクスプレス特約で東海道・山陽新幹線に乗るそのメリットを紹介します。

モバイルSuicaだけで乗り換えができる

以下のように乗り換える場合であっても、モバイルSuica一つでスイスイ改札を通過できます。

都内の私鉄

JR

東海道・山陽新幹線

JR西日本のJR

エクスプレス予約会員証も必要ありません。

モバイルSuicaオートチャージができる

モバイルSuicaに登録しているカードがビューカードですので、オートチャージもできます。

いちいち手動でチャージする必要がありません。

値段が安い

「ビュー・エクスプレス特約」を利用して、EXアプリ上で東海道・山陽新幹線のきっぷを購入すると、その値段は「エクスプレス予約」の値段と同じになります。

「エクスプレス予約」の値段は、「スマートEX」よりも安いです。

参考:「エクスプレス予約」と「スマートEX」の違いをわかりやすく解説

エクスプレス予約 スマートEX
東京⇔新横浜 2,270円 2,810円
東京⇔名古屋 10,310円 11,100円
東京⇔京都 13,070円 13,970円
東京⇔新大阪 13,620円 14,520円

東京-新大阪間でも片道900円も違います。往復なら1,800円。夫婦で乗ればその倍。

以下は新大阪駅発着の運賃例です。

新大阪-博多間では片道だけで2,000円前後も違います。

エクスプレス予約 スマートEX
新大阪⇔岡山 5,610円 6,150円
新大阪⇔広島 9,320円 10,430円
新大阪⇔博多 13,490円 15,400円
新大阪⇔博多
(往復割引)
12,310円 14,420円

便利な上に安いわけですね。

グリーンプログラムの対象になる

「ビュー・エクスプレス特約」を利用して、EXアプリ上で東海道・山陽新幹線のきっぷを購入すると、グリーンプログラムの対象になります。

利用区間に応じて、登録不要で自動的にポイントが貯まります。

エクスプレス予約のグリーンプログラムで貯まるポイント

東京発着のポイント積算例です。

利用区間 蓄積ポイント
東京⇔新横浜 10ポイント
東京⇔名古屋 50ポイント
東京⇔京都 90ポイント
東京⇔新大阪 90ポイント

新大阪発着のポイント積算例です。

利用区間 蓄積ポイント
新大阪⇔岡山 20ポイント
新大阪⇔広島 50ポイント
新大阪⇔博多 110ポイント

ポイントを一定数貯めると、普通車指定席の値段でグリーン車が利用できます。

必要なポイント数は、予約の区間に関わらず、以下のようになっています。

利用の列車 のぞみ ひかり こだま
必要ポイント数 1,000 800 600

東京-新大阪間を6往復すると、1回「のぞみ」のグリーン車に乗れる計算ですね。

「エクスプレス予約」で家族3人分の特急券を購入した場合は、予約した人に3人分のポイントが貯まります。

家族3人で東京-新大阪間を2往復すると、1回「のぞみ」のグリーン車に乗れる計算です。

便利な上にポイントも貯まってお得なわけですね。

「スマートEX」の会員、「プラスEX」会員は、グリーンプログラムの対象外です。

まとめ

便利で、安くて、お得な「ビュー・エクスプレス特約」。

JR東日本管内で暮らしている人は利用しない手はありません。

私はたびたび東海道・山陽新幹線を利用していますが、もちろん、この「ビュー・エクスプレス特約」で利用しています。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。