新幹線

【ケース別】北陸新幹線に安く乗る方法まとめ

北陸新幹線に安く乗る方法まとめ

東京在住のjun(@miler_jun)と申します。

金沢や軽井沢や高崎に行くときに北陸新幹線を使います。

北陸新幹線は、高崎駅-上越妙高駅の間はJR東日本により運営され、上越妙高駅-金沢駅の間はJR西日本により運営されています。

そのため、JR東日本のネット予約サービス「えきねっと」でも、JR西日本のネット予約サービス「e5489」でも北陸新幹線の特急券を購入できます。

ケース別、北陸新幹線に安く乗る方法を紹介します。

「e5489」のJ-WESTカード会員限定の「eきっぷ」という選択肢を持っているとお得ですよ。

一人で北陸新幹線に乗る場合

一人で北陸新幹線に乗る場合は、モバイルSuicaを使うのが最も安くなりますよ。

乗車日「当日」に特急券を購入するケース

以下は、乗車日「当日」に東京-金沢の「はくたか517号」の特急券(普通車指定席)を買う場合の運賃比較です。

えきねっと通常:14,380円
モバイルSuica通常:13,620円
e5489通常:14,380円
eきっぷ:13,730円(J-WESTカード会員限定)

iPhone、Android端末、Apple Watchをお持ちの方なら、Suicaアプリを入れて、モバイルSuica特急券で乗るのが最も安くなります。

東京-高崎、東京-軽井沢でも同じ結果になります。

乗車日「前日」に特急券を購入するケース

以下は、乗車日「前日」に東京-金沢の「はくたか517号」の特急券(普通車指定席)を買う場合の運賃比較です。

えきねっと通常:14,380円
トクだ値:12,940円
モバイルSuica通常:13,620円
スーパーモバトク:12,250円
e5489通常:14380円
eきっぷ:13,730円(J-WESTカード会員限定)
e早特1:12,360円(J-WESTカード会員限定)
WEB早特1:12,940円

この場合も、モバイルSuicaで特急券を購入するのが最もお得になります。

東京-高崎、東京-軽井沢でも同じ結果になります。

モバイルSuica登録カードはビューカードがおすすめ

モバイルSuica登録カードをJRE CARDなどのビューカードに設定すれば、Suicaオートチャージも利用できます。

ビューカード以外ではSuicaオートチャージは利用できません。手動チャージとなります。

Suicaオートチャージ設定を行うと、Suica残額を気にせず、自宅から金沢までの改札をすべてスマホで通過できます。

JRE CARDでモバイルSuica特急券を購入した場合は、JRE POINT還元率が「1.5%」になるのもお得です。

JRE CARDは、10月31日まで新規入会で5,000円相当のポイントが貰えるキャンペーンを実施中ですよ。

グループで北陸新幹線に乗る場合

家族や友人などグループで北陸新幹線に乗る場合は、「e5489」のJ-WESTカード会員限定の「eきっぷ」「e早特」が有力な選択肢になります。

「e5489」は、JR西日本のネット予約サービスです。「えきねっと」のJR西日本版です。

乗車日「当日」に特急券を購入するケース

再び、乗車日「当日」に東京-金沢の「はくたか517号」の特急券(普通車指定席)を買う場合の運賃比較表を見てみましょう。

えきねっと通常:14,380円
モバイルSuica通常:13,620円
e5489通常:14,380円
eきっぷ:13,730円(J-WESTカード会員限定)

モバイルSuicaで特急券を買うのが最も安くなるのですが、モバイルSuicaでは本人一人分の特急券しか購入できません。

モバイルSuica会員が、家族や友人の分の特急券を購入することはできないのです。

グループで北陸新幹線に乗る場合は、モバイルSuicaという選択肢は消えるのです。

jun
jun
もちろん、グループ全員がモバイルSuica会員で、「いっせーのせ」でモバイルSuica特急券を予約して、座席指定すれば、隣同士の席にできるかもしれませんが、現実的ではありませんね。

その結果、最も安い運賃は、J-WESTカード会員限定の「eきっぷ」となります。

東京-金沢で一人あたり片道650円(14,380円-13,730円)安くなります。往復で1,300円安くなります。

家族4人なら、片道2,600円、往復で5,200円安くなります。

東京-高崎、東京-軽井沢でも同様に「eきっぷ」が有利になります。

e5489で購入した「eきっぷ」は、JR東日本の北陸新幹線の各駅ならびに東京都区内の主な駅の「指定席券売機」「みどりの窓口」で受け取り可能です。

きっぷの受取には、J-WESTカードと予約番号、電話番号(下4桁)が必要です。

乗車日当日に少し早めに東京駅に行って、券売機で発券するのがいいでしょう。

券売機で発券する前であれば、列車発車時刻の6分前まで、インターネット上で何度でも手数料無料で変更が可能です。

発券後は、1度だけ「みどりの窓口」で時間のみの変更が可能です。

券売機で発券する前であれば、一人あたり560円で払い戻しも可能です。

ただし、一度券売機で発券してしまうと、払い戻しがJR東日本の北陸新幹線の各駅ならびに東京都区内の主な駅の「みどりの窓口」でできない可能性があります。駅の対応がまちまちです。

きっぷの受取は直前に行うのがおすすめです。

乗車日「前日」に特急券を購入するケース

次に、乗車日「前日」に北陸新幹線の特急券(普通車指定席)を買う場合の運賃を比較してみましょう。

北陸新幹線は列車によって、「トクだ値」の割引率が違うということを頭に入れた上で御覧ください。

トクだ値の割引率
はくたか(東京⇔金沢)10%
かがやき(東京⇔金沢)10%
あさま(東京⇔長野)10%もしくは15%

東京-金沢(はくたか517号)

東京-金沢間を結ぶのは「はくたか」と「かがやき」です。「あさま」は長野止まりとなります。

以下は、乗車日「前日」に東京-金沢の「はくたか517号」の特急券(普通車指定席)を買う場合の運賃比較表です。

えきねっと通常:14,380円
トクだ値:12,940円
モバイルSuica通常:13,620円
スーパーモバトク:12,250円
e5489通常:14,380円
eきっぷ:13,730円(J-WESTカード会員限定)
e早特1:12,360円(J-WESTカード会員限定)
WEB早特1:12,940円

モバイルSuicaが選択肢から消えた場合、最も安い運賃は、e5489で購入できる「e早特1」(J-WESTカード会員限定)になります。

「トクだ値」と比べた場合でも、東京-金沢で一人あたり片道580円(12,940円-12,360円)安くなります。往復で1,160円安くなります。

家族4人なら、片道2,320円、往復で4,640円安くなります。

「e早特1」は、変更不可の運賃となります。

変更する場合は、一度払い戻しの上、新規で予約することになります。

東京-軽井沢(はくたか575号)

以下は、乗車日「前日」に東京-軽井沢の「はくたか575号」の特急券(普通車指定席)を買う場合の運賃比較表です。

東京-軽井沢間の「はくたか」には「トクだ値」の設定がありません。グレー地に横線は、売り切れではなく「元から設定がない」という意味です。

はくたか575号にはトクだ値設定無し

えきねっと通常:6,020円
モバイルSuicaスーパーモバトク:5,240円
e5489通常:6,020円
eきっぷ:5,350円(J-WESTカード会員限定)

モバイルSuicaが選択肢から消えた場合、最も安い運賃は、e5489で購入できる「eきっぷ」(J-WESTカード会員限定)になります。

東京-軽井沢(あさま627号)

以下は、乗車日「前日」に東京-軽井沢の「あさま627号」の特急券(普通車指定席)を買う場合の運賃比較表です。

「あさま627号」の「トクだ値」の割引率は「10%」です。

あさま627号のトクだ値設定

えきねっと通常:6,020円
トクだ値:5,410円
モバイルSuicaスーパーモバトク:5,240円
e5489通常:6,020円
eきっぷ:5,350円(J-WESTカード会員限定)

(グループで北陸新幹線に乗り)モバイルSuicaという選択肢が消えた場合、最も安い運賃は、e5489で購入できる「eきっぷ」(J-WESTカード会員限定)になります。

東京-軽井沢(あさま629号)

以下は、乗車日「前日」に東京-軽井沢の「あさま629号」の特急券(普通車指定席)を買う場合の運賃比較表です。

「あさま629号」には「トクだ値」の設定があります。割引率は「15%」です。

あさま629号のトクだ値設定

えきねっと通常:6,020円
トクだ値:5,110円
モバイルSuicaスーパーモバトク:5,240円
e5489通常:6,020円
eきっぷ:5,350円(J-WESTカード会員限定)

「トクだ値」の設定があり、しかも、その割引率が15%の「あさま629号」に関しては、「えきねっと」で「トクだ値」を購入するのが最もお得です。

「トクだ値」は売り切れているのに、「e早特1」は残っているケース

こういうケースもあります。

「えきねっと」の「トクだ値」は売り切れているのに、「e5489」の「e早特1」はまだ残っているケースです。

例えば、来月11月23日に家族4人で東京から金沢へ行くとします。

「えきねっと」では「かがやき509号」の「トクだ値」は既に売り切れです。

かがやき509号のトクだ値設定

家族4人(内一人子供)の合計運賃は50,330円になります。

かがやき509号のトクだ値設定の合計運賃

一方、「e5489」では、まだ「e早特1」(J-WESTカード会員限定)が残っています。

かがやき509号のe早特1設定

家族4人(内一人子供)の合計運賃は43,250円になります。

かがやき509号のe早特1の合計運賃

その差7,080円。

北陸新幹線を利用する上では、「e5489」のJ-WESTカード会員限定のきっぷという選択肢を持っていると割とお得です。

「エクスプレス予約」も使えるJ-WESTカード「エクスプレス」がおすすめ

J-WESTカードには、以下の2種類あります。

年会費(税込)エクスプレス予約
J-WESTカード「ベーシック」0円×
J-WESTカード「エクスプレス」1,100円

J-WESTカード「ベーシック」なら実質年会費無料ですので、東日本在住の人でも持っていて損はありません。

私はSuicaオートチャージが使えるJRE CARDはもちろんですが、J-WESTカードも持っています。

私が持っているのは、東海道・山陽新幹線の「エクスプレス予約」が使える、J-WESTカード「エクスプレス」です。年会費1,100円です。

当日、東京駅-新大阪駅間の特急券を「エクスプレス予約」で取るだけで、「スマートEX」より900円は得します(片道)。

エクスプレス予約スマートEX
東京⇔新横浜2,270円2,810円
東京⇔名古屋10,310円11,100円
東京⇔京都13,070円13,970円
東京⇔新大阪13,620円14,520円

東海道・山陽新幹線を年に1回でも利用する方は、J-WESTカード「エクスプレス」がおすすめです。

J-WESTカードは、特急はるか(新大阪駅⇔関西空港駅)、サンダーバード(大阪⇔金沢)、特急しらさぎ(米原⇔福井)、快速マリンライナー(岡山⇔高松)などのきっぷを購入する場合も、役立ちます。

J-WESTカード会員限定の安い「eきっぷ」が購入できるからです。

J-WESTカード「エクスプレス」のメリットは、以下で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは旅行記、搭乗記、ポイント・マイルの獲得方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。