新幹線

北陸新幹線は「えきねっと」と「e5489」どちらで予約がお得?

こんにちは。

東京在住のjun(@miler_jun)と申します。

金沢や軽井沢や高崎に行くときに北陸新幹線を使います。

北陸新幹線は、上越妙高駅がJR東日本とJR西日本の「管理境界駅」となっていて、

  • 高崎駅-上越妙高駅の間はJR東日本により運営
  • 上越妙高駅-金沢駅の間はJR西日本により運営

という事実をご存知でしょうか?

北陸新幹線の路線図

北陸新幹線に乗ると、物入れには、

  • JR東日本が発行する車内サービス誌『トランヴェール』
  • JR西日本が発行する車内サービス誌『西Navi』

の両方が入っていますよ。

JR東日本のトランヴェールとJR西日本の西Navi

そして、北陸新幹線(東京駅-金沢駅間)のきっぷは、

  • JR東日本が運営する「えきねっと」
  • JR西日本が運営する「e5489」

のどちらでも購入できます。

北陸新幹線の同じ区間のきっぷを購入する場合でも、

  • 「えきねっと」で買う方が「e5489」で買うよりお得なケース
  • 「e5489」で買う方が「えきねっと」で買うよりお得なケース

が存在します。

東京在住の人はほとんどが「えきねっと」を使っていると思いますが、「e5489」という選択肢も考えてみてください。

北陸新幹線(東京-金沢)を予約する場合は「e5489」の方がお得なことが多い

東京-金沢間のきっぷを購入する場合は、JR西日本の「e5489」を利用した方がお得なことが多いです。

金沢駅は、JR西日本の管轄です。

例えば、本日の「はくたか573号」を予約しようとした場合、

えきねっと 新幹線eチケット 14,180円
e5489 通常のきっぷ 14,380円
eきっぷ 13,730円(J-WESTカード会員限定)
J-WEST eチケット 13,630円(J-WESTカード会員限定)

となり、JR西日本の「e5489」で予約したほうが、片道550円、往復1,100円お得です。

家族4人なら4,400円もお得です。

「J-WEST eチケット」というのは、J-WESTカード会員限定のきっぷです。

次に、翌日の「はくたか573号」を予約した場合です。

えきねっと 新幹線eチケット 14,180円
トクだ値10 12,760円
e5489 通常のきっぷ 14,380円
eきっぷ 13730円
J-WEST eチケット 13,630円
eチケット早特1 12,760円

「えきねっと」の早期割引きっぷ「トクだ値10」と、「e5489」の早期割引きっぷ「eチケット早特1」が両方売れ残っており、こちらは同額になりました。

もし、両方とも売り切れていれば、以下のようになり、やはり、「e5489」でJ-WESTカード会員限定の「J-WEST eチケット」を購入するのがお得になります。

えきねっと 新幹線eチケット 14,180円
e5489 通常のきっぷ 14,380円
eきっぷ 13,730円(J-WESTカード会員限定)
J-WEST eチケット 13,630円(J-WESTカード会員限定)

最後に、1ヶ月後の「はくたか573号」を予約した場合です。

えきねっと 新幹線eチケット 14,180円
トクだ値10 12,760円
トクだ値30 9,920円
e5489 通常のきっぷ 14,380円
eきっぷ 13730円
J-WEST eチケット 13,630円
eチケット早特1 12,760円
eチケット早特14 9,920円

「えきねっと」の早期割引きっぷ「トクだ値30」と、「e5489」の早期割引きっぷ「eチケット早特14」が両方売れ残っており、こちらも同額になりました。

トクだ値30、トクだ値10、eチケット早特14、eチケット早特1、いずれもが売り切れていれば、やはり、「e5489」でJ-WESTカード会員限定の「J-WEST eチケット」を購入するのがお得になります。

今回は、東京駅-金沢駅間を例に取りましたが、「東京」と「上越妙高より金沢よりの駅」の間をきっぷを購入する場合も同様の結果になります。

まとめ

東京から北陸新幹線に乗って、

・糸魚川
・黒部宇奈月温泉
・富山
・新高岡
・金沢

に行く場合は、JR西日本の「e5489」で、J-WESTカード会員限定のJ-WEST eチケットを買うのがお得。

J-WESTカードは年会費無料で作れます。

J-WESTカード公式サイト

JR西日本エリアを旅するときも大いに役立ちます。

参考:J-WESTカード「エクスプレス」ならではのメリットとデメリットを紹介

北陸新幹線(東京-軽井沢)を予約する場合は「えきねっと」の方がお得なことが多い

次の例は、東京-軽井沢です。

軽井沢は、JR東日本の管轄です。

例えば、本日の「あさま625号」を予約しようとした場合、

えきねっと 新幹線eチケット 5,820円
e5489 通常のきっぷ 6,020円
新幹線eチケット 5,820円

となり、同額です。

一方、翌日の「あさま625号」を予約しようとした場合、

えきねっと 新幹線eチケット 5,820円
トクだ値10 4,940円
e5489 通常のきっぷ 6,020円
新幹線eチケット 5,820円

となり、「えきねっと」で予約したほうが、片道880円、往復1,760円もお得です。

ポイントは以下です。

  • 東京-飯山(上越妙高駅の一つ南の駅)間について、「えきねっと」では早期割引チケットの設定がある。
  • 東京-飯山(上越妙高駅の一つ南の駅)間について、「e5489」では早期割引チケットの設定がない。

以下が「えきねっと」の検索結果。

えきねっとのあさま627号

以下が「e5489」の検索結果。

e5489のあさま627号

最後に、一ヶ月後の「あさま625号」を予約した場合です。

えきねっと 新幹線eチケット 5,820円
トクだ値10 4,940円
トクだ値30 4,060円
e5489 通常のきっぷ 6,020円
新幹線eチケット 5,820円

「えきねっと」で予約した場合は、「トクだ値30」で4,060円。

「e5489」との差額は片道だけで1,760円にもなります。

まとめ

東京から北陸新幹線に乗って、

・高崎
・軽井沢
・上田
・長野

などに行く場合は、JR東日本の「えきねっと」で予約するのがお得。

まとめ

北陸新幹線は、

  • 高崎駅-上越妙高駅の間はJR東日本により運営
  • 上越妙高駅-金沢駅の間はJR西日本により運営

のため、面白い現象が起こります。

「えきねっと」と「e5489」を使い分けるとお得ですよ。

「えきねっと」登録カードは、JRE CARDがおすすめ

「えきねっと」登録カードには、JRE CARDがおすすめです。

JRE CARD券面デザイン

「えきねっと」で新幹線の切符をJRE CARDで購入すると、ポイント3倍になり、1.5%分のJRE POINTが貯まります。

Suicaカード、もしくは、モバイルSuicaに、JRE CARDを登録すれば、オートチャージも可能になります。

JRE CARDやLUMINE CARDなどのビューカードを以外を登録した場合は、オートチャージはできません。

Suicaチャージの手間もなくなります。

そして、JRE CARDでチャージすると、そのチャージ金額に対しても、1.5%分のJRE POINTが貯まります。

さらに、JRE POINT WEBサイトにモバイルSuicaの番号を登録しておけば、Suicaでの電車の乗車、キオスクでの買い物でもJRE POINTが貯まります。

JRE POINTの加算状況

チャージで1.5%分貯まった上に、その電子マネーの利用でさらにポイントが貯まるのです。

「2重取り」ですね。

JRE CARDは、ボーナスポイントが貰えるお得な入会キャンペーンを実施中ですのでこの機会に是非。

参考:【JREカードのキャンペーンが凄い】JRE CARDとはどんなカードなのか?メリット・デメリットを全て紹介

キャンペーンの詳細は以下で確かめられます。

JRE CARD新規入会キャンペーン

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。