ポイントサイト

楽天市場の「ポイントサイト」報酬額を比較。

楽天市場のロゴ

「楽天市場」は、「アマゾン」と並び日本を代表するネット通販サイトですね。

私も楽天市場で水を買ったり、本を買ったり、ティッシュやトイレットペーパーを買ったり、エアコンを買ったり・・・と、大変お世話になっています。

ところで、楽天市場で買い物をする時、検索エンジンでググってヒットした楽天市場の「公式サイト」に直接アクセスしていませんか?

楽天市場の公式サイトに直接アクセスするのはやめましょう。

必ず、「ポイントサイト」を経由してから、楽天市場にアクセスして、買い物をするようにしましょう。

「ポイントサイト」経由で楽天市場にアクセスして、買い物をすると、「ポイントサイト」から(現金化可能な)ポイント貰うことができます。

年間何万円、何十万円と利用する楽天市場ですから、無視できないレベルのポイントを貰うことができます!

では、なぜ、「ポイントサイト」は、そのようなポイントをプレゼントしてくれるのか?

それは、楽天市場を運営する楽天株式会社が「ポイントサイト」に広告宣伝費用を払っているからです。

楽天株式会社は「ポイントサイト」に広告宣伝費用を渡し、「この費用を使って、会員に楽天市場の利用を促してくれ」と言っているわけですね。

われわれが「ポイントサイト」経由で楽天市場で買い物をすると、その広告宣伝費用の一部を貰うことができるわけです。

逆に言うと、検索エンジンから楽天市場の公式サイトに直接アクセスして、買い物をしてしまうと、その広告宣伝費用の一部を貰い損ねてしまうのです。

「楽天市場で買い物をする時は、必ず『ポイントサイト』経由で!」を徹底させましょう

ところで、「ポイントサイト」には、

  • 会員登録をすれば誰でも利用できるポイントサイト
  • 特定のクレジットカードの会員のみが利用できるポイントサイト

の2種類があります。

後者を便宜上、「ポイントモール」と呼ぶことにします。

「ポイントサイト」も「ポイントモール」も各社で報酬率が異なることがあります。

一番お得な「ポイントサイト」「ポイントモール」を経由して、買い物をするようにしましょう。

以下で、「ポイントサイト」の楽天市場の報酬率、「ポイントモール」の楽天市場の報酬率を比較して、見ていきます。

「ポイントサイト」の報酬と「楽天SPU」のボーナスポイントは「両立」する

「ポイントサイト」「ポイントモール」の報酬率を見る前に、重要なことを確認しておきましょう。

それは、「ポイントサイト」経由で、楽天市場で買い物をしたときでも、「楽天SPU」の対象になるということです。

「楽天SPU」とは「楽天スーパーポイントアッププログラム」のことで、楽天市場で貰えるポイントが最大14倍にまでアップするプログラムのことです。

楽天SPU

上の図を見ると分かる通り、現在の私のポイント倍率は「6倍」。

内訳は以下です。

  • 通常購入分で「1倍」
  • 楽天カード利用で「+2倍」
  • 楽天モバイル通話SIM利用で「+2倍」
  • 楽天ブックスまたは楽天koboを月間2,000円以上利用で「+1倍」

「ポイントサイト」経由で、楽天市場で買い物をした場合でも、「楽天SPU」の対象となります

私が「ポイントサイト」経由で楽天市場で買い物をすると、

  • 「ポイントサイト」からの報酬
  • 「6倍」の楽天スーパーポイント

の「2重取り」が可能ということです。

楽天市場の決済は「楽天カード」で!

「楽天SPU」の中でも、「楽天カードを利用で+2倍」は大変大きいですので、楽天市場で買い物をする時は(※特別な事情がない限り)楽天カードを使うようにしましょう。

※JALマイラーは、楽天カードを使うよりJALカードで支払いをした方がいいでしょう。

まだ、楽天カードをお持ちでない方は、「ポイントサイト」経由での発行をおすすめいたします。

時期によっては、「ポイントサイト」経由での楽天カード発行で、10,000円以上の報酬が貰えることもあります。

未発行の方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。

楽天市場の「ポイントサイト」報酬額を比較

会員登録をすれば、どなたでも利用できる「ポイントサイト」。

以下は、その「ポイントサイト」の楽天市場の報酬率を比較したものです。

ポイントサイト名現在の報酬率
モッピー
(※1)キャンペーン中
1.0%
げん玉
ポイントインカム
(※3)入会ポイントUP
1.0%
ライフメディア1.0%
ドットマネー1.0%(スマホ)
0.75%(PC)
ハピタス1.0%
ちょびリッチ1.0%
ECナビ1.0%
ポイントタウン
(※2)タイアップキャンペーン中
1.0%
PONEY1.0%
ゲットマネー1.0%
モバトク
i2iポイント1.0%
すぐたま1.0%
Gポイント0.5%

一部の「ポイントサイト」を除き、報酬率は「1.0%」で横一線ですね。

どの「ポイントサイト」に登録してもいいと思います。

ただ、ANAマイラーでしたら、「ポイントサイト」で貯めたポイントをANAマイルに換えやすい「ポイントタウン」「モッピー」がおすすめです。

詳しくは、以下の「LINEポイントルート」をご覧ください。

LINEポイントルートでANAマイルを貯める【交換回数別に全ルートを紹介】

JALマイラーでしたら、「モッピー」がおすすめです。詳しくは、以下のJALマイルの項目をご覧ください。

なお、「ポイントサイト」登録の際には、当サイト限定の以下のタイアップキャンペーンもあわせてご利用ください

(※1) モッピーと当サイトは「タイアップ」キャンペーンを実施中。2018年10月31日までに、当サイトのリンクから「モッピー」に登録して、条件を満たすと、合計1,300円相当のポイントが貰えます。

(※2) ポイントタウンと当サイトは「タイアップ」を実施中。登録するだけで300円相当のポイントが貰えます。他のサイトから登録すると何も貰えません。

(※3) ポイントインカムと当サイトは「タイアップ」を実施中。入会するだけで300円相当のポイントが貰えます。これは通常の入会ポイントの3倍です。

楽天市場の「ポイントモール」報酬額を比較

大手のクレジットカード会社は独自の「ポイントモール」を持っています。

ジェーシービーなら「Oki Dokiランド」、三井住友カードなら「ポイントUPモール」、クレディセゾンなら「永久不滅.com」、三菱UFJニコスなら「POINT名人.com」という具合です。

例えば、JCBカードの会員は、「Oki Dokiランド」経由で楽天市場を利用することで、通常のカード利用ポイント(Oki Dokiポイント)とは別に追加ポイント(Oki Dokiポイント)を獲得することができます。

その報酬率を比較したのが以下になります。

カード会社ポイントモール名楽天市場の取扱い報酬率
ジェーシービーOki Dokiランド0.5%
三井住友カードポイントUPモール0.5%
クレディセゾン永久不滅.com0.5%
三菱UFJニコスポイント名人.com0.5%
ジャックスJACCSモール0.5%
オリコオリコモール0.5%
dカードポイントUPモール0.5%
ライフカードL-Mall0.5%

どのカード会社の「ポイントモール」も一律で0.5%です

「ポイントサイト」の報酬率は基本的に1.0%でした。

カード会社の「ポイントモール」を使うより、「ポイントサイト」を利用したほうがいいでしょう。

楽天市場以外のネット通販サイトの「ポイントサイト」報酬もチェックしてみる

実は楽天市場以外にも多くのネット通販サイトが「ポイントサイト」で取り扱われています。

iPhoneの購入や付属品の購入でお世話になるアップルストア(Apple Store)も「ポイントサイト」に取り扱いがあります。次期iPhoneを購入するときなどに利用してみるといいでしょう。

そして、楽天市場と並ぶ大手通販サイトであるアマゾン(Amazon)も「ポイントサイト」経由で利用することができます。

これは意外に知らない人が多いです。是非以下の記事もチェックしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。