アマゾンをポイントサイト経由で利用する「3つの方法」。不可能を可能に。

[記事公開日]2018/05/11
[最終更新日]2018/05/19

アマゾンをポイントサイト経由で利用する「3つの方法」を紹介します。

不可能そうに見える「ポイントサイト経由のアマゾン利用」は意外と可能ですよ。

JALマイラーなら「JALマイレージモール」一択

「JALマイレージモール」というJALマイルが貰えるポイントモールがあります。

この「JALマイレージモール」には、なんとアマゾンの取扱いがあります。

JALサイトにログイン後、こちらのページからアマゾンを利用すると、

「200円=1マイル」のJALマイルが貯まるようになります。

このマイルは、購入月の約3ヶ月後に積算されます。

1マイルの価値を仮に「2円」だとすると、「200円=1マイル(=2円相当)」。

還元率1%でアマゾンを利用できる計算になりますね。

「JALマイレージモール」内に、登録ショップの人気ランキングがありますが、当然のことながら、アマゾンはいつも1位です。

JALマイレージモールの人気ランキング

JALマイラーなら迷わず「JALマイレージモール」を使ってください。

クレジットカード会社の「ポイントモール」を利用する

大手のクレジットカード会社は、自前の「ポイントモール」を持っています。

例えば、JCBなら「Oki Dokiランド」、三井住友カードなら「ポイントUPモール」、クレディセゾンなら「永久不滅.com」です。

これらの中には、アマゾンの取扱いがある「ポイントモール」もあります。

それを示したのが以下の表です。

カード会社 ポイントモール名 アマゾンの取扱 報酬率
ジェーシービー Oki Dokiランド 0.5%
三井住友カード ポイントUPモール 0.5%
クレディセゾン 永久不滅.com 0.5%
三菱UFJニコス ポイント名人.com 0.5%
ジャックス JACCSモール 0.5%
オリコ オリコモール 0.5%
dカード ポイントUPモール 0.5%
ライフカード L-Mall
アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス オンラインモール
ダイナースクラブ ダイナースクラブ ポイントモール
楽天カード
YJカード
リクルートカード

ジェーシービー、三井住友カード、クレディセゾン、三菱UFJニコス、ジャックス、オリコ、dカードは、それぞれ「自前」の「ポイントモール」を持っていて、なおかつ、その「ポイントモール」にアマゾンの取扱いがあります。

これらのカード会社が発行するクレジットカードを持っている方は、それぞれの「ポイントモール」経由でアマゾンを利用するといいでしょう。

例えば、三井住友カードが発行する三井住友VISAカードをお持ちの方は「ポイントUPモール」を使うといいでしょう。クレディセゾンの発行するセゾンカードインターナショナルをお持ちの方は「永久不滅.com」を利用するといいでしょう。

ライフカード、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブについては、自前の「ポイントモール」を持っていますが、残念ながらアマゾンの取扱がありません。

楽天カード、YJカード、リクルートカードについては、自前の「ポイントモール」を持っていません。

これらの会員の方は、JALマイラーなら上で紹介した「JALマイレージモール」を利用するのがいいでしょう。もし、JALマイラーでないのなら、以下で紹介する方法も試してみてください。

ポイントサイトの例外規定を利用する

モッピー、ポイントタウン、ハピタス、げん玉、ゲットマネー、ライフメディア、ECナビ、ちょびリッチ・・・

これらの「ポイントサイト」には、アマゾンの取り合いがありません。

しかし、例外的にアマゾンの取扱いがある時があります。

以下で、その例外ケースを紹介します。

モッピー

最初に紹介するのは、モッピーです。

モッピーには通常、アマゾンの案件は掲載されていません。

しかし、2018年5月から期間限定でアマゾンが利用できるようになっています。

「ショップへGO」からアマゾンに飛び、POINT WALLET VISA PREPAIDで支払いをすると、「1,000円=20ポイント」のモッピーポイントが付与されます。

モッピーのアマゾン案件

還元率2%は、JALマイレージモールを上回る還元率です。

POINT WALLET VISA PREPAIDは、「モッピー」のポイントをチャージできるVISAプリペイドカードです。詳しくは以下の記事をご覧ください。

なお、「モッピー」のポイントは、LINEポイントルートを通じて、81%の換算率でANAマイルに移行することもできます。

また、「モッピー」のポイントは、80%の換算率でJALマイルに移行することもできます。

「モッピー」はポイントサイトの中でも一番優秀なポイントサイトと言えますよ。

「モッピー」ポイントをANAマイル・JALマイルに換える方法については以下の記事をご覧ください。

「モッピー」は、いくつかのサイトとタイアップキャンペーンを行っています。「モッピー」の入会に際しては、こちらもぜひご覧ください。

ECナビ

次に紹介するのは、ECナビです。

ECナビを経由して、アマゾンを利用しても、ポイントは貰えません。

しかし、ECナビ経由でアマゾンを利用した場合、「お買い物承認回数」は加算されます

「お買い物承認回数」が加算されるとどんなメリットがあるのか?

ECナビには、「ECナビメンバーズクラブ」というサービスがあります。

「ECナビメンバーズクラブ」では、「お買い物承認回数」と「対象サービスでのポイント獲得数」で会員グレードが決まります。

会員グレード グレードアップ条件
一般会員
ブロンズ会員
  • 過去半年間の「お買い物承認回数」が1回以上
  • 過去半年間の「対象ポイント獲得数」が100ポイント以上
シルバー会員
  • 過去半年間の「お買い物承認回数」が5回以上
  • 過去半年間の「対象ポイント獲得数」が1,000ポイント以上
ゴールド会員
  • 過去半年間の「お買い物承認回数」が15回以上
  • 過去半年間の「対象ポイント獲得数」が3,000ポイント以上

そして、グレードに応じたボーナスポイントが貰えるのです。

一般会員 ブロンズ会員 シルバー会員 ゴールド会員
ショッピング 0 +2% +5% +15%
検索 0 +4% +10% +20%
アンケート 0 +1% +3% +5%

ですので、ポイントが付かなかったとしても、他のポイントサイトを利用するより、ECナビを利用したほうがお得なのですね。

ECナビのバナー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ