アマゾン(Amazon)

アマゾンをポイントサイト経由で利用する「4つの方法」。不可能を可能に。

アマゾンのロゴ

アマゾンをポイントサイト経由で利用する「4つの方法」を紹介します。

「アマゾンの取扱いのあるポイントサイトなんて存在しないのでは?」と思っていませんか?

不可能そうに見える「ポイントサイト経由のアマゾン利用」は意外と可能ですよ。

JALマイラーなら「JALマイレージモール」一択

「JALマイレージモール」というJALマイルが貰えるポイントモールがあります。

JALマイレージモールイメージ画像

この「JALマイレージモール」には、なんとアマゾンの取扱いがあります

JALサイトにログイン後、こちらのページからアマゾンを利用すると、

「200円=1マイル」のJALマイルが貯まるようになります

このマイルは、購入月の約3ヶ月後に積算されます。

1マイルの価値を仮に「2円」だとすると、「200円=1マイル(=2円相当)」。

還元率1%でアマゾンを利用できる計算になりますね。

「JALマイレージモール」内に、登録ショップの人気ランキングがありますが、当然のことながら、アマゾンはいつも1位です。

JALマイレージモールの人気ランキング

ちなみに、アップルストアも取り扱いがありますので、アップル製品の購入にも重宝しますよ。

JALマイラーなら迷わず「JALマイレージモール」を使ってください

私は下図のような形で、昨年は「JALマイレージモール」を使ってコツコツJALマイルを貯めていました。

「Amazonご利用分」というのが、「JALマイレージモール」での獲得分です。

JALマイレージモールでアマゾンを利用

今年はどうしたかって?

後述するポイントサイト「モッピー」を利用しています。

クレジットカード会社の「ポイントモール」を利用する

大手のクレジットカード会社は、自前の「ポイントモール」を持っています。

「ポイントモール」は「ポイントサイト」と全く同じサービスを提供しています。

では、「ポイントモール」と「ポイントサイト」の違いは何か?

「ポイントサイト」は登録した人は誰でも利用できるが、「ポイントモール」はそのカード会社の会員のみしか利用できません

「ポイントモール」の方が少し敷居が高いのですね。

さて、その「ポイントモール」ですが、JCBなら「Oki Dokiランド」、三井住友カードなら「ポイントUPモール」、クレディセゾンなら「永久不滅.com」、三菱UFJニコスなら「ポイント名人.com」という具合です。

これらの「ポイントモール」の中には、アマゾンの取扱いがある「ポイントモール」もあります

それを示したのが以下の表です。

カード会社ポイントモール名アマゾンの取扱報酬率
ジェーシービーOki Dokiランド0.5%
三井住友カードポイントUPモール0.5%
クレディセゾン永久不滅.com0.5%
三菱UFJニコスポイント名人.com0.5%
イオンカードときめきポイントTOWN0.5%
ジャックスJACCSモール0.5%
オリコオリコモール0.5%
dカードポイントUPモール0.5%
ライフカードL-Mall
アメリカン・エキスプレスアメリカン・エキスプレス オンラインモール
ダイナースクラブダイナースクラブ ポイントモール
楽天カード
YJカード
リクルートカード

ジェーシービー、三井住友カード、クレディセゾン、三菱UFJニコス、イオンカード、ジャックス、オリコ、dカードは、それぞれ、

  • 「自前」の「ポイントモール」を持っていて、
  • その「ポイントモール」にアマゾンの取扱いがあります

これらのカード会社が発行するクレジットカードを持っている方は、それぞれの「ポイントモール」経由でアマゾンを利用するといいでしょう。

例えば、ジェーシービーが発行するJCBカードをお持ちの方は「Oki Dokiランド」経由でアマゾンを利用するのがいいでしょう。三井住友カードが発行する三井住友VISAカードをお持ちの方は「ポイントUPモール」を使うといいでしょう。クレディセゾンの発行するセゾンカードインターナショナルをお持ちの方は「永久不滅.com」を利用するといいでしょう。

一方、ライフカード、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブについては、

  • 自前の「ポイントモール」を持っていますが、
  • 残念ながらアマゾンの取扱いがありません。

また、楽天カード、YJカード、リクルートカードについては、

  • 自前の「ポイントモール」自体を持っていません。

ライフカード、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、及び、楽天カード、YJカード、リクルートカードの会員の方には、セカンドカードとして、ジェーシービー、三井住友カード、クレディセゾン発行のカードへ入会するのもおすすめです。

その際は、是非、ポイントサイト経由で入会してください。ポイントサイト経由で入会するだけで、1万円近い成果報酬が貰えます。

もちろん、各カードの新規入会キャンペーンの対象にもなります。

アメックスのプロパーカードの「ボーナスポイントプログラム」を利用する

上でアメリカン・エキスプレスについて、

  • 自前の「ポイントモール」を持っていますが、
  • 残念ながらアマゾンの取扱いがありません。

と紹介しました。

しかし、アメックスのプロパーカードに関しては、「ボーナスポイントプログラム」があります。

「ボーナスポイントプログラム」に登録すると、アマゾンでの利用が「ポイント3倍」になります。

アメックスのプロパーカードは通常「100円=1ポイント」獲得できますので、「100円=3ポイント」になるということです。

「ボーナスポイントプログラム」に登録すると、アマゾンだけではなく、

  • Yahoo!
  • JAL(国内線・国際線航空券、JALPAK国内・海外ツアー商品)
  • iTunes Store / App Store
  • HIS(海外商品)

の全ての利用で「ポイント3倍」になります。

アメリカン・エキスプレスの「ポイントモール」には残念ながらアマゾンの取扱はないのですが、「ボーナスポイントプログラム」の登録でポイントが3倍になるということです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

「新たにクレジットカードを発行するのはちょっと・・・」という方には、以下の方法を紹介します。

アメックスのプロパーカードの「ボーナスポイントプログラム」を除けば、現時点で最もお得な方法です。

ポイントサイトの例外規定を利用する

モッピー、ポイントタウン、ハピタス、げん玉、ゲットマネー、ライフメディア、ECナビ、ちょびリッチ・・・

これらの「ポイントサイト」には、アマゾンの取り扱いがありません。

しかし、例外的にアマゾンの取扱いがある時があります。

以下で、その例外ケースを紹介します。

モッピー

最初に紹介するのは、「モッピー」です。

モッピーには通常、アマゾンの案件は掲載されていません。

しかし、2018年5月から期間限定でアマゾンが利用できるようになっています。

※2018年8月19日現在も利用できています。

モッピーのアマゾン案件

上図をご覧ください。

「モッピー」にログイン後、「モッピー」内のアマゾンのページの「ショップへGO」からアマゾンに飛び、通常通りの購入手続きを行い、「POINT WALLET VISA PREPAID」で支払いをすると、「1,000円=20ポイント」のモッピーポイントが付与されます

  1. 「モッピー」経由でアマゾンにアクセスする。
  2. 「POINT WALLET VISA PREPAID」でアマゾンの支払いを行う。

という2条件をクリアすると、「1,000円=20ポイント」のモッピーポイントが貰えるということです。

例えば、「モッピー」経由でアマゾンにアクセスして、21,200円の商品の支払いを「POINT WALLET VISA PREPAID」で行えば、424ポイントの「モッピー」ポイントを獲得できます(下図参照)。

モッピー経由のアマゾンの買い物で稼いだポイント

POINT WALLET VISA PREPAID」というのは、「モッピー」のポイントをチャージできるVISAプリペイドカードです。

POINT WALLET VISA PREPAID券面デザイン

ポイントサイト「モッピー」で貯めたポイントを、「POINT WALLET VISA PREPAID」にチャージすると、Visa加盟店で普通のクレジットカードのように使うことができます。

上の例で言えば、稼いだ424ポイントを「POINT WALLET VISA PREPAID」にチャージすると、424円相当のVisaプリペイドカードとして使えるということですね。

「POINT WALLET VISA PREPAID」は、クレジットカードではありませんので入会に際して「与信審査」もなく、どなたでも入会できます。

「POINT WALLET VISA PREPAID」の利用開始までの手順とそのメリット・デメリットを以下に書いています。

アマゾンで2%還元を可能にする「POINT WALLET VISA PREPAID」をぜひ手に入れて、使ってみてください。

そして、「モッピー」のポイントは効率よくANAマイル・JALマイルにも交換できることを覚えておいてください

マイル交換

「モッピー」のポイントは、LINEポイントルートを通じて、81%の換算率でANAマイルに移行することもできます。

「モッピー」のポイントは、80%の換算率でJALマイルに移行することもできます。

現在、モッピー」はポイントサイトの中でも一番優秀なポイントサイトと言えます

「モッピー」ポイントをANAマイル・JALマイルに換える方法については以下の記事をご覧ください。

「モッピー」は、いくつかのサイトとタイアップキャンペーンを行っています。「モッピー」の入会に際しては、こちらもぜひご覧ください。

ECナビ

次に紹介するのは、ECナビです。

ECナビを経由して、アマゾンを利用しても、ポイントは貰えません。

しかし、ECナビ経由でアマゾンを利用した場合、「お買い物承認回数」は加算されます

「お買い物承認回数」が加算されるとどんなメリットがあるのか?

ECナビには、「ECナビメンバーズクラブ」というサービスがあります。

「ECナビメンバーズクラブ」では、「お買い物承認回数」と「対象サービスでのポイント獲得数」で会員グレードが決まります(下表を参照)。

会員グレードグレードアップ条件
一般会員
ブロンズ会員
  • 過去半年間の「お買い物承認回数」が1回以上
  • 過去半年間の「対象ポイント獲得数」が100ポイント以上
シルバー会員
  • 過去半年間の「お買い物承認回数」が5回以上
  • 過去半年間の「対象ポイント獲得数」が1,000ポイント以上
ゴールド会員
  • 過去半年間の「お買い物承認回数」が15回以上
  • 過去半年間の「対象ポイント獲得数」が3,000ポイント以上

そして、グレードに応じたボーナスポイントが貰えるのです(下表を参照)。

一般会員ブロンズ会員シルバー会員ゴールド会員
ショッピング0+2%+5%+15%
検索0+4%+10%+20%
アンケート0+1%+3%+5%

ですので、仮にポイントが付かなかったとしても、他のポイントサイトを利用するより、ECナビを利用したほうがお得なのですね。

ECナビのバナー

アマゾン(Amazon)以外のネット通販サイトの「ポイントサイト」報酬額もチェックしてみる

「ポイントサイト」には、今回紹介したアマゾン(Amazon)以外のネット通販サイトも多く取り扱われています。

例えば、アマゾン(Amazon)と人気を二分する「楽天市場」も「ポイントサイト」に取り扱いがあります。

年間何度も利用するECサイトだと思われますので、必ず「ポイントサイト」経由で利用するといいでしょう。

また、iPhoneやその付属品を買うときにお世話になるアップルストア(Apple Store)も「ポイントサイト」に取り扱いがありますよ。

次期iPhoneを利用する時は是非利用してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。