POINT WALLET VISA PREPAID

「POINT WALLET VISA PREPAID」のメリット・デメリットとお得な使い方

POINT WALLET VISA PREPAID券面デザイン

ポイントサイト「モッピー」は、陸マイラーに絶大な人気を誇るポイントサイトです。

その「モッピー」のポイントをチャージできるVISAプリペイドカードが誕生しました。

「POINT WALLET VISA PREPAID(ポイント・ウォレット・ヴィザ・プリペイド)」です。

POINT WALLET VISA PREPAID券面デザイン

以下では、まず「POINT WALLET VISA PREPAID(ポイント・ウォレット・ヴィザ・プリペイド)」を利用開始するまでの手順を紹介します。

次に、実際に使ってみてのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

POINT WALLET VISA PREPAID利用開始までの手順

ポイントサイトの選択

公式サイトにアクセスして、「お申込みはこちら」ボタンをクリック(タップ)してください。

すると、「ポイントをチャージ・還元するポイントサイトを選択してください」と表示されます(下図参照)。

モッピー」を選択してください。

POINT WALLET VISA PREPAIDのポイントサイト選択画面

※「モバトク」「お財布.com」は今の所選ぶメリットが見つかりません。

次画面でメールアドレスを登録すると、そのアドレス宛に「POINT WALLET VISA PREPAID(ポイント・ウォレット・ヴィザ・プリペイド)」の申込みURLが送信されます。

申込情報登録

URLをクリックすると、「申込情報登録」画面になりますので、カード暗証番号、マイページログインパスワードなどを入力してください。

POINT WALLET VISA PREPAID申込情報登録

本人確認書類をアップロードする必要があります。

本人確認書類として受け付けてもらえるのは、

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

のいずれかです。

※住基カードや住民票は受付不可です。

「申込情報登録」が完了したら、受付メールが届きますので、後はカードの到着を待つだけです。

カードが届く

クレジットカードを申込んだ場合は、「本人限定受取郵便」で届きますが、VISAプリペイドカードの「POINT WALLET VISA PREPAID(ポイント・ウォレット・ヴィザ・プリペイド)」は「ゆうメール」で届きました。

カード台紙はクレジットカードと全く同じ・・・

POINT WALLET VISA PREPAIDのカード台紙

と思いきや、クレジットカードなら本名(ローマ字)が書いてあるところに「CARD HOLDER」と記載してありました。

POINT WALLET VISA PREPAIDのCARD HOLDER

※後日発行したVISAプリペイドカードのポレットカードには、「CARD MEMBER」と記載してありました。

アクティベートする

カード台紙に「カードご利用の前にお手続きが必要です」と書いてあります。

「アクティベート」の手続きをします。

POINT WALLET VISA PREPAIDのサイトにアクセスして、「マイページ」をクリック。

台紙に記載の「会員番号」と、申込時に各自で設定した「マイページログインパスワード」を入力して、ログインします。

POINT WALLET VISA PREPAIDの会員番号とパスワードの入力

ログインしました。

「カードステータス」を見ると、「アクティベート前」となっていますので、「アクティベート」ボタンをクリックします。

POINT WALLET VISA PREPAIDのアクティベートボタンをクリック

「カードステータス」が「有効」になって、「アクティベート」ボタンが消えました。

POINT WALLET VISA PREPAIDのアクティベートボタンをクリック

「モッピー」のポイントをチャージする

「モッピー」で貯まっているポイントを、「POINT WALLET VISA PREPAID」にチャージします。

モッピー」のサイトにアクセスしてください。

ポイント交換画面から、「POINT WALLET VISA PREPAIDへの交換ボタン」をクリック。

モッピーのポイントをPOINT WALLET VISA PREPAIDのチャージ1

保有していた12,500ポイントを全てチャージに回しました。

モッピーのポイントをPOINT WALLET VISA PREPAIDのチャージ2

申請を完了してから、8日以内(土日を除く)に振込が完了するとのこと。

モッピーのポイント明細を見ると、12,500ポイント減算されていました。

モッピーのポイント明細

POINT WALLET VISA PREPAIDを実際に使ってみる

「モッピー」ポイントのチャージが完了したら、「POINT WALLET VISA PREPAID」は普通のVISAクレジットカードのように使えます。

ただし、VISAプリペイドカードなので、チャージした残額の範囲内でしか使えません。

楽天市場でのカード決済に、レストランの支払いやふるさと納税の支払いにガンガン使っていけますよ。

楽天市場で買い物をする時は「ポイントサイト経由」にすることを忘れないでくださいね。

「POINT WALLET VISA PREPAID」ユーザーなら、普通に「モッピー」経由でいいでしょう。

楽天市場の「ポイントサイト」報酬額を比較。

後述しますが、「POINT WALLET VISA PREPAID」は、特にアマゾンでの支払いには効果を発揮しますよ。

メリット

利用金額の0.5%の「モッピー」ポイントが貯まる

「POINT WALLET VISA PREPAID」を利用すると、利用した金額に対して「200円=1ポイント」の「モッピー」ポイントが自動的に積算されます。

貯まった「モッピー」ポイントは、また「POINT WALLET VISA PREPAID」のチャージに使えます。

  1. ポイントサイト「モッピー」でショッピング、申込みをしてポイントを貯める。
  2. そのポイントをPOINT WALLET VISA PREPAIDにチャージする。
  3. POINT WALLET VISA PREPAIDを使うと、「モッピー」のポイントが貯まる。

1→2→3→1→2…という「円環」が形成されるわけですね。

POINT WALLET VISA PREPAIDのサークル

アマゾン最得の利用方法を可能にする

アマゾンはいずれの「ポイントサイト」にも取り扱いがありません。

しかし、「モッピー」経由でアマゾンにアクセスして、「POINT WALLET VISA PREPAID」で支払う場合に限り、「1,000円=20ポイント」のモッピーポイントを貯めることができます。

モッピーのアマゾン案件

これは大変画期的です。

このためだけに「POINT WALLET VISA PREPAID」を作ってもいいとさえ思います

アマゾンを「ポイントサイト」経由で利用する方法について以下の記事に詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

アマゾンをポイントサイト経由で利用する「3つの方法」。不可能を可能に。

買い物ポイントが「最短5分」で付与

「POINT WALLET VISA PREPAID」を持っていると、「モッピー」経由での買い物に対するポイントが「最短5分」で付与されるようになります。

以下の「楽天市場」の案件を見てください。

モッピーの楽天市場案件

「モッピー」経由で楽天市場で買い物をした場合、「モッピー」ポイントが反映されるのはいつか?

「POINT WALLET VISA PREPAID」を持っていない場合、「入金後90日前後」です。

「POINT WALLET VISA PREPAID」を持っていると、「1日程度」でポイントが付与されるようになります

与信審査がなく、どなたでも発行できる

POINT WALLET VISA PREPAIDは、「Visaクレジットカード」ではなく、「Visaプリペイドカード」です。

クレジットカードではないため、入会時に与信審査がなく、基本的にはどなたでも入会できます

未成年者も、親権者の同意があれば入会できます。

券面デザインがスタイリッシュ

POINT WALLET VISA PREPAIDは、ポイントサイト「モッピー」のポイントをチャージできるVISAプリペイドカードです。

一方、似たようなカードとして「ポレットカード(Pollet Visa Prepaid)」があります。

これは、ポイントサイト「ハピタス」のポイントをチャージできるVISAプリペイドカードです。

Pollet Visa Prepaidの券面デザインは以下のような、40代男性が出すには若干エクスキューズが必要なデザインですので、それに比べると、POINT WALLET VISA PREPAIDの券面はスタイリッシュと言えます。

Pollet Visa Prepaid券面デザイン

デメリット

使えない店舗がある

POINT WALLET VISA PREPAIDは、一部のVisa加盟店で利用できません。

利用できない加盟店は、公式には、

  • 電気料金、携帯電話料金など、カード番号を登録して、継続的に支払いが発生する加盟店
  • 高速道路料金、ガソリンスタンド

と案内されていますが、これ以外にも存在します。

例えば、

  • ファミリーマートでの宅急便
  • ホテルのデポジット

などです。

海外事務手数料が4%と高い

「POINT WALLET VISA PREPAID」を海外で使用するのは、あまりおすすめできません。

海外事務手数料が4%と高いからです

VISAの定める基準レートが仮に「1ドル=100円」の場合、「POINT WALLET VISA PREPAID」で100ドルの買い物をすると、日本円での支払いが「10,400円」になります。

クレジットカードの海外事務手数料は1.6%-2.0%ですので、可能であれば、クレジットカードを使いたいところです。

カード毎の海外事務手数料の詳細については、以下をご覧ください。

海外でクレジットカードを使った時の手数料(海外事務手数料)を比較する。

紛失時の補償がない

クレジットカードには、紛失・盗難・第三者による不正利用を補償してくれる保険が付いていますが、VISAプリペイドである「POINT WALLET VISA PREPAID」には付いていません。

第三者によって不正利用された場合には補償は一切ありません。

また、紛失した場合、再発行はできますが、チャージ残高は補償されません。

万が一カードを紛失した場合は、「マイページ」から「カードの一時停止」を行ってください。

クレジットカード(セディナカードを除く)、銀行口座からのチャージは手数料300円

紐付けたポイントサイト(モッピー、モバトク、お財布.com)のポイントを、「POINT WALLET VISA PREPAID」にチャージするときの手数料は無料です。

一方、クレジットカードからのチャージ、銀行口座からのチャージ(ペイジー入金)には、1回につき300円(税込)の手数料がかかります。

ただし、株式会社セディナが発行するクレジットカードでチャージする場合は手数料が無料になります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。