ANA SFC修行 (16) 中編 さくら556号で熊本から博多へ、ANA4955便で福岡から宮崎へ

[記事公開日]2015/11/15
[最終更新日]2016/07/11

ANA SFC修行16回目の行き先は、熊本宮崎。熊本1泊、宮崎1泊の2泊3日の旅行。

今回はその2日目。前編(1日目)も御覧ください。

さくら556号で熊本駅から博多駅に向かう

2日目。

iPhoneのタイマーで10:30に起きたが、二度寝して11:30起床。仕度して、12:45くらいにリッチモンドホテル熊本新市街をチェックアウト。本来のチェックアウト時間は12時だから、延長料金1,000円払った。

今日は熊本駅から九州新幹線で博多まで行き、そこから福岡空港に移動して宮崎へ飛ぶ予定。

角マック前でタクシーを拾い、熊本駅に向かう。ちなみに、「角マック」とは、下通りアーケードとサンロード新市街を結ぶ角にあるマクドナルドのことで熊本市民にとっては待ち合わせ場所の定番らしい。昨晩、くるみちゃんに教えてもらった。

下のストリートビューに見えるマックが角マック。左に伸びるのはリッチモンドホテル新市街もあるサンロード新市街、右に伸びるのは下通りアーケード。マックの対角線上にはスタバもある。

タクシー車内では、お爺ちゃんドライバーがいろいろ話しかけてくれたが、熊本弁丸出しでわからないところが多かった。

熊本駅から博多駅までの新幹線の料金は4,610円(内乗車券2,130円、特急券2,480円)。グリーン車にしたので別途グリーン料金2,060円。

熊本から博多までの料金表

前回、券売機でAMEXが使えなかったので、JALカード(Visa)で購入。

13:08のつばめ324号 博多行きがちょうど出ちゃったばっかりだったので、20分ほどホームで待った。

13:28のさくら556号 新大阪行きに乗車。

いい天気だなぁ。

さくら556号の車窓

足元広々。靴は昨日、熊本のABCマートで新調した靴ね(笑)

さくら556号のグリーン車

おしぼりと飴くれる。

九州新幹線グリーン車のおしぼりと飴

14:05に博多駅に到着。熊本駅から博多駅までわずか37分。

博多駅から地下鉄で福岡空港へ

前回、博多駅から福岡空港国内線ターミナルまでタクシーを利用したら、運転手に「もう20年タクシー運転手やってるけど、筑紫口から乗車したお客さんで国内線ターミナルに行った人はいない、99.9%国際線」という高度な嫌味?!を言われたので、今回は地下鉄で行く(笑)

参考:博多駅筑紫口のタクシーで戸惑う

というか、前回乗車時は、博多駅から福岡空港まで地下鉄が通ってることをすっかり忘れていた(笑)

福岡空港線の入口

福岡空港までは260円。

博多駅から福岡空港駅までの料金

Suica/PASMOが使える。PASMO搭載のソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)をいつも携帯しているので、切符買う必要がなく便利。

参考:ANA SFC修行するときの持ち物リスト(マネー関係)

8分間隔で出ている。

福岡空港線は8分間隔

ANA4955便の普通席で宮崎へ

福岡空港駅に到着。宮崎行きは第1ターミナルからの出発。

福岡空港ターミナル案内

ANA4955便(福岡-宮崎)の機材は74人乗りの小型機で、大分狭苦しそうだったので、隣が空いてる座席があったら座席変更してもらおうとチェックインカウンターへ。

5列目6列目が空いてるらしいのだが、プロペラ機はバランスを重視するので、その空いてる5列目6列目は案内できず、最後列なら案内できると言われた。そうしてもらった。

待合所で待つ。そうだ、昨日の羽田-熊本のフライト(ANA641便)でプレミアムポイントが50,000を超えてたんだった。ANAのWebサイトで確認。来年度「プラチナサービス」確定!

来年度ANAプラチナサービス確定

熊本から宮崎まではこういうルートもあったのね。今年はプレミアムポイントを貯めたいから極力飛行機使ったけど、来年以降はこういう電車の旅もいいね。

熊本から宮崎までのルート

宮崎行きの飛行機はバスで移動してからの搭乗。

ANA4955便(福岡-宮崎)の機材は、ボンバルディア DHC8-Q400というプロペラ機。

ANA4955のプロペラ機

機内。狭い。

ANA4955の狭い機内

最後尾(19列)座席。天井低くて頭ぶつけた(^_^;)

ANA4955の最後尾座席

チェックインカウンターでも言われた「プロペラ機はバランスを重視するので、座席移動は事前に客室乗務員に連絡してくれ」という機内アナウンスがあった。

15:45頃、離陸。プロペラ機は騒音と振動が凄い。あると便利なノイズキャンセリングイヤホン。

すぐに、5月の阿蘇観光の時に見た緑緑した山が見えてきた。

離陸してから15分くらいすると白煙を上げる阿蘇山の火口が。

ANA4955から見た阿蘇山火口

ANA4955から見た阿蘇山火口ズーム

着陸態勢になって車輪を出したが、着陸寸前になってまた上昇し、車輪を格納した。風で揺れてたのが原因か。再度着陸態勢に入り、今度は無事に着陸。

ANA4955の車輪格納

最後に飛行機を出るときに、中の座席の様子を撮影していいか尋ねたが、「遅れておりますので」と断られてしまった。まぁ、そうだよね。

宮崎空港から電車で宮崎駅へ

宿泊予定のリッチモンドホテル宮崎駅前はJR宮崎駅のすぐ近く。

シャトルバスを使えばタクシーより安く済むなと思って、インフォメーションで乗り場を聞いてみたが、宮崎駅前で大きな事故があってバスは定刻通りに来ない可能性が高いという。電車をおすすめしますと言うのでそうすることに。次の電車は16:54のようだ。10分位で宮崎駅に着くらしい。

というか、宮崎空港から宮崎駅まで電車が通っていたのを初めて知った。

twitterで「宮崎 事故」で検索したら、多くの宮崎人が事故についてツイートしていた。駅前で車の暴走事故があったらしい。ドクターヘリが出動する事態になっていたようだ。私が泊まるのも駅前のホテルなのでなんか怖い。

空港を出て、右側に歩いて行くと、JR宮崎空港駅。

JR宮崎空港駅

宮崎空港から宮崎駅まで350円。さすがにPASMOは使えなかった。

JR宮崎空港駅から宮崎駅までの料金

ひゅうが2号。

ひゅうが2号

ひゅうが2号の車内。青赤緑のトリコロールカラーはアゼルバイジャンアゼルバイジャンの国旗の国旗だね(笑)

ひゅうが2号の車内

椅子。頭を預けられるのがいいね。

ひゅうが2号の椅子

宮崎駅到着後、事故現場が気になるので見に行った。西口の方だ。規制が敷かれ、倒れた自転車がそのままになっていた。

リッチモンドホテル宮崎駅前

宮崎駅東口駅前のリッチモンドホテル宮崎駅前

リッチモンドホテル宮崎駅前外観

楽天トラベルで7,300円だったが、2,500円割引のクーポンが使えて、4,800円。広くて、キレイだった。

リッチモンドホテル宮崎駅前窓側

リッチモンドホテル宮崎駅前ベッド

リッチモンドホテル宮崎駅前ユニットバス

外出時にルームキーを外すと、通常、部屋の全体の電気が落ちて充電できなくなってしまうが、ここはパソコン・ケイタイの充電専用の24時間対応のコンセントがあった。いいね。

みささんと大鮨

19時に大鮨でみささんと待ち合わせ予定だ。

準備をして、タクシーで大鮨に向かう。が、駅前からの大通りが事故で片側が通行できなくて渋滞。ノロノロ進む内に、みささんから「着いたけどどこにおる?」との電話。わぁ、5ヶ月ぶりに会うのに待たせてしまうなんて。走った方が早そうなのでタクシーを降りてダッシュ!

久しぶりに走った(笑)

大鮨の前で、ハァハァ言って汗かきながらみささんと再会(^_^;)

大鮨 – 宮崎/寿司 [食べログ]

宮崎市の大鮨の外観

カウンターには既に常連さんと思しき方が何組か。

最初はつまみで刺身をいただく。

少し緊張していたこともあり、写真を撮るのを忘れてしまった。

車海老の塩焼き。大将が水槽から車海老をすくって、お手伝いさんが焼いていた。

宮崎市の大鮨の車海老の塩焼き

焼き物は他に鰆の西京焼きがあったかな。あまり刺し身以外のつまみはないようであった。

お寿司を。私はシャリ少なめで、みささんは普通でとオーダー(笑)

ほっぺた落ちるほど旨かった中トロ。なお、シャリの量は少なめにはなっていないようであった(笑)

宮崎市の大鮨の中トロ

いくらをおすすめされた。ここで漬けたという。

宮崎市の大鮨のいくら

多分、昨日の熊本の金寿司さんのいくらと同様に、落としたらバウンドするいくらだ。外は弾力があり、潰すとプシュと中の瑞々しい汁が弾ける。弾力がありすぎて、歯で押しつぶそうとするとツルッと滑るので、みささん食べるの難儀していた(笑)

あなご。みささんの好物らしい。

宮崎市の大鮨のあなご

ヒラメのエンガワ。

宮崎市の大鮨のヒラメのエンガワ

みささんのお店に行ってから、つまみで食べられるようにお土産でネギトロ巻きも3本注文。2本はお店へのお土産に。なんだか最近入ったガタイのいい「あばれる君」という人気者がいるらしいので。

ラバーズへ

大鮨を出た後、みささんの勤める「ラバーズ」へ。

話題の「あばれる君」、確かにいいキャラ。お酒を一杯ご馳走したのだが、女の子用の割り材で割って飲んでた。先輩に「お客さんからのお酒、割って飲んだ奴初めてだよっ」と呆れられていた(笑)

みささん、仕事頑張ってて、宮崎弁がめっちゃカワイイいい子なので、宮崎に行かれた際は是非皆さん、指名してあげてください。

みささん1

みささん2

※上の文章掲載と写真掲載はみささんの許可を得ています。

辛麺屋 桝元で白い辛麺

黒霧島のネオンも消えた。

宮崎市の黒霧島のネオン

ラバーズを出た後、締めのラーメンな気分。こんにゃく麺なら低糖質だしいいかなと、辛麺屋 桝元へ。

辛麺屋 桝元 宮崎中央店 (からめんやますもと) – 宮崎/ラーメン [食べログ]

「白い辛麺」なるものがあったので頼んでみた。3辛で。豆乳と塩麹が入っていてまろやかで美味しい。前回、普通の辛麺の3辛を頼んだら、汗が吹き出て仕方なかったが、今回はそれほどでもなかった。

辛麺屋桝元の白い辛麺1

辛麺屋桝元の白い辛麺2

辛麺屋桝元の白い辛麺3

てか、こんにゃく麺の原材料を見たら「小麦粉とそば粉」って書いてあるんですけど(笑) こんにゃく麺じゃない(笑) 店の人に聞いたら「蒟蒻風の食感の麺です」とのこと(笑)

辛麺屋桝元のこんにゃく麺の原材料

これで熊本・宮崎旅行2日目は終了。続きは、ANA SFC修行 (16) 後編 宮崎-羽田(ANA618)プレミアムクラスを御覧ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ