ANA SFC修行 (16) 後編 宮崎-羽田(ANA618)プレミアムクラス

[記事公開日]2015/11/17
[最終更新日]2016/12/20

ANA SFC修行16回目の行き先は、熊本宮崎。熊本1泊、宮崎1泊の2泊3日の旅行。

今回は、最終日3日目の旅行記です。

1日目の旅行記は前編 羽田-熊本(ANA641)プレミアムクラス、2日目の旅行記は中編 さくら556号で熊本から博多へ、ANA4955便で福岡から宮崎へを御覧ください。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートへ

3日目。

10:30にタイマーを掛けたが、二度寝して11:30起床。今日の予定を考えながら出かける準備を整える。

連日の深酒で胃が弱っているから、野菜のポタージュでも飲みたいな、と。じゃあ、フランス料理にしようと食べログで検索。

Forget me not MARMA(フォーゲットミーノットマーマ)というところが良さそう。電話で予約。

今日は快晴。リッチモンドホテル宮崎駅前の10階のエレベーターホールからの眺め。ドーム状の建物は宮崎科学技術館みたい。

リッチモンドホテル宮崎駅前から宮崎科学技術館

12:50頃、ホテルをチェックアウト。フロントでスーツケースを預かってもらい、タクシーを呼んでもらう。

階段を降りていると足が筋肉痛。あれ?昨日何かしたっけ?あぁ、そういえば、昨晩、待ち合わせに遅刻しそうだから500m位走ったんだった(笑)

Forget me not MARMA(フォーゲットミーノットマーマ)近くの宮崎銀行本店前でタクシー下車。

ここに向かってる途中、「こんなに天気がいいならシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの高層階のレストランから日向灘を眺めたらさぞキレイだろうなぁ」と。最上階の42階にあるフレンチレストランは「タツヤカワゴエ・ミヤザキ」だそうだ。

私はSPGアメックス(=SPGゴールド)会員だから、SPGホテルの直営レストランで15%の割引が受けられる上に、1米ドル=3ポイントのスターポイントも貯まる。タツヤカワゴエ・ミヤザキもSPGホテル直営レストラン。電話して空き状況確認したら空いてるそうだ。

参考:SPGアメックスの審査結果は翌日判明!1日でSPGゴールドへ

申し訳ないが、Forget me not MARMA(フォーゲットミーノットマーマ)にキャンセルの電話をした。別の機会に伺います。

宮崎銀行本店前で流しのタクシーを拾おうとするが全然捕まらない。仕方がないから、ここまで乗ってきたタクシーのレシートを見て配車依頼。

15分くらい走ると、建物が見えてきた。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート遠景

20分位で到着。ゲートに入る前に降ろしてもらって、全体写真を撮った。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート近景

タツヤカワゴエ・ミヤザキでランチ

13:40頃、42階の「タツヤカワゴエ・ミヤザキ」へ。まず飛び込んでくる青い海。素敵ね。うん?お客さんいない?多分、一番いい席に案内してくれた。というか、お客さん私だけだった(笑)

料理はアラカルトはなく、コース料理のみ。3,300円か5,000円。あまりお腹も空いてないので3,300円のコースに。パスタは半分のもうちょっと少なくてもいいくらいと注文。

タツヤカワゴエ・ミヤザキのメニュー

スパークリングワインのメニュー。

タツヤカワゴエ・ミヤザキのスパークリングワインのメニュー

最初は、ラ・ヴァーグ・ブルースパークリング NVを。海の色のスパークリングワインだ♪

ラ・ヴァーグ・ブルースパークリング NV

おいおいリゾート気分だぞ。

まず最初に「天空の畑」という野菜が出された。「代官山のタツヤ・カワゴエ(TATSUYA KAWAGOE)で使っているのと同じバーニャカウダーを付けて召し上がってください」と。「天空の畑」って、ヨン様のレストランの「大地の恵みの蒸し物」を髣髴とさせるが(笑) 野菜も旨かったけど、バーニャカウダーもとても旨かった。うちにも欲しい。

天空の畑

前菜。

左から、野菜のテリーヌ 燻製サーモン ゆず胡椒ドレッシング、鶏のキューブ カレー風味タルタル、メヒカリの生ハム巻きカダイフ揚げ、ホタテソテー 焼きモロコシピュレ マッシュルームスライス。

タツヤカワゴエ・ミヤザキの前菜

パスタ。

タツヤカワゴエ・ミヤザキのパスタ

スパークリングワイン2杯目は、ディアマ ルクス 2 エクストラ・ドライ ミレジマート2013。

ディアマ ルクス 2 エクストラ・ドライ ミレジマート2013

メインの豚ロースのグリルも肉質よくて旨かった、脂も旨いやつ。アラビアータソースに覆われて豚肉ほとんど姿見えてないが。デザートも凄く美味しかったな。

タツヤカワゴエ・ミヤザキのメイン料理

タツヤカワゴエ・ミヤザキのデザート

ここの場所代、料理の質を考えたら、3,300円はお得だと思う。この他に、パンも付いてくる。オリーブオイル、塩、バターが用意されていたが、バーニャカウダー付けても旨いと言っていたので、バーニャカウダー付けて食べた。

食べ終わった後、風景撮影。青い海と緑の木々。きれい。反対側からはタクシーで入ってきた入口が見えた。

タツヤカワゴエ・ミヤザキからの眺め(海側)

タツヤカワゴエ・ミヤザキからの眺め(陸側)

店内撮影。

店の奥から入口側を。

タツヤカワゴエ・ミヤザキの内観(入口側)

厨房。

タツヤカワゴエ・ミヤザキの厨房

店の入口から奥を。

タツヤカワゴエ・ミヤザキの内観(奥)

川越シェフのメッセージ。

タツヤカワゴエ・ミヤザキの川越シェフのメッセージ遠景

タツヤカワゴエ・ミヤザキの川越シェフのメッセージ近景

支払いは、SPGアメックスで。(アルコールを除く)飲食代金が15%OFFになった上に、支払金額に対して1米ドルあたり3ポイントのスターポイントが貯まる。SPGアメックスのクレジットポイント(100円=1ポイント)も貯まる。

1階に降りてソファでまったり。この後どうしようか考える。レストランでビーチの場所を聞いたのでビーチに向かうか、それとも、松泉宮(しょうせんぐう)という温泉施設があるみたいなのでそちらに向かうか。

フォロワーさんが、最上階に「月の道」という満月時に月を観察するための展望台があり、昼間でも利用できるかもと教えてくれた。コンシェルジュに聞いたら昼でも利用できるとのこと。ついでにビーチまでの所要時間や温泉施設へのアクセス方法も聞いた。

43階にはチャペルがある。この先の右が「月の道」と呼ばれる展望施設。日差しが強くて暑いくらいだった。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの月の道

その後、地下一階フロアを覗く。ゲーム施設、おみやげ屋、コンビニ、各種ショップ、郵パック受付などがあった。ここでおみやげを購入。

サンビーチ一ツ葉

その後、タクシーでビーチへ向かう。地図で言うと、海に突き出た緑の部分がビーチらしい。

サンビーチ一ツ葉の位置

ビーチに到着。タクシーには待っていてもらう。サンビーチ一ツ葉というらしい。宮崎県唯一の人口のビーチだそうだ。

サンビーチ一ツ葉

Google mapの位置情報。北のビーチは、マリンスポーツ専用のビーチだそうだよ。

現在位置

かわいい足音があった。犬かね?

サンビーチ一ツ葉の犬の足跡

さすがに肌寒くて、海に入る感じじゃないね。

サンビーチ一ツ葉の波

極楽湯

タクシーに戻り、「極楽湯」に向かってもらう。

途中イオンがあった。タクシー運転手の話によると、年間を通してシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの宿泊者の3割位は中国人とのこと。ホテルから中国人を乗せると、8割方行き先はイオンだそうだ。タクシー料金を気にして、市内まで出る中国人は少ないらしい。シェラトンに泊まるくらいだからタクシー代なんてケチらないだろうと思ったが、中国人ツアー団体客は相当ディスカウントされた宿泊料しか払ってないんじゃないかと言っていた。中国人観光客は乗車中ずっと大声で喋っていてうるさいと言っていた。観光地で中国人観光客に好意的に話すタクシー運転手に出会ったことがない(笑)

やっぱり、極楽湯に行く前にリッチモンドホテルに寄ってもらって、預けた荷物を引き取ることに。極楽湯を出た後、直で空港行けるように。

極楽湯に向かう途中、運転手が「よろしければ極楽湯まで迎えに行きましょうか?」と。そうしてもらうことに。18:20に来てもらうことに。

極楽湯はエースランドという建物の2階に入っている。一階はボーリング場だった。2階はゲームセンターと極楽湯。極楽湯の前はゲームセンターの音で相当うるさい。

宮崎極楽湯の入口

リュック以外の荷物を受付に預ける。先に、15分、足マッサージをしてもらうことに。若い女の子がやってくれた。女の子の柔らかい手のマッサージ気持ちよかったし、上手だった。終わった後は足の筋肉痛がだいぶ楽になった。

受付近くの券売機でチケットを購入。バスタオル、タオル付きで910円。もうちょっと安ければいいなぁ。というか、極楽湯と提携したクレジットカードなんてあるのか?!

宮崎極楽湯のチケット売り場

中には食事処もある。

宮崎極楽湯の食事処

バイブラバスに10分位浸かった。いいマッサージになった。

ANA618便のプレミアムクラスとPremium GOZEN

18:20に予約してたタクシーに乗車。空港へ向かう。

kmタクシーに電話して、羽田空港からの定額タクシーを頼む。前回、運転手が高速の降り口を間違えて、豊島区の要町まで連れて行かれたから、ちゃんと道の分かる運転手にしてよと注文した。

20分位で宮崎空港到着。

宮崎空港にもANAのプレミアムチェックインカウンターあるのね。スーツケースを預ける。

宮崎空港のANAプレミアムチェックインカウンター

待合所で待っていたが、羽田空港上空の航路が混雑してるのでANA618便は出発遅延するという。本来の出発時刻である19:50頃に、機内への案内が開始されるというので、それまでラウンジで待つことに。

宮崎空港のラウンジは、ANA・JAL共有ラウンジの「大淀」。

宮崎空港のラウンジ大淀入口

こんな感じでソファだけあるラウンジ。パソコンデスクあるといいのだけどね。

宮崎空港のラウンジ大淀のソファ

優先搭乗で機内へ。座席は2K。今回は隣はいない。

ANA618便の2Kの座席

前の座席の下に荷物を入れられるタイプだったので、荷物を上げる必要がなくて便利。

ANA618便の座席

20:35頃から、Preimum GOZENの提供開始。

壱ノ重
 厚焼き玉子、紅白なます
 松茸と小松菜のお浸し
 鮭の塩焼き
 煮物(南瓜、牛蒡、人参、椎茸、絹さや)
 オレンジ、キウイ

ANA618便のPremium GOZEN壱ノ重

弐ノ重
 栗混ぜご飯

ANA618便のPremium GOZEN弐ノ重

合計515キロカロリー
宮崎空港ビル(株)

完食。食後のコーヒーといわてまりも。

ANA618便のコーヒーといわてまり

2泊3日の飲み旅行。無事に終えることができてホッとした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ