ソラシドエアカードのメリット・デメリットまとめ

[記事公開日]2017/04/10
[最終更新日]2017/09/04

ソラシドエアカード券面デザイン

ソラシドエアカード(Solaseed Airカード)は、ソラシドエアのマイルが貯まるクレジットカードです。

年会費は1,250円(税別)で、初年度無料。

1,000円ごとに10マイルのソラシドエアマイルが貯まります。

ソラシドエアカードのメリットは、低年会費でマイル還元率1.0%を実現できる点と、「ソラシドカード割」というカード会員限定の割引運賃を利用できることです。

ソラシドエアマイル還元率1%

ソラシドエアカードのマイル還元率は1%です。

カードの利用1,000円につき1ポイントのワールドプレゼントポイントが貯まります。

ポイントが貯まったら、こちらのページから、

ワールドプレゼントポイント「1ポイント」=ソラシドエアマイル「10マイル」

の割合で、マイルに移行できます。

移行サービス内容
交換レート ワールドプレゼント「1ポイント」=「10マイル」
ポイント移行単位 200ポイント以上1ポイント単位
移行所要期間 申し込み日から2日後
移行手数料 無料

ソラシドカードで、毎月10万円の支払いをしたら、毎月1,000マイル(年間12,000マイル)貯まります。

お得な「ソラシドカード割」で乗れる

ソラシドエアカード会員になると、料金が安くてお得な「ソラシドカード割」という運賃が利用できるようになります。

例えば、2017年4月9日に、2017年4月19日の「SNA055」便を予約しようとすると、

「ソラシドカード割」なら14,790円です。ソラシドエアカードを持っていないと、最安値の「特売り7日前」でも20,190円です。

その差、5,400円

ソラシドカード割

1回でも「ソラシドカード割」が利用できれば、年会費の元はすぐ取れてしまいますね。

入会マイルと継続ボーナスマイルが貰える

ソラシドカード入会時とカード継続時にボーナスマイルが貰えます。

Solaseed Airカード Solaseed Airゴールドカード
入会時 1,000マイル 2,000マイル
継続時 500マイル 1,000マイル

機内販売10%OFF

ソラシドエアの機内販売品の購入を、ソラシドエアカードで決済すると、10%OFFになります。

ソラシドエアの紀南販売品については、こちらのページをご覧ください。

空港のおみやげショップで5%OFF

那覇空港、鹿児島空港の対象のおみやげショップでソラシドエアカードを提示すると、5%OFFになります。

那覇空港:さくら、ハイビ、グルクン、北ウィング、ミナミウィング
鹿児島空港:Dream Garden

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

ソラシドエアカードには、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。

最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯

ソラシドエアカードには、最高1,000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。

ソラシドエアゴールドカードのメリットは?

ソラシドエアゴールドカード券面デザイン

ソラシドエアカードには、年会費10,000円(税別)のソラシドエアゴールドカードもあります。

ソラシドエアゴールドカードには、最高5,000万円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険、年間最高300万円までのお買物安心保険が付帯します。

また、空港ラウンジサービスが使えます。

ソラシドエアカード(クラシック)とソラシドエアカード(ゴールド)の比較表が以下です。

Solaseed Airカード Solaseed Airゴールドカード
カード種別 クラシック ゴールド
年会費 初年度無料
次年度以降:1,250円+税
10,000円+税
対象 満18歳以上の方(高校生を除く) 原則満30歳以上の方で、本人に安定継続収入のある方
(ゴールドカード独自の審査基準あり。)
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険:最高1,000万円(自動付帯)
海外旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯)
空港ラウンジ 全国使用空港にある空港ラウンジを利用可能

ソラシドファーストメンバーズ

ソラシドエアの搭乗回数が年間(1月-12月)20回以上で、尚且つ、ソラシドエアゴールドカードの会員には、「ソラシドファーストメンバーズ」という特典が付与されます。

ボーナスマイル2,000マイル

ソラシド ファーストメンバーズの会員には、毎年4月頃、ボーナスマイル2,000マイルが自動的に積算されます。

ソラシドゴールドカードの方は継続時に1,000マイルのボーナスマイルも積算されますから、合計で3,000マイルが積算されるわけですね。

優先搭乗できる

優先搭乗ができます。

空席待ちの優先

空席待ちが優先されます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ