リウボウカードセゾンのメリット・デメリットまとめ

[記事公開日]2016/11/07

リウボウカードセゾン券面デザイン

リウボウカードセゾンは、リウボウとカード会社のクレディセゾンの提携カードです。

年会費は永年無料。

国際ブランドは、Visa、MasterCard、JCBの3種類から選べます。

リウボウカードセゾンのメリットは、毎月第4土日に、デパートのリウボウの地下食品売り場・1F銘店売り場、及び、リウボウストア全12店舗で利用すると、レジにて5%OFFになること。

デパートリウボウもリウボウストアもTポイント提携店で、Tポイントも同時に獲得できることです。

デパートリウボウのセゾンカウンターで即日発行できるのもメリットです。

逆にデメリットは、通常のポイント還元率が0.5%と低いことです。

毎月第4土日は、デパートリウボウ(地下食品、1F銘店)、リウボウストアで5%OFF

毎月第4土日はデパートリウボウ・リウボウストアで5%OFF

毎月第4土日に、以下の店舗にて、リウボウカードセゾンを利用or提示すると、レジにて5%OFFになります。

  • デパートリウボウの地下食品売場、1F銘店フロア
  • リウボウストア全12店舗(首里店、泉崎店、栄町店、国場店、天久店、普天間店、三原店、浦西店、浦添店、古波蔵、西町店、大平店)

毎月第3土日は、デパートリウボウ、リウボウストアで永久不滅ポイント2倍

毎月第3土日はデパートリウボウ・リウボウストアでポイント2倍

毎月第3土日に、デパートリウボウ、リウボウストア全12店舗でリウボウカードセゾンを利用すると、永久不滅ポイントが通常の2倍になります。

通常1,000円=1ポイントのところ、1,000=2ポイントの永久不滅ポイントが付与されます。

Tカード提示で「Tポイント+5%OFF」「Tポイント+永久不滅ポイント」が可能

リウボウグループはTポイント提携店

デパートリウボウもリウボウストアもTポイント提携店です。

Tカードの提示で、200円(税抜・値引き後)=1ポイントのTポイントが貯まります。

毎月第4土日には、Tカードの提示&リウボウカードセゾンの利用or提示で、レジにて5%OFFになる上にTポイントも貯まります。

毎月第3土日には、Tカードの提示&リウボウカードセゾンの利用で、永久不滅ポイントが2倍になる上にTポイントも貯まります。

沖縄ファミリーマート、HAPiNAHAもリウボウグループで、Tポイント提携店です。

年数回の会員限定優待セール・分割払い手数料無料フェア

分割払い手数料無料フェア倍

年に数回、デパートリウボウでの買物が割引になる優待セールがあります。

また、リウボウカードセゾンの分割払い(3回・6回・10回)手数料が無料になるフェアがあります。

毎月5日・20日は、全国の西友・リヴィンで5%OFF

リウボウカードセゾンはセゾンカードの1種類です。

ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードPARCOカード/PARCOカードクラスSMUJI Cardなどと同様に、毎月5日・20日に、リウボウカードセゾンを、全国の西友・リヴィンで利用すると、請求時に5%OFFになります。

ただし、沖縄県に西友もリヴィンもありません

県外に行ったときにしかこの特典は利用できません・・・

リウボウで即日発行可能

リウボウカードセゾンは、カード申込時に受取方法を「郵送」と「指定のセゾンカウンターで受取」の二通りから選ぶことができます。

「指定のセゾンカウンターで受取」を選択した場合、デパートリウボウのセゾンカウンターにて即日発行・即日受取が可能になります。

19:30以降の申込みは、翌日の手続き扱いとなり、クレディセゾンからの申込み確認の電話は10:00~20:00の間となります。

指定のセゾンカウンターで受取」希望の場合、審査結果メール到着後、7日以内に受け取らないと解約になり、再度申込みが必要となります。

リウボウカードセゾンのデメリット

リウボウ以外での還元率が低い

リウボウカードセゾンをデパートリウボウ、リウボウストア以外で利用したときの還元率は、1,000円=1永久不滅ポイント=5円相当です。

還元率は0.5%。

還元率が低いためメインカードには不向きです。

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が付いていない

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が付いていません。

海外旅行代金、国内旅行代金の支払いには向いていません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ