※当サイトはプロモーションを含みます。

セゾンカード

セゾンプラチナアメックスのプライオリティ・パスのメリットとデメリット

こんにちは。

ポイントとマイルを貯めてあちこち旅行するのが好きな、jun(@odakyu_de_go)と申します。

セゾンプラチナアメックスに入会すると、プライオリティ・パスを無料で発行できます。

※Netアンサー(インターネット)またはセゾンPortal(アプリ)から申込みできます。

プライオリティ・パスの「内容」は、入会するクレジットカードによって大きく異なります。

例えば、年間の利用回数に制限があったり、同伴者料金が馬鹿高かったり・・・

セゾンプラチナアメックスで発行できるプライオリティ・パスはどんな「内容」なのか?

そのメリットとデメリットを紹介します。

プライオリティ・パスを発行できる、4種類のセゾンアメックスカード

クレディセゾン発行のセゾンアメックスカードの内、以下の4枚のカードはプライオリティ・パスを発行できます。

クレカの年会費PPの年会費
年会費優遇型セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード※実質無料11,000円
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
※入会キャンペーン中
11,000円
※初年度無料
11,000円
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
※入会キャンペーン中
22,000円0円
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード22,000円
※初年度無料
0円

どのカードで発行しても、プライオリティ・パスの内容は変わりません。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は11,000円(※初年度無料)ですが、プライオリティ・パスの年会費として「別途11,000円」かかります。

合計22,000円。

セゾンプラチナアメックスのプライオリティ・パスのメリットまとめ

セゾンプラチナアメックスのプライオリティ・パスのメリットを紹介します。

年間の利用回数に制限がない

セゾンプラチナアメックスで発行できるプライオリティ・パスは、利用回数に制限がありません。

年間に何回でもプライオリティ・パス提携ラウンジ、及び、空港ラウンジ代替施設を無料で利用できます。

一方、以下のカードは年間の利用回数に制限があります。

年間利用回数
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード2回
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード2回
楽天プレミアムカード5回
※2025年以降
UCプラチナカード6回

ダイナースクラブカードにもプライオリティ・パスとほぼ同等の空港ラウンジサービスが付いているのですが、こちらも年間10回までという制限があります。

利用回数無制限のカードの中では年会費が安い部類

利用回数無制限のカードの中では、年会費が安い部類です。

年会費
年会費優遇型セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード※実質無料
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
※キャンペーン中
11,000円
※初年度無料
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
※キャンペーン中
22,000円
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
※初年度年会費無料
22,000円
※初年度無料
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
※キャンペーン中
22,000円
SKYPASS・MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード22,000円
キャセイパシフィック MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード27,500円
JCBプラチナ27,500円
Miles & More MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード30,800円
JCBプラチナ法人カード33,000円
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ34,100円
JAL・JCBカード プラチナ34,100円
TRUST CLUB プラチナ Visaカード
※キャンペーン中。詳細はこちら
38,500円

空港ラウンジ代替施設も使える

最近のプライオリティ・パスは、従来の空港ラウンジに加えて、レストラン・カフェ・スパ・カプセルホテルなどの「空港ラウンジ代替施設」とも提携を進めています。

セゾンプラチナアメックスのプライオリティ・パスは、これらの「空港ラウンジ代替施設」も利用可能です。

日本国内では以下が「空港ラウンジ代替施設」です。

羽田空港足湯カフェ&ボディケア Luck/ラック
※会員ごとに3,400円割引
ALL DAY DINING GRANDE AILE 羽田空港
※会員ごとにランチビュッフェ&ソフトドリンクサービス提供
成田空港ナインアワーズ成田空港
※9時から18時までの間に最大5時間まで無料滞在可能
ぼてぢゅう屋台
※会員ごとに3,400円相当のセットメニュー提供
関西空港ぼてぢゅう
※会員ごとに3,400円割引
セントレアぼてぢゅう
※会員ごとに3,400円相当のセットメニュー提供
くつろぎ処
※会員ごとに入浴料無料&定食のセットメニュー提供
THE PIKE BREWING RESTAURANT & CRAFT BEER BAR
※会員ごとに3,400円割引
海膳空膳
※会員ごとに3,400円相当のセットメニュー提供

一方、アメリカン・エキスプレスの、

カード名称年会費
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード31,900円
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード34,100円
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード143,000円
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード143,000円

で発行できるプライオリティ・パスでは、「空港ラウンジ代替施設」を利用できません。

以下は、成田とセントレアの「空港ラウンジ代替施設」調査目的の往復旅行です。

セゾンプラチナアメックスのプライオリティ・パスのデメリット

デメリットもあります。

同伴者料金が高い

セゾンプラチナアメックスのプライオリティ・パスの同伴者料金は4,400円。同伴者料金が最も安いJCBプラチナの2倍もします。

同伴者料金
JCBプラチナ2,200円
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード3,300円
楽天プレミアムカード3,300円
年会費優遇型セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード4,400円
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード4,400円
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード4,400円
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード4,400円
UCプラチナカード35米ドル
TRUST CLUB プラチナ Visaカード35米ドル

なお、UCプラチナカード、TRUST CLUB プラチナ Visaカードの同伴者料金は35米ドル。

1米ドル=150円で計算すると、5,250円です。

家族と一緒にセントレアの「くつろぎ処」を利用する時、同伴者料金が2,200円ならベネフィット(3,500円相当※)に比べて少しお得ですが、35米ドルも払っていたら損してしまいますね。

※入浴料金(1,500円)+食事のセットメニュー(2,000円相当)

家族カード会員にプライオリティ・パスを発行できない

セゾンプラチナアメックスは、年会費3,300円で家族カードを発行できます。

しかし、家族カード会員はプライオリティ・パスを発行することはできません。

家族カード会員と提携ラウンジを利用する際は、同伴者料金(上述)が必要になります。

一方、同年会費(=22,000円)の三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードでは、家族カード会員もプライオリティ・パスを発行することができます。

しかも、家族カードの年会費は1枚目は無料です。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面デザイン

2枚目以降も3,300円という少額の年会費で発行できます。

家族(配偶者、成人した子供、親)と一緒にプライオリティ・パス提携施設を継続的に利用する予定なら、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードという選択肢もおすすめです。

例えば、あなたが三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード会員で、配偶者と大学生の息子に家族カードを発行している場合、3人共無料で提携施設を利用できます。

入会キャンペーンも実施中です。

まとめ

セゾンプラチナアメックスで発行できるプライオリティ・パスには、

  • 年間の利用回数に制限なし
  • 年会費が比較的安い
  • 空港ラウンジ代替施設も使える

というメリットがあります。

一方、

  • 同伴者料金が高い
  • 家族カード会員はプライオリティ・パスを発行できない

というデメリットもあります。

メリット・デメリットを見て、「合う」と思ったら、ぜひ発行してみてください。入会キャンペーンも実施中です。

ABOUT ME
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です