ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードの「ポイントサイト報酬額」を比較

ダイナースクラブカード券面デザイン

ダイナースクラブカードをお持ちですか?

世界で最初に発行されたクレジットカードで、日本でも最も長い歴史を持つクレジットカードです。

現在では、日本を代表するステータスカード、T&Eサービスに優れたカードとして知られています。

ダイナースクラブカード券面デザイン

このダイナースクラブカードですが、公式サイトから作るのはおすすめできません。

必ず、「ポイントサイト」を経由して作るようにしてください

これから紹介する「ポイントサイト」に登録をして、その「ポイントサイト」内のダイナースクラブカードの広告から申し込みをすると、相当な額の成果報酬をもらえるのです。

例えば、現在、「ハピタス」というポイントサイト経由で発券すると、22,000ポイントの「ハピタス」ポイントを獲得できます(下図参照)。

ハピタスのダイナースクラブカード案件

これは、22,000円相当です!

後述しますが、その22,000円とは別に新規入会キャンペーンで「60,000ポイント(60,000マイル相当)」も獲得できます。

なぜ、「ポイントサイト」から申し込みをすると、そのような成果報酬をもらえるのでしょうか?

それは、ダイナースクラブカードの発行元である三井住友トラストクラブが「ポイントサイト」に広告宣伝費を払っているからです。

「広告宣伝費を出すから、ポイントサイトさん、ダイナースクラブカードの会員を募集してよ」というわけですね。

われわれは「ポイントサイト経由」でダイナースクラブカードを作ることで、三井住友トラストクラブが「ポイントサイト」に支払っている広告宣伝費の一部を貰うことができるわけです。

広告費の流れとしては以下のようになりますね。

広告主(三井住友トラストクラブ)⇒⇒ポイントサイト⇒⇒広告利用者(われわれ)

上の「ハピタス」の例では、成果報酬は22,000円相当ですが、当然、広告主からポイントサイトへはそれ以上の金額が支払われていますよ。ポイントサイトは慈善事業ではありません。ご安心ください(笑)

見方を変えれば、公式サイトから直接ダイナースクラブカードを作ってしまうと、この広告宣伝費をみすみす獲得し損ねることになるわけですね。

「ポイントサイト」成果報酬と、新規入会キャンペーンのボーナスポイントは「2重取り」できる

ダイナースクラブカードは新規入会キャンペーンを実施していることが多いです。

現在ですと、所定の条件達成で「60,000ポイント(60,000マイル相当)」獲得できるキャンペーンを実施中です。

ダイナースクラブカードの新規入会キャンペーン

「ポイントサイト」経由でダイナースクラブカードに入会しても、この新規入会キャンペーンの対象になります。

つまり、「ポイントサイト経由」でダイナースクラブカードに入会して、所定の条件を満たせば、

  • 「ポイントサイト」からの成果報酬額:最大22,000円相当
  • 新規入会キャンペーンの特典:60,000ポイント(60,000マイル相当)

の「2重取り」ができるのです。

合計すると凄いことになりますね!

ダイナースクラブカードの「ポイントサイト」成果報酬額を比較

「ポイントサイト」は無数存在します。

どの「ポイントサイト」からダイナースクラブカードを発行すると最もお得なのでしょうか?

それを知るために、ダイナースクラブカードの成果報酬額を比較します。

カードごとに紹介していきます。

ダイナースクラブカード

一番申込者の多い、スタンダードなダイナースクラブカードです。

新規入会キャンペーンも一番充実しています。

ポイントサイト名現在の報酬額
ダイナースクラブカード券面デザイン
モッピー
(※1)キャンペーン中
10,000円
げん玉20,000円
ポイントインカム
(※3)入会ポイントUP
12,000円
ライフメディア7,870円
ドットマネー
ハピタス22,000円
ちょびリッチ20,000円
ECナビ11,000円
ポイントタウン
(※2)タイアップキャンペーン中
12,500円
PONEY
ゲットマネー20,500円
モバトク
i2iポイント
すぐたま7,850円

ご覧いただければ分かると思いますが、「ポイントサイト」によって成果報酬額が大きく異なります

成果報酬額が最も高い「ポイントサイト」から申し込みください。

なお、その際に、当サイト限定の以下のタイアップキャンペーンもあわせてご利用ください。

タイアップキャンペーン実施中

(※1) モッピーと当サイトは「タイアップ」キャンペーンを実施中。2018年10月31日までに、当サイトのリンクから「モッピー」に登録して、条件を満たすと、合計1,300円相当のポイントが貰えます。

(※2) ポイントタウンと当サイトは「タイアップ」を実施中。登録するだけで300円相当のポイントが貰えます。他のサイトから登録すると何も貰えません。

(※3) ポイントインカムと当サイトは「タイアップ」を実施中。入会するだけで300円相当のポイントが貰えます。これは通常の入会ポイントの3倍です。

ダイナースクラブ ビジネスカード

ダイナースクラブ ビジネスカードは、個人事業主、法人企業の代表者または役員の方のみが申し込めるダイナースクラブカードです。

従業員の方に追加カードを無料発行できます。

そして、ダイナースクラブカードの機能に加えて、以下の「4大ビジネス特典」を利用することができます。

  • 会計ソフト「freee」の優待
  • 課題の無料相談「プライベートアドバイザー」
  • ダイヤモンド経営者倶楽部の銀座サロンが利用できる「ビジネス・ラウンジ」
  • 加盟店優待「ビジネス・オファー」

ダイナースクラブ ビジネスカードは、ダイナースクラブカードに比べて、取り扱いのある「ポイントサイト」が少なくなっています。

ポイントサイト名現在の報酬額
ダイナースクラブ ビジネスカード券面デザイン
モッピー
(※1)キャンペーン中
10,000円
げん玉8,500円
ポイントインカム
(※3)入会ポイントUP
ライフメディア7,870円
ドットマネー
ハピタス8,000円
ちょびリッチ7,500円
ECナビ
ポイントタウン
(※2)タイアップキャンペーン中
PONEY
ゲットマネー14,000円
モバトク
i2iポイント
すぐたま7,850円

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードについては、現在、一時的に「ポイントサイト」での取扱がありません。

そのため、公式サイトから直接申し込んでも構いません。

ただし、その前に、「ANAのマイ友プログラム」に登録しておきましょう。

詳しくは以上の記事をご覧いただきたいのですが、ANAダイナースカード申し込み前に「ANAのマイ友プログラム」に登録を済ませておくと、入会ボーナスマイルとは別に、「マイ友プログラム入会ボーナスマイル」が2,000マイルもらえます

「マイ友プログラム入会ボーナスマイル」を貰うためには、マイ友プログラム登録ページに、ANAダイナースカード「紹介者」のカナ氏名と紹介番号を登録する必要があります。

もし、周囲に「紹介者」がいらっしゃらない場合は、以下の私の情報を登録していただいて結構です。

紹介番号00007762
カナ氏名サイトウ ジユン

是非、「マイ友プログラム入会ボーナスマイル」を獲得してください。

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブとデルタ航空との提携カード。

カードを利用すると、スカイマイルが「100円=1マイル」貯まります。

残念ながら、現在、ポイントサイトでの取扱いはありません。

MileagePlus ダイナースクラブカード

MileagePlus ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブとユナイテッド航空との提携カード。

カードを利用すると、ユナイテッド航空のMileagePlusマイルが「100円=1マイル」貯まります。

こちらも残念ながら、現在、ポイントサイトでの取扱いはありません。

JALダイナースカード

JALダイナースカードは、ダイナースクラブと日本航空との提携カード。

カードを利用すると、JALマイルが「100円=1マイル」貯まります。

こちらも残念ながら、現在、ポイントサイトでの取扱いはありません。

JALカードでも、Visaブランド、Masatercardブランド、JCBブランドのカードは「ポイントサイト」に取り扱いがあります。

ダイナースクラブカード以外のクレジットカードの「ポイントサイト」報酬額もチェック

ダイナースクラブカードを発行する際に、「ポイントサイトを経由する」と、相当な金額が稼げることがわかりましたね。

ダイナースクラブカード以外にも多くのクレジットカードが「ポイントサイト」に登録されています。

例えば、ダイナースクラブカードと同じ「外資系」のカードになるアメリカン・エキスプレス・カードも「ポイントサイト」に取扱があります。

ただし、アメリカン・エキスプレスは、会員獲得方法として自社の「紹介プログラム」を重視しているので、ポイントサイトの成果報酬額は低めになります。「紹介プログラム」で入会した方がお得です。

発行枚数が日本一となった楽天カードも取り扱いがあります。楽天カードは年会費永年無料ながら、「ポイントサイト」報酬額が時期によっては1万円を超える恐ろしいカードです。潤沢な広告費用があるのですね。おかげで発行枚数は今や日本一。

楽天カードのライバル的存在であるリクルートカード、Yahoo! JAPANカードも取り扱いがあり、新規入会キャンペーンと併用すると威力を発揮します。

その他、JCBカード、三井住友VISAカード、イオンカード、ビューカードなども取り扱いがありますよ。

クレジットカードを新規作成する時は必ずポイントサイト経由で」と覚えておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。