Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードの「ポイントサイト」報酬額を比較

Yahoo! JAPANカードをご存知ですか?

Yahoo!のオフィシャルクレジットカードで、「100円=1ポイント」のTポイントが貯まるカードです。

Yahoo! JAPANカード券面デザイン

私も持っています。

私はこのカードを主に「nanacoチャージ」のために使っています。

Yahoo! JAPANカードでnanacoチャージすると、「200円=1ポイント」のTポイントが貯まるのです。通常の半分ですね。

通常の半分とは言え、nanacoチャージでポイントが貯まるカードは貴重ですので、非常にありがたいカードです。

さて、このYahoo! JAPANカードですが、「公式サイト」から申込むと、常時、「8,000ポイント」のTポイントが貰える新規入会キャンペーンの適用が受けられます。「週末」に申し込めば「10,000ポイント」になります。現在のキャンペーン内容は以下のようになっています。

Yahoo! JAPANカード新規入会キャンペーンは「週末」が狙い目!

が、しかし、公式サイトからはYahoo! JAPANカードに申し込まないでください。

必ず、「ポイントサイト」から申込むようにしましょう

以下で紹介する「ポイントサイト」に登録し、その「ポイントサイト」内のYahoo! JAPANカードの広告から申込むと、その「ポイントサイト」から成果報酬を貰えるのです。

「ポイントサイト」の成果報酬額は、時に5,000円近くになることもあります

なぜ、「ポイントサイト」がそのような報酬をくれるかと言うと、「Yahoo! JAPANカード」を発行するワイジェイカード株式会社が、ネットの広告代理店を通じて「ポイントサイト」に広告宣伝費を支払っているからです。「広告宣伝費出すから、カードの会員募集してよ」というわけですね。

われわれが「ポイントサイト」経由でYahoo! JAPANカードを発行すると、その広告宣伝費の一部を貰うことができるわけですね。

直接、公式サイトからYahoo! JAPANカードを発行してしまうと、その広告宣伝費の一部を貰い損ねることになるわけです。

「ポイントサイト」報酬と、新規入会キャンペーンのボーナスポイントは「2重取り」できる

ここで疑問に思われるかもしれません。

「ポイントサイト経由でYahoo! JAPANカードを発行したら、新規入会キャンペーンの対象にならないんじゃないの?」と。

ご安心ください。

ポイントサイト経由でYahoo! JAPANカードに申し込んだとしても、公式サイトから申し込んだときと同様に新規入会キャンペーンの適用が受けられます。

つまり、「ポイントサイト」からYahoo! JAPANカードを申し込んで、新規入会キャンペーンを利用すると、

  • 「ポイントサイト」の成果報酬額
  • 新規入荷キャンペーンのボーナスポイント

の「2重取り」が可能となるわけですね。

Yahoo! JAPANカードの発行を考えているのでしたら、必ず、「ポイントサイト経由」で発行しましょう。

Yahoo! JAPANカードの「ポイントサイト」報酬額を比較

さて、本題の報酬額の比較です。

以下は代表的な「ポイントサイト」のYahoo! JAPANカードの報酬額を比較したものです。

各「ポイントサイト」毎に報酬額が異なります。

申込み時点で「最も報酬額が高い」ポイントサイトから申込むといいでしょう。

以下は2018年6月22日時点の報酬額を比較したものです。

ポイントサイト名 現在の報酬額
Yahoo! JAPANカード券面デザイン
モッピー
(※1)キャンペーン中
1,000円
げん玉 2,200円
ポイントインカム
(※3)入会ポイントUP
1,500円
ライフメディア 1,250円
ドットマネー
ハピタス 1,250円
ちょびリッチ
ECナビ 470円
ポイントタウン
(※2)タイアップキャンペーン中
1,250円
PONEY 450円
ゲットマネー 2,000円
モバトク 1,000円
i2iポイント 750円
すぐたま 1,500円

なお、その際に、当サイト限定の以下のタイアップキャンペーンもあわせてご利用ください。

(※1) モッピーと当サイトは「タイアップ」キャンペーンを実施中。2018年8月31日までに、当サイトのリンクから「モッピー」に登録して、条件を満たすと、合計1,300円相当のポイントが貰えます。

(※2) ポイントタウンと当サイトは「タイアップ」を実施中。登録するだけで300円相当のポイントが貰えます。他のサイトから登録すると何も貰えません。

(※3) ポイントインカムと当サイトは「タイアップ」を実施中。入会するだけで300円相当のポイントが貰えます。これは通常の入会ポイントの3倍です。

Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードの「ポイントサイト」報酬額を比較する

「ポイントサイト」には、Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードも多く掲載されています。

Yahoo! JAPANカードとライバル関係にある、

  • 楽天カード
  • リクルートカード

も取り扱いがあります。

特に楽天カードは、時期によっては成果報酬額が10,000円を超える超お得案件として有名です。

楽天カードの「ポイントサイト」報酬が【最大】になる時期を狙え!

リクルートカードの「ポイントサイト」報酬額を比較。

年会費の高いダイナースクラブカードは、時期によっては成果報酬額が20,000円を超える目玉案件です。

ダイナースクラブカードの「ポイントサイト報酬額」を比較

同じく年会費が高いアメリカン・エキスプレス・カードは、ポイントサイトよりも自社運営の「紹介プログラム」に力を入れており、成果報酬額は低めです。

13枚のアメックスは「紹介キャンペーン」入会が「ポイントサイト」経由よりお得。

この辺は、各社のスタンスが分かって面白いですね。

この他、人気カードの三井住友VISAカード、ビューカード、セゾンカード、イオンカードなども取扱いがあります。

三井住友VISAカードの「ポイントサイト」報酬額を比較

ビューカードの「ポイントサイト」報酬額を比較する

セゾンカードの「ポイントサイト」報酬額を比較。気を付けるべきこととは?

イオンカード入会は「紹介ID+ポイントサイト+キャンペーン攻略」で

「クレジットカードを新規作成する時は必ずポイントサイト経由で」と覚えておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。