Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)の「ポイントサイト」報酬額を比較

Yahoo! JAPANカードのポイントサイト報酬額を比較

年会費永年無料のYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)をお持ちですか?

Tポイント還元率1.0%のクレジットカードです。

カードを使うと、「100円=1ポイント」のTポイントが貯まります。

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)券面デザイン

私も持っています。

私はこのカードを主に

  • PayPayへのチャージ
  • nanacoチャージ
  • (息子の)ANA JCBプリペイドカードへのチャージ

に使っています。

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)は、事前にPayPay残高にチャージできる唯一のカードです。

また、Yahoo! JAPANカードでnanacoチャージすると、「200円=1ポイント」のTポイントが貯まります。通常の半分ですね。しかし、通常の半分とは言え、nanacoチャージでポイントが貯まるカードは貴重ですので、非常にありがたいカードです。

息子の小遣いの一部をANA JCBプリペイドカードで支給しているのですが、そのチャージに使っているのもYahoo! JAPANカードです。ANA JCBプリペイドカードへのチャージは通常通りのポイントが貯まります。

さて、このYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)ですが、「公式サイト」から申込むと、常時、「8,000ポイント」のTポイントが貰える新規入会キャンペーンの適用が受けられます。

「週末」に申し込めば「10,000ポイント」になります。現在のキャンペーン内容は以下のようになっています。

が、しかし、公式サイトからはYahoo! JAPANカードに申し込まないでください。

必ず、「ポイントサイト」から申込むようにしましょう。

以下で紹介する「ポイントサイト」に登録し、その「ポイントサイト」内のYahoo! JAPANカードの広告から申込むと、その「ポイントサイト」から成果報酬を貰えるのです。

「ポイントサイト」からの成果報酬額は、時に5,000円以上になることもあります

なぜ、「ポイントサイト」はそのような報酬をくれるのでしょうか?

それは、「Yahoo! JAPANカード」を発行するワイジェイカード株式会社が、ネットの広告代理店を通じて「ポイントサイト」に広告宣伝費を支払っているからです。

「広告宣伝費出すから、カードの会員募集してよ」というわけですね。

われわれが「ポイントサイト」経由でYahoo! JAPANカードを発行すると、その広告宣伝費の一部を貰うことができるわけですね。

広告費の流れは以下のようになります。

広告主(YJカード株式会社)

ポイントサイト

広告利用者(われわれ)

直接、公式サイトからYahoo! JAPANカードを発行してしまうと、その広告宣伝費の一部をみすみす貰い損ねることになるわけです。

「ポイントサイト」報酬と、新規入会キャンペーンのボーナスポイントは「2重取り」できる

ここで疑問に思われるかもしれません。

「ポイントサイト経由でYahoo! JAPANカードを発行したら、新規入会キャンペーンの対象にならないんじゃないの?」と。

ご安心ください。

ポイントサイト経由でYahoo! JAPANカードに申し込んだとしても、公式サイトから申し込んだときと同様に新規入会キャンペーンの適用が受けられます。

つまり、「ポイントサイト」からYahoo! JAPANカードを申し込んで、新規入会キャンペーンを利用すると、

  • 「ポイントサイト」の成果報酬額
  • 新規入荷キャンペーンのボーナスポイント

の「2重取り」が可能となるわけですね。

Yahoo! JAPANカードの発行を考えているのでしたら、必ず、「ポイントサイト経由」で発行して、「2重取り」を行ってください。

ごく少数ですが、ダイナースクラブカードのポイントサイト案件のように、ポイントサイトサイト経由で入会すると、公式サイトの新規入会キャンペーンが適用されないケースもあります。

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)の「ポイントサイト」報酬額を比較

さて、本題のYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)のポイントサイト報酬額の比較です。

以下は代表的な「ポイントサイト」のYahoo! JAPANカードの報酬額を比較したものです。

各「ポイントサイト」のYahoo! JAPANカードの広告から申し込みをして、無事にカードが発行された場合に報酬が支払われます。

「ポイントサイト」毎に報酬額が異なりますので、申込み時点で「最も報酬額が高い」ポイントサイトから申込むといいでしょう。

・・・と言いたいところですが、2019年1月9日現在、取扱いがあるのは、マイボンバーの自己アフィのみとなっています。

マイボンバーに登録後、自己アフィでYahoo! JAPANカードに入会すると、3,240円相当のポイントが貰えます。

マイボンバーのポイントは、ドットマネーに交換できますので、ドットマネーから現金化したり、JALマイル・ANAマイルにも交換できますよ。

ポイントサイト名現在の報酬額
Yahoo! JAPANカード券面デザイン
マイボンバー3,240円
モッピー
(※)キャンペーン中
げん玉
ポイントインカム
(※)キャンペーン中
ライフメディア
ドットマネー
ハピタス
ちょびリッチ
ECナビ
ポイントタウン
(※)キャンペーン中
PONEY
ゲットマネー
モバトク
i2iポイント
すぐたま
(※)キャンペーン中

なお、その際に、当サイト限定の以下のタイアップキャンペーンもあわせてご利用ください。

モッピーと当サイトは「タイアップ」キャンペーンを実施中。2019年2月28日までに、当サイトのリンクから「モッピー」に登録して、条件を満たすと、合計1,300円相当のポイントが貰えます。

ポイントタウンと当サイトは「タイアップ」を実施中。登録するだけで300円相当のポイントが貰えます。他のサイトから登録すると何も貰えません。

ポイントインカムと当サイトは「タイアップ」を実施中。入会するだけで300円相当のポイントが貰えます。これは通常の入会ポイントの3倍です。

すぐたまと当サイトは「タイアップ」を実施中。当サイトのリンクから「すぐたま」に登録して、条件を満たすと、合計2,500円相当のポイントが貰えます。

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)以外のクレジットカードの「ポイントサイト」報酬額を比較する

「ポイントサイト」には、Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードも多く掲載されています。

Yahoo! JAPANカードとライバル関係にある、

  • 楽天カード
  • リクルートカード

も取り扱いがあります。

特に楽天カードは、時期によっては成果報酬額が10,000円を超える超お得案件として有名です。

年会費の高いダイナースクラブカードは、時期によっては成果報酬額が20,000円を超える目玉案件です。

一方、同じく年会費が高いアメリカン・エキスプレス・カードは、ポイントサイトよりも自社運営の「紹介プログラム」に力を入れており、成果報酬額は低めです。

この辺は、各社のスタンスが分かって面白いですね。

この他、人気カードの三井住友VISAカード、ビューカード、セゾンカード、イオンカードなども取扱いがあります。

「クレジットカードを新規作成する時は必ずポイントサイト経由で」と覚えておきましょう。

ABOUT ME
jun
jun
今週末まで、【合計90,000ポイントのマリオットのポイント】が当たるプレゼント企画を実施しています! 詳しくは、以下のTwitterアイコンから、先頭の固定ツイートをご覧ください。 以下のTwitterアカウントで、ポイントサイトやマイルのお得な情報をツイートしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。