アメリカン・エキスプレス・カード

ANAマイルを「短期間」に大量に貯める方法と「中長期的」に貯める方法

ANAマイルを貯める

ANAマイルを貯める方法というと、

  • ANAカード決済でコツコツ貯める
  • 飛行機搭乗でコツコツ貯める

というイメージが強いですが、ここでは、

  • ANAマイルを「短期間」に大量に貯める方法
  • ANAマイルを「中長期的に」に大量に貯める方法

を紹介します。

ANAマイルを「短期間」に大量に貯める方法

ANAマイルを「短期間」に大量に貯めるのに有効なのは、クレジットカードの新規入会キャンペーンを利用する方法です。

現在は、特にダイナースクラブカード、アメックスカードの活用が有効です。

クレジットカードの新規入会キャンペーンを利用する

ダイナースクラブカード入会で「60,000マイル」

ダイナースクラブカード入会すると、

  1. 新規入会で3,000ボーナスポイント
  2. 入会後3ヶ月以内に30万円の利用で12,000ボーナスポイント
  3. 入会後3ヶ月以内にさらに30万円の利用で15,000ボーナスポイント
  4. 入会後6ヶ月以内にさらに40万円の利用で20,000ボーナスポイント
  5. 2、3、4の通常利用ポイントで10,000ポイント

獲得できます。

合計60,000ポイントです。

ダイナースクラブカードのポイントは「1,000ポイント=1,000マイル」でANAのマイルに換えられます。

ダイナースクラブカード新規入会キャンペーン

アメックスカード入会で「23,000マイル」

アメリカン・エキスプレス・カード(以下アメックスカード)というクレジットカードがあります。

年会費は12,000円(税別)。

カードを使うと、「100円=1ポイント」のアメックスポイントが貯まります。

アメックスカードの入会方法には、2種類あります。

  • 公式サイト
  • 紹介プログラム

です。

「公式サイト」から入会しても、「紹介プログラム」から入会しても新規入会キャンペーンが適用されますが、ボーナスポイントが違います。

公式サイト」から入会した場合、入会後6ヶ月間に50万円利用した時に得られる合計ポイントは、18,000ポイントです。

「紹介プログラム」から入会した場合、入会後6ヶ月間に50万円利用した時に得られる合計ポイントは、23,000ポイントです。

「紹介プログラム」というのは、アメックスの既存会員から「紹介URL」を案内してもらい、その「紹介URL」から入会すると、通常とは異なる入会特典が貰えるプログラムのことを言います。

もし、周りにアメックスの既存会員がいらっしゃらない場合は、当サイトのFacebookページからも「紹介プログラム」での入会が可能ですので、ぜひご利用ください。

アメックスのポイントは、以下の提携航空会社15社のマイルに交換できます。

アメックスの提携航空パートナー

スターアライアンス全日空(NH)、スカンジナビア航空(SK)、シンガポール航空(SQ)、タイ国際航空(TG)
ワンワールドフィンエアー(AY)、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、キャセイパシフィック航空(CX)、カタール航空(QR)
スカイチームエールフランス(AF)-KLM(KL)、アリタリア-イタリア航空(AZ)、チャイナエアライン(CI)、中国南方航空(CZ)、デルタ航空(DL)
未加盟エミレーツ航空(EK)、エティハド航空(EY)、ヴァージン・アトランティック航空(VS)

そして、アメックスカードのポイントは、「1,000ポイント=1,000マイル」でANAマイルに移行できます。

「紹介プログラム」からアメックスカードに入会後、3ヶ月以内に50万円利用すれば、ANAマイル23,000マイル獲得できるということですね。

マイレージプログラム移行レート
ANAマイレージクラブのロゴ1,000ポイント=1,000マイル
その他1,000ポイント=800マイル

アメックスカードのポイントは、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のマイルに、「1,000ポイント=800マイル」で移行できます。

※ANAマイルへの移行レートよし少しレートが悪くなることに留意してください。

あまり知られていないですが、

「ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のマイルを使ったJAL国内線特典航空券への交換」

が反則技レベルで非常にお得です。

ご存じない方は、ぜひ、以下の記事も覗いてみてください。

BAマイル→JAL特典航空券のメリット・デメリット(予約から座席指定まで)

アメックスゴールドカード入会で「55,000マイル」

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下アメックスゴールドカード)というクレジットカードがあります。

年会費は29,000円(税別)。

カードを使うと、「100円=1ポイント」のアメックスポイントが貯まります。

「公式サイト」から入会しても、「紹介プログラム」から入会しても新規入会キャンペーンが適用されますが、ボーナスポイントが違います。

公式サイト」から入会した場合、入会後6ヶ月間に80万円利用した時に得られる合計ポイントは、45,000ポイントです。

「紹介プログラム」から入会した場合、入会後6ヶ月間に80万円利用した時に得られる合計ポイントは、55,000ポイントです。

「紹介プログラム」というのは、アメックスの既存会員から「紹介URL」を案内してもらい、その「紹介URL」から入会すると、通常とは異なる入会特典が貰えるプログラムのことを言います。

もし、周りにアメックスの既存会員がいらっしゃらない場合は、当サイトのFacebookページからも「紹介プログラム」での入会が可能ですので、ぜひご利用ください。

アメックスのポイントは、以下の提携航空会社15社のマイルに交換できます。

アメックスの提携航空パートナー

スターアライアンス全日空(NH)、スカンジナビア航空(SK)、シンガポール航空(SQ)、タイ国際航空(TG)
ワンワールドフィンエアー(AY)、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、キャセイパシフィック航空(CX)、カタール航空(QR)
スカイチームエールフランス(AF)-KLM(KL)、アリタリア-イタリア航空(AZ)、チャイナエアライン(CI)、中国南方航空(CZ)、デルタ航空(DL)
未加盟エミレーツ航空(EK)、エティハド航空(EY)、ヴァージン・アトランティック航空(VS)

そして、アメックスカードのポイントは、「1,000ポイント=1,000マイル」でANAマイルに移行できます。

「紹介プログラム」からアメックスカードに入会後、3ヶ月以内に80万円利用すれば、ANAマイル55,000マイル獲得できるということですね。

アメックス・プラチナ・カード入会で「70,000マイル」

アメックスカード、アメックスゴールドカードを紹介したついでに、アメックス・プラチナ・カードも紹介しておきますね。

というのも、このカード、アメックス・プラチナ・カード会員からの「紹介プログラム」で入会できることがあまり知られていないからです。

わたくしもアメックス・プラチナ・カード会員です。

この機会に「紹介プログラム」からアメックス・プラチナ・カードの入会を考えている方は、以下の記事を是非ご覧ください。

アメックス・プラチナを「紹介キャンペーン」で取得すると、70,000ポイント貰える。

ちなみに、「紹介プログラム」からアメックス・プラチナ・カードに入会後、3ヶ月以内に100万円利用すると70,000ポイントプレゼントされます。

アメックス・ビジネス・ゴールド・カード入会で「130,000マイル」

今、一番熱いキャンペーンです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(以下アメックス・ビジネス・ゴールド・カード)というカードがあります。

年会費31,000円(税別)。

ビジネスカードとなっていますが、会社員(サラリーマン)の方でも申込可能です。

「公式サイト」から入会しても、「紹介プログラム」から入会しても新規入会キャンペーンが適用されますが、ボーナスポイントが全然違います

公式サイト」から入会した場合、入会後1年間に200万円利用すると、30,000ボーナスポイント貰えます。

「紹介プログラム」から入会した場合、入会後3ヶ月以内に100万円利用で80,000ボーナスポイント、入会後1年間に200万円利用でさらに30,000ボーナスポイント貰えます。

(200万円カードを利用した時の)カード利用ポイントとしても20,000ポイント獲得できるので、合計で130,000ポイント獲得できます。

「紹介プログラム」というのは、アメックスの既存会員から「紹介URL」を案内してもらい、その「紹介URL」から入会すると、通常とは異なる入会特典が貰えるプログラムのことを言います。

もし、周りにアメックス・スカイ・トラベラー・カードの既存会員がいらっしゃらない場合は、当サイトのFacebookページからも「紹介プログラム」での入会が可能ですので、ぜひご利用ください。

アメックス・ビジネス・ゴールド・カードのポイントは、以下の提携航空会社15社のマイルに交換できます。

アメックスの提携航空パートナー

スターアライアンス全日空(NH)、スカンジナビア航空(SK)、シンガポール航空(SQ)、タイ国際航空(TG)
ワンワールドフィンエアー(AY)、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、キャセイパシフィック航空(CX)、カタール航空(QR)
スカイチームエールフランス(AF)-KLM(KL)、アリタリア-イタリア航空(AZ)、チャイナエアライン(CI)、中国南方航空(CZ)、デルタ航空(DL)
未加盟エミレーツ航空(EK)、エティハド航空(EY)、ヴァージン・アトランティック航空(VS)

そして、アメックス・ビジネス・ゴールド・カードのポイントは、「1,000ポイント=1,000マイル」でANAマイルに移行できます。

「紹介プログラム」からアメックス・ビジネス・ゴールド・カードに入会後、入会後1年間に200万円利用すると、ANAマイル130,000マイル獲得できるということですね

130,000マイルあると何ができるか?

例えば、私は今年1月に、ANAマイルを使って、タイ国際航空(TG)の成田-バンコクのファーストクラス特典航空券を発券しましたが、その時の必要マイルは10,5000マイルでした。

TGのファーストクラスに乗ってもまだ25,000マイル余ります。

アメックス・スカイ・トラベラー・カード入会で「10,700マイル」

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード(以下アメックス・スカイ・トラベラー・カード)というカードがあります。

年会費10,000円(税別)。

これは、対象航空会社28社の航空券を購入したときに、ポイントが通常の3倍「100円=3ポイント」になるカードです。

アメックス・スカイ・トラベラー・カードでも「紹介プログラム」が実施されています。

「公式サイト」から入会しても、「紹介プログラム」から入会しても新規入会キャンペーンが適用されますが、ボーナスポイントが違います。

公式サイト」から入会した場合の、ボーナスポイントは3,000ポイントです。

「紹介プログラム」から入会すると、入会後3ヶ月以内に7万円利用するだけで、10,000ポイントプレゼントされます。

(7万円カードを利用した時の)カード利用ポイントとしても700ポイント獲得できるので、合計で10,700ポイント獲得できます。

「紹介プログラム」というのは、アメックスの既存会員から「紹介URL」を案内してもらい、その「紹介URL」から入会すると、通常とは異なる入会特典が貰えるプログラムのことを言います。

もし、周りにアメックス・スカイ・トラベラー・カードの既存会員がいらっしゃらない場合は、当サイトのFacebookページからも「紹介プログラム」での入会が可能ですので、ぜひご利用ください。

アメックス・スカイ・トラベラー・カードのポイントは、アメックスカードやアメックスゴールドカードとは異なり、提携航空パートナー全てのマイルに「1,000ポイント=1,000マイル」で移行できます

マイレージプログラム移行レート
ANAマイレージクラブのロゴ1,000ポイント=1,000マイル
その他1,000ポイント=1,000マイル

上で紹介した、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)マイルに交換するのも面白いと思います。

アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード入会で「21,500マイル」

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード(以下アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード)というカードがあります。

年会費35,000円(税別)。

これは、対象航空会社28社の航空券を購入したときに、ポインが通常の5倍「100円=5ポイント」になるカードです。

アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードでも「紹介プログラム」が実施されています。

「公式サイト」から入会しても、「紹介プログラム」から入会しても新規入会キャンペーンが適用されますが、ボーナスポイントが違います。

公式サイト」から入会した場合の、ボーナスポイントは5,000ポイントです。

「紹介プログラム」から入会すると、入会後3ヶ月以内に15万円利用するだけで、15,000ポイントプレゼントされます。

(15万円カードを利用した時の)カード利用ポイントとしても1,500ポイント獲得できるので、合計で21,500ポイント獲得できます。

「紹介プログラム」というのは、アメックスの既存会員から「紹介URL」を案内してもらい、その「紹介URL」から入会すると、通常とは異なる入会特典が貰えるプログラムのことを言います。

もし、周りにアメックス・スカイ・トラベラー・カードの既存会員がいらっしゃらない場合は、当サイトのFacebookページからも「紹介プログラム」での入会が可能ですので、ぜひご利用ください。

アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのポイントも、提携航空パートナー全てのマイルに「1,000ポイント=1,000マイル」で移行できます。

SPGアメックスカード入会で「13,000マイル」相当

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下SPGアメックスカード)というクレジットカードがあります。

入会すると、「SPGゴールド」資格が貰えて、(マリオットリワードのアカウントとリンクさせると)「マリオットゴールド」資格も貰えるクレジットカードです。

カードを使うと、「100円=1ポイント」のスターポイントが貯まります。

SPGアメックスカードでも「紹介プログラム」が実施されています。

「紹介プログラム」からSPGアメックスカードに入会して、入会後3ヶ月以内に10万円カードを利用すると、12,000ポイントのスターポイントがプレゼントされます。

(10万円カードを利用した時の)カード利用ポイントとしても1,000スターポイント獲得できるので、合計で13,000スターポイント獲得できます。

「紹介プログラム」というのは、アメックスの既存会員から「紹介URL」を案内してもらい、その「紹介URL」から入会すると、通常とは異なる入会特典が貰えるプログラムのことを言います。

もし、周りにSPGアメックスカードの既存会員がいらっしゃらない場合は、当サイトのFacebookページからも「紹介プログラム」での入会が可能ですので、ぜひご利用ください。

スターポイントは、

「13,000スターポイント=13,000マイル」でANAマイルに移行できます。

「紹介プログラム」からSPGアメックスカードに入会して、入会後3ヶ月以内に10万円カードを利用すると、13,000マイル相当獲得できるということですね。

なお、一度に20,000スターポイント交換する場合は、以下の優遇レートが利用できます。

「20,000スターポイント=25,000マイル」

「1スターポイント=1.25マイル」相当ですね。

20,000スターポイントまで貯めてからのマイル交換もおすすめです。

ANAマイルを「中長期的」に大量に貯める方法

ANAマイルを「中長期的」に大量に貯める方法として、「ポイントサイト」の活用が有効です。

実際には、

  • ANAマイルを「短期間」に大量に貯める方法
  • ANAマイルを「中長期的に」に大量に貯める方法

は車の両輪で、

「ポイントサイト」を軸にANAマイルをじっくり貯めつつ、時折、クレジットカードのキャンペーン利用でブーストさせるのがおすすめです。

「ポイントサイト」を利用する

「ポイントサイト」でポイントを獲得する

モッピー、ポイントタウン、ハピタス、ECナビ、ちょびリッチ、ゲットマネー、げん玉、etc…

これ、何のことだか分かりますか?

いずれも「ポイントサイト」の名称です。

以上の「ポイントサイト」に会員を登録をしてから、その「ポイントサイト」経由で、

  • 楽天カードを作ったり
  • 楽天市場で買物をしたり
  • Expediaで海外のホテルを予約したり
  • 仮想通貨取引所のDMM Bitcoinの会員登録をしたり

すると、「ポイントサイト」から(現金やマイルに交換できる)ポイントが貰えます。

なぜ、「ポイントサイト」が(現金やマイルに交換できる)ポイントをくれるのか?

広告主が広告宣伝費用として「ポイントサイト」にお金を払っているから、です

私達は「ポイントサイト」経由で、クレジットカードを作ったり、ネットショッピングをしたり、ホテルの予約をしたり、仮想通貨取引所の会員登録することで、広告宣伝費用の一部を獲得することができるのです。

逆に言うと、「ポイントサイト」を経由せず、公式サイトから直接クレジットカードを作ったり、ネットショッピングをしたり、ホテルの予約をしたり、仮想通貨取引所の会員登録してしまうと、その広告宣伝費用の一部を取り逃すことになるのです。

以下では、「ポイントサイト」を利用したポイント獲得例をいくつか紹介します。

クレジットカードの作成

まず、クレジットカードの作成です。

皆さんご存知の楽天カードを例に挙げます。

楽天カードは、「楽天カード発行1枚につき、◯◯円支払うから、会員を集めてくれ」と「ポイントサイト」に依頼し、「ポイントサイト」はそれに応じて楽天カードの申込の募集をかけています。

以下は、昨年11月の、ポイントサイト「モッピー」の楽天カードの報酬です。

モッピーの楽天カードの報酬

ポイントサイト「モッピー」に登録して、「モッピー」内の楽天カードの広告からカードを発行すると、8,000円相当の「モッピー」のポイントを獲得できます。

この「モッピー」のポイントを、後述する「LINEポイントルート」に乗せてポイント交換すると、ANAマイル「6,480マイル」になります。

楽天カード1枚作っただけで、ANAマイル「6,480マイル」は相当お得ですよね

そして、これとは別に、楽天カード新規入会キャンペーンの新規入会ボーナスポイント(5,000ポイント~8,000ポイント)も貰えるんですよ。

つまり、「ポイントサイト」経由で楽天カードを新規発行しただけで、以下を2重取りできるのです。

  • ポイントサイト「ハピタス」からの報酬・・・8,000円相当(ANAマイル6,480マイル相当)
  • 楽天カードからの新規入会ボーナス・・・5,000ポイント~8,000ポイント

もう一つ例を挙げます。

ネットショッピング

皆さんご存知のネット通販大手の「楽天市場」。

これも「ポイントサイト」経由で利用すると、「ポイントサイト」からポイントを貰えます。

下記は、ポイントサイト「モッピー」の楽天市場案件です。

モッピーの楽天市場案件

ポイントサイト「モッピー」に登録して、「モッピー」経由で楽天市場にアクセスして、買い物をすると、購入金額に対して「100円=1ポイント」のモッピーポイントが貯まります。

この「モッピー」のポイントも、後述する「LINEポイントルート」に乗せることで、ANAマイルに交換できます。

もう一つ例を挙げます。

ネット通販最大手の「アマゾン」です。

こちらも「モッピー」経由の買い物で、「1,000円=20ポイント」のモッピーポイントが貯まります。

モッピーのアマゾン案件

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

アマゾンをポイントサイト経由で利用する「3つの方法」。不可能を可能に。

このように、楽天カードを作るにしても、楽天市場やアマゾンでショッピングをするにしても、Expediaでホテルを予約するにしても、仮想通貨取引所の口座を開設するにしても、「ポイントサイト」を介さないと、損するとはいいませんが、「お得を逃す」わけです

以上、「ポイントサイト」を経由して、ネットで活動をすると、「ポイントサイト」からポイントが貰える仕組みを説明しました。

「ポイントサイト」のポイントをANAマイルに交換する

この「ポイントサイト」のポイントは、ANAマイルに交換することができます。

「LINEポイントルート」でANAマイルに移行する

ANAマイルに交換する代表的なルートが、以下のような「LINEポイントルート」です。

ポイントサイト「ポイントタウン」のポイントと、ポイント中継サイト「Gポイント」のポイントを、「LINEポイント」を経由して、メトロポイントに移し、ANAマイルに交換します。

ポイントサイト「ポイントタウン」、ポイント中継サイト「Gポイント」のポイントを「81%」の割合でANAマイルに移行できます。

ポイントタウン→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル
10,000
ポイント
100%10,000
ポイント
90%9,000
ポイント
90%8,100
マイル

「LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル」の部分は、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)会員しか行えない交換です。

未発行な方は、以下をご覧の上、ポイントサイトから発行するといいでしょう。

ソラチカカード入会の「ポイントサイト報酬額」を比較。ここが一番お得!

「メトロポイント⇒ANAマイル」は月間20,000ポイント(18,000マイル)上限です。

「LINEポイントルート」についての詳細は以下の記事をご覧ください。

LINEポイントルートでANAマイルを貯める【交換回数別に全ルートを紹介】

「nimocaルート」でANAマイルに移行する

もう一つの代表的なルートが、「nimocaルート」です。

ポイントサイト「モッピー」「ちょびリッチ」のポイントを、ポイント中継サイト「Gポイント」を経由して、nimocaセンターポイントに移し、ANAマイルに交換します。

ポイントサイト「モッピー」「ちょびリッチ」のポイントを「70%」の割合でANAマイルに移行できます。

モッピー Gポイント nimocaセンターポイント ANAマイル
モッピー→Gポイント→nimocaポイント→ANAマイル
10,000
ポイント
 10,000
ポイント
 10,000
ポイント
70%7,000
マイル

こちらは「nimocaセンターポイント⇒ANAマイル」に上限はありません。

「nimocaセンターポイント⇒ANAマイル」の部分は、ANA VISA nimocaカード会員しか行えない交換です。そのため、「nimocaルート」と呼ばれています。

「nimocaルート」についての詳細は以下の記事をご覧ください。

ANA VISA nimocaカードのメリット・デメリット

「ソラチカルート」でANAマイルに移行する

※2018年3月31日を以て、この「ソラチカルート」は利用できなくなりました。

「ポイントサイト」のポイントを90%の割合でANAマイルに移行できます。

ただし、「メトロポイント⇒ANAマイル」は月間20,000ポイント(18,000マイル)上限です。

ハピタス→PeX→メトロポイント→ANAマイル
4,000
ポイント
 40,000
ポイント
 4,000
ポイント
90%3,600
マイル

ポイントサイト「ハピタス」の代わりに、モッピー、ECナビ、ポイントタウン、ちょびリッチ、ゲットマネー、げん玉、etc…でも構いません。

「PeX⇒メトロポイント⇒ANAマイル」の部分は、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)会員しか行えない交換です。そのため、「ソラチカルート」と呼ばれています。

「ソラチカルート」についての詳細は以下の記事をご覧ください。

ソラチカルート(ハピタス→PeX→メトロポイント→ANAマイル)利用方法

「ポイントサイト」のポイントをJALマイルに交換することも可能

当記事のタイトルは「ANAマイルを「短期間」に大量に貯める方法と「中長期的」に貯める方法」なのですが、「ポイントサイト」で獲得したポイントをANAマイルではなくJALマイルへ交換することも可能です。

ANAマイルを貯める陸マイラーが急増した影響もあるのか、JALマイルを使った特典航空券のほうが取りやすい印象がありますので、敢えてJALマイルを貯める戦略も有効です。

「ポイントサイト」を利用してANAマイルを貯める場合、ハピタス、モッピー、ECナビ、ポイントタウン、ちょびリッチ、ゲットマネー、げん玉、など多くの「ポイントサイト」が有効でした。

しかし、「ポイントサイト」を利用してJALマイルを貯める場合、おすすめなのは「モッピー」だけになります。

「ポイントサイト」を利用したJALマイルの貯め方については、以下の記事の「モッピールート」の項目をご覧ください。

ポイントサイトの始め方。年間10万ANAマイル・JALマイルを貯める方法。

まとめ

まとめです。

ANAマイルを「短期間」で大量に貯める方法として、クレジットカードの新規入会キャンペーンが大変有効です。

現在は、アメックスカードの新規入会キャンペーンの活用がおすすめです。

ANAマイルを「中長期的」に大量に貯める方法として、「ポイントサイト」の活用が有効です。

実際には、

  • クレジットカードの新規入会キャンペーンの利用(短期的)
  • 「ポイントサイト」の活用(中長期的)

を車の両輪とするのをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。