One Harmony(ワン・ハーモニー)

無料でThe Okura Tokyoプレステージタワー プレステージルームに泊まってきた

こんにちは。

jun(@odakyu_de_go)と申します。

2019年9月12日に開業したThe Okura Tokyo(旧ホテルオークラ本館)。

The Okura Tokyo プレステージタワーのプレステージルームにただで泊まってきました。

2022年3月28日(月)からの1泊です。

ただで泊まった方法とかんたんな宿泊記を紹介します。

「エクスクルーシィヴメンバー特典 宿泊ご招待クーポン」を5枚使うと、ただで泊まれる

オークラ ニッコー ホテルズのポイントプログラム「One Harmony」。

One Harmonyポイントを1年間に50,000ポイント以上貯めると、「エクスクルーシィヴメンバー特典 宿泊ご招待クーポン」という5枚綴りのクーポンを貰える。

エクスクルーシィヴメンバー特典 宿泊ご招待クーポン

そして、この「エクスクルーシィヴメンバー特典 宿泊ご招待クーポン」を一度に「5枚」使うと、The Okura Tokyo プレステージタワーのプレステージルームに無料で泊まることができる。

JALマイルからの交換でも可能

意外なことに、JALマイルから移行したOne Harmonyポイントもカウント対象。

2023年3月31日まで「レートアップキャンペーン」が行われていて、現在は、

「JALマイル10,000マイル→One Harmonyポイント6,000ポイント」

での交換が可能。

つまり、以上の交換を9回行えば、

  • One Harmonyポイント54,000ポイント
  • エクスクルーシィヴメンバー特典 宿泊ご招待クーポン

の両方が手に入る。

2022年4月8日現在、26,000ポイント使えば、The Okura Tokyo プレステージタワーのプレステージルームに「ポイント宿泊」することも可能。

JALマイル90,000マイルを利用して、The Okura Tokyo プレステージタワーのプレステージルームに合計3回は泊まれるということ。

The Okura Tokyo プレステージタワーにチェックイン

日比谷線の虎ノ門ヒルズ駅からアクセス。

右の高い建物が、The Okura Tokyo プレステージタワー

左の高い建物は、マリオット系列の「東京エディション虎ノ門」が入る東京ワールドゲート

虎ノ門ヒルズ駅からThe Okura Tokyoプレステージタワー

正面エントランスを抜けると、正面に桜。

The Okura Tokyoのエントランスロビーの桜

旧ホテルオークラ本館のエントランスロビーには支柱があったのだが、それがなくなってとてもスッキリした空間になっている。

こちらはメインロビー。

The Okura Tokyoのメインロビーのオークラランタン

旧ホテルオークラ本館のメインロビーが完全再現。

旧ホテルオークラ東京本館のメインロビーを設計したのは谷口吉郎

The Okura Tokyoのメインロビーを設計したのは、その息子の谷口吉生

ちなみに、谷口吉郎の生まれ故郷の金沢には、谷口吉生設計の「谷口吉郎・吉生記念金沢建築館」があるよ。

上田・金沢旅行記 (4) 鈴木大拙館と谷口吉郎・吉生記念金沢建築館を訪れ、かがやき512号で帰路に

チェックイン。

「エクスクルーシィヴメンバー特典 宿泊ご招待クーポン」を渡す。

明日の朝食のフレンチトーストを予約する。1人前で予約したが、ハーフで充分だったと後で後悔することになる。

41階のバー「スターライト」で使えるドリンク2割引のクーポンを貰った。晩飯の後に利用しよう。

なお、ホテルは坂の上に立っていて、正面玄関・フロントがあるのは5階で、宴会場入口は2階となっている。

The Okura Tokyo プレステージタワーのプレステージルームはこんな感じ

スタッフが部屋まで案内してくれる。

部屋32階の3222号室。新宿方面を望む西向きの部屋。

ベッドルーム

The Okura Tokyo プレステージタワー プレステージルームのベッドルーム1

The Okura Tokyo プレステージタワー プレステージルームのベッドルーム2

The Okura Tokyo プレステージタワー プレステージルームのベッドルーム3

厳重な警備のアメリカ大使館公邸がここからは丸見えだ。

The Okura Tokyo プレステージタワーからアメリカ大使館公邸

ピンク色の桜並木が見える。

The Okura Tokyo プレステージタワーから桜並木(昼間)

水回り

石張りのビューバス。テレビ付き。

The Okura Tokyo プレステージタワーのプレステージルームのビューバス

トイレも石張りで手洗いもある。

The Okura Tokyo プレステージタワーのプレステージルームのトイレ

The Okura Tokyo プレステージタワーのプレステージルームの洗面台

アメニティは「Miller Harris」というものだった。初めて聞く。

The Okura TokyoのアメニティのMiller Harris

ミニバー

ミニバーには無料のコーヒー、紅茶、日本茶がたくさん。

The Okura Tokyoのお茶類

ソファテーブルにリーフパイが用意されていた。

コーヒーを淹れておやつにする。

The Okura Tokyo プレステージタワーの部屋でおやつ

ANAインターコンチネンタルホテル東京の「すし乾山」で晩飯

しばらく前に有効期限間近のANAマイルを「ANAご利用券」に交換していた。

「ANAご利用券」は、すぐ近くのANAインターコンチネンタルホテル東京の支払いに利用できる。

節約のため、「ANAご利用券」を使って、晩飯を食べることにした。

ANAインターコンチネンタルホテル東京の「すし乾山」に電話して、17:15から予約。

ホテルに向かう途中の桜並木で多くの人が写真撮影をしていた。

先ほどThe Okura Tokyoから見えた桜並木だ。

ANAインターコンチネンタルホテル東京裏の桜並木

5分ほどで到着。

ANAインターコンチネンタルホテルの「すし乾山」の入口

先客はカウンターの外国人一人。

小鉢、お椀、デザート、にぎり12貫、巻物付きで9,350円の「英」コースをお願いした。

熱燗は一種類で菊正宗の本醸造。

え、このほうれん草が小鉢?

ANAインターコンチネンタルホテルの「すし乾山」の小鉢

アイナメ、シンコ、アジ、マグロ。

ANAインターコンチネンタルホテルの「すし乾山」のアイナメ

ANAインターコンチネンタルホテルの「すし乾山」のシンコ

ANAインターコンチネンタルホテルの「すし乾山」のアジ

ANAインターコンチネンタルホテルの「すし乾山」のマグロ

シャリがちょっと「うーん」という感じがした。

キャバクラの同伴と思われる男女が半個室に。

活車海老とその頭の天ぷら。

ANAインターコンチネンタルホテルの「すし乾山」の生車海老

ANAインターコンチネンタルホテルの「すし乾山」の車海老の頭の天ぷら

この後、イクラ、ウニ、キンメダイ、中トロ、大トロ、アワビ、鉄火巻、アナゴと続いた。

ANAインターコンチネンタルホテルの「すし乾山」の大トロ

皿のタレは拭いてくれると嬉しかったな。

上役が(客の見えるところで)従業員を叱りつけていた。

そのせいなんだろうけど、どのスタッフの接客にも「余裕の無さ」を感じた。

デザートのメロンを食べて会計。

12,254円のところ、「ANAご利用券」(5,000円)を2枚使って、残りをカード決済。

「ANAご利用券」はお釣りが出ない。

18:30前に店を出る。

帰りに夜桜見学。

ANAインターコンチネンタルホテル裏手の夜桜

The Okura Tokyoのバーラウンジ「スターライト」

部屋に戻って、ドリンク20%割引クーポンを持って、41階のバー「スターライト」へ。

東京タワーが見えるのかと思ったら、見えなかった。

後ろにはお高いクラブの同伴と思われる人たちが。

ビールにフレンチフライのトリュフソースを注文。

The Okura Tokyoの「スターライト」でビール

The Okura Tokyoの「スターライト」のフレンチフライ

ポテトの揚げ具合がいまいちだったな。

去年、新横浜プリンスホテルの「トップ・オブ・ヨコハマ」で食べたポテトフライが美味しかったのを思い出した。来週、マリノス戦があるのでまた行くわ。

19:45に店を出て、同フロアの反対側へ。

東京エディション虎ノ門が入る東京ワールドゲートにぎりぎり隠されない感じで東京タワーが見えた。

The Okura Tokyoから東京ワールドゲートと東京タワー

東京エディション虎ノ門は開業日に泊まったね。

その後、ホテルすぐ近くのコンビニで買物。

コンビニの隣に「NOBU TOKYO」があった。ドバイに行ったときに「NOBU」に行ったなぁ。

NOBU TOKYO

ライトアップされた大倉集古館(伊東忠太設計)とThe Okura Tokyoの両タワー。

大倉集古館のライトアップとThe Okura Tokyoの両タワー

もうロビーにはほとんど人がいなくて静かだった。

2階からオークラ・ランタンを撮ってみた。

The Okura Tokyo プレステージタワーの2階からオークラランタン

就寝

部屋に戻ると真っ暗で驚いた。

ターンダウンサービスが行われていた。

The Okura Tokyo プレステージタワーのプレステージルームのターンダウンサービス1

ベッドサイドにはチョコレートが2つ。

The Okura Tokyo プレステージタワーのプレステージルームのターンダウンサービス2

久しぶりだね。

窓からは先程見た桜並木がピンク色にもやっているのが見えた。

The Okura Tokyo プレステージタワーからピンクの夜桜

ANAインターコンチネンタルホテル東京のプールの灯りは22時には消えていたが、アメリカ大使館のプールの灯りはその後も点いていた。何時に消えたのだろう。

アメリカ大使館のプールの灯り

The Okura Tokyoの「オーキッド」で朝食

9:00過ぎに5階の「オーキッド」へ。

エントランスロビーにある、この世界時計は「ホテルオークラ東京 本館」から引き継いだものだそうだ。

The Okura Tokyoの世界時計

オークラ公園に面した窓側席へ。

宿泊日前日の夜中に(レストラン以外の)スタッフから聞いた説明では、フレンチトーストを含む朝食の料金が5,000円ということだったが。

フレンチトーストだけで2,800円、アメリカンブレックファーストを食べようとすると、それとは別に4,300円かかるということだった。

マジか・・・

合計7,100円。

自分史上最も高い朝食にちゃったな。

名物のフレンチトースト。

The Okura Tokyo名物のフレンチトースト1

分厚い。

The Okura Tokyo名物のフレンチトースト2

The Okura Tokyo名物のフレンチトースト3

たしかに旨いけど、自分、そんなにフレンチトースト好きじゃなかったな。

「名物のフレンチトーストは絶対頼んで」みたいなレビューを多く見たせいで、自分を見失っていた。

フレンチトースト頼んだのに、オムレツまで食べて、俺は何やっているんだ・・・

The Okura Tokyoのオムレツ

フレンチトーストは半分しか食べられなかった。

卵料理で胃が重い。

さっぱりしたグレープフルーツジュースのお代わり貰おうとしたら、追加料金が必要だった・・・

先週泊まったフォションホテル京都では美味しいジュースも飲み放題だったが・・・

今回は下調べも足りず、色々失敗だった。

7年前にホテルオークラ東京に泊まったときのチョイスのほうが正解だった。

次は失敗しないようにしよう。

テラス席もあった。

The Okura Tokyoのオーキッドのテラス席

以下の記事に追加しておこう。

部屋に戻り、毎日新聞の朝刊。

1面に『ドライブ・マイ・カー』、アカデミー国際長編賞受賞の記事。

毎日新聞の『ドライブ・マイ・カー』アカデミー国際長編賞受賞の記事

泉屋博古館東京の「日本画トライアングル 画家たちの大阪・京都・東京」を見る

The Okura Tokyo宿泊者には、大倉集古館の「ご宿泊者招待券」が提供される。

その大倉集古館に行きたかったが、ただいま、展示入れ替え時期で休み。

代わりに、今月リニューアルオープンしたばかりの泉屋博古館東京に行ってこよう。

ただ、それだと12時チェックアウトでは間に合わない。

フロントに2時間の延長のお願いをしたら、「エクスクルーシィヴメンバー様ですのでもちろん」とのことだった。無料宿泊でも対応してくれるのは嬉しい。

以下も参考。

11時にホテルを出る。

途中、スペイン大使館とスウェーデン大使館。スウェーデン大使館は赤のカラーリングが目立つな。

スウェーデン大使館1

スウェーデン大使館2

泉屋博古館東京がある泉ガーデンの桜。

泉ガーデンの桜

入場料は1,000円。

泉屋博古館東京の入口

菊池容斎の「桜図」。

菊池容斎の「桜図」

解説読んで知ったけど、住友春翠って、兄が西園寺公望、祖父が鷹司輔煕なのね。

木島櫻谷の六曲一双の屏風「柳桜図」。

木島櫻谷の六曲一双の屏風「柳桜図」1

木島櫻谷の六曲一双の屏風「柳桜図」2

外の満開の桜に影響されて、ついつい桜の絵に注目。

1時間弱で見終えた。

The Okura Tokyo プレステージタワーをチェックアウト

部屋に戻り、バスタブにお湯を張る。

The Okura Tokyoプレステージタワー プレステージルームのバスタブ

「Miller Harris」のシャンプーは、シャキッとする感じの柑橘系のいい匂い。

14:00にチェックアウト。

支払いは「スターライト」と「オーキッド」の料金の合計で11,700円。アメックスプラチナで支払う。

有効期限が8月の大倉集古館の「ご宿泊者招待券」を貰った。

帰りは2階の宴会場入口から出て、虎ノ門ヒルズ駅へ。帰路につく。

宿泊記ご覧いただき、ありがとうございました。

The Okura Tokyo プレステージタワー1泊でかかった費用

最後に今回のThe Okura Tokyo プレステージタワー宿泊でかかった費用をまとめておく。

「エクスクルーシィヴメンバー特典 宿泊ご招待クーポン」を使った無料宿泊なので宿泊費はゼロ。

飲食代は、合計15,988円。「ANAご利用券」利用で10,000円分値引き。

交通費は合計800円。

タクシーアプリ「GO」の1,000円割引クーポンを2回使用した。

タクシークーポンの獲得方法は以下の記事を参照。

トータルで17,788円。

分類 細目 費用
宿泊 The Okura Tokyo プレステージタワー 0円
飲食 ANAインターコンチネンタル東京 すし乾山 12,554円→2,554円
スターライト 4,600円
セブンイレブン 1,734円
オーキッド 朝食 7,100円
交通 タクシー 1,080円→80円
電車 360円
電車 360円
タクシー 820円→0円
その他 泉屋博古館東京 1,000円
合計 17,788円
ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。