サッカー

バルセロナ旅行記 (6) マドリードまで日帰りで「ヘタフェ vs マジョルカ」の試合を見に行く

ヘタフェ vs マジョルカ

バルセロナ4日目。

バルセロナ旅行記の「(6) マドリードまで日帰りで「ヘタフェ vs マジョルカ」の試合を見に行く」です。

前後の旅行記もあわせてどうぞ。

スペイン国鉄(RENFE)のAVEでバルセロナからマドリードへ向かう

4時前に起きてしまう。

これはマドリードまでヘタフェvsマジョルカの試合を見に行けということだな。

準備して、6時にFree nowアプリでタクシーを呼ぶ。

外に出ると、こんな時間でもホテル前にはタクシーが数台停まっていた。アプリ使う必要なかったな。

6:15にバルセロナ・サンツ駅に到着。まだ辺りは真っ暗。

早朝のバルセロナ・サンツ駅

券売機できっぷを買おうとしたが、クレカ決済が上手く行かない。

窓口で7:05発のAVE3072のきっぷを購入。

※AVEというのは、スペイン国鉄(RENFE)の高速網。

TOURIST PLUSという席は最後のひと席だった。

荷物検査の後、ホームへ。

この新幹線みたいなやつに乗る。

AVE3072

車内。

AVE3072の車内

中にはカフェテリアもあった。

AVE3072のカフェテリア

窓席じゃなかったので、時々連結部分に行ったり、カフェテリアに行ったりして、車窓風景を撮った。

8時頃。

AVE3072から朝日

降水量が少なそうな荒涼とした大地が続く。

AVE3072から朝日

AVE3072から朝日

降水量が多い日本だと森になるけどね。

8:20頃、サラゴサに到着。

眠気が襲ってきて、その後、マドリードまではほとんど寝ていた。

エアコンが効きすぎで寒いので、替えのTシャツをかぶっていた。

9:45にマドリード・アトーチャ駅に到着。

マドリード・アトーチャ駅からUberでヘタフェのスタジアムへ

タクシー乗り場に進んでいく。

Uber Pickupという看板があった。

マドリードアトーチャ駅のUber Pickup1

ここでUberを呼び、乗車場所として「PARKING P2」を指定。パスポート番号の入力も必要だった。

マドリードアトーチャ駅でUberを呼ぶ1

マドリードアトーチャ駅でUberを呼ぶ2

ここがピックアップ場所。

マドリードアトーチャ駅でUberを呼ぶ3

運転手に、ヘタフェとマジョルカの試合を見に行くんだ、久保を見に行くんだと行ったら、彼はレアルマドリードファンだそうで久保も知っていた。

なんでローンに出したのかわからないと言ってくれたよ(笑)

当日券買えるかなぁと言ったら、多分買えるよとのこと、ビッグマッチでもないしと(笑)

ヘタフェのホームスタジアム「コリセウム・アルフォンソ・ペレス」が見えてきた。

高速道路からコリセウム・アルフォンソ・ペレス

ヘタフェ対マジョルカを観戦

10:20くらいにスタジアム前に到着。

チケットを購入。

コリセウム・アルフォンソ・ペレスのチケット売り場

購入可能エリアから場所を指定して購入。

そしたら、選手バスが到着したようで、ゲートの隙間から久保選手の姿も見えた。

まだ、ゲート開場前。

ゲート開場前のコリセウム・アルフォンソ・ペレス

試合開始まで1時間半なのに全然人が集まってきてない。

コリセウム・アルフォンソ・ペレス前の広場1

コリセウム・アルフォンソ・ペレス前の広場2

久保目当ての日本人も僅かだけどいるようだ。

GATEが開くまで、スタジアム前をうろちょろ。

コリセウム・アルフォンソ・ペレス前の売店1

コリセウム・アルフォンソ・ペレス前の売店2

マジョルカのタオルマフラーを購入、10ユーロ。

テレビの取材を受けた。

近くでそれを見ていた、アジア系の人が一緒に写真撮らせてほしいと言ってきたので、記念撮影。

GATEが開いたので入場。

とても厳重なボディチェックを受けた。

ここかぁ、いいスタジアム、武者震いするねぇ。

コリセウム・アルフォンソ・ペレスのスタジアム1

コリセウム・アルフォンソ・ペレスのスタジアム2

コリセウム・アルフォンソ・ペレスのスタジアム3

しかし、試合開始まで後1時間なのに、ご覧の通り全然人がいなくて心配(苦笑)

一応、売店もある。

コリセウム・アルフォンソ・ペレスの売店1

コリセウム・アルフォンソ・ペレスの売店2

日差しがきつい。こりゃ日焼けするなぁ。

久保の練習を遠くから。

コリセウム・アルフォンソ・ペレスの久保の練習風景

試合開始時間が近づくと急速に席が埋まりだした。

12時にキックオフ。

前半7分でCKから失点。

この間の鹿島戦みたいと思っちゃった。

ゴール後のヘタフェサポの熱狂が凄いわ。

負傷したサルバ・セビージャに変わって、久保投入。こんな早い時間に投入されるとは。

これは退場するサルバ・セビージャのチャントから「クゥーボ、クゥーボ」のチャントに変わる瞬間を捉えた動画。

32分にはPK献上で失点。

その後もいいところなく、ごく一部のマナーの悪いサポーターは椅子蹴ったりして、荒れていた。

前半終了。

この人数が一斉に帰るから、帰りのことも考える。

Uberで帰るのが一番楽だけど、捕まるかな。

Uberを呼ぶ予行演習をしておく。

後半3点目を決められたら、お葬式ムード。

みんな座っちゃったよ(笑)

意気消沈のマジョルカサポ

Jリーグのゴール裏だとない(笑)

でも、久保のアシスト(ラ・リーガの初アシスト!)からブディミルがヘディングで1点返し、さらに2-3まで追い上げるとこの盛り上がり。

その後、4点目を決められたらまた葬式モード(笑)

結局、2-4で負けたけど、合計6点も入り、楽しい試合だった(笑)

試合後、選手がサポーターの前まで挨拶くるかと思ったけど、そういうことはなかった。

ダメ元でUberを読んでみたら、マッチング。

助かった。

マドリード・アトーチャ駅で昼飯

14:30にマドリード・アトーチャ駅に到着。

マドリード・アトーチャ駅の外観

いい天気だな。

マドリード・アトーチャ駅からの眺め

駅舎の中に亜熱帯の植栽。

マドリード・アトーチャ駅の植栽

AVEのチケットを買う場所がなかなか見つからないでうろうろした。

ようやく見つかった。

マドリード・アトーチャ駅のAVEのチケット売り場

15:30のAVE3153のチケットを買おうとしたが、もうファーストクラスしかないと言われた。

荷物検査をして中へ。

マドリード・アトーチャ駅のAVEの荷物検査

構内にあったカフェテリアでクイック昼飯。

マドリード・アトーチャ駅のAVE構内のカフェテリア1

マドリード・アトーチャ駅のAVE構内のカフェテリア2

喉乾いてたから、フルーツが嬉しい。

スペイン国鉄(RENFE)のAVEでマドリードからバルセロナへ戻る

乗り場へ。

マドリード・アトーチャ駅のAVEのホーム1

マドリード・アトーチャ駅のAVEのホーム3

5時間弱のマドリード滞在だった。

マドリード・アトーチャ駅のAVEのホーム2

ふぅ、ひと仕事終えた感。

ビール飲んでいい気分。

荒涼としてるけど、青い空で映えて、いい景色だわ。

AVE3153の車内からの景色1

AVE3153の車内からの景色2

AVE3153の車内からの景色3

AVE3153の車内からの景色4

30分後の車掌が検札に来た。

席間違えてた(笑)

移動。

すると、ご飯の用意が。ご飯あるのなら先に言ってよ(笑)

AVE3153の車内でご飯

ワイン飲んでさらに酩酊。

乾いた丘陵地帯。

AVE3153の車内からの景色5

AVE3153の車内からの景色6

AVE3153の車内からの景色7

すぐ前に乗っていた4人の子供を連れた親子。

子供のマナーが史上最低でびびったけど、近い年齢の子供4人もいるからまぁ、しょうがないのかとも思ったけど、それでもひどかった。

18:45にバルセロナ・サンツ駅に戻ってきた。

まだ明るい。

夕方のバルセロナ・サンツ駅舎

タクシーでホテルに戻る。

ホテルの部屋で晩飯

ビール買いたかったので、ホテルの周りを散策。

いい店を見つけた。「BuenasMigas」という店。

カレーとPUNK IPAを購入。

バルセロナのBuenasMigasで晩飯を購入

ホテルに戻る途中に、ヒガンテス(巨大人形)のパレードに遭遇。

ハラル料理の店もいいなぁ。

バルセロナ最終日の前日に日常使い出来そうな店を見つけたという・・・

バルセロナのハラル料理の店

部屋に戻って、ビール飲みながら晩飯。

BuenasMigasの惣菜で晩飯

ブエリング航空でマヨルカ行きの航空券を予約する。

あとで、大手キャッシュバックサイト「TopCashback」を見たら、ブエリング航空の掲載があった。

時期によっては、TopCashback経由のブエリング航空のチケット購入でキャッシュバックが得られるようだ。

参考:JGC修行するなら押さえておきたい国内・海外ポイントサイト

さて、明日はバルセロナ最終日。

旅行記の続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。