カタール航空(QR)

バルセロナ旅行記 (1) カタール航空QR813便Qsuite搭乗記

2019年8月22日に久保建英のマジョルカ移籍が決まったときから、「マヨルカ島に行って、現地で久保建英のプレー見られたら楽しいだろうなぁ」と思っていた。

一ヶ月後にそれを実現。

9月19日から10月2日まで、バルセロナ、マヨルカ、ヘルシンキと旅した旅行記をご覧ください。

旅行当日までの準備

旅のプランニング。

9月25日にマヨルカ島で行われる「マジョルカvsアトレティコ・マドリード」を見るのはマスト。

9月22日のマドリードでのアウェイ試合「ヘタフェvsマジョルカ」もできたら見たい。

以下の旅程にした。

9/19-23 バルセロナに滞在。可能だったら、9月22日にマドリードまで日帰り旅行
9/23-28 マヨルカ島に滞在。9月25日のアトレティコ・マドリード戦がメインイベント。
9/28-30 マドリードに滞在
9/30-10/1 ヘルシンキに滞在。フィンエアーのビジネスクラスに乗りたいがため。

航空券の手配

東京からバルセロナまではカタール航空(ドーハ経由)を利用。

  • QR813(HND-DOH)
  • QR145(DOH-BNC)

カタール航空のQマイルを使って、ビジネスクラスの特典航空券を発券した。

羽田-ドーハのQR813便の機材はA350-1000で、Qsuite仕様なので楽しみだ。

バルセロナ-マヨルカ、マヨルカ-マドリードの移動はLCCでどうにかなりそうだったので現地調達で。

マドリード-ヘルシンキは、イベリア航空とフィンエアーを利用。ブリュッセル経由。

  • IB3214(MAD-BRU)
  • AY1546(BRU-HEL)

British Airwaysのマイルを使って、ビジネスクラス特典航空券を発券した。

最後に、同じくBritish Airwaysのマイルを使って、フィンエアーのヘルシンキ-ソウルのビジネス特典航空券を発券。

ヘルシンキ-東京は空いていなかった。

ホテルの手配

マリオットボンヴォイポイントを使って、

などを予約。

200,000ポイント獲得可能

~2022年4月25日までの期間限定~

マリオットアメックスプレミアムの入会方法は、

■公式サイト
■紹介プログラム専用URL(既存会員からのみ案内可能)

の二通り。

「紹介プログラム専用URL」からマリオットアメックスプレミアムに入会して、カード利用条件を満たすと、最大200,000ポイントのマリオットボンヴォイポイントを獲得できます。

マリオットアメックスプレミアムの紹介入会キャンペーン

アマゾンギフト券、ふるさと納税、アメックスギフトカードの購入などで条件をクリアしてください。

紹介希望の方は、以下の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

公式サイトのキャンペーン内容と比べてみてください。






    旅行前日に、たびレジから以下の連絡。

    報道によると,イベリア航空地上職員が,9月30日,10月7日,14日,21日,28日,11月4日,11日及び18日(全て月曜日,合計8日間)に,スペイン全土においてストライキを実施する可能性があります。

    たびレジ – 外務省 海外安全情報配信サービス

    おいおい、私がちょうどイベリア航空でマドリードを立つ日に、ストライキの可能性って!

    結果として、旅行中に旅程を変更することになる。

    カタール航空のチェックインカウンター

    半月も妻子と離れるの初めてだから、皆とハグしてバイバイ。

    21:40頃、羽田空港に到着。

    深夜便に乗る人で大賑わい。

    カタール航空はチェックインカウンターL。

    羽田航空のカタール航空のビジネスクラスチェックインカウンター

    シェンゲン圏外に出る航空券を確認させて欲しいと言われたので、フィンエアーの予約番号を伝えた。

    ラウンジについては案内されなかったな。

    プライオリティレーンを利用できるかと思ったが、カタール航空の場合、上級会員のみとのことで利用できなかった。

    羽田航空のカタール航空のプライオリティレーン

    でも、混んでないから問題なし。

    両替所でいくらかユーロ両替。

    なお、国際キャッシュカードとしては、SMBC信託銀行のGLOBAL PASSがおすすめ。

    参考:SMBC信託銀行「GLOBAL PASS」のメリット・デメリットを完全解説

    旅行直前になって、外務省の「バルセロナ市における治安悪化に関する注意喚起」を知ったのでビビり気味。

    【ポイント】
    ●カタルーニャ州警察は,バルセロナ市において殺人事件,強盗事件等が増加し,治安が悪化している旨を発表しました。
    ●バルセロナ市に渡航・滞在される方は,多額の現金・貴重品を持ち歩かない,人通りの少ない時間帯や場所における外出を避けるなど防犯対策を徹底して,外出の際には,周囲の状況に十分注意し,安全確保に努めてください。

    海外安全ホームページ: スポット情報詳細

    SKY LOUNGE ANNEX

    この後、眺めのいいサクララウンジスカイビューに行ってみたが、リニューアルで閉鎖中だったので、SKY LOUNGE ANNEXへ。

    羽田航空のSKY LOUNGE ANNEXの入口

    晩飯食べてきたし、機内食もあるので、何も食べず。

    なお、SKY LOUNGE ANEXの上階には、TIAT LOUNGE ANEXというカードラウンジもある。

    羽田航空のTIAT SKY LOUNGEの入口

    TIAT LOUNGE ANEXは、ラグジュアリーカードやポルシェカードなどの会員が利用できるラウンジ。

    利用条件などは以下を参考に。

    カタール航空QR813便Qsuite搭乗記

    23:00に搭乗口に。

    一番乗りできたので、写真撮影できた。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの座席1

    私の座席は3K。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの座席2

    カタール航空のQR813便のQsuiteの座席3

    めちゃくちゃ早口のアンドレアスさんが担当みたい。

    カタール航空のQR813便のQsuiteのアメニティ1

    出入り口に、座席と同じ高さの収納がある。よって、座った時の横幅は広い!手を広げられる。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの収納ボックス

    安定感があり、大きなテーブル。

    カタール航空のQR813便のQsuiteのテーブル1

    カタール航空のQR813便のQsuiteのテーブル2

    アメニティ広げてみた。

    カタール航空のQR813便のQsuiteのアメニティ2

    先程の収納ボックスに入っていたノイズキャンセリングヘッドホン。

    カタール航空のQR813便のQsuiteのノイズキャンセリングヘッドホン

    枕に毛布。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの枕と毛布

    Qsuiteは、1-2-1の座席配列で、カップルで真ん中の2席に座れば、隣同士で話すこともできる、実際、隣人はそうだった。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの座席配列1

    カタール航空のQR813便のQsuiteの座席配列2

    あと、カタール航空公式の写真みたいに4人で会議も(笑)

    カタール航空のQR813便のQsuiteの会議

    離陸前にパジャマとスリッパが配られた。

    カタール航空のQR813便のQsuiteのパジャマ1

    カタール航空のQR813便のQsuiteのパジャマ2

    照明落とされて、0:20に離陸。暫くサヨウナラ、東京。

    カタール航空のQR813便の離陸

    10ドルでフルフライトプランのWiFi接続を購入。安いね。

    カタール航空のQR813便のWiFi接続

    安定飛行に入ってからは、扉が閉めれるようになる。視界を遮れるのがいいね。

    カタール航空のQR813便の個室性

    0:35くらいに機内食の注文聞きに来て、0:55にはドリンクの提供。ラリエという、ちょっと酸が強いシャンパン。

    カタール航空のQR813便のシャンパン

    1:20頃、テーブルセッティングしてもらって、前菜。

    カタール航空のQR813便のテーブルセッティング

    スモークサーモンと言われたが、どう考えても見た目はツナ、食べてもツナ。

    カタール航空のQR813便の前菜

    深夜なのでヘビーなもの食べないほうがいい、でも、せっかくなのでなにか食べたい、ということで、アラビックメッツェという前菜をオーダー。

    カタール航空のQR813便のアラビックメッツェ1

    カタール航空のQR813便のアラビックメッツェ2

    カタール航空のQR813便のアラビックメッツェ3

    色々刻み野菜の入った右のやつが美味だった。

    タッブーレというサラダ(中央)、フムスというひよこ豆のペースト(左)も、何度も食べたら癖になるかも?

    パンも機内にしてはとても美味しかった。

    この間の羽田-金浦空港間で出されたパンの萎び加減と比べてしまった。

    私は控えめにしたけど、周りはガッツリ食べてる人が多かった印象。

    上海過ぎなのかな、きれいな街明かり。

    カタール航空のQR813便から上海上空

    現在地を知るためにフライトマップを見るのだが、すぐドーハ・ハマド空港のCMに切り替わる商売っ気の強いカタール航空(笑)

    結局、シャンパンは4杯。

    周囲からはイビキが聞こえてきた。

    さて、寝よう、トイレで歯を磨く。

    カタール航空のQR813便のQsuiteのトイレ1

    カタール航空のQR813便のQsuiteのトイレ2

    毛布を敷いたところ。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの毛布を敷く

    音が気になったので、持参した耳栓をして、4時に就寝。

    ちょくちょく目が冷めてしまったが、それでも5時間くらい寝た。

    到着まで後2時間くらい。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの航路

    CAさんを呼んで、軽めの朝食をもらう。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの朝食

    フルーツみずみずしくて美味しい。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの朝食2

    ギリシャヨーグルトも美味しいなぁ、下にベリーが入っている。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの朝食3

    そして、パンも行ける。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの朝食4

    食後にカラクチャイ(Karak Chai)というスパイス入りのミルクティ。

    サフランかカルダモン入りが選べた。

    サフランにしたが、こういう味好きだわ~。

    中東の夜明け。

    カタール航空のQR813便のQsuiteからの中東の夜明け

    日本時間11:07(現地時間5:07)にドーハ・ハマド国際空港に到着。

    カタール航空のQR813便のQsuiteからのドーハ

    明るい環境下で、Qsuiteを撮影。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの内観1

    カタール航空のQR813便のQsuiteの内観2

    カタール航空のQR813便のQsuiteの内観3

    お隣さん。

    カタール航空のQR813便のQsuiteの内観4

    ハマド国際空港のラウンジ巡り

    飛行機を降りた後、Transfersの案内に従って進んでいく。

    ドーハ・ハマド国際空港の乗り換え案内

    入国保安検査は長蛇の列だったが、ビジネスクラス、ファーストクラス搭乗客はプライオリティトランスファーが使える。これはありがたい。

    ただ、何もチェックなかったけど・・・

    ドーハ・ハマド国際空港の入国保安検査1

    ドーハ・ハマド国際空港の入国保安検査2

    フライトインフォメーションを確認すると、次に乗るQR145便の搭乗口は「B7」。

    ドーハ・ハマド国際空港のフライトインフォメーション

    AとBの搭乗口はこのシャトルに乗っていったほうが早いみたい。

    ドーハ・ハマド国際空港のシャトル乗り場1

    ドーハ・ハマド国際空港のシャトル乗り場2

    シャトルを降りると、この空港のアイコンになっている黄色い「ランプ・ベアー」が。

    ドーハ空港 黄色いランプ・ベア

    スイス人のアーティストUrs Fischerの作品で、タイトルは「Untitled (Lamp/Bear)」だそう。

    参考:Lamp Bear | Hamad International Airport

    なお、アメリカのブラウン大学には、青いランプ・ベアがパブリックアートとして展示されてるそうだよ。

    Urs Fischer | Untitled (Lamp/Bear) (2005–06) | Public Art

    このあと、出発まで3時間弱あるのでラウンジ巡りに出かけた。

    • アル・ムルジャン ビジネスクラスラウンジ
    • アル・マハ ラウンジ(プライオリティ・パス提携ラウンジ)
    • OryXラウンジ(ダイナースクラブ提携ラウンジ)

    3ラウンジの使い勝手については以下の記事にまとめてあるので参考に。

    7:30くらいに搭乗口へ。

    バルセロナ行きのQR145便に搭乗する。

    続きは以下をご覧ください。

    ABOUT ME
    jun
    陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。