マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)

東京からアウェイ神戸遠征 (1) セントレジス大阪に前泊して、船場ビルディングの見学に行く

こんにちは。

FC東京サポのjun(@odakyu_de_go)と申します。

9月13日大阪泊、9月14日神戸泊で、アウェイ神戸戦を見てきました。

大阪前泊にしたのはセントレジス大阪に泊まりたかったから。

セントレジスは香港スペインのマヨルカ島で滞在経験がありますが、どちらも優雅に過ごせました。

遠征中の移動、飲食、観光を旅行記という形でまとめてあります。

これから神戸遠征される方、参考にどうぞ。

最後にかかった費用もまとめてあります。

旅行までの準備

遠征することを決めたのは8月上旬。

飛行機の予約

往路

行きはANA23便(羽田-伊丹)のプレミアムクラスを予約。

便名 時刻表
9/13 ANA23 羽田 12:00 – 13:05 伊丹

株主優待割引で23,910円。全額、ANA SKYコインで支払い。

ANAの株主優待券は現在、ヤフオクや金券ショップで1,800円~2,000円くらいで売っている。

ANAアメックスの入会キャンペーンで「大量」のANAマイルを「短期間」で稼ぐことができる。

参考:【紹介が鍵】ANAアメックス入会キャンペーン獲得マイル最大化

復路

帰りは神戸空港からなのでスカイマーク。9,270円。ANAの羽田便も出てるけど、早朝か夜なので使えない。

便名 時刻表
9/15 BC108 神戸 13:00 – 14:15 羽田

ホテルの予約

大阪のホテル

既に述べたようにセントレジス大阪に泊まる。

マリオットアメックスプレミアム(旧:SPGアメックス)のカード継続特典の宿泊クーポン(50,000ポイントまでの無料宿泊クーポン)を使用。

マリオットアメックス、マリオットアメックスプレミアムともに、「公式サイト」から入会するより、「ポイントサイト」「紹介プログラム」を利用して入会したほうが確実にお得です。

今現在、「ポイントサイト」と「紹介プログラム」のどちらがお得かを検証した記事が以下になります。

参考:【どちらがお得?】マリオットアメックスの紹介プログラムとポイントサイト経由入会

当日のポイント宿泊に必要なポイントが57,000だったので、差額の7,000ポイントを支払い。

神戸のホテル

One Harmonyポイントの有効期限が来年1月末までなので、One Harmonyポイントを使って、ホテルオークラ神戸を予約した。

が、その後に、ポイントの有効期限が1年延長された。無理に使う必要はなくなったのでキャンセル。

HafHのライトプラン(月額2,980円)に登録して、保有している275コインを使って、三宮駅近くのコンフォートホテル神戸三宮を予約。

マイルやポイントをフル活用して、なるべく節約する方針。

レストランの予約

セントレジス大阪の朝食会場はイタリアンの「ラ・ベデュータ」ということだったので、晩飯は場所を変えて、フレンチの「ル・ドール」にしようかと思ったが、当日は「ル・ドール」の2階(コース料理提供)がクローズだった。

「ラ・ベデュータ」を予約した。

船場ビルディングの見学を予約

『名建築で昼食を 大阪編』を見て、船場ビルディングが気になっていた。見学予約ができたので、13日の16:00から予約しておいた。

ANA23便で伊丹空港へ

11:00に羽田空港に到着。

羽田空港第2ターミナル

ANAラウンジで少し時間を潰してから搭乗口へ。

1A。早く新しいプレミアムクラスの座席利用してみたいな。

ANA23便の1A座席

羽田-伊丹は実際の飛行時間は45分くらい?

安定飛行に入ったらすぐに機内食。

ANA23便のプレミアムクラスの機内食

牛そぼろご飯に少量ずつ色んな味を楽しめるおかず、美味しかった。カロリー少ないのもいい。

食後にコーヒー。

ANA23便のプレミアムクラスのホットコーヒー

薄曇りだったが大都会大阪遊覧飛行のランディングに。

大阪城。

ANA23便から大阪城

梅田の高層ビル群。

ANA23便から梅田の高層ビル群

淀川。

ANA23便から淀川

伊丹空港からホテルへ向かう

機内では長袖シャツを着ていたが、外に出たら暑い。今日明日の近畿地方の最高気温35度で真夏の暑さになるようだ。

真夏の暑さの大阪

13:40発の梅田行きのバスに乗車して、大阪マルビル前で下車。対面がヒルトン大阪だった。

すぐ近くの西梅田駅から地下鉄・四つ橋線に乗車。

大阪の駅のホームの椅子の向きはこうなんだ。

大阪の駅のホームの椅子の向き

本町駅で降り、徒歩5分くらいでセントレジス大阪が入るビル「本町ガーデンシティ」が見えてきた。

セントレジス大阪が入るビル(本町ガーデンシティ)

1階にフレンチ・ビストロ「ル・ドール」。

セントレジス大阪1階の「RUE D'OR」

メインの入口。

セントレジス大阪の入り口

セントレジス大阪にチェックイン

1階で荷物を預けて、12階でチェックイン。

マリオットプラチナメンバーの特典は以下の通り。

マリオットプラチナ会員のセントレジス大阪での特典一覧

簡単にMarriott Bonvoyの「プラチナ会員」になれる方法を以下で紹介しているので参考に。

参考:【最新版】マリオットのプラチナ会員に簡単になる方法

一応、16:00までのレイトチェックアウトをお願いしておいた。

「セントレジスといえばブラッディーマリー」だそうなので、1,000ポイントではなくブラッディーマリーチケットを選択。

バトラーサービスによるウェルカムドリンクが貰えるということなので、アイスコーヒーをお願いする。

フロントのある12階にメインダイニングとバーもある。

セントレジスバー前のスペース。天井が高い。

セントレジスバー前のスペース

部屋は24階の2409号室。

セントレジス大阪のグランドデラックス1

セントレジス大阪のグランドデラックスのテレビ1

セントレジス大阪のグランドデラックスのデスク

セントレジス大阪のグランドデラックス2

部屋からの眺め。部屋は東向きのようなので、遠くに見える山は生駒山地のようだ。

セントレジス大阪24階からの生駒山地

水回り。

セントレジス大阪のグランドデラックスの浴室

セントレジス大阪のグランドデラックスの洗面台

セントレジス大阪のバスローブ

アメニティは「BYREDO」。

セントレジス大阪のアメニティの「BYREDO」

確か、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町もこのアメニティだったね。

この黄金色の収納の中にミニバー。

セントレジス大阪のグランドデラックスの冷蔵庫1

セントレジス大阪のグランドデラックスの冷蔵庫2

セントレジス大阪のグランドデラックスの冷蔵庫3

セントレジス大阪のグランドデラックスのグラス類

マリオットプラチナ会員は1泊につき3,000円分無料飲食できる。といっても、ビール1缶1,200円もするんだけど。

しばらくすると、バトラーがアイスコーヒーを持ってきてくれた。

セントレジス大阪のバトラーによるアイスコーヒーサービス

で、部屋の説明も。

バトラーによるドリンクサービスは1日1回みたい。世知辛い。

3年前訪れたセントレジス香港のバトラーサービスのほうがサービスの質が高かったな。

セントレジス大阪12階の庭園

16:00から船場ビルディングの見学を予約している。

15:30過ぎに部屋を出る。

12階の庭園を見学。

枯山水。

セントレジス大阪の枯山水

マリオット系列のWホテルが見える。

セントレジス大阪の枯山水からWホテル

枯山水の隣のエリアは夕方からシャンパンのフリーフロー会場になるらしい。値段を聞いたが90分で11,000円とのこと。

セントレジス大阪のシャンパーニュエデン

船場ビルディングを見学する

事前にグーグルマップに登録しておいた綿業会館(重要文化財)を見てから、船場ビルディングへ向かう。

綿業会館1

綿業会館2

「大阪白線消え消えシティ」と聞いたことがあったが、本当にそうなのか・・・

大阪の横断歩道の消えた白線

船場ビルディングの入り口。

船場ビルディングの外観1

船場ビルディングの外観2

スロープになっているのは奥までに馬車を引き込むためだったという。

船場ビルディングのスロープ1

船場ビルディングのスロープ2

防音性のある木のタイルが使われている。

船場ビルディングの防音性のある木のタイル

なんと中庭の1階部分が工事中。ここに植栽が置いてあって、それが2階まで伸びる景観を見たかったが。

船場ビルディングの工事中の1階

特徴的な吹き抜け構造の中庭。

船場ビルディングの吹き抜け構造の中庭1

船場ビルディングの吹き抜け構造の中庭2

5階の事務所に行って、見学の挨拶。

「見学を目的としたビルではないのでテナントさんの邪魔にならないようにご配慮を」と言われた。

5階の窓から。

船場ビルディングの5階の窓から

階段の手摺。

船場ビルディングの階段の手摺

ステンドグラス。

船場ビルディングの4階のステンドグラス

船場ビルディングの3階

船場ビルディングの装飾

3階以上はオフィスという感じだったが、2階には店頭販売もしている店も入っていた。

船場ビルディングの2階の店舗

2階から1階を見下ろしたところ。

船場ビルディングの2階から1階を見下ろす

店舗の一つの「クローディア書店」に。

船場ビルディングの2階のクローディア書店

ちょうど調べていた大阪のモダン建築に関する本と、映画『ジョゼと虎と魚たち』の原作本を購入。

今、田辺聖子原作の『芋たこなんきん』を見ているが、『ジョゼと虎と魚たち』の原作者が田辺聖子だとつい最近知ったよ。

書店の店主さんが記念撮影しましょうかと言ってくれたので、ベンチに座っているところを撮ってもらった。

近くの生駒ビルヂングも見に行く。

生駒ビルヂングの外観1

生駒ビルヂングの外観2

生駒ビルヂングの外観3

1階に立ち飲みの店が入っていたので、名建築で一杯やれるようだった。

「ラ・ベデュータ」でディナー

17:00にホテルに戻って、いっぱい汗かいたのでシャワー浴びて、17:30に12階のレストラン「ラ・ベデュータ」へ。

セントレジス大阪の「ラ・ベデュータ」の入り口

アラカルトで秋刀魚のベッカフィーコとフィアーノという白ワインを注文。

冷えたこの白ワイン美味かったな。メモって後で楽天市場で注文した。

セントレジス大阪の「ラ・ベデュータ」のフィアーノ

グリッシーニとパンは付く。どっちも旨い。

「ラ・ベデュータ」のグリッシーニ

天井には雲のような超巨大の照明。

セントレジス大阪の「ラ・ベデュータ」のシャンデリア

ゴージャスな内装はグラマラスが手掛けているようだ。

以前訪れた三井ガーデンホテル六本木プレミアの「バルコン・トーキョー」もそうだった。

聞いたら、昨日は全然お客さんいなかったらしいけど、今日はほぼ満席になるようだ。すごいね。

秋刀魚のベッカフィーコ、旨いんだけど、ちょっと塩効かせ過ぎだったな。

「ラ・ベデュータ」の秋刀魚のベッカフィーコ

焼き鮭のリゾット。こちらも旨いんだけど、味付け足し算し過ぎで濃すぎた。

「ラ・ベデュータ」の焼き鮭のリゾット

混まないうちに退出。

料金は13,300円。部屋付けに。

セントレジスバーで「将軍マリー」

そのまま、同じフロアにあるセントレジスバーへ。

セントレジス大阪のセントレジスバーの内観

カウンターに座りたかったけど、コロナ禍でカウンター席は設けていないらしい。

ウォッカとトマトジュースのカクテル「ブラッディーマリー」は、セントレジス・ニューヨークの「キングコールバー」のバーテンダーが開発したということで、各地のセントレジスがご当地ブラッディーマリーを出しているようだ。

セントレジス大阪のそれは「将軍マリー」。

セロリ、醤油、柚子、粉わさびの入ったカクテルとのことで、とてもヘルシー感のある野菜ジュースのようだった。

セントレジス大阪のセントレジスバーの将軍マリー

「鎌倉、京都、江戸には将軍いたけど、大阪にはいなかったのでは・・・」というツッコミもあるが・・・笑

チェックイン時に貰った「ブラッディーマリーチケット」を使って無料で頂けるのはありがたい。

屋外でペリエジュエのフリーフローの準備していた女の子がここの店員をしていたが、今のところフリーフロー客はゼロのようだ。

カウンターの壁画。

セントレジス大阪のセントレジスバーの壁画

大坂夏の陣図屏風のような絵のなかに、梅田スカイビル、通天閣、太陽の塔、大阪城など今の大阪を代表する建物が配されている。

中央にはここセントレジス。

店員によれば創業時に注文したもので、経年劣化でだいぶ剥がれてきちゃってるとのことだった。

19:00くらいに退出。

就寝

その後は部屋でゆっくり。

数日前に中秋の名月だったが、今日は下弦80%くらいの月。本町通りの明かり。

セントレジス大阪から本町通りの明かり

プラチナ特典の「1泊につきミニバー3,000円まで飲食可能」を利用して、ビール2本とポテチ。ビール1本1,200円なのでこれだけで3,100円になったが・・・笑

セントレジス大阪のミニバーから缶ビール

バトラーに連絡して、明日の朝刊を毎日新聞の他に産経新聞も追加してもらう。

iPhoneをiOS16へアップデートしたら思いの外時間がかかって、寝る前までに終わらない。

iPhoneでモーニングコールかけられないので、バトラーにモーニングコールをお願いした。

両手を伸ばしてもベッドの端に届かない広いベッド、快適。

続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。