マリオットホテル

あいちトリエンナーレ2019 旅行記 (3) 愛知芸術文化センター

あいちトリエンナーレ ピア・カミル「ステージの幕」

あいちトリエンナーレ2019 旅行記の「(3) 愛知芸術文化センター」です。

ピア・カミル「ステージの幕」

15時半前に愛知芸術文化センターに到着。

会場の吹き抜けには、ピア・カミルによる巨大インスタレーション「ステージの幕」。

ピア・カミル「ステージの幕」1

ピア・カミル「ステージの幕」2

音楽バンドのTシャツを縫い合わせて作られている。

幕の中には24個のスピーカーも設置されて、イベントなどで使われるステージとしても機能するという。

アンナ・ヴィット「60分間の笑顔」

エレベーターで10階へ移動。

チケットを見せて、会場内に入る。

最初の展示は、アンナ・ヴィット「60分間の笑顔」という映像作品。

60分間同じ姿勢と笑顔を保ち続けるという作品。

ウーゴ・ロンディノーネ「孤独のボキャブラリー」

ウーゴ・ロンディノーネ「孤独のボキャブラリー」。ピエロの彫刻45体によるインスタレーション。

ウーゴ・ロンディノーネ「孤独のボキャブラリー」1

ウーゴ・ロンディノーネ「孤独のボキャブラリー」2

みなさん、ピエロと同じポーズをして写真を撮っていた。

これは、今回の作品の中で一番明るく楽しい展示であった。

エキソニモ「The Kiss」

エキソニモの「The Kiss」。

エキソニモ「The Kiss」

ヘザー・デューイ=ハグボーグ「Stranger Visions, Dublin: Sample 6」

ヘザー・デューイ=ハグボーグの「Stranger Visions, Dublin: Sample 6」。

街で拾ったDNAサンプルから3Dプリンターで顔を再現という試み。

ヘザー・デューイ=ハグボーグ「Stranger Visions, Dublin: Sample 6」

dividual inc.「ラストワーズ/タイプトレース」

dividual inc.の「ラストワーズ/タイプトレース」。

10階の展示を見終わったので、8階に移動する。

下を除くと、サカナクションの当日券待ちの行列ができていた。

あいちトリエンナーレのサカナクションの当日券街の行列

アート・プレイグラウンド「あそぶ」

8階の、吹き抜けを囲む通路には、「アート・プレイグラウンド「あそぶ」」。

建築家の遠藤幹子さんと、アーティストの日比野克彦さんと共に、ダンボールの造形を研究してきた愛知県内の小学生「ダンボール研究会」のメンバーが中心となって、使い方の決まっていない道具などを作っているという。

奥には託児スペースもあるようだ。

アート・プレイグラウンド「あそぶ」

袁廣鳴「日常演習」「トゥモローランド」

袁廣鳴(ユェン・グァンミン)の「日常演習」。

サイレンの鳴り響く無人の街をドローン撮影している。

この映像は、台湾で1978年から続く「萬安演習」という防空演習を捉えたもの。

日中の30分間、人々は屋内への退避が求められ、自動車やバイクなどの交通も制限されるという。

そのため、人っ子一人出てこない街の空撮となっている。

同じく袁廣鳴(ユェン・グァンミン)の「トゥモローランド」は、遊園地が突然破壊される、それが永遠にループする作品。

「日常演習」と「トゥモローランド」は、隣り合った部屋で上映されている。

そのため、「日常演習」を見ながら、隣の部屋の「トゥモローランド」の爆発音が聞こえ、「トゥモローランド」を見ながら「日常演習」のサイレンが聞こえるという仕掛けである。

ジェームズ・ブライドル「継ぎ目のない移行」

ジェームズ・ブライドルの「継ぎ目のない移行」は、英国の入国審査、収容、国外退去の3つの管轄区域について、計画書や衛星写真などを手に入れ、中に足を踏み入れた人へのインタビューを通じて再現した映像。

「表現の不自由展・その後」

そして、「表現の不自由展・その後」。

あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」1

あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」2

わずかこれだけのスペースだ。

あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」3

ワリード・ベシュティ「FedEx」

ワリード・ベシュティ「FedEx」。

あいちトリエンナーレのワリード・ベシュティ「FedEx」

イム・ミヌク「ニュースの終焉」

イム・ミヌクの「ニュースの終焉」も面白そうだったのにな。

あいちトリエンナーレのイム・ミヌク「ニュースの終焉」1

あいちトリエンナーレのイム・ミヌク「ニュースの終焉」2

あいちトリエンナーレのイム・ミヌク「ニュースの終焉」3

タニア・ブルゲラ「10150088」

タニア・ブルゲラの「10150088」は、無理やり泣かせる設計の装置。体感できなくて残念。

あいちトリエンナーレのタニア・ブルゲラの「10150088」1

あいちトリエンナーレのタニア・ブルゲラの「10150088」2

2時間くらいかけて見終えた。

2階に降りると、サカナクションの当日券待ちの行列がさらに伸びていた。

あいちトリエンナーレのサカナクションの当日券待ちの行列2

タクシーを拾って、名古屋マリオットアソシアホテルに戻る。

名古屋マリオットアソシアホテルのコンシェルジュラウンジ

先に鑑賞を終えていた妻子と合流して、18:20頃、コンシェルジュラウンジへ。

混み合っていて、しばらく待った。

窓側の席から。

左の建物は、モード学園のスパイラルタワーズ。

名古屋マリオットアソシアホテルからの眺め1

名鉄の屋上ではビアガーデンが開催されていた。

名古屋マリオットアソシアホテルからの眺め2

昨日とまたメニューが違っている。

名古屋マリオットアソシアホテルのコンシェルジュラウンジからの眺め1

名古屋マリオットアソシアホテルのコンシェルジュラウンジからの眺め2

ビールが染みる。

19時過ぎに部屋に戻る。

部屋でテレビ鑑賞

20時から男部屋で皆で「いだてん」を見る。

名古屋マリオットアソシアホテルで「いだてん」

その後、NHKスペシャルの「激闘ガダルカナル 悲劇の指揮官」。

さすがにNHKのドキュメンタリーはレベル高いわ。

明日のNHKスペシャル「かくて“自由”は死せり~ある新聞と戦争への道」も面白そう。

インルームダイニングで夜食

お腹空いたので、22時くらいに、インルームダイニングを頼む。

私と妻はきしめん、息子はカレー、娘はお茶漬け。

名古屋マリオットアソシアホテルでインルームダイニング

ゆずの効いたあっさりきしめん、旨かった。

この後、「BS1スペシャル 幻の巨大空母“信濃”~乗組員が語る 大和型“不沈艦”」を鑑賞してから、自分の部屋に戻る。

少しビール飲んでから25時半くらいに寝た。

この続きは以下の記事をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは旅行記、搭乗記、ポイント・マイルの獲得方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。