尾道観光とシェラトングランドホテル広島クラブルーム無料宿泊

[記事公開日]2017/05/24
[最終更新日]2017/06/14

今回は広島と博多に泊まる2泊3日の旅行。

1日目の昼は尾道観光して、夕方、広島に移動。
2日目は広島から博多に移動して、ツイ友さんとオフ会。
3日目は未定。

3月26日に、JAL255便(羽田-広島)の特典航空券を予約。
4月21日に、ANA262便(福岡-羽田)の特典航空券を予約。

広島のホテルは、スターポイントを使ってシェラトングランドホテル広島のクラブルームを予約した。その予約方法については、[補足] スターポイントでシェラトングランドホテル広島のクラブルームを予約するを参照。

博多のホテルは、ホテルマイステイズ福岡天神を予約。

目次

1日目

2日目

POWER LOUNGE SOUTH

東京無線の羽田空港定額タクシーを利用して、7時50分頃、空港に到着。

買ったばかりのリモワトパーズとハーヴェストレーベルのリュックを使った初めての旅行になる。なお、写真は広島空港で撮ったもの。

リモワトパーズとハーヴェストレーベルのリュック

保安検査の後、リニューアルされたばかりの空港ラウンジ「POWER LOUNGE SOUTH」に寄ってみる。

羽田空港のPOWER LOUNGE SOUTHの入口

「POWER LOUNGE SOUTH」を無料で利用できるクレジットカードは以下。年会費2,000円の楽天ゴールドカードでも利用できる。

羽田空港のPOWER LOUNGE SOUTH提携クレジットカード

クロワッサンの用意があった。

羽田空港のPOWER LOUNGE SOUTHのクロワッサン

ラウンジの左手奥から撮影。スッキリしているラウンジね。

羽田空港のPOWER LOUNGE SOUTH全景

今日は尾道を訪れるということで、尾道に住む老親が東京に出た息子・娘を訪ねる『東京物語』(小津安二郎)をAmazonプライムビデオからダウンロードする。

特典航空券で取ったJAL255便(羽田-広島)

JAL255便に優先搭乗。

JAL255便の普通席

東京は薄曇りの空だったが、富士山くっきり。

JAL255便から富士山

『東京物語』。全ての演者のセリフ棒読み感がすごい(笑)その代わり、全てのセリフがはっきり聞こえるんだけど。

笠智衆演じるおじいちゃんが話す時、必ず最初に「いやぁ」と言うのがおかしかった。

笠智衆と東山千栄子の「ありがぁとぅ」のアクセントが、『この世界の片隅に』のすずさんの「ありがとう」に近かったな。同じ広島。

あれが今日訪れる尾道よね。

JAL255便から尾道

10時過ぎに広島空港に到着。

バスで広島空港から三原駅へ

尾道に行くには、三原駅までバスで行って、そこからJRらしい。こういうルートね。

広島空港からの尾道までのルート

沼田川(ぬたがわ)という川にそって進む。

沼田川沿いに険しい山が。「新高山城跡(にいたかやまじょうせき)」で小早川隆景の居城跡らしい。

新高山城跡

下流ということもあり、ゆったりとしていて、余りきれいではない沼田川であった。

沼田川

11時5分に三原駅に到着。

三原城跡

三原駅駅舎

すぐにJRに乗り換えるつもりだったが、三原駅の高架の向こうに石垣が見えたので行ってみる。

小早川隆景によって永禄10年(1567年)に築かれたと言われる三原城の天守台であった。

三原城の天守台

濠に沿ってぐるっと一周。

JR山陽本線が三原城の本丸を貫き、三原城の本丸跡に立地する三原駅舎であった。

三原城本丸跡に建つ三原駅1

石垣のトンネルを潜って駅構内に向かうって凄くない?(笑)

三原駅の石垣のトンネル

駅構内から階段を登って天守台に登れる。サルサエアーと違ってトパーズ重い(笑)

天守台からの眺め。

三原城の天守台からの眺め1

三原城の天守台からの眺め2

通過するだけの予定だった三原駅で随分と楽しめた。

JR山陽線に乗って、二駅隣りの尾道へ向かう。

尾道観光

12時過ぎに尾道駅に到着。

駅のロッカーに荷物を預けようとしたが、駅舎を建て替えるとかで閉鎖中だった。ポートターミナルに荷物預かりがあるそうなので、向かう。

※後日、私が訪れた日の3日後に現駅舎での運用を終えると知った。

荷物をここに預ける。なお、写真は荷物引取後に撮影したもの。

ポートターミナルの荷物預かり

尾道ラーメンたに 尾道駅ビル店

さて、身軽になった。まずは尾道ラーメンを食べに行こう。

ポートターミナルと尾道駅の連絡通路から。あの城はなんだろう?

尾道駅前の眺め

駅ビル内の「尾道ラーメンたに」へ。

尾道ラーメン たに 駅ビル店 – 尾道/ラーメン [食べログ]

尾道ラーメンたに 尾道駅ビル店の入口

スープ飲むと最初は醤油ラーメンっぽい。その後豚骨の旨味が出てくる。天かすみたいに浮いてる背脂と一緒にスープ飲むと旨い。

麺は柔らかいんのだけど、噛み切りづらく、もっと固めだとよかったなぁ、と。

尾道ラーメンたに 尾道駅ビル店のラーメン

滞在時間15分ほどでササッと退店。

千光寺山ロープウェイ

駅前からタクシーに乗り、千光寺山ロープウェイの乗り場へ。

千光寺山ロープウェイの乗り場

千光寺山ロープウェイの乗り場からの眺め

黄緑色に輝く大クスノキを越えていく。

山頂駅からの眺め。

千光寺山ロープウェイ山頂駅からの眺め

山頂駅から歩いてすぐのこの展望台へ。

千光寺公園展望台

尾道水道を一望できる。

川のようにみえるけど、対岸は瀬戸内海に浮かぶ「向島(むかいしま)」なのよね。その先にも島が続いて、四国まで続く「しまなみ海道」を形成する。

千光寺公園展望台から尾道水道

文学のこみち

千光寺に寄りたいので帰りは歩いて下る。

「文学のこみち」と名付けられた道を下っていく。徳富蘇峰、正岡子規、金田一京助、志賀直哉、林芙美子など尾道に滞在した文人の言葉が巨石に刻まれている。

途中、こんな狭い箇所も。

※後日、尾道三部作の一つ『転校生』(大林宣彦監督)を見たら、小林聡美と尾美としのりが動画の場所でチンピラに絡まれていた(笑)こんなところで喧嘩は危ないよ(笑)

千光寺

千光寺の境内に。巨石を背に建っている。

千光寺の境内

千光寺の鏡岩

鐘楼。なんと叩いてはいけないらしい(笑)

千光寺の鐘楼

鐘楼からの眺め。「ここ海光台から尾道の古寺十五ヶ寺が見えます」との案内があった。

千光寺海光台から尾道水道

尾道にお寺が多いのは以下のような事情らしい。

自然の良港を持つ尾道は、平安時代の嘉応元年(1169年)、備後大田荘(後、高野山領)公認の船津倉敷地、荘園米の積み出し港となって以来、対明貿易船や北前船、内海航行船の寄港地として、中世・近世を通じて繁栄をとげました。港町・商都としての発展は各時代に豪商を生み、多くの神社仏閣の寄進造営が行われました。

尾道市の概要 – 尾道市ホームページ

巨石に刻まれた梵字。

千光寺の梵字岩

こんなアドベンチャラスなものもあった。石鎚山鎖修行。

大学生くらいのグループが盛り上がりながらチャレンジしてた。私は・・・今度来たときチャレンジしよう。

千光寺の石鎚山鎖修行

さて、降りるぞ。

尾道の階段

天寧寺の三重塔。1388年(嘉慶2年)に、室町幕府第2代将軍・足利義詮が建立したという。

天寧寺の三重塔

猫の細道

天寧寺の前で道が二手に分かれ、左に行くと「猫の細道」だそうだ。行ってみる。

尾道の猫の細道1

尾道の猫の細道2

ちょこちょこ猫がいる。猫のオブジェも色々。

そして、レトロ過ぎる建物。

尾道の猫の細道3

尾道の猫の細道4

尾道の猫の細道5

私が尾道を訪れたちょうど1週間後に『ブラタモリ 尾道』が放送された。

尾道を特徴づける「坂道の家と路地」。寺が集まる聖なる場所だった山に民家が進出するようになったのは、明治の鉄道建設がきっかけだったという。鉄道建設で立ち退きにあった人が山に移り住むようになり、現在の尾道の景観ができたとのこと。三原城の本丸を貫く山陽本線が尾道の景観も変えたのね。

艮神社

「猫の細道」を抜けると、左に見えてくるのは、ロープウェイから見た「艮(うしとら)神社」の大クスノキ。さっきは上から、今度は下から。

艮神社の大クスノキ1

艮神社の大クスノキ2

後日、尾道三部作の一つ『時をかける少女』を見たのだが、主人公を演じた原田知世がタイムリープをする場面で、この艮神社が登場していた。。

ロープウェイ乗り場まで戻ってきた。

艮神社から千光寺山ローウェイ駅

茶房こもん

疲れたので、ロープウェイ駅前にある「茶房こもん」というカフェで一休み。

茶房こもん (さぼうこもん) – 尾道/喫茶店 [食べログ]

茶房こもんの外観

ワッフルが売りっぽいが、晩飯の寿司が控えているので、アイスクリームのエスプレッソがけに。

房こもんのバニラ・コン・カフェ

30分くらい滞在して、15時前に退出。

なお、この「茶房こもん」も『転校生』のロケ地として使われていた。

おのみち映画資料館

ロープウェイ乗り場から南下して、おのみち映画資料館に向かう。

アーケード街の尾道商店街を横切る。元は西国街道であったらしい。

尾道商店街

南に行くと、今通っている道が出雲街道であったことの石碑が。『ブラタモリ 尾道』によれば、ここから出雲街道を通って約30km北に、大荘園である「備後大田荘」があったらしい。

尾道の出雲街道

尾道市役所があった。『東京物語』では、笠智衆演じるおじいちゃんは元尾道市役所職員という設定だった。

尾道市役所

市役所のちょうど反対側におのみち映画資料館がある。

おのみち映画資料館

入場料は500円。

撮影は禁止だった。撮ってはいけないようなものではなかった気がするが。

1階に小津安二郎コーナーと尾道ロケ写真、2階に新藤兼人のコーナーがあった。

『東京物語』のロケ地マップをよく観察。

映画の冒頭に出てくる常夜灯は、この近くの住吉神社の常夜灯なんだね。この後見に行こう。

滞在時間は15分ほどだった。

ポートターミナルに戻る

通りからさっき登った千光寺山が見えたが、凄い。

千光寺山

住吉神社へ到達。ちょうどおばさんが賽銭箱の集金に来ているところだった(笑)

住吉神社の常夜灯。

住吉神社の常夜灯

すぐ近くの商店街。惹かれる。

尾道の住吉神社近くの商店街

海岸沿いを歩いて、ポートターミナルに向かう。

「日本一短い船旅」だそうだ。

尾道の日本一短い船旅灯

尾道の海外沿い1

尾道の海外沿い2

尾道の海外沿い3

足早だったけど、坂と海と寺の街・尾道を楽しめたね。

次回は鞆の浦へのクルーズも楽しそうだな。

尾道-鞆の浦航路

手荷物預かり所で荷物を引き取る。

時刻は16時前。

タクシーで新尾道駅へ向かう。

こだま749号で新尾道駅から広島駅へ

16時10分に新尾道駅に到着。

新尾道駅

「こだま」がちょうど出たばかり。50分ほど待たなければいけない。

19時から広島の寿司屋を予約しているが、時間が厳しそうだ。電話して、20時くらいまでには入店できると伝える。

眠かったが、『東京物語』の続きを見ていた。

17時発のこだま749号に乗車。

こだま749号

マツダスタジアムは赤一色だった。

マツダスタジアム

17時46分に広島駅に到着。

シェラトングランドホテル広島のクラブルーム

広島は雨が降っていたが、新幹線口からシェラトングランドホテル広島までは連絡通路でつながっており、濡れずに済んだ。

広島駅からシェラトングランドホテル広島

7階のフロントでチェックイン。

SPGゴールド会員なので、ウェルカムギフトとして、

  • 250スターポイント
  • 無料のプレミアムインターネットアクセス
  • ウェルカムドリンク

のいずれかが選べる。当然、250スターポイントに。

SPGゴールドギフトの250ポイント

SPGゴールドの資格が自動的に得られるSPGアメックスの詳細はこちら

今回はスターポイント14,500ポイントでクラブルームを予約してある。最上階の21階に案内された。

なお、スターポイントを使ってのクラブルームの予約は、WEBでは行えず、電話での予約となる。詳しいやり取りは、[補足] スターポイントでシェラトングランドホテル広島のクラブルームを予約するを参考のこと。

シェラトングランドホテル広島のクラブルーム(窓側)

シェラトングランドホテル広島のクラブルーム(ベッド側)

シェラトングランドホテル広島のクラブルーム(ソファ側)

洗面台、こういう島状のタイプは初めて見た。

シェラトングランドホテル広島のクラブルーム(洗面台)

バスルーム。

シェラトングランドホテル広島のクラブルーム(バスルーム)

アメニティは普通っぽい感じ。さすがにアメニティがTHANNだった大阪マリオット都ホテルとは違う。

シェラトングランドホテル広島のクラブルーム(アメニティ)

「鮨処ひと志」再訪

19時過ぎにホテルを出て、「鮨処ひと志」に向かう。

今年1月に「鮨処ひと志」を訪れたときのレポートはこちら

雨降りのため、駅のタクシー乗り場には行列が。ホテルの車寄せで呼べばよかったのかな。

まだ試合終わってないはずなのに、駅前にカープファンが大勢いる。あとで雨で試合中止になったと知った。

19時半過ぎに、店に着いたときにはかなりの雨降り。

鮨処ひと志 – 中電前/寿司 [食べログ]

先客は夫婦1組だけだった。

鮨処ひと志のビール

店主、私のこと覚えているかな?と思ったが、どうもその様子がない(笑)

鮨処ひと志のはた?と本マグロ

あっさりしたサメの後に濃厚なクジラ。

鮨処ひと志のさめの湯引きしたやつ

鮨処ひと志のクジラ肉

出されたものを食べ終わらないうちに、次の皿を出されるので、急かされてるように感じた。

前回感動したネギとマグロのネギマ。

鮨処ひと志のネギマ

鮨処ひと志の炊き上げ

日本酒も美しく飾ってくれる。

鮨処ひと志のビール

タイのなめろうとバチコ。日本酒が進むものばかり出てくる(笑)

鮨処ひと志のタイのなめろうとばちこ

これは前回も出たアソート。

鮨処ひと志のおつまみ盛り合わせ

ここから握り。

鮨処ひと志のイカの握り

鮨処ひと志のミナミマグロのヅケ

長崎のノドグロ。

鮨処ひと志ののどぐろ

鮨処ひと志のウニ・イクラ・ノリの三色丼

鮨処ひと志の幻 黒

鮨処ひと志の穴子

これが広島菜か。

鮨処ひと志の広島菜巻

鮨処ひと志の卵焼き

漏れ聞く話では、隣の席のご夫婦はかなりあちこち食べ歩かれてるみたい。ちらっと見たら女優さんみたいにきれいな人だったので、少し話をさせてもらったときに、半ば本気で「女優ですか?」と聞いたら、「お上手」と言って、日本酒をごちそうになってしまった(笑)

奥さんに許可貰って旅行させてもらっているんだと言ったら、驚かれた。逆に奥さんが「旅行行きたい」と言ったときは好きにさせてるしね。

前回と同様にお土産を頼んだ。それで、大将、私のことを思い出したみたい。大将「覚えてましたよ」私「覚えてなかったでしょ(笑)」。

21時半頃にお会計して、タクシーを呼んでもらう。

料金は23,970円。前回は26,130円だった。

雨だが、スタッフが店の外まで出て、送ってくれた。

マドレド

運転手に飲み屋街に向かってくださいと伝える。

繁華街で降ろしてもらい、事前に調べてあった「マドレド」というお店へ。前回行った「ZOO」「美人茶屋」の系列店である。

「ご指名は?」と聞かれたので、HPを見て「かわいい」と思った子の名前を告げたのだが、もうその子は辞めてしまっているとのことだ。

「写真の子に近い感じの子をお願い」と伝える。

店内は赤い照明。「マドレド」という店名は、マドリードとレッドをかけた店名とのこと。

最初に付いた人は「かな」さん。快活で、お顔立ちスッキリの美人。

勝手に「マドレド初訪問記念だ」と言って、女の子には一杯ずつおごる。

私は「ひと志」でビール1、日本酒3飲んできて酩酊状態なので、ビール飲んだり、ウーロン茶飲んだりでセーブ気味。

3人目に付いてくれた「さら」さんも、童顔でおっとり系で可愛らしい。

入店してから2時間くらい経った頃だろうか。「どうしよう、そろそろ指名しようかな」と思い、女の子が変わるタイミングで、トイレに立って、ボーイに相談。私「今何人付いた?」ボーイ「8人ですね」私「あと何人いるの?」ボーイ「7人です」私「・・・7人は持たないや」。

ということで、決断の人=わたくしは、「かな」さんと「さら」さんをダブル指名。

右を見ても左を見ても美人で眼福です。

あと、まだ10代というボーイがお肌ピチピチでとてもかわいい。このボーイに最近覚えたというカードマジックを披露してもらい、楽しませてもらった。

「junさんも何かマジックできますか?」と聞かれて、「い、いや」と答えてしまったが、実はわたくし、大学でマジックサークルに入っていたのよね(笑) とても披露できるようなマジックはできないが。

「ひろ志」のお土産を出したところ、非常に喜んでもらえたので、買ってきた甲斐があった。前回はお土産の巻物をホテルで食べたからね(笑)

26時に退店。

近くのコンビニでビールとツマミを買って、ホテルへ。

しかし、例によって、そのまま寝てしまった。

※上の文章掲載については、「かな」さん、「さら」さんに許可を得ている。

シェラトングランドホテル広島のクラブラウンジ

13時に起床。睡眠不足に加えて深酒だからしょうがないね。

快晴である。

シェラトングランドホテル広島からの眺め1

右奥をクローズアップすると、山の麓にも平地があって住宅地が広がっているのね。

シェラトングランドホテル広島からの眺め2

せっかくのクラブルーム宿泊。チェックアウトの準備をしてから、20階にあるクラブラウンジに行ってみる。

エレベーターホールからタワーマンションが見えた。

広島駅近くのタワーマンション

入口。

シェラトングランドホテル広島のクラブルームの入口

スタッフはおらず、チェックを受けず。よく考えれば、20階、21階に宿泊の人しかこのフロアにアクセス出来ないから、問題はないのか。

シェラトングランドホテル広島のクラブルーム1

先客が一人だけいた。ので、無音カメラに切り替えて撮影。

シェラトングランドホテル広島のクラブルーム2

シェラトングランドホテル広島のクラブルーム3

この時間コーヒーだけかなと思ったら、少しパンもあったのでありがたい。

シェラトングランドホテル広島のクラブルームのパン

シェラトングランドホテル広島のクラブルームのかぼちゃマフィン

シェラトングランドホテル広島のクラブルームのクッキー

シェラトングランドホテル広島のクラブルームのドリンク類

飲んだ翌日の朝食はこの程度で充分。

シェラトングランドホテル広島のクラブルームの朝食

50分くらい滞在。

部屋に戻る前に、パソコン室もチョイチェック。

広島シェラトングランドホテルのクラブルームのパソコン室1

広島シェラトングランドホテルのクラブルームのパソコン室2

部屋に戻る。

人と会うので、シャツにアイロンを(笑) しかし、アイロン台の開き方がわからなくて斜めってしまった(笑)

広島シェラトングランドホテルのクラブルームのアイロン

15時45分頃、チェックアウトして、広島駅へ。歩いてすぐだから楽ね。

続きは以下の記事をご覧ください。

[補足] スターポイントでシェラトングランドホテル広島のクラブルームを予約する

今回のシェラトングランドホテル広島のクラブルーム宿泊は、スターポイントを使った無料宿泊。

予約するまでの流れを紹介。

まず、0120-92-5659に電話。

※WEBからの予約だと、クラブルームは予約できない。

「シェラトングランドホテル広島の無料宿泊希望」と伝えたところ、

  • 12,000ポイント」で一番スタンダードな「デラックスルーム
  • 14,500ポイント」で「クラブルーム

が予約できるとのこと

クラブルームは20階、21階の高層階になるそうだ。そして、クラブラウンジが利用できる。

SPGアメックス会員は、SPGゴールド&マリオットゴールドに優遇される。
⇒SPGゴールド:SPGホテルでクラブラウンジ利用不可
⇒マリオットゴールド:マリオットホテルでクラブラウンジ利用可能

宿泊予定日の「デラックスルーム」の料金は22,000円、「クラブルーム」は38,000円だった(土曜日なので高い!)ので、スターポイント1ポイントの価値が高くなるのはクラブルームだ。

クラブルームを予約した。

ダブルベッドではなく、キングベッド、禁煙ルームを希望。また、また、レイトチェックアウトを希望した。

無料宿泊の場合、禁煙リクエストは「リクエスト」扱いとのこと。

(宿泊日前日の)5月11日の16時までならキャンセル可能。それ以後は、スターポイントは返却されるが、24,000円のキャンセル料が、登録クレジットカードで決済されるとのこと。

申込後、カンファメーションメールが届いた。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ