国民健康保険

国民年金・国民健康保険の保険料のクレジットカード払いでポイントを得る方法

国民年金と国民健康保険の保険料のクレジットカード払いでポイントを得る方法を紹介します。

最初に国民年金、次に国民健康保険の順番で紹介しますね。

国民年金保険料のクレジットカード払いでポイントを得る方法

これは簡単です。

「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」に必要事項を記入の上、年金事務所へ提出するだけです。郵送もできます。

国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書

都道府県別の提出窓口は以下で確認してください。

参考:全国の相談・手続き窓口|日本年金機構

納付に利用するクレジットカードは、ポイント還元率の高いカードにしましょう。そして、利便性の高いポイントが貯まるカードにしましょう。

おすすめは、年会費が永年無料で、ポイント還元率が高い以下の3カードです。

年会費 ポイント還元率
楽天カード 永年無料 1.0%
Yahoo! JAPANカード 永年無料 1.0%
リクルートカード 永年無料 1.2%

楽天カードは「楽天スーパーポイント」が貯まり、Yahoo! JAPANカードは「Tポイント」が貯まり、リクルートカードは「リクルートポイント」が貯まります。

リクルートポイントは「Pontaポイント」にも交換できます。

みなさんも一度は利用したことがあるポイントばかりではないでしょうか?

楽天カード、Yahoo! JAPANカード、リクルートカードは、新規入会キャンペーンを常時、実施しております。

「週末」や「期間限定」で入会ボーナスポイントをアップさせていることが多いので、下記のポイント以上のポイントが表示されたら入会のチャンスです!

楽天カードの新規入会キャンペーン画像

Yahoo! JAPANカードの新規入会キャンペーン画像

リクルートカードの新規入会キャンペーン画像

なお、国民健康保険料(1年前納・2年前納)のカード払いの引き落とし日は4月末日です。

ライフカードには「誕生月のポイントが3倍になる」という特典がありますので、「4月生まれ」の方は、ライフカードを支払いに設定するのがおすすめです。

以下の記事では、ライフカードの入会で最も得する方法を紹介しています。入会を検討している方は是非お読みください。

ライフカード入会「お友達紹介キャンペーン vs ポイントサイト」どちらがお得?

国民年金保険料の支払いでのポイント付与率
リクルートカード 1.2%
楽天カード 1%
Yahoo! JAPANカード 1%
ライフカード 0.5%(誕生月に限り1.5%)
イオンカード 0.5%
MUFGカード 0.5%
JCBカード 0.5%

※リンク先は、各カードの詳細ページへのリンクです。

「国民年金保険料の支払い=ポイント付与対象外」のクレジットカード

以下のクレジットカードは、国民年金保険料の支払いがポイント付与対象外となります。

上記のカードで、国民年金保険料の支払いをしていた方は、ただちに、楽天カード、Yahoo! JAPANカード、リクルートカードを用意した上で、納付に使うクレジットカードの変更届を出したほうがいいでしょう。

国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書

「国民年金保険料の支払い=ポイント半減」のクレジットカード

アメリカン・エキスプレスの発行するクレジットカードは、国民年金保険料の支払いが不可能だったのですが、2017年11月より支払い可能となりました

ただし、ポイント付与率は、通常の半分となっています。

ポイントが貯まるカードは「200円=1ポイント」、マイルが貯まるカードは「200円=1マイル」となります。

アメックスは、勧誘方法として自社運営の「紹介プログラム」を最も重視しています。そのため、アメックスカード入会は「紹介プログラム」経由が最もお得となります。

アメックスカードへの入会を検討している方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。初年度年会費が無料になるなど確実にお得になります。

13枚のアメックスは「紹介キャンペーン」入会が「ポイントサイト」経由よりお得。

国民健康保険料のクレジットカード払いでポイントを得る方法

国民健康保険料をクレジットカード払いする方法としては、3種類あります。

どちらにも一長一短があります。

【1】の「nanacoカードを活用する方法」は全ての自治体で利用できる方法です。セブンイレブンが近くにある必要があります。少し手間がかかりますが、手数料が無料です。

【2】の「WAON/JMB WAONを活用する方法」は全ての自治体で利用できる方法です。ミニストップが近くにある必要があります。少し手間がかかりますが、手数料が無料です。

【3】の「Yahoo!公金支払いを利用する方法」は利用できる自治体が限られています。対象自治体であれば簡単にクレジットカード決済できますが、少し手数料がかかります。

順番に説明していきますね。

nanacoカードを活用する方法

国民健康保険料は、セブンイレブンで「nanacoカード」を使って払うことができます。

そのため、「nanacoチャージでポイントが付くクレジットカード」で「nanacoカード」にチャージして、「nanacoカード」で国民健康保険料を支払うと、間接的にクレジットカード払いすることができます。

分かりづらいですかね。

例えば、

  1. Yahoo! JAPANカード(JCB)で「nanacoカード」に5万円チャージする。
    ⇒Tポイント250ポイント発生。
  2. セブンイレブンで国民健康保険料の支払いを「nanacoカード」で行う。

という流れです。

Yahoo! JAPANカード(JCB)⇒(チャージ)⇒nanacoカード⇒国民健康保険料の支払い

これで間接的に楽天スーパーポイント250ポイントを獲得できるということです。

以下で、nanacoを使って、国民健康保険料をクレジットカード払いする手順を紹介していきますね。

用意するもの

まず、用意するものは以下の2つです。

  • nanacoカード
  • nanacoチャージでポイントが付くクレジットカード

そして、近くにセブンイレブンがある必要があります。

「nanacoチャージでポイントが付くクレジットカード」は以下になります。

Yahoo! JAPANカードについては、「nanacoチャージでポイントが付与されるのはJCBブランド限定」ですので注意してください。

Visaブランド、MasterCardブランドのYahoo! JAPANカードでnanacoチャージしてもポイントは付きません。

nanacoクレジットチャージでのポイント付与率
リクルートカード 1.2%
※月間3万円上限
Yahoo! JAPANカード
※JCBブランド限定
0.5%
※通常の半分
セブンカード・プラス 0.5%
リーダーズカード 0.34%
楽天カード
※JCBブランド限定
0%(ポイント付与対象外)
dカード 0%(ポイント付与対象外)
REX CARD 0%(ポイント付与対象外)
ライフカード 0%(ポイント付与対象外)
三井住友VISAカード 0%(ポイント付与対象外)

本人認証サービスに登録する

次に、用意した「nanacoチャージでポイントが付くクレジットカード」の「本人認証サービス」の登録を行います。

nanacoサイト上で「nanacoチャージでポイントが付くクレジットカード」でnanacoチャージを行う際に、「本人認証サービス」のパスワードを求められるから、です。

以下の記事は、カード会社毎の「本人認証サービス」登録方法とパスワード設定方法を紹介した記事です。未登録の方は参考にしてください。

クレジットカード別の本人認証サービス登録方法・パスワード設定方法

「本人認証サービス」未登録の状態でnanacoチャージしようとすると、「サーバーエラー:PGSE37」となります。

Yahoo! JAPANカードでnanacoチャージしようとしたらPGSE37エラー

nanacoサイトでnanacoクレジットチャージを行う

「nanacoチャージでポイントが付くクレジットカード」の「本人認証サービス」の登録は完了しましたね。

では、nanaco会員メニューにログインして、「nanacoチャージでポイントが付くクレジットカード」で「nanacoカード」にnanacoクレジットチャージを行います。

nanacoクレジットチャージを行う際に、先ほど登録した「本人認証サービス」のパスワードが求められます。

セブンイレブンでnanacoカードで国民健康保険料を支払う

セブン銀行ATMで残高確認

クレジットチャージしたnanacoマネーは一旦「センターお預り分」となります。

セブン銀行ATMで「残高確認」をすると、「センターお預り分」を受け取ることができ、支払いに使えるようになります。

センターお預り分の受取

方法は以下の動画をご覧ください。

セブンイレブンのレジで国民健康保険料を支払う

レジで店員さんに国民健康保険料の納付書を渡し、「nanacoで支払います」と伝えます。

nanacoカードを複数枚使って払う場合は「nanaco◯枚を使って払います」と伝えましょう。

実際の流れは以下の動画をご覧ください。

WAON/JMB WAONを活用する方法

国民健康保険料は、ミニストップで「WAON」「JMB WAON」を使って払うことができます。

「nanacoカードを活用する方法」と同様に、「WAON」「JMB WAON」にクレジットチャージをして、ポイントを貯めて、ミニストップで「WAON」「JMB WAON」を使って、国民健康保険料を支払えばいいわけですね。

シンプルなことに、「WAON」へのチャージでポイントが貯まるのは、イオンカードセレクトだけです。チャージで貯まるのはWAONポイントです。

「JMB WAON」へのチャージでポイントが貯まるのは、一部のJALカードだけです。具体的には、以下のJALカードです。

  • JAL・JCBカード
  • JAL・Visaカード
  • JAL・Mastercard
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ

チャージで貯まるのはJALマイルです。

用意するもの

用意するものは、以下のいずれかです。

  • イオンカードセレクト
  • JALカードと「JMB WAON」

イオンカードセレクトには「WAON」が搭載されているため、別途用意する必要はありません。

WAON/JMB WAONにクレジットチャージを行う

イオンカードセレクトでWAONチャージするには、事前にWAONステーションで設定が必要です。

設定が完了すると、WAONオートチャージが行えるようになり、WAONオートチャージ金額に対して、「200円=1ポイント」のWAONポイントが貯まるようになります。

JALカードで「JMB WAON」にチャージするにも、事前にWAONステーションで設定が必要です。

設定が完了すると、任意で「JMB WAON」にクレジットチャージできるようになり、「200円=1マイル」のJALマイルが貯まるようになります。

JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会していれば、「100円=1マイル」のJALマイルが貯まるようになります。

WAONステーションでの詳しい設定方法については、以下の記事を参考にしてください。

「WAON」チャージでポイント付与されるカードと、「JMB WAON」チャージでJALマイル付与されるカードは?

ミニストップのレジで国民健康保険料を支払う

ミニストップのレジで、バーコード付きの国民健康保険料納付書を出して、「WAON」「JMB WAON」で支払ってください。

「WAON」「JMB WAON」のチャージ上限額は50,000円で、ミニストップで一度に使える「WAON」「JMB WAON」は1枚のみです。

5万円を超える納付書を払う場合は、現金払いと併用してください。

Yahoo!公金支払いを利用する方法

「Yahoo!公金支払い」では、一部の自治体に限り、国民健康保険料のクレジットカード支払いが可能です。

例えば、東京都では、江東区、品川区、世田谷区、豊島区、足立区、立川市、武蔵野市、昭島市、小平市、国分寺市、東大和市、西東京市の国民健康保険料であればクレジットカード払いが可能です。

大阪府は今のところ、松原市、箕面市のみです。

決済手数料がかかります。決済手数料は地方自治体毎に異なります。例えば、世田谷区の場合は以下のようになっています。

納付税額 決済手数料(税込)
1円~5,000円 0円
5,001円~10,000円 24円
10,001円~15,000円 63円
15,001円~20,000円 103円
20,001円~25,000円 142円
※以降、納付税額が5,000円増えるごとに手数料が加算されます。

手数料はかかりますが、nanacoカードを活用する方法に比べて、手続きがとても簡便です。

ほとんどのカードは、「Yahoo!公金支払い」の利用でも、ポイントが満額貯まります。

リーダーズカードリクルートカード楽天カードYahoo! JAPANカードなどの高還元率カードを使うと良いでしょう。

誕生月なら、ライフカード(誕生月はポイント3倍)を使うのもおすすめです。

なお、ライフカードは「お友達紹介キャンペーン」で入会するのが最もお得です。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

ライフカード入会「お友達紹介キャンペーン vs ポイントサイト」どちらがお得?

アメックスカードは税金の支払いではポイント還元率が半分になりますが「Yahoo!公金支払い」ではポイントが満額貯まります

アメックスカードで10万円国民健康保険料を支払い、1,000ポイント(1,000マイル相当)を得る代わりに、手数料として734円(※世田谷区の場合)失うのは悪くはない取引かもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。