AIRDOカードのメリット・デメリット

[記事公開日]2017/08/19

AIRDOカードは、AIRDOポイントが効率良く貯まるクレジットカード。

エアドゥの特典航空券までの距離が近くなるクレジットカードです。

AIRDO VISAクラシックカード、AIRDO VISAゴールドカードの2種類あります。

AIRDO VISAクラシックカードの年会費は初年度無料、2年目以降は1,600円(税別)です。

AIRDO VISAゴールドカードの年会費は初年度6,000円(税別)、2年目以降は12,000円(税別)です。

年会費が安いAIRDO VISAクラシックカードは、エアドゥ利用者には是非おすすめしたいカードです。その魅力を紹介します。

新規入会キャンペーン

ちょうど、AIRDOカードで新規入会キャンペーンを実施していますので、紹介します。

入会期間:2017年7月1日~9月30日
利用期間:2017年7月1日~12月31日

  1. 入会期間中に、AIRDO VISAクラシックカード入会で「200ポイント」、AIRDO VISAゴールドカード入会で「250ポイント」プレゼント。
  2. AIRDOカードに新規入会し、「三井住友カードiD」に申し込みの上、利用期間中に「三井住友カードiD」を合計3万円以上利用で、「ワールドプレゼント」のポイント「200ポイント」をプレゼント。
  3. AIRDOカードに新規入会し、「マイ・ペイすリボ」を入会時に登録の上、利用期間中に合計10万円以上利用で、「ワールドプレゼント」のポイント「800ポイント」をプレゼント。
  4. 新規入会した方の中から抽選で50名様に、AIRDOオリジナルグッズをプレゼント。

AIRDOカード新規入会キャンペーン

AIRDOポイントが貯まる

入会でもなれくAIRDOポイントが貰える

AIRDOカードの入会で、もれなくAIRDOポイントが貰えます。

AIRDO VISAクラシックカード AIRDO VISAゴールドカード
AIRDO VISAクラシックカード券面デザイン AIRDO VISAゴールドカード券面デザイン
200ポイント 300ポイント

AIRDOホームページで決済に利用すると、AIRDOポイントが貰える

AIRDOのホームページで、航空券を購入すると、100円=1ポイントの「搭乗ポイント」が貯まりますね。

その決済にAIRDOカードを使うと、さらにAIRDOポイントが貯まります。

AIRDO VISAクラシックカード AIRDO VISAゴールドカード
AIRDO VISAクラシックカード券面デザイン AIRDO VISAゴールドカード券面デザイン
航空券購入金額「150円」につき1ポイント
(上限:2,000ポイントまで)
航空券購入金額「120円」につき1ポイント
(上限:2,500ポイントまで)

4月1日~翌年3月31日までの間の航空券購入金額に応じて、6月末頃に上記ポイントが積算されます。

ポイントの有効期限は、ポイント積算日の翌年度末まで、です。

航空券と宿泊がセットになった「AIRDOダイナミックパッケージ」は積算対象外です。

AIRDOに搭乗すると、ポイントが貯まる

AIRDOホームページからAIRDOカードで航空券の購入して、搭乗すると、ポイントが貰えます。

AIRDO VISAクラシックカード AIRDO VISAゴールドカード
AIRDO VISAクラシックカード券面デザイン AIRDO VISAゴールドカード券面デザイン
100ポイント 200ポイント

4月1日~翌年3月31日までの搭乗回数に応じて、毎年6月末頃に上記ポイントが積算されます。

ポイントの有効期限は、ポイント積算日の翌年度末まで、です。

航空券と宿泊がセットになった「AIRDOダイナミックパッケージ」は積算対象外です。

クレジット払いで「ワールドプレゼント」のポイントが貯まる

AIRDOカードでクレジット払いをすると、いつでもどこでも、1,000円につき1ポイントの「ワールドプレゼント」のポイントが貯まります。

ワールドプレゼントのポイントは、200ポイント以上、100ポイント単位で、AIRDOポイントに移行できます。

交換レート 「ワールドプレゼント」100ポイント=「AIRDOポイント」25ポイント
交換単位 200ポイント以上100ポイント単位

具体例

AIRDOカードを使って、エアドゥの航空券を購入すると、実際にどれくらいのAIRDOポイントが貯まるのでしょうか。

具体例で見てみましょう。

例えば、AIRDOのホームページで、往復で30,000円の航空券を、AIRDO VISAクラシックカードを使って購入したケースを考えます。

通常の搭乗ポイント 300ポイント
「AIRDOカード」利用ポイント 200ポイント
「AIRDOカード」搭乗ポイント 100ポイント
「ワールドプレゼント」ポイント 30ポイント
合計 「AIRDOポイント」600ポイント+「ワールドプレゼント」30ポイント

合計で「AIRDOポイント」600ポイント+「ワールドプレゼント」30ポイント貯まりました。

「ワールドプレゼント」30ポイントは、「AIRDO」ポイント7.5ポイント相当です。

つまり、「AIRDOポイント」が607.5ポイント貯まったことになります。

東京(羽田)-札幌(新千歳)の特典航空券に必要なポイント(マイル)数は、ローシーズンなら1,400、ハイシーズンでも1,800です。

参考:特典航空券交換に必要なポイント数

つまり、AIRDO VISAクラシックカードがあれば、東京(羽田)-札幌(新千歳)を3往復するだけで、特典航空券に必要なポイントが貯まるということですね。

海外旅行傷害保険が付帯

AIRDO VISAクラシックカード AIRDO VISAゴールドカード
AIRDO VISAクラシックカード券面デザイン AIRDO VISAゴールドカード券面デザイン
傷害死亡・後遺障害 自動付帯:300万円
利用付帯:2,000万円
自動付帯:1,000万円
利用付帯:5,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
100万円 300万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
100万円 300万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,500万円 5,000万円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
20万円 50万円
救援者費用
(1年間の限度額)
150万円 500万円

国内旅行傷害保険が付帯

AIRDO VISAクラシックカード AIRDO VISAゴールドカード
AIRDO VISAクラシックカード券面デザイン AIRDO VISAゴールドカード券面デザイン
傷害死亡・後遺障害 自動付帯:300万円
利用付帯:2,000万円
自動付帯:1,000万円
利用付帯:5,000万円
入院保険金日額
<フランチャイズ7日(※)>
5,000円
通院保険金日額
<フランチャイズ7日(※)>
2,000円
手術保険金 最高20万円

(※)事故発生の日から8日目以降、入院・通院の状態にある場合、1日目から保険金が支払われます。

お買物安心保険(動産総合保険)

AIRDO VISAクラシックカード AIRDO VISAゴールドカード
AIRDO VISAクラシックカード券面デザイン AIRDO VISAゴールドカード券面デザイン
補償限度額 100万円 300万円
対象となる利用 海外・国内リボ・分割(3回以上)払い利用 海外・国内利用
自己負担額 1事故につき3,000円
対象期間 購入日の翌日(配送などによる場合には商品の到着日)から起算して90日間

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ