Zaif(ザイフ)

マネパカードのメリットとデメリットとは?

マネパカード券面デザイン

マネパカードは、Mastercardブランドのプリペイドカードです。国内でも海外でも使えます。

そのメリットは、

  • 15歳から持てる
  • 国内利用で1%キャッシュバック
  • 5通貨(米ドル・英ポンド・ユーロ・豪ドル・香港ドル)に関しては両替手数料が安い
  • 仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」のビットコインをチャージできる

の4点です。

一方、デメリットはと言うと、

  • 5通貨(米ドル・英ポンド・ユーロ・豪ドル・香港ドル)以外の両替手数料が高い
  • 海外旅行傷害保険が付帯しない
  • 国内旅行傷害保険が付帯しない

の3点です。

メリット・デメリットがはっきりしているため、目的にあった人には便利なカードだと思います。

以下では、まず、マネパカードのメリット・デメリットを簡潔に紹介した後、実際の利用方法を紹介します。

マネパカードのメリット

15歳の中学生でも申込み可能

マネパカードは、Mastercardブランドのプリペイドカードです。クレジットカードではありません。

そのため、与信審査がなく、15歳以上の方であればどなたでも申込みできます

中学3年生でもマネパカードを持てるということです。

15歳以上で持てて、以下に紹介するように「1%キャッシュバック」特典もありますので、かなりお得です。

国内利用で1%キャッシュバック

マネパカードを国内で、円建ての支払いに使うと、その利用額の1%がキャッシュバックされます

当月の利用額の1%の金額が、翌月10日の利用残高にキャッシュバックされます。

キャッシュバック率1%は、楽天カードYahoo! JAPANカードdカードのポイント還元率1%と並びますね。

しかし、「ポイント還元率1%」より「キャッシュバック率1%」の方がお得なのは言うまでもないでしょう。前者は、ポイントを使って初めてお得を実感できるわけですからね。後者はその必要がありません。

その意味において、マネパカードの「キャッシュバック率1%」は、楽天カードやYahoo! JAPANカードの「ポイント還元率1%」よりお得です。

現在、マネパカードは、新規入会キャンペーンを実施中です。

マネパカード口座開設日から、翌月末日までの最大2ヶ月間、国内利用時のキャッシュバック率が2%になります

外貨5通貨への両替手数料が安い

マネパカードは、5通貨(米ドル・英ポンド・ユーロ・豪ドル・香港ドル)の両替手数料が安いです。

マネパカードの外貨両替手数料

Mastercard加盟店で米ドル・英ポンド・ユーロ・豪ドル・香港ドルでショッピングをする時、その手数料が安いということです。

MastercardマークのあるATMで米ドル・英ポンド・ユーロ・豪ドル・香港ドルを引出すときの手数料も安いということです。

手数料は、およそ0.8%です。

これは、クレジットカードを海外で使った時の手数料(1.6%-2.0%)に比べても安いです。

クレジットカードを海外で使った時の換算レートについて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

マネパカードを使うと、5通貨が使える国に旅行するときにもお得ですし、5通貨が使える国に留学するときにはよりお得になります。

「Zaif」のビットコインをマネパカードにチャージできる

Zaif(ザイフ)」は、日本最大級の仮想通貨取引所です。

マネパカードと「Zaif」を連携させると、「Zaif」のビットコインを日本円に交換して、手数料無料でマネパカードにチャージすることができます。

ちなみに、Visaプリペイドカードの「ポレットカード」は、仮想通貨取引所のbitFlyerを提携していて、bitFlyer内の円貨を「ポレットカード」にチャージすることができます。

  • マネパカード-Zaif
  • ポレットカード-bitFlyer

という提携関係ができているのですね。

マネパカードのデメリット

対象5通貨以外の両替手数料が高い

5通貨(米ドル・英ポンド・ユーロ・豪ドル・香港ドル)以外の通貨への両替手数料は、むしろ、クレジットカードの手数料(1.6%-2.0%)に比べても高くなります。

海外旅行傷害保険が付帯しない

クレジットカードには、海外旅行傷害保険が付帯するものが多いですが、マネパカードには付帯しません。

国内旅行傷害保険が付帯しない

クレジットカードには、国内旅行傷害保険が付帯するものが多いですが、マネパカードには付帯しません。

マネパカードの使い方

日本国内で使用する場合

カード専用振込口座に入金する

口座番号とパスワードを入力して、マネパカード会員専用サイトにログインします。

グローバルメニューの「入出金」をクリックすると、「カード専用振込口座」が表示されます。

マネパカードのカード専用振込口座

ATMもしくはインターネットバンキングで、本人名義で入金してください。

銀行の営業時間内に入金すれば、2-3時間で預り残高(未チャージ)に反映されます。

今回は1万円入金してみました。

日本円にチャージする

グローバルメニューから「チャージ/ペイバック」をクリックします。

「預かり通貨(未チャージ残高)」に、入金した1万円が反映されているのを確認してください。

チャージ通貨の中から「JPY(日本円)」を選択。「預かり通貨(未チャージ残高)」の範囲内でチャージを行います。

マネパカードで日本円にチャージする

今回は、預かり残高10,000円から5,000円を日本円にチャージしてみました。

日本円のチャージ金額を決定する

結果、「預かり残高(未チャージ)」が5,000円になって、「利用可能残高(チャージ済)」が5,000円になりました。

マネパカードの利用可能残高(チャージ済み)

利用限度額を変更する

2016年10月14日以降に、マネパカードを発行した場合、国内利用の初期限度額が「0円」に設定されています。

グローバルメニューの「カード情報(明細・残高・停止)」から「各種変更TOP」⇒「利用限度額変更」と進み、利用限度額を設定してください。

マネパカードの利用限度額変更

日本国内のMastercard加盟店で利用する

後は、日本国内のMastercard加盟店で、利用可能残高(チャージ済)の範囲内で使うだけです。

海外で利用する場合

カード専用振込口座に入金する

まず、「カード専用振込口座」にATMまたはインターネットバンキングから入金してください。

外貨に両替・チャージする

グローバルメニューから「両替」をクリックします。

以下の画面になりますので、「外貨」を選択し、「預かり残高(未チャージ)」の範囲内で外貨に両替します。

マネパカードで米ドルに両替

今回は、「預かり残高(未チャージ)」全額の5,000円を米ドルに両替します。

両替後、外貨をチャージするか選択するタブがありますので、「チャージする」を選択します。

マネパカードで米ドルにチャージ

上の写真の「レート更新」ボタンをクリックする毎に、レートが更新されます。

表示されたレートをクリックすると、両替、及び、チャージが実行されます。

預かり残高(未チャージ)が0円になって、USD(米ドル)の利用可能残高(チャージ済)が44.18ドルに増えました。

マネパカードのUSD(米ドル)の利用可能残高(チャージ済)

海外のMastercard加盟店で利用する

後は、海外のMastercard加盟店で、米ドル建ての支払いを、「利用可能残高(チャージ済)」の範囲内で行うだけです。

マネパカードは「ポイントサイト」から申込むとお得

マネパカードは、マネパカード公式サイトから申込んでももちろんいいのですが、「ポイントサイト」に取扱いがあるときは、「ポイントサイト」経由で申込んだほうが少しお得です。

「ポイントサイト」に登録し、「ポイントサイト」経由でマネパカードに申し込むと、幾分かの報酬が貰えるからです。

マネパカードの発行会社である株式会社マネーパートナーズは、「ポイントサイト」に広告宣伝費を出しています。

我々が「ポイントサイト」経由でマネパカードを発行すると、その広告宣伝費の一部を頂けるのですね。

現時点での報酬をまとめたのが以下の比較表です。

「マネパカード」のポイントサイト報酬額比較表
ポイントサイト名報酬額
ハピタス1,100円相当
ポイントインカム1,000円相当
モッピー1,000円相当
お小遣いJP1,036円相当
colleee1,000円相当
ちょびリッチ750円相当
げん玉750円相当
ポイントタウン750円相当
ライフメディア750円相当
モバトク500円相当

※報酬は随時変動します。

マネパカードの「ポイントサイト」報酬は1,000円程度とそう高くないですが、楽天カードの「ポイントサイト」報酬は最高15,500円を記録したことがあります。

「ポイントサイト」での小遣い稼ぎを覚えておくと、今後の人生に役立つと思います。是非、以下の記事もご覧ください。有名なポイントサイト「ハピタス」でのお小遣い稼ぎに焦点を当てた記事です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。