ビューカードをiPhoneのApple Payに「登録」「削除」する方法をフロー図で解説

[記事公開日]2016/11/25
[最終更新日]2017/02/27

ビューカードをiPhoneのApple Payに登録する方法と、ビューカードをiPhoneのApple Payから削除する方法を、フロー図で紹介します。

ちなみに、私が持っているビューカードは、年会費無料のビックカメラSuicaカードです。

ビューカードをApple Payに登録すると、全国のQUICPay加盟店で、Touch IDを利用してQUICPayの支払いができるようになります。

ビューカードでポストペイ型の電子マネーQUICPayが使えるようになる意義は大きいと思います。

iPhoneのApple Payへの登録方法

  1. iPhoneのWalletアプリを開きます。

    iPhoneのWALLETアプリのロゴ

  2. 画面右上のプラス記号(+)をタップします。

    既に、無記名Suica、ANA VISA Suicaカード楽天カードイオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)、dカードGOLDを登録済みです。

    画面右上のプラス記号(+)をタップ

  3. 画面右上の「次へ」をタップします。

    画面右上の「次へ」をタップ

  4. 「クレジットカード/プリペイドカード」をタップします。

    「クレジットカード/プリペイドカード」をタップ

  5. カメラの枠内にビューカード(ビックカメラSuicaカード)を入れて、カード情報を読み取るか、カード情報を手動で入力します。

    ビューカードのカード情報を読み取る

  6. カード情報(名義・カード番号)を入力して、「次へ」をタップします。

    名義・カード番号を入力

  7. 「有効期限」、「セキュリティコード」(ビューカード裏面の3桁の番号)を入力して、「次へ」をタップします。

    有効期限・セキュリティコードを入力

  8. 「カード会社に問い合わせ中」と表示された後に、「Apple Payモバイルペイメント特約」が表示されますので、確認し、「同意する」をタップします。

    Apple Pay特約を確認し、同意するをタップ

  9. 「カードを追加中」と表示された後に、「”ビューカード”がWalletに追加されました。このカードはQUICPayマークの掲示があるお店でご利用いただけます。」と表示されますので、「次へ」をタップします。

    Apple Pay特約を確認し、同意するをタップ

  10. ビューカードの認証方法を、「SMS」または「ビューカードに発信」から選択して、「次へ」をタップします。

    SMSまたはビューカードに発信を選択

  11. SMSの場合、送信されてくる認証コードを入力し、「次へ」をタップします。

    送信されてくる認証コードを入力

  12. 「アクティベート完了」と表示されれば、Apple Payの設定完了です。「完了」をタップして終了します。

    アクティベート完了

  13. Apple Payにビューカード(ビックカメラSuicaカード)が追加されました。

    ビューカード(ビックカメラ)がApple Payに追加

ビューカードをApple Payに登録したら、以下のキャンペーンもチェックしておいてください。

Apple Payから削除する方法

  1. iPhoneの下のアイコンのWalletアプリを開きます。

    iPhoneのWALLETアプリのロゴ

  2. ビューカードを選択して、右下にある「i」マークをタップします。

    右下にある「i」マークをタップ

  3. [情報]と[ご利用明細]が選択できますが、[情報]をタップします。

    情報をタップ

  4. 画面を下にスクロールすると「カードを削除」の項目があるので、タップします。

    「カードを削除」をタップ

  5. 「削除」をタップします。

    削除をタップ

  6. ビューカード情報が削除され、他のカード(この場合はdカードGOLD)にメインカードが変更されました。

    他のカードにメインカードが変更

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ