旅行記

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC「クラッシー」宿泊記

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC「クラッシー」宿泊記

4泊5日の京都旅行の2泊目。

立誠小学校跡地に2020年7月開業した「THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC」の宿泊記です。

「THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC」にチェックイン

14:30頃に「THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC」に到着。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの外観全貌1

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの外観全貌2

「THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC」は、

  • 立誠小学校校舎をリノベーションした3階建のSchoolhouse棟
  • 8階建の新築棟

から構成される。

上の写真に写っているのが、Schoolhouse棟。

今回宿泊する「クラッシー」は、8階建の新築棟に入る。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの入口ロビー

フロントがある8階に上がってみてびっくり、フロント前のエリアがとても広くて、東山一望のパノラマビューが最高。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの入口ロビー

後で紹介するが、ロビーラウンジも素敵だ。

昨日泊まったsequence KYOTO GOJOと同様に、チェックイン時に会計を済ませる。

32,007円にGo To割引が効いて、20,805円。アメックスプラチナで決済。

地域共通クーポン5,000円分を受け取る。

「THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC」の「クラッシー」

14:45くらいに6階の部屋に。

まずはロールスクリーンを下ろした状態で。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーの内観1

枕は柔らかめとかための2種類が用意。

ベッドの高さは、先月泊まったグランドハイアット東京と同じくらいの低さ。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーの内観2

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーの内観3

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーの内観4

ロールスクリーンを上げてみると、こんな感じ。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーの内観5

部屋からの眺めもとても良い。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーの内観6

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーの内観8

作業デスク、椅子ともに木製。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーの作業デスク1

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーの作業デスク2

など、2020東京五輪に合わせて造られたホテルは大体傾向が似ている。

丸テーブルは、作業デスクと木目が違う。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーの丸テーブル

水回りのエリアも十分なスペース。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの広いバススペース

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの広い洗面台

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの広いバスルーム

昨日のsequence KYOTO GOJOとは違い、タオルがいっぱい用意してあって良い。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのタオルの多さ

とりあえず、昼飯食おう。

スパイスチャンバーのキーマカレー(小)を京都麦酒とともに。

スパイスチャンバーのキーマカレー(小)と京都麦酒

辛いけど美味しい。「スパイス婆ちゃん」とは違うスパイスが主張している、あと、玉ねぎの甘味が強い。

食べたら、空気清浄機が急に動き出した(笑)

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの空気清浄機

いい景色だね。南東方向を見ると清水寺も見える。電池入れて防振双眼鏡でも確認。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーからの眺め1

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーからの眺め2

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのクラッシーからの眺め3

1階には芝生エリアが。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの芝生

8階のロビーバーとレストラン「ANCHOR KYOTO」を見学

8階に行き、ロビーバーとレストラン「ANCHOR KYOTO」のテラス席を見させてもらう。

ロビーバー。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのロビーバー1

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのロビーバー2

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのロビーバー3

「ANCHOR KYOTO」のテラス席。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの「ANCHOR KYOTO」のテラス席4

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの「ANCHOR KYOTO」のテラス席1

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの「ANCHOR KYOTO」のテラス席2

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの「ANCHOR KYOTO」のテラス席3

3階の宿泊者専用の「ラウンジ&パティオ」を見学

3階の宿泊者専用の「ラウンジ&パティオ(中庭)」に。

室内ラウンジ。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのラウンジ

宿泊者はワイン、コーヒー、ソフトドリンクは無料だそうだ。

パティオを見学。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのパティオ1

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのパティオ2

夜はここに薪をくべるとのこと。

3階のリトリートルーム(自彊室)

リトリートルームという案内があったので行ってみると、60畳のスペース。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの自彊室1

「自彊室」だそうだ。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの自彊室2

台北から花蓮に行くときに乗ったのが「自強号」だったね。

参考:花蓮・台北旅行記 (2) 台鉄の「自強号」で台北から花蓮に移動する

勉強するのに良さそうだ。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの自彊室3

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの自彊室4

立誠図書館の「読書会員」になって、本を借りる

1階のロビーフロアに降りると、立誠小学校で使われていたピアノが置かれていた。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのピアノ

外へ出て、芝生のエリアに行ってみる。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの芝生エリア1

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの芝生エリア2

昔、ここに校庭があったのかな?

芝生を囲んで、台湾の「春水堂」、「MANHATTAN ROLL ICE CREAM」、レモネード専門店などが並んでいた。

主に子連れが憩っていたね。

芝生エリアには図書館もあったので入ってみた。「立誠図書館」だそうだ。

立誠図書館の外観

幅允孝(はばむねたか)さんという方による選書だそう。

立誠図書館の選書1

京都の歴史を知るのにちょうどよい本も。

立誠図書館の選書2

観光にも役立ちそうな本も。

立誠図書館の選書3

年会費1,000円払って「読書会員」になれば、2週間で3冊借りられるらしい。

会員になって、興味のある本を借りてみた。

立誠図書館で借りた本

東京帰る前に返そう。

16:40に部屋に戻る。

「ANCHOR KYOTO」で晩飯

17:45に8階の「ANCHOR KYOTO」へ。

利用者誰もいない。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの「ANCHOR KYOTO」からの眺め1

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの「ANCHOR KYOTO」からの眺め2

店の一番奥のテラス席からも写真撮らせてもらった。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの「ANCHOR KYOTO」からの眺め3

コース頼もうかなと思ったけど、止めて、単品で。

ビールとアヒージョとフォアグラのポアレ。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの「ANCHOR KYOTO」のビール

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの「ANCHOR KYOTO」のビールのアヒージョ

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの「ANCHOR KYOTO」のフォアグラのポアレ

両方ともイマイチだったので、この2品でやめておいた。

料金は3,600円。部屋付に。

ただ、サービスはとても良かったよ。

キャパ120人のレストランだが、最後まで利用者は私一人しかいなかった・・・

パティオで焚き火を見ながら赤ワインを頂く

そのまま、3階のパティオに。

焚き火を見ながら赤ワインを一杯。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのパティオの焚き火

スタッフが15分おきくらいに薪をくべていた。

焚き火に燻されて、服に匂いが付きそうだったので、長居はせず。

なお、ラウンジ内はこんな感じ。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのラウンジ1

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのラウンジ2

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのラウンジ3

木屋町&先斗町散策

その後、外へ。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの夜の外観1

泊まってる人これだけなのか。晩飯で外出てるせいかな。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの夜の外観2

ぶらっと木屋町を散策、全然人が入ってない店が多い。一方で、賑わってる店も少数だがある。

部屋に戻って、休憩。

やはり、パティオの薪で燻されて、服に匂いが付いてしまった・・・

炭水化物食べていないので、少しお腹空いている。

熱燗とお茶漬けとか、熱燗とおでんとかそんなものを食べたい。

21:30過ぎに、再び木屋町と先斗町を探索してみる。

木屋町と先斗町を探索1

木屋町と先斗町を探索2

まぁ、外から「空いていることを確認できる」おでん屋なんてないよね。

徒労だった。

キャバクラのキャッチのお兄ちゃんに何度も声かけられた・・・

コンビニでおにぎりとカップ麺だけ買って部屋に戻る。

部屋飲みしてから就寝

部屋飲みしよ。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICで部屋飲み

今日は、大したことしてないのに疲れたな。特に目が疲れた。なんでだろう。

少し仕事。

パジャマ。このパジャマなら寒くなさそうだ。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのパジャマ

バスタブにお湯張って、浸かる。

26時頃寝る。

「ANCHOR KYOTO」で和食の朝食を食べる

9:00に起床。

10:00に8階の「ANCHOR KYOTO」へ。

テラス席からの眺め。気持ちいい。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのANCHOR KYOTOのテラス席からの絶景3

今日は、10時からパラソルヒーター入れる工事があるようで、ここでは食べられなかった。

洋食と和食の選択。和食に。

タラの西京漬けに、たくさんの小鉢。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのANCHOR KYOTOの和食の朝食

小鉢の下にある紙に説明がある。

  • 京都半兵衛麩の肉味噌がけ
  • 鶏ときのこのみぞれ和え
  • 里芋饅頭の蟹生姜餡
  • 椎茸の山椒煮
  • 和牛とごぼうの含め煮

が特に美味しかった。

食事後、奥のテラス席から撮影。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのANCHOR KYOTOのテラス席からの絶景1

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのANCHOR KYOTOのテラス席からの絶景2

絶景だね。

10:40頃に部屋に戻る。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICをチェックアウト

11時チェックアウトだが、13時まで延長をお願いする。追加料金として3,080円かかるが、まぁしょうがない。

二条城に関することや、三井家に関することなどを調べる。

日が昇って、比叡山も明るく照らされている。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICから比叡山

防振双眼鏡を使うと、比叡山頂駅のガーデンミュージアム比叡の建物も確認できるよ。

3年前、息子と比叡山延暦寺に行ったのも懐かしいな。

参考:Airbnb利用の京都旅行記 (3) 息子と比叡山延暦寺へ

次来るときには、この芝生エリアの工事も終了してるかな。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの芝生2

13時にチェックアウト。

昨晩の「ANCHOR KYOTO」の晩飯代(3,600円)とレイトチェックアウト料金(3,080円)の合計で6,680円。

地域共通クーポン3,000円分を使い、残りの3,680円をアメックスプラチナで決済。

立誠図書館に寄って、昨日借りた3冊のうち2冊を返却。

JapanTaxiで配車手配して、最終目的地「HOTEL THE MITSUI KYOTO、ラグジュアリーコレクションホテル」へ向かう。

続きは以下の記事をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。