IHGリワーズクラブ(IHG Rewards Club)

インターコンチネンタル横浜Pier8「ガーデンサイド デラックスダブル」宿泊記

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンサイドデラックス

2020年10月5日~7日のインターコンチネンタル横浜Pier8「ガーデンサイド デラックスダブル」宿泊記です。

「会期の終了が迫ってきた横浜トリエンナーレを泊まりで見に行こう、ホテルは最近できたインターコンチネンタル横浜Pier8にしよう」ということで、GO TOトラベルキャンペーンやアメックスのキャッシュバックキャンペーンを利用して予約。

詳しくは以下。

参考:私のGO TO活用例「インターコンチネンタル横浜Pier8」編

インターコンチネンタル横浜Pier8までのアクセス

インターコンチネンタル横浜Pier8までのアクセスだが、混雑するターミナル駅を経由するのは避けたい。

以下のようなルートで向かう。

コロナ自粛で今年2月のACL蔚山遠征以来、一度も東京都を出ていない。

参考:ACL蔚山2泊3日旅行記 (1) JAL957便のビジネスクラスを利用して、釜山の金海空港へ

都県境の多摩川を越えるのが感慨深い。

都県境の多摩川

14:15にみなとみらい駅に到着。

みなとみらい駅からコスモクロック21

JapanTaxiでタクシーを呼んで、ホテルへ。

インターコンチネンタル横浜Pier8のチェックインと部屋のアップグレード

14:30にホテルに到着。

インターコンチネンタル横浜Pier8の玄関

おー、これがよく見る渦巻階段か。

インターコンチネンタル横浜Pier8の螺旋階段1

インターコンチネンタル横浜Pier8の螺旋階段2

うずまきを上から。

インターコンチネンタル横浜Pier8の螺旋階段3

2階で手続きを待っている間に、テラスに出てみる。

インターコンチネンタル横浜Pier8の螺旋階段2

インターコンチネンタル横浜Pier8の螺旋階段2

インターコンチネンタル横浜Pier8の螺旋階段2

おー、いいね、このテラス席。

期待していたインターコンチネンタル アンバサダーのアップグレード特典。

一番安い「ベイビューキング」で予約していたが、「ガーデンスイート」にアップグレードが可能という。

アップグレードを受けない場合、以下のいずれかが貰える。

  • レストラン&バーまたはスパクレジット50USドル相当額
  • IHGリワーズクラブポイント10,000ポイント

スマホで「ガーデンスイート」がどんな部屋か確認。

公式サイトでは「ガーデンサイド デラックスダブル」という名称だった。ホテルのスタッフは「われわれはガーデンスイートと呼んでいる」とのこと。

迷ったが、「ガーデンサイド デラックスダブル」にアップグレードしてもらった。

GO TO TRAVELキャンペーンの「地域共通クーポン」11,000円分と、インターコンチネンタルアンバサダーの2,000円のクレジットクーポン、ウェルカムドリンククーポンも貰う。

これだけあれば、館内で結構飲み食いできるね。

インターコンチネンタル アンバサダーは、現在、新規入会キャンペーンを実施中。

かなり、お得に入会できる。

参考:[キャンペーン中!]インターコンチネンタル アンバサダー会員のメリット

昼間の「ルーフトップ1859」

部屋に行く前にルーフトップへ行ってみる。5階のこのドアから屋上にアクセスできる。

インターコンチネンタル横浜Pier8のルーフトップへつながるドア

こりゃまたいい感じだね。

正式名称は「ルーフトップ1859」みたいだ。安政五カ国条約に基づき横浜が開港した日が、1859年7月1日(安政6年6月2日)。

インターコンチネンタル横浜Pier8のルーフトップ1859

カウンター席。

インターコンチネンタル横浜Pier8のルーフトップ1859のカウンター席

ソファ席。

インターコンチネンタル横浜Pier8のルーフトップ1859のソファ席1

インターコンチネンタル横浜Pier8のルーフトップ1859のソファ席2

インターコンチネンタル横浜Pier8のルーフトップ1859のソファ席3

土木学会選奨土木遺産にも認定されているハンマーヘッドクレーンと港を望む。

インターコンチネンタル横浜Pier8のルーフトップ1859からハンマーヘッドクレーン

ここで夏はシャンパンディライト、冬は熱燗ディライトやったら受けそうだけどね。

5階にはクラブインターコンチネンタルもあるよ。

インターコンチネンタル横浜Pier8のクラブインターコンチネンタル

インターコンチネンタル横浜Pier8の「ガーデンサイド デラックスダブル」

4階のエレベーターホール。

インターコンチネンタル横浜Pier8のエレベーターホール

部屋のドアの作りがかっちょいい。

インターコンチネンタル横浜Pier8の部屋のドア

中庭に面した471号室。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのベッド1

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのベッド3

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのベッド2

革のベルトで吊るしてる風のライト。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートの内観のライト

角が丸いので、角に足をぶつけることはないよ(笑)

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートの内観のカーブ

ベッドの角も丸みがあるのが分かるね。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイート2

中庭。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートから中庭1

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートから中庭2

バーカウンター。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのバーカウンター1

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのバーカウンター2

グラス類とお茶。コーヒーではなくエスプレッソのみ。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのグラス類

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのエスプレッソとTWG紅茶

(後で気づいたが)冷蔵庫内のソフトドリンクは1本目無料。炭酸水の多さからして、カクテルでも作りなよーというお誘いかな。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートの冷蔵庫

スッキリお洒落にまとまってるなぁ。

水回りに行ってみよう。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートの内観

お風呂と洗面所のスペースが凄く広い。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートの水回り

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのバスタブ2

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのバスタブ3

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートの洗面台

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートの洗面台

こちらも革のベルトで吊るしてる風の鏡。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートの鏡

洗面台も緩やかにカーブ。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートの洗面台

アメニティ。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのアメニティ

ブラインドを上げると外から見えてしまうので、中庭を見ながら風呂に入るのはまずそうだ。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのバスタブ

トイレもシャワールームも内開き。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートからトイレ

引き出しの取っ手部分が革。色んな所に革がアクセントとして使われている。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートの衣装いれ

リビングも水回りもスッキリとしたデザイン。とてもいい。

横浜トリエンナーレ(横浜美術館)をざっと見て回る

16時入場の横浜トリエンナーレのチケットを購入している。入場できるのは予約時刻の30分後までとのこと。

16:20くらいにホテルを出て、タクシーで会場の横浜美術館へ。

無料スペースには、ニック・ケイヴの巨大インスタレーション「回転する森」。

横浜トリエンナーレのニック・ケイヴの「回転する森」

ちょっと遅れてしまったが、無事入場できた。

横浜トリエンナーレのアフターグロー

明日もう一度来る予定なので、ササッと見て回る。映像作品はほぼ見ていない。

ツェリン・シェルパ「54の智慧と慈悲」。

横浜トリエンナーレのツェリン・シェルパ「54の智慧と慈悲」

エヴァ・ファブレガス「からみあい」。

横浜トリエンナーレのツェリン・シェルパ「54の智慧と慈悲」

モレシン・アラヤリ「マージュージュ」。事前予約が必要なVR作品は見ることができなかった。

横浜トリエンナーレのモレシン・アラヤリ「マージュージュ」

青野文昭『イエのおもかげ・箪笥の中の住居─東北の浜辺で収拾したドアの再生から』。ちょうど『北の国から』を見ているので、黒板五郎が作っている家を想起した。

横浜トリエンナーレの青野文昭『イエのおもかげ』1

横浜トリエンナーレの青野文昭『イエのおもかげ』2

田村友一郎『舎密』。コロナ禍での開催のためか、映像作品が多かったかな。

横浜トリエンナーレの田村友一郎『舎密』

ジャン・シュウ・ジャン『動物物語シリーズ』。奥にパペットが展示されているなんて知らなかった。見逃した・・・

横浜トリエンナーレのジャン・シュウ・ジャン『動物物語シリーズ』

横浜美術館を出て、JapanTaxiでタクシーを手配。なんと、ホテルから乗ったタクシーの運転手だった。「美術館間に合いましたか?気になっていたんですよー」とのこと。

「インターコンチネンタル横浜Pier8泊まって、美術鑑賞とか羨ましいです」と言われた(笑)

18:00前に部屋に戻る。

インターコンチネンタル横浜Pier8の中庭(夜)

なお、タクシーの運転手に行き先を伝える場合は、インターコンチネンタル横浜Pier8と伝えるより、「ハンマーヘッドのホテルまで」と言ったほうが通じるみたい。

「LARBORAD」のテラス席で晩飯

すぐ2階のレストラン「LARBORAD」へ。

なお「LARBOARD」とは「取舵(船の進行方向を左に向けること)」の意味だそうだ。反対語は「STARBOARD」で「面舵」。

テラスで食べさせてもらう。8,000円のコースを注文。

スタンドを使った一口サイズのアミューズ5種類。

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDのアミューズ1

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDのアミューズ2

外なので写真的には映えないね(笑)

中で食べればよかったかな。

横浜Pier8オリジナルクラフトビール。

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDのオリジナルクラフトビール

風があって、肌寒い。外で食べるの失敗したかも。

パンケーキだよ。

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDのパンケーキ

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDのパンとバター

マッシュルームのスープ。泡状のブイヨンが乗っている。

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDのマッシュルームのスープ

赤ワインは少し映えるかな。まぁ、でも、きれいな料理写真撮りたいなら屋内だね。

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDの赤ワイン

メインは神奈川県産のやまゆりポークを使ったソテー。

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDのポークソテー

デザートとしてオレンジのタルト。

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDのオレンジのタルト

美味しかった。お腹いっぱい。部屋付で会計。

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDからの夜景

夜の「ルーフトップ1859」

月が綺麗だったので、部屋に戻る前にルーフトップへ。

インターコンチネンタル横浜Pier8のルーフトップ(夜)1

インターコンチネンタル横浜Pier8のルーフトップ(夜)2

インターコンチネンタル横浜Pier8のルーフトップ(夜)3

風呂に入って寝る

部屋に戻り、Twitter見たり、ゆっくり。

昼間結構歩いたので足がつかれた。

バスタブにお湯を張る。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのバスタブにお湯を張る

家から持ってきたバスソルトを使ってもいいとのことだ。

メズム東京で貰える海色のバスソルトがいいんだよね。

参考:メズム東京「チャプター2、ガーデンビュールーム」宿泊記

シャワーはハンスグローエ製。シャワーは温度調節した後、ボタンを押すと出る仕組み。ひねる方向間違えてレインシャワー浴びて「冷たっ!」って事故起きづらくていいね(笑)

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのシャワー

やっぱり湯船に疲れるのはいいねぇ。足が復活した。

ガルニエ・ティボーというメーカーのバスローブは厚手過ぎず、薄すぎず、今の時期にピッタリの感じだった。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのバスローブ

インルームバーのソフトドリンクは一本目は無料だということに気づいたので、りんごジュース頂いた。

インターコンチネンタル横浜Pier8のガーデンスイートのインルームバー

夜中に少し仕事をして、26時くらいに寝た。

「LARBOARD」で朝食(アメリカン・ブレックファスト)

8:30に2階の「LARBOARD」へ。

今日もいい天気だ。

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDから快晴の空

テラスで食べたかったが、テラスを開放するのはランチからだという。

朝食は、

  • コンチネンタルブレックファスト
  • アメリカン・ブレックファスト
  • RISE&SHINE
  • 和朝食

の4種類から選べる。

RISE&SHINEというのを選べば、朝から牛フィレのステーキを食べることも可能だよ。

アメリカンブレックファストに。

サラダ、フルーツ、クロワッサンとデニッシュ、ソフトドリンク、コーヒーと、好きな卵料理とその副菜。

インターコンチネンタル横浜Pier8のアメリカンブレックファスト1

きのこ入りのオムレツとソーセージにした。

インターコンチネンタル横浜Pier8のアメリカンブレックファスト2

もっと品数出ると期待したのだが、意外にさっぱりしてるね。

結構この時間に食べる人がいて、両隣が埋まった。

明日はもっと早い時間にしようかな。

テラスに出てみる。

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDからの眺め(朝)1

インターコンチネンタル横浜Pier8のLARBOARDからの眺め(朝)2

インターコンチネンタル横浜Pier8の中庭を見学

中庭に行ってみる。3階からアクセス可能。

インターコンチネンタル横浜Pier8の中庭1

インターコンチネンタル横浜Pier8の中庭2

インターコンチネンタル横浜Pier8の中庭3

中庭の一角に「鮨処 かたばみ」が。寿司食べたいけど次回かな?

インターコンチネンタル横浜Pier8の「鮨処 かたばみ」の入口

4階の部屋に戻る途中、窓から中庭を。

黒い石で川を表現しているのが分かる。

インターコンチネンタル横浜Pier8の中庭4

横浜トリエンナーレ(横浜美術館)再訪

部屋に戻って、経堂の「Go To Eatキャンペーン」対象店舗を紹介した記事を更新。

参考:経堂の「GO TO EATキャンペーン」対象店舗一覧

CNNではキャスターがトランプショーに怒り心頭だった。

今日は13時から横浜トリエンナーレの予約をしている。

13時にタクシーを呼び、横浜美術館へ。

横浜美術館前の庭

昨日見逃した展示や、もう一度見たい展示を見て回る。

ロバート・アンドリューの「つながりの啓示-Nagula」って、機器が動いて、ノズルから水が噴射されていたんだ、、、昨日気付かなかった。

何日もかけてこの文字が浮かび上がる。

横浜トリエンナーレのロバート・アンドリューの「つながりの啓示-Nagula」

飯山由貴の「海の観音さまに会いにいく」は、統合失調症の妹とともに妹の内面世界を演じる映像作品。

横浜トリエンナーレの飯山由貴の「海の観音さまに会いにいく」

ローザ・バルバ「地球に身を傾ける」。

横浜トリエンナーレのローザ・バルバ「地球に身を傾ける」1

横浜トリエンナーレのローザ・バルバ「地球に身を傾ける」2

昨日見忘れた、キム・ユンチョル「クロマ」とズザ・ゴリンスカ『ランアップ』。

横浜トリエンナーレのキム・ユンチョル「クロマ」

横浜トリエンナーレのズザ・ゴリンスカ『ランアップ』

アイサ・ホクソン『白の装い』。

横浜トリエンナーレのアイサ・ホクソン『白の装い』

併設カフェで軽く昼飯を食べようかと思ったが、食べたいと思ったメニューが売り切れ。

我慢する。

横浜トリエンナーレ(プロット48)

徒歩で、もう一つの会場である「プロット48」へ向かう。

これは2021年4月オープン予定の神奈川大学みなとみらいキャンパスだそうだ。

神奈川大学みなとみらいキャンパス

14:30過ぎに到着。

横浜トリエンナーレのプロット48

1階から3階まで展示がある南館と、1階のみ展示の北館に分かれている。

南館では、エビを欲情させるという趣旨のエレナ・ノックスの「ヴォルカナ・ブレインストーム(ホット・ラーバ・バージョン)」と、人間や昆虫が植物に欲情する「シダ性愛」が印象的だった。

北館も含めて、15:40くらいに鑑賞を終える。

このヨコトリ2020オリジナル日傘いいね。

ヨコトリ2020オリジナル日傘

タクシーを呼んで、ホテルへ戻る。

埠頭と商業施設「ハンマーヘッド」を見学

ホテル前から、ヨコハマグランドインターコンチネンタルとコスモクロック21。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルとコスモクロック21

埠頭の端まで行ってみた。

埠頭の端1

埠頭の端2

埠頭の端3

ハンマーヘッドクレーン

インターコンチネンタル横浜Pier8の外観はこんなである。

インターコンチネンタル横浜Pier8の外観

帰りに商業施設「ハンマーヘッド」を覗いたら、ラーメンフードモールがあって、ガラガラだった。

ハンマーヘッドのラーメンフードモール

今晩、締めラーメン食べようかな。

ハンマーヘッドのセブンイレブンには見たことのないビールがいっぱいあり、壮観だった。

ハンマーヘッドのセブンのビールの品揃え

16:20くらいに部屋に戻る。

「LARBOARD」の屋内席で晩飯

空いていれば、「鮨処 かたばみ」に行こうかなと思っていたが、早い時間帯でも何組か予約が入っているとのことだったので諦めた。

17時前に「LARBOARD」へ。

インターコンチネンタル横浜Pier8の「LARBOARD」の内観

国産牛のハンバーガーを注文。

あと、ウェルカムドリンククーポンを使って、スパークリングワインを。残念ながらシャンパンには使えなかった。

インターコンチネンタル横浜Pier8の「LARBOARD」の国産牛のハンバーガー1

インターコンチネンタル横浜Pier8の「LARBOARD」の国産牛のハンバーガー2

とりあえずお腹満たされた。

中間テスト期間中の娘からLINEが来て、「中間テスト終わったら絶対にポケモンセンターに行こうね!」と。

この横浜にもポケモンセンターあるね。

都内のポケモンセンター

というか、大昔行ったな。また横浜来るか(笑)

インターコンチネンタル アンバサダー特典の2,000円分のクーポンも使ったから、支払いは600円。部屋付に。

18:00前に部屋に戻る。

ラーメンフードホールに振られて、部屋でカップ麺

エスプレッソマシン一度も使ってないから、敢えて使ってみた。

インターコンチネンタル横浜Pier8のエスプレッソマシン

ニュース見て、半身浴で足の疲れをとって、しばらくのんびり。

お腹すいたので21時過ぎに、ハンマーヘッドのラーメンフードホールへ向かう。

インターコンチネンタル横浜Pier8から夜景

「あれ、暗い」

ラーメンフードホールの営業時間短縮

コロナで営業時間短縮してた。ショック。

セブンイレブンでカップ麺を調達。

2階のレストランに行ったが、もうCLOSED。

買っといてよかったカップ麺。

カップ麺とビールで締め。

インターコンチネンタル横浜Pier8でカップ麺

こんなこと最近もあったなーと思ったら、sequence MIYASHITA PARKのときだったね。

参考:sequence MIYASHITA PARKのキングルーム(ミヤシタパークビュー)の宿泊記

食べてるときは気持ちいいが、食べ終わると、こんなに食わなきゃよかった、と。

Twitterとかして、1:30に寝た。

「LARBOARD」で和朝食

9:30に起床。

10時過ぎに「LARBOARD」へ。

今日は和朝食にした。

煮物、揚げ出し豆腐のカニあんかけが美味しかった。煮物のかぼちゃの切り方も凝ってる(拡大すると確認可能)。

インターコンチネンタル横浜Pier8で和朝食1

魚はブリの照焼。

インターコンチネンタル横浜Pier8で和朝食2

ルヴァンカップの準決勝に、川崎フロンターレと横浜マリノスが進出してるということで、スポーツ欄で大きく取り上げられていた。

インターコンチネンタル横浜Pier8でルヴァンカップの記事1

川崎優位なんて書かれているが、我軍はきっと勝つぞー。

インターコンチネンタル横浜Pier8でルヴァンカップの記事2

横浜トリエンナーレ(日本郵船歴史博物館)

今日は日本郵船歴史博物館に展示されている横浜トリエンナーレ出品作品を見に行く。

12:00過ぎにホテルを出る。そう遠くないので歩いていくことに。

そしたら、小雨がポツポツ。

帰りはタクシーかな。

インターコンチネンタル横浜Pier8から日本郵船歴史博物館へ1

サークルウォークから赤レンガ倉庫と氷川丸。

インターコンチネンタル横浜Pier8から日本郵船歴史博物館へ1

12:30前に現地に到着。

インターコンチネンタル横浜Pier8から日本郵船歴史博物館へ2

ヨコトリチケットを提示すると無料で入れる。

ここに展示されているのは、マリアンヌ・ファーミの「アトラスシリーズ」というインスタレーションと「アトラス」という映像作品のみ。

横浜トリエンナーレのマリアンヌ・ファーミの「アトラスシリーズ」1

横浜トリエンナーレのマリアンヌ・ファーミの「アトラスシリーズ」2

流線形の透明アクリル版に発行体が埋め込まれている。波とクラゲのように見えたが、なんだろうね。

大航海時代、メルカトルの作成した地図の扉に描かれたのがギリシャ神話の神「アトラス」。

1569年、航海用の正角円筒図法「メルカトル図法」を発明したことで知られるオランダ人、ゲルハルト=クレメール(ゲルハルドウス=メルカトル)が、探検家や商人などからの情報をもとに世界地図を制作しました。そして彼の死後、息子のルモルドにより「ATLAS」と名付けられた地図帳を完成させました。

その地図帳の大扉には、ギリシア神話の神「アトラス」が描かれました。アトラスとは、天地を支え、世界の隅々まで見渡すことができるギリシア神話の神です。まさに打って付けの表題ではないでしょうか。

それ以降、地図帳のことを「アトラス」と呼ぶようになりました。

平凡社地図出版-地図雑学,Q&A その7

氷川丸の模型とともに展示されるところにも意味があるのかもしれない。

横浜トリエンナーレのマリアンヌ・ファーミの「アトラスシリーズ」3

一緒に展示されていた映像作品は、画面に黄色いドットがたくさん浮かんでいて、なおかつ、会場が明るいためよく見えず。

横浜トリエンナーレのマリアンヌ・ファーミの「アトラスシリーズ」4

マリアンヌ・ファーミの公式サイトで鑑賞できる。

参考:Atlas series | Marianne fahmy

日本郵船歴史博物館の常設展も見たけど、岩崎弥太郎から始まる日本郵政の歴史、氷川丸や浅間丸などの模型が展示されていて面白かったよ。

13時過ぎに見終える。

雨脚が強くなっていたので、タクシーを呼んで、ホテルへ。

インターコンチネンタル横浜Pier8をチェックアウト

インターコンチネンタル アンバサダーの特典で16時までのレイトチェックアウトが可能だが、15時前にはインターコンチネンタル横浜Pier8をチェックアウトした。

GO TO TRAVELキャンペーンの35%割引、地域共通クーポン、インターコンチネンタル・アンバサダーのクーポン、ウェルカムドリンククーポンの使用で、約86,000円が49,000円に。

後々、アメックスオファーの9,000円キャッシュバックもあるので、約86,000円分のサービスを40,000円で享受できたことになる。

アメックスオファーによる9,000円キャッシュバック

タクシーでみなとみらいの駅まで行き、武蔵小杉で南武線に乗り換え。武蔵小杉駅から等々力スタジアムの方に念を送る。

後記:

ルヴァンカップ準決勝では、FC東京が川崎フロンターレに見事勝利。次は新国立競技場での決勝だ!

武蔵小杉駅

南武線に乗り換え、登戸で小田急線に乗り換えて、帰宅した。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。