旅行記

能登・金沢・糸魚川1泊2日旅行記 (4) にし茶屋街から片町・香林坊を抜けて、長町武家屋敷まで散策する

金沢のにし茶屋街

能登・金沢・糸魚川1泊2日旅行記の「(4) にし茶屋街から片町・香林坊を抜けて、長町武家屋敷まで散策する」です。

前後の旅行記もあわせてご覧ください。

ホテル日航金沢をチェックアウト

翌朝、10時半に起きる。チェックアウトの時間確認してなかったが恐らく11時だよな。

外を見たら、快晴。

金沢駅のガラス張りの「もてなしドーム」の形状がよく分かる。

金沢駅のもてなしドーム

シャワー浴びながら、今日の予定を考える。

いい天気だから、金沢市内散歩がよさそう。でも、帰りに糸魚川に途中下車して、大規模火災の現場も見に行きたい。

11時15分にチェックアウト。スタッフに聞いたら、チェックアウト時間は12時だった(苦笑)

スーツケースはフロントに預かっていてもらう。

しかし、このごちゃごちゃしたロビー、なんとかならんかね。

ホテル日航金沢のロビー

にし茶屋街

タクシーで、にし茶屋街に。

快晴すぎて、日陰にいないと暑いよ。

これまた趣ある通り。

にし茶屋街

ワインバーや、喫茶店がオシャレだ。

にし茶屋街のカフェ

にし茶屋街のワインバー

なお、下の写真のように、格子の桟(さん)が細くて、間隔が狭いのが金沢の茶屋街の特徴らしい。京都の島原や江戸の吉原と比較した場合。

にし茶屋街の桟

歩いて、片町に向かう。

犀川大橋

犀川にかかる犀川大橋。

犀川大橋

犀川

文禄3年(1594年)に前田利家が木橋を架けたのが最初らしい。

大正8年(1921年)に市電を通すために鉄筋コンクリートの橋に。大正13年(1924年)に橋脚のない現在の鉄橋が建てられたらしい。市電は1968年に廃線。

昼の片町

昼の片町に。

昼の片町

さらに北上。

「片町きらら」という商業施設ができていた。

片町きらら

こんな歩行者専用のオシャレストリートもあるのね。

昼の片町

香林坊

香林坊。

香林坊

香林坊橋の由来が書いてあった。

香林坊橋の由来1

「藩政の初めの頃、犀川は二つに川筋に別れ、大きい瀬に架かるものが犀川大橋、小さい瀬にかかるのを犀川小橋と呼んでいた。この小橋が香林坊橋」だそうだ。

香林坊橋の由来2

せせらぎ通り

さて、東急ハンズの脇から「せせらぎ通り」に入る。

金沢の東急ハンズ

金沢のせせらぎ通り

犀川から取水したと思われる用水が通り、商店が立ち並ぶ。

金沢のせせらぎ通り沿いの店

京都の高瀬川(鴨川から取水)沿いの木屋町っぽい雰囲気がある。

金沢グルメで評判が高い「酒房 猩猩」さんは、せせらぎ通り沿いにあるのね。

酒房 猩猩 (しょうじょう) – 野町/居酒屋 [食べログ]

金沢の「酒房 猩猩」

せせらぎ通りから長町武家屋敷へ。

長町武家屋敷

金沢の長町武家屋敷

武家の門構えで、家は普通の民家だったりする。

金沢の長町武家屋敷

金沢の長町武家屋敷

「平士」と呼ばれる加賀藩の中位の藩士が多く住んだのだそうだ。

九谷焼のお店などがあった。

通り沿いにあったこちらの和菓子屋で、お土産として「ふくさ餅」を購入。試食させてくれるので、選びやすい。

金沢の和菓子村上本店

この店で、塩モナカアイスを買って、店先で食べた。

和菓子村上本店の塩モナカアイス

現在の時刻は、13時30分。

どうしようかな。

今からでも糸魚川に行くか。

大通りまで戻って、タクシーを拾い、ホテル日航金沢へ。

スーツケースを回収して、金沢駅へ。

金沢駅の「ツナグカフェ メープルハウス」で待機

ちょうど数分前に糸魚川に止まる新幹線が出たばかりだった。タイミング悪い。

55分の待ち時間。

次の「はくたか568号」のモバイルSuica特急券を購入してから、駅ビル内の「ツナグカフェ メープルハウス」というカフェへ。

後記:

北陸新幹線を利用する場合、「えきねっと」から予約したほうがお得な場合と、「e5489」から予約したほうがお得な場合と2種類あります。

以下の記事で整理していますので、ぜひご覧ください。

参考:北陸新幹線は「えきねっと」と「e5489」どちらで予約がお得?

コーヒーを飲みながら待機。

金沢駅のツナグカフェ メープルハウス

メールやLINEの返信など。

続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。